« 石神井公園 ムコ多糖症 | トップページ | ガリバー旅行記 »

2007年9月17日 (月)

八海山と清津峡

圧迫骨折以来、6ヶ月に1度、骨密度の測定に整形外科に出向くことに。
今回の結果は、歩いているし、体操しているし、Caを含む食品を摂っているし、同年齢比較がバッチリ97→100と上がっているのではないかと期待して行ったのに、何と92に下がってしまいました。ガックリです。
骨減少症だそうです。どうやら吸収が悪いようで、更に努力することといったら、もっとCa食品を食べることと体を動かすことを追加するしかありません。

1hakkaisan

              背後の山が八海山

そこで、運動の一環として山を歩く会に入会、今回は平らに歩いただけにとどまりました。
行き先は新潟県の八海山(1778m)。スキー場で有名な湯沢と尾瀬を底辺とした三角形の頂点辺りにある。日本一険しい山だそうで鎖の数が200余本もあるそうである。ロープウエイの終点から見ても頂上は遥かかなたでスケールの大きな山です。今回は終点あたりのそぞろ歩きだけです。
↓本当は佐渡島が見える筈だが、霞んでいて残念ながら見えませんでした。ロープウエイの下は一面ススキが広がっている。

2susuki 3sazomienai

1合目にある八海神社に家内安全を祈願した。参道杉並木は新潟県の指定文化財天然記念物です。

4hakkaizinzya 5kaeru

6akaitaki 7sandousuginamiki_2

    神社の脇の赤い滝              参道杉並木

↓ 魚沼にはコシヒカリの稲穂が輝き、魚沼スカイラインはどこもススキばかりですっかり秋の風情です。

8kosihikari 9uonumasukairain

次に向かったのが湯沢のすぐ近くの日本三大峡谷の1つ「清津峡」です。三大峡谷の後2つは「黒部峡谷」と三重県の「大杉峡谷」。
渓谷・・・景色の美しい谷
峡谷・・・幅が狭くて深い谷が長く続いているもの

10kiyotukyoukeikoku1_2  11kiyotukyokeikoku2_2

清津峡は750mの「清津峡渓谷トンネル」に入って、4つの見晴所から眺めるのが特徴で、もう1つは柱状節理が見られることである。これは岩体冷却の際、体積収縮によって冷却面に垂直に六角柱状の節理が生じたもの。

12tyuuzyouseturi1 13tyuuzyouseturi2

14syymeigiku 15ominaesi

                シュウメイギクやオミナエシ

最後にまわったのが、峡谷から近い、新潟県指定天然記念物「角間のねじり杉」である。弘法大師が村人に仏の力を教えるために杉をねじったという伝説がある。

16kakumanonezirisugi1 17kakumanezirisugi2_2

         横から出た子どもの杉までよくねじれていること

|

« 石神井公園 ムコ多糖症 | トップページ | ガリバー旅行記 »

コメント

切迫骨折って、所謂骨折とは違うんですよね? 殆ど知らないのですが、骨が弱くなっているということは間違いなさそう。でもってtonaさんの旅行は、健康のためってのもあるのでしょうね。いい理由(言い訳)にできますね。

PS:魚沼の隣の富山県のお米、実は美味しくて安くていいんですよ。(^-^ )

投稿: Papalin | 2007年9月18日 (火) 07:44

気長に楽しみながらやっていく。現実にそれだけ運動が出来るのだから心配するほどじゃないのかあ、なんて素人は考えてしまいます。
清津峡って知りませんでした。只見に抜ける方にあるのとは違うのですね。
峡谷はなにか自然の恐ろしさみたいなものを感じます。一人で行くと孤独感が強まりそうです。

投稿: saheizi-inokori | 2007年9月18日 (火) 07:49

★Papalinさま

おはようございます。ありがとうございます。
骨折は棒がポキンと折れるように折れることで、圧迫骨折は骨の断面が押しつぶされてV字型に折れることを言うようです。自分が経験して初めてわかりました。Vはもうばね仕掛けのように元に戻ることはありません。
ですから腰の辺りの筋肉を鍛えないと古傷が痛むわけです。
うふふふ、、全くいい訳に困らないですね。

富山県産のお米、さぞ美味しいことでしょう!ところがこの辺には1度も出回りませんで残念です。北海道のお米が意外と美味しいのですね。でも需要が多くてこの頃生協でも品不足、おまけに「あきたこまち」より高くなりました。

投稿: tona | 2007年9月18日 (火) 08:18

★saheizi-inokoriさま、ありがとうございます。

そうなんですよね。あまり心配というか100%、医者の指示に従いたくありません。
コレステロール、中性脂肪、骨の問題は医者によってはすぐ投薬へと踏み切る人がいるのですが、そういう医者は行くのをやめました。ある程度自然体でいきたいです。

只見に行ったことがないですが、清津峡は地図でみますと違うようです。湯沢の西側のようです。
そう、1人で行ったら孤独感が深まるかもしれません。でも、何処も日本は人だらけです。機会がありましたら眺めてきてください。

投稿: tona | 2007年9月18日 (火) 08:28

●今度は新潟?(笑)
「涼しいところ」と書かれていたので、せいぜい軽井沢か?、と思いきや「アイルランド」とは…(笑)
かの国はほとんど知識がなく、移民の人口が国内人口(子孫の数が多い?)より多いとは、まったく知りませんでした。
条件は違っていますが、ユダヤの人たちと同じなのかも。
ゆえに「異国で頑張る」根性みたいなものが備わって、今日の繁栄を築いているのかも知れませんね。

先日テレビでカルシウム(を多く含む食品)をいくら摂取しても、「日」に当たらないと(吸収効率が落ちて)効果半減とか。
女性の大敵「日焼け」とのかねあいがあって難しいところですが、軽い山歩きなら一石二鳥でしょう。
どんどん出かけられて、同年比100以上を目指してください。
もう、どこへ出かけられても驚かなくなったし(笑)、tonaさんならできる!
無責任発言ですみません。

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2007年9月18日 (火) 09:39

★讃岐の団塊オヤジさま

アイルランドはケルト文化とダンスしか知りませんでした。スペイン、ポルトガル、イギリスとユダヤの他、現在は東欧諸国から移民が流出しているとか。勿論インドや中国やアフリカ人も凄い勢いで。彼らの何処の地でも頑張る精神は、日本のブラジル移民などと同じですが、その逞しい負けじ魂には、平和ボケしている日本にはなかなか真似できないところですね。

そうなんですよ。医者に言われた中に日に当たるというのが入っていました。おっしゃるとおり、これが1番苦手なんです。半減ですか!10分がいいとこです。男性にはCa不足ってあまりいないです。ホルモンの関係と日傘さして歩いていませんものね。

虫の声、5種類くらいしか聞き分けられません。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2007年9月18日 (火) 16:09

骨密度は年齢を重ねるにつれて減少するのですね。
市の健康診断で、骨密度測定は、60歳までしか受けられないので、やはりそれ以上の歳のほうが、知っておく必要があるのにと、市に申し入れをしたことがありますが、そのままなのを今思い出し、少し腹立たしくなってきました。

ホームドクターが、紹介状を書いてあげるから整形に行けば・・・と言ってくれてからもう何年かそのままにしています。
最終の測定時には安心圏にあったのですが、今はどうでしょうね。

いい山旅行ですね。
楽しく拝見しました。
有り難うございました。

投稿: anikobe | 2007年9月18日 (火) 20:46

tonaさん、おはようございます(^-^)
いろんな処で見聞を深められ、健康にも気を配り…尚かつ愉しむ生き方に頭が下がります…
パワフルにご活躍のご様子に、もうすでに完治されたとばかりに思いこんでおりました…
ご努力の成果があがりますようにと…願うばかりです…

東京を抜け出す機会が多い程…空気だけでも、身体の為には良いような気がします~♪
ましてやオゾン一杯の自然の中は最高ですね…疲れを出されない程度で…
お愉しみくださいね…
tonaさんが愉しまれているご様子を拝見しているだけで愉しいのですから~♪(^-^)V
もう少し涼しくなったら…私も自然の中で元気を貰って来よう!…(^^;

投稿: orangepeko | 2007年9月19日 (水) 06:05

★anikobeさま

知人にゴルフや弓をする方がいるのですが、私が分けて欲しいくらい、標準よりずっと多いのだそうです。色が白いので赤くなるだけで日焼けはしていません。日に当たることが骨密度を高めているのがわかりました。
色黒はみっともなく黒くなってしまうのでついつい帽子日傘です。反省しています。

骨密度の測定は60歳以上が肝心かと思われますので、市のやり方は逆ですね。でも測定をしてくれるのは比較的豊かな市です。ここは敬老饅頭さえないとか言っております。

anikobeさんは歩いていらっしゃるから、骨密度ばっちりだと思います。

日本1とか三大とか五大とかついているところに行くと得したような気分になってしまいました。有難うございました。

投稿: tona | 2007年9月19日 (水) 08:49

★orangepekoさま

おはようございます。今23℃で涼しい朝です。
orangepekoさんが指摘してくださって、ああそうだったのかと思い、思考浅はかなことでした。それは見聞、健康、愉しむです。
実はやさしいコメントを戴いたりして、そのことが生活へのバネになって、元気をいただいているのです。
情けないニュースも一杯ある中、HPやブログを拝見するようになって、世の中凄い方ばかりというのがこの頃の感想です。
自分はダメだと思わないで、背筋を伸ばして精一杯生きるのが、命を与えられたものがしなければならないことだと思うようになりました。
あと1週間でいくらなんでも涼しくなることでしょう。orangepekoさんも自然の中へ飛び出して行かれますね。
有難うございました。

投稿: tona | 2007年9月19日 (水) 09:07

今度は山登りですか。tonaさんの行動の素早さには感心します。
それに、なんなく山に登れるというのも凄い!

骨密度は体重も関係するらしい。「密度」だから、ある程度重石も要るのかな(笑)なんて思って納得しています。

でも何事も「過ぎたるは・・」を念頭に、身体の声を聞きながら楽しんでくださいね。
膝を痛めないよう気をつけて。

山頂の眺めや渓谷、変わった形の捻り杉、どれも素敵なご褒美ですね。
tonaさんのお蔭でお裾分けにあずかります。ありがとう。

投稿: ねむウサギ | 2007年9月19日 (水) 10:37

今度は山を歩く会に入られたのですね!
tonaさんの楽しみながら努力の姿勢にはいつも感心します。
平らなところでも歩くことは骨に負荷がかかって丈夫になりますよね。

カルシウムは吸収率が悪いことで有名(?)ですよね。
その吸収率をアップするのによく言われるのがマグネシウム・
ビタミンDを多く含む食品を摂ることや日光浴ですが、
tonaさんの場合これはもう十分出来ていらっしゃいますよね。

カルシウム吸収率アップで検索をしてみたところ、
ある方のブログの1記事がヒットして、そこに牛乳+クエン酸で
吸収率がアップされるということが書かれていましたよ。
2005年とちょっと前の記事ですがご参考までに。こちらです。
http://sasapanda.net/archives/200506/02_0510.cgi
この記事を読んで、牛乳を混ぜるだけでできるデザートの
「フルーチェ」を思い出した私です。

投稿: ポージィ | 2007年9月19日 (水) 14:39

★ねむウサギさま

そうですよね。骨がスカスカだと体重も軽くなってしまいます。
それに体重がないと、病気になたとき体力もなく、闘病もうまくいかないような気がします。お腹より上に筋肉(脂肪でない)をつけたいです。

山は空気が美味しいですね。フィトンチッドをたまに浴びても効果は期待できないですが、沈静効果はあるのですね。
ご心配もいただきましたが、本格でなく平らな方が多いし、ぼちぼち無理せず体を鍛えます。ありがとうございました。

投稿: tona | 2007年9月19日 (水) 16:34

★ポージィさま

そうなんです。山を登るのではなく、歩くのですから、呼吸に負担はかかりません。
昔から山を歩きたかったのがやっと実現しました。遅きに失するということもないと信じて。

Ca吸収に関していろいろ教えてくださってありがとうございました、
今、マグネシウム、ビタミンDに関して食品成分表を復習しています。
検索までして頂いてありがとうございます。
読ませていただきました。ビタミンCがCa吸収に良いとうことだと解釈していましたが、牛乳のCaとレモンのV.Cもそうですね。
参考にさせていただきます。
「フルーチェ」簡単で美味しかったです。懐かしいですね。

投稿: tona | 2007年9月19日 (水) 16:47

tonaさん、こんばんは。

ロープーウェイとはいえ、景色の良いところまで登られましたね。
そこにいるだけでも癒されそうで、良いですね

女性は、だんだん骨密度が減るのでしょうね。
私は計ったことが有りませんが、どうでしょうか?
体は太ってますが・・・
カルシウムもできればサプリより、食物から採りたいですよね。
陽に当たることも大事なのですね。
私は、毎朝畑・仕事で陽に当たってますが、
日焼けが怖いです。もう手遅れです。

何でも積極的に行動されるtonaさん、見習いたいと思います。

投稿: もみじママ | 2007年9月19日 (水) 21:55

tonaさんの行動力は素晴らしい!です。
日々、楽しんでいらっしゃって・・子ども孝行ですね。
お母さまが楽しんでくださるだけで、お嬢さまは安心、幸せだと思います。
それにしても、これほどの運動量のtonaさんなのに・・更なる運動量ですか?
骨密度とは難しいことですね。
私も試しに、骨密度を量ってみたいと思っています。

投稿: むーさん | 2007年9月20日 (木) 00:04

★もみじママさま、おはようございます。

ロープウェイで行かれるところは楽ですね。これって山に行く資格がないですが。
空気がとてもいいです。眼下の景色はおっしゃるようにとても癒されます。

もみじママさんは畑で筋肉を使うのと、日に当たるので、絶対Ca不足ということはないと思います。同年齢比がきっとずば抜けていいのではないでしょうか。
Caのサプリは胃に悪いようで、痛くなるのを投薬される人がいました。
何でも薬でなく、食物から摂取できるときはまだ健康なときですね。
腰が具合悪くなって、土と親しめないのが悲しいです。
有難うございました。

投稿: tona | 2007年9月20日 (木) 08:16

★むーさんさま、おはようございます。

子ども孝行という言葉がじーんときました。
というのも、むーさんさんが今おかれている状況にです。私も2年前まで10年以上も心配し続けたので。
そうなんですね。逆になったことを考えもしませんでした。
願わくばあと10年、15年後もしっかりしていられたらです。

むーさんさんも、1度だけお若いうちに骨密度を測られて、良ければよし、少ない傾向にあったら、今から気をつけると、私のように骨減少症にならないと思います。
有難うございました。

投稿: tona | 2007年9月20日 (木) 08:28

昨日急なお誘いで津軽三味線を聴いてまいりました。
何曲か演奏されたうちで印象に残ったのは「荷方節」と言う民謡でした。
荷方(にかた)とは重い荷物を運ぶことを生業としている人々の労働歌。
「にかた」には新潟から伝わった民謡との説もあるそうです。
口伝で伝わる民謡にはいろんなルーツがあって特定は難しいとの事ですが、特定する必要もないかもしれませんね。
ちょっと的外れなコメント、ごめんなさい。

投稿: aosta | 2007年9月23日 (日) 16:01

★aostaさま

面白いコメントをありがとうございました。
津軽三味線ってテレビでしか聴いたことがありません。
若い後継者育っているとか。迫力があったでしょうね。
私は新潟は通過したことはあるのですが、見に行ったのは初めてです。大雨や地震で痛めつけられた新潟ではありますが、方角が違ったので感じられませんでした。
「にかた」の労働歌がこの地がルーツと言う説もあるということは、厳しい生活をした人ということで考えさせられました。

投稿: tona | 2007年9月23日 (日) 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/16479592

この記事へのトラックバック一覧です: 八海山と清津峡:

« 石神井公園 ムコ多糖症 | トップページ | ガリバー旅行記 »