« オーストリア旅行(6)ウィーン | トップページ | 立春の卵 »

2007年7月 9日 (月)

チョウトンボとショウジョウトンボ

77hikousenn 七夕の日、我が家の真上を飛行船が通りました。真上から右にも、左にも外れていなかったので、嬉しくなって手などを振って喜び、カメラを取りに家の中に入っている間に、はるか彼方に遠ざかっていました。

さっき買い物から帰って門を入った途端、自転車で乗り付けてきた初老の男性に「何か恵んでくれませんか」と弱々しい声で話しかけられました。とっさに「失礼します」と言ったらすぐ立ち去りましたが、正直驚きました。道端でもずっと見かけたことがないのに、個人宅に押しかけて来るとは。あとでどんな対応が良かったのか考えてしまいました。

ここから本題です。
wakasamaさんから、昭和記念公園に「チョウトンボやほかのトンボがもう飛んでいますよ。まずはお出かけ下さい」というメッセージを戴いて、昨日、早速出かけてみました。
目的場所は日本庭園の池です。着いてみるとたくさんのトンボが飛んでいました。この頃全然見ていないトンボです。
よく目を凝らすとwakasamaさんのブログで見た、「チョウトンボ」がたくさん舞っていました。角度によって水色、ラピス色、虹のように見え、それはそれは美しい色です。あいにくの曇り空で、輝く色ではありませんでしたが、大満足でした。
ギンヤンマやシオカラトンボの他にこれも教えていいただいたのが、「ショウジョウトンボ」で真紅の胴体の美しいこと!皆元気の良いこと!
知らせてくださったwさんに感謝です。

Tyoutonbo1_1

                チョウトンボ

Syouzyoutonbo

                                 ショウジョウトンボ

今の時期、お花があまりなかったけれども、この季節ならではのが2,3咲いていました。

                    「蓮」

Hasu2_1 Hasu1

                    
                 「ハンゲショウ」 

Hangesyou1 Hangsyou2

「モナルダ」 調べてみると「ヤグルマハッカ」とか「ベルガモット」ともいうハーブらしい。この猫はいつも日本庭園の前でいろいろな姿態を見せてくれます。

Monaruda1 Monaruda2 Monaruda3 Neko

「桔梗」は秋の七草なので9月に咲くのだとずっと勘違いしていました。おお、恥ずかしい。

Kikyou1 Kikyou2

|

« オーストリア旅行(6)ウィーン | トップページ | 立春の卵 »

コメント

5月の連休のころしか行ったことがないので、その時季の公園しかまだ知りません。
当然、四季折々の花あり、風景があるはずです。

トンボ、今頃いるんですね。秋とばっかり思っていました。
それにしても、チョウトンボの羽の色のきれいなこと、始めて見ました。
ショウジョウトンボかどうか知りませんが、田舎で秋の刈り入れのころ、全身赤のトンボが群れをなして飛んでいたのを思い出します。

桔梗は春に芽が出て、今頃まで咲きます。
去年まで咲いていたうちの桔梗、どうしたことか、今年は出てこなかった。

投稿: 夢閑人 | 2007年7月 9日 (月) 15:45

★夢閑人さま

この公園には今頃は初めてですが、秋のコスモスはもう4回くらい行きました。
8月頃でしたか、サギソウも見に行って感動しました。

夢閑人さんが刈り入れの頃ご覧になったのは、何トンボだったのでしょうね。
赤いというと秋の赤トンボですが、このショウジョウトンボは赤トンボと大きさや色の具合が違うのですね。
昔いたるところで見たトンボを、こうした所へ足を伸ばさないと見られなくなって、都市化や開発の波が自然を壊しているのだと、又自分も加担していることを思い知りました。

夢閑人さんの桔梗はどうしちゃったのでしょう。残念ですね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月 9日 (月) 17:35

tonaさんこんばんは、

家の上を飛行船が飛んでたら、ビックリですし
嬉しいですよね。
大きかったでしょうね。

チョウトンボ・まほさんの掲示板にwakasamaさんがのせてみえましたよね。
すごくきれいな色で、ドラゴンズのファンの人にはゴラゴンズカラーでしょうね。

もうトンボも飛び始めるのですね。

今週は梅雨真っ只中みたいです。

投稿: もみじママ | 2007年7月 9日 (月) 22:05

チョウトンボは初めて見ました。
とても綺麗ですね。
私が行く運動公園では、今オハグロトンボというのだと思うのですが、真っ黒なトンボが沢山飛んでいます。

お花もいろいろ咲いているのですね。
今の時期、少ないようですが、咲けば、しっかり自己主張しているようで、どの花も良いですね。

投稿: anikobe | 2007年7月 9日 (月) 22:07

tonaさんこんばんは。PRしていただき有り難うございます。
チョウトンボ♂とショウジョウトンボ♂(猩猩蜻蛉)の画像バッチリ撮れていますよ、天晴れ!tonaさん。
お友達が、秋の刈り入れの頃に見た真っ赤なトンボはおそらくアキアカネでしょう。
赤トンボというのは俗称で、20種類以上ありますが、代表格はアキアカネ、ナツアカネ、リスアカネ等のアカネ属です。
猩猩蜻蛉は中国で言う歴史上の怪物のことで、眼まで真っ赤な鬼のような形相から付けられています。
アキアカネは田んぼで羽化して夏の間は山に避暑に行き、秋の刈り入れ頃に里に降りてくる性質があります。秋になると急に赤トンボが増えるのはそのためです。
ご参考までに。
来週の14日も立川に行く予定です。

投稿: wakasama | 2007年7月 9日 (月) 22:13

★もみじママさま

先週は殆ど降らないで心配しましたが、今週は雨マークがついているので少しは降るかなあと期待しています。
そちらは降っているようで、水不足のところの心配が少し解消しましたね。
コメントありがとうございました。
飛行船、下から見てその大きさにびっくりしました。できるなら乗ってみたいです。

チョウトンボ、まるで名の通りチョウみたい。あの色は何ともいえない美しい色ですね。wakasamaさんの写真の技量でないとあのようには写せませんね。

投稿: tona | 2007年7月10日 (火) 06:46

★anikobeさま

運動公園にトンボがいるのですね。
オハグロトンボのこと知りませんでした。
トンボについてまた1つ覚えました。サイトで調べてみます。

アジサイがそろそろ終わりで真夏の輝かしい花木や花の間はどんな花が?と思ったらこんな花たちでした。
そうですね。自己主張、まったくそのとおりです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月10日 (火) 06:52

★wakasamaさま

このたびはいろいろありがとうございました。
wakasamaのように上手に撮れません。なかなか止まってくれませんね。
本当にきれいな色で感激しました。
アキアカネのことも教えていただきありがとうございました。アカネ属にもいろいろ種類があるのですね。
そして羽化後、山に避暑に行くなんて人間でいえば、贅沢なことですね。そして刈り入れの頃里に下りてくる。それが美しい秋の風物を織り成したかと思うと「赤とんぼ」の歌もじっくり味わえます。
14日も行かれるそうで、お天気がいいといいですね。

投稿: tona | 2007年7月10日 (火) 07:03

おはようございます。
チョウトンボ、ショウジョウトンボ初めてみました。
チョウトンボの羽の色、本当に綺麗ですね!

>角度によって水色、ラピス色、虹のように見え

tonaさんの美しい形容にドキドキしてしまいます。

「猩猩」、「もののけ姫」にも出てきましたね。山すそで、人間に向かって「出て行け」と呪詛の言葉を繰り返していた猿のような不気味な怪物でした。
あの赤い目が怖かった・・・

投稿: aosta | 2007年7月10日 (火) 07:19

●ご無沙汰してました
もちろん、毎日のようにブログは拝見していましたが、コメントに窮し(笑)、ずいぶんご無沙汰してしまいました。
それというのも、「サウンド・オブ・ミュージック」~「オーストリア旅行」の急展開について行けなかったというか…(笑)

tonaさんの「実像」(笑)を知っている私は、「穏やかに年齢を重ねられているお姿」を思い出し、私も見習わなければ、と思ってるんですよ。

一生「海外旅行」とは縁がなさそうな私を「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台に連れて行って戴き、中学の美術の教科書にあった「王女マルガリータ」を観させていただいて、改めて「感謝!」です。

ちなみに、先週ぐらいから当地でも「キキョウ」が咲き始めています。
私も「夏の終わりごろ咲くんだ」と漠然と思っていましたが、去年8月初旬に撮っていますから今年は少し早いのかも知れませんね。

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2007年7月10日 (火) 10:29

 
おぉ!なんて綺麗な羽色のトンボでしょう!!
チョウトンボというのですね。初めて見ました。
ショウジョウトンボの見事なまでに真っ赤な胴体の色にも
感激しました。ステキな写真をお撮りになれましたね。

昭和記念公園、春のころあちこちのブログさんで
あふれんばかりの花を拝見しましたが、夏の姿もまた
いいものですね。

そういえば、先日TVで赤とんぼが激減していると言っていました。
続けて見ないままチャンネルを変えてしまったので、
実に中途半端な情報ですが…

投稿: ポージィ | 2007年7月10日 (火) 11:32

★aostaさま

こんな画像でも少し色がお分かりいただけたでしょうか。
ありがとうございました。

玉虫色というのがありますが、それの青版と言えましょうか。
鳥にも人間にとって美しいのがいるように、虫の世界もなかなかですね。

aostaさんの記憶力の良さにはいつもながら敬服します。私は「もののけ姫」、忘れてしまいました。今度やったとき、見て確認します。

投稿: tona | 2007年7月10日 (火) 19:49

★讃岐の団塊オヤジさま

こちらこそご無沙汰いたしました。オヤジさんが少し元気でなかったのが気になっておりました。春以来いろいろなことが重なって本当に大変だったと思います。何のお力にもなれなくてすみません。
人にとってはつまらない旅行記ですが、読んでいただいてありがとうございました。
「王女マルガリータ」が美術の教科書に載っていたのですか。オーストリアのハプスブルク家との結婚が決まっていたので、写真のない当時こうした肖像画を送っていたのだそうですね。この王女も20歳にならないでなくなってしまった薄幸の人だったのですね。

桔梗、子どもの頃庭にあったのに、秋の七草
のイメージがいかに強かったかです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月10日 (火) 20:04

★ポージィさま

こんな綺麗な色のトンボがいるのですね。
この青と赤、同じトンボなのに随分違います。
いわゆる赤トンボは俗称だそうで、20種以上あってアカネ属のをさすと初めて教えていただいて知りました。
メダカやトキなどと同じくトンボも田圃などの殺虫剤などで減ってしまったのでしょうか。たくさんいた鳥や昆虫や魚がいなくなって淋しさを覚えます。

そうですね。この公園は広いですから、何時行ってもそれなりに咲いているようです。
なんと言っても春には適いませんが。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月10日 (火) 20:19

私も蝶トンボを観たことがありませんよ。昆虫にのめりこむ人たちの気持ちが少し分かるようなトンボですね。
自転車で乗り付けたオジサン、それで収穫があるからやっているのでしょうね。ちょっと怖いようでもあります。

投稿: saheizi-inokori | 2007年7月10日 (火) 22:33

★saeizi-inokoriさま

奥本大三郎氏や養老猛司氏などは昆虫少年がそのまま大人になって、専門外でありながら専門家みたいで、同時に楽しい人たちですね。男性に多いです。女性でも蛾ばかり集めている人もいましたが。
昆虫はこの頃触らないけれども、トンボが1番触りたいくらい好きです。

物乞いのおじさん、こんな人が他にもいるのでしょうか。正直、どうなるか怖かったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月11日 (水) 08:34

>aostaさんの記憶力の良さにはいつもながら敬服します

昔のことは、確かに良く覚えているんです。
10代、20代に見た映画、読んだ本についてはかなり細かいところまで覚えています。ところが最近は!
つい先日も、途中まで読み進んでから「あ。これ前に読んだことがあった・・・」
読んだどころではありませんでした。
同じ本を2冊も買ってしまった私って(悲)

「もののけ姫」は子供たちと何回も繰り返し見たものですから、かろうじて記憶に引っかかっていたのではないかしら。
一週間前のことは、はるかおぼろな霧の中です。(笑)

投稿: aosta | 2007年7月11日 (水) 13:42

トンボ」と「お花」の画像と「拡大画像」
も見られる演出と編集の素晴らしさに強く
惹かれます。日本語綴りも冴えて詠みごたえがあり、いつも感心しております。
「チョウトンボ」に「ショウジョウトンボ」
始めて見ました。ありがとうございました。

投稿: 老春 | 2007年7月11日 (水) 14:04

★aostaさま ありがとうございます。

わあ、ますます凄いです!
10代、20代のころのを覚えていらっしゃるのですね。私は読んだ本の名前どまりが多く内容までは覚えていません。威張ってもしょうがないですね。
読書ノートを見ると、同じのを2回読んでいるのが何回もあります。
1週間前のことaostaさんと同じですが、1昨日のことも同じ状態です。先週友人と話してて、話そうと思ったことを1秒もたたないうちに忘れてしまったのは絶句ものでした。
更に年を重ねたときが恐ろしいです。
この頃、さらに困っているのが、思っていることと全然別の言葉が口から出てきてしまうことです。あとは本当に呆けないことを祈るのみです。

投稿: tona | 2007年7月11日 (水) 19:38

★老春さま

トンボは老春さんもきっとお好きですよね。
小さい頃採集網を持って駆けずり回りましたね。
こんな珍しいトンボをこの年になって見ることができて、ありがたいです。ブログのおかげですね。
で、現在の小さい子どもがこんな楽しい採集などを経験しないで大人になってしまうことは悲しいことですね。
お褒め戴き恐縮しています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月11日 (水) 19:48

私がこの間ハスを撮った翌日に行かれた方がチョウトンボとショウジョウトンボを撮られてました。
ショウジョウトンボは飛び回ってたのですが私のカメラにはおさまってくれませんでした(涙)
が、悔しいのはチョウトンボ。
他のブロガーさんたちがUPしてるのを見ては見たい見たいと思ってたんです。
それが一日違いで。。。
私が行った日は長居したのに見かけませんでした。
でもこんな地元で見られるんだと分かっただけでも良かったかな。

キキョウだけじゃなくオミナエシも早くから咲いてますね。

投稿: ちょびママ | 2007年7月12日 (木) 13:33

★ちょびママさま

とてもとても残念なお話ですね。
チョウトンボがその日いなかったなんて。
この美しいトンボはどんな条件のところにいるのでしょうか。次の機会が待ち遠しいでしょうね。早く見られますように。
ショウジョウトンボもなかなか止まってくれませんね。飛んでいるのを撮るのは至難の業です。シオカラやギンヤンマなんか全然止まってくれませんでした。

今日オミナエシが咲いているのを見ました。
今咲いている園芸種の桔梗は「サミダレキキョウ」ということを友人に教えてもらいました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年7月12日 (木) 15:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/15703327

この記事へのトラックバック一覧です: チョウトンボとショウジョウトンボ:

« オーストリア旅行(6)ウィーン | トップページ | 立春の卵 »