« 北スペイン・ポルトガル紀行 北スペイン編(3) | トップページ | アワコガネギクを見に橋立渓谷へ »

2007年10月31日 (水)

北スペイン・ポルトガル紀行 北スペイン編(4)

(4)ガウディ設計の司教館のあるアストルガ

Tizu_2 レオンから西へ46kmにアストルガがあり、巡礼の立ち寄るところである。レオンを出ると巡礼の道が道路の右、左にと見える。
↓巡礼者が歩いているのが見え出した。

Zyunreisya1_2

アストルガに到着したところで日本からの巡礼者に会ったのである。日本の新宿を10月2日に発ち、10月4日から1日30km、14日間、435kmを歩き続けてこの日18日にアストルガに到着したところである。とてもお元気そうだった。
巡礼者はシンボルのホタテ貝と瓢箪をつけて歩くが、この方は背中に貝をぶら下げていた。78歳で敬虔なカトリック信者だそうで、今回2度目の挑戦だそうだ。私たちはこのあと320km西のサンチャゴまでバスで4時間くらいで行くのに、この方はあと到着まで10日かかるのですね。丁度今頃日本に帰られたのでしょう。何と1ヶ月です。頑張れのエールを送ってお別れしたのだった。
Zyunreisya2 Zyunreisya3

  ガウディが設計した司教館が素晴らしい。入口の部屋だけ撮影させてもらえたが、その他の各部屋のデザインの素敵なこと、とても気に入った。
この館が完成したとき、城のように見える斬新なデザインため、肝心の司教は恥ずかしがって住まなかったそうである。
Sikyoukan1

Sikyoukan2 Sikyoukan3_2

↓アストルガのカテドラルも見ごたえがあった。

Asutorugadaiseidou1

↓祭壇がレオンからこのような形式である。
Asutorugadaiseidou2

Asutorugadaiseidou3 Asutorugadaiseidou4

このあと途中のパラドールで昼食後、いよいよスペイン最後の聖地サンチャゴ・デ・コンポステーラへ向かった。

|

« 北スペイン・ポルトガル紀行 北スペイン編(3) | トップページ | アワコガネギクを見に橋立渓谷へ »

コメント

どこも荘厳な雰囲気で…息を飲み込むばかりです…
「巡礼」というのは「お遍路さん」のようなものですね…
随分と出で立ちは違いますが…(^^;

さすがにガウディの作品が多く残っているのですね…
最後の集大成「サグラダ・ファミリア」は未完成で…今も進化をしているとか…

もしかして…ガウディによって教会のイメージが造り替えられたのでしょうか(・・?)
本来質素で素朴なものだと想像するのですが…(・・?)
あっ!「キリスト教」と「カソリック」では違いますね(^^;

左側のマリアさまはふくよかですね~♪実際のマリアさまはどうだったのでしょうね…

投稿: orangepeko | 2007年11月 1日 (木) 09:13

 
まぁ!いつの間にかもう(4)まであっぷされていたのですね。

どこもみな見応えのある建物がたくさんで、拝見するうちに
どんどん気持ちが厳かになっていくような気がしました。
にわかカトリック教徒のような…?

パラドールという国営のホテルもいいですね!
「古城、旧領主の館、豪族の邸宅、修道院」などを改造ですか。
いいなぁ…設備は現代風でいながら歴史ロマンも味わえますね。
スペインはうまいことを考えたものですね。
でもでも…お風呂ではお怪我されなくてよかったです。

巡礼の方、以前TVで紹介されているのを見た事があるような
気がします。日本からの巡礼者もいるのですね。
何と78歳で。自然に触れながら歩いて回るうちに心が
すーっと澄み渡っていきそうな気がしますね。
でも私の足じゃ1ヶ月も歩き続けるなんてとても無理。
1日目からマメだらけになりそうです。

投稿: ポージィ | 2007年11月 1日 (木) 11:33

78才の巡礼者の方、一日30k、一ヶ月で800kあまり、すごくお元気で健脚の方ですね。敬虔なカトリック信者ではければ出来ないことかもしれません。

南スペインならいざ知らず、北で日本人に会うのは奇遇じゃ内でしょうか。

写真を拝見してると、北スペインは南と違って、俗化されてないと言うか、静かで、清らかな感じがします。
建物も自然にマッチして実に美しい。
司教館など、お伽の国のお城みたい。青い空をバックに実に美しい眺めです。

カテドラルの外観も、中も思わずため息の出る美しさ、祭壇のすごさには圧倒されます。
所変われば形も変わってくるのですね。
とにかくどのカテドラルも、彫刻とステンドグラスの美しさに、しばし見とれてしまいます。


投稿: 夢閑人 | 2007年11月 1日 (木) 14:22

★orangepekoさま、こんにちは。

巡礼とお遍路さん、信仰一途に歩く姿は同じですね。苦しいことも、みな神の愛にゆだねて目的を1日1日と果たしていく姿は心打たれます。
ガウディの作品はこの地方では少ないんだそうです。バルセロナのあるカタルーニャには多いそうです。「サグラダ・ファミリア」はまだ何十年もかかるのかと思っていましたら、もう後10年しないうちに完成するとガイドさんに聞きました。
確かにガウディが設計した司教館は聖職者が住むのにふさわしくない感じかもしれません。ガウディが設計したのが20世紀始めですから、教会への影響も勉強しなければわかりません。まだまだ勉強の緒にも到達しません。
実際のマリア様、想像もつきませんが、ラファエロの聖母子のようだったのではないかと勝手に想像しています。
お忙しい中、コメントいただきありがとうございました。


投稿: tona | 2007年11月 1日 (木) 15:20

★ポージィさま

>どんどん気持が厳かになっていくような
本当にそうですね。神を信じ、お祈りして日々の生活のバネにしていくのは、幸せなことでしょうね。日本人のあらかたの無信心とは随分違った世界です。

パラドール、古い建物を活かすなんて、私好みです。調べたら1泊2万円から3万円位なのですね。こんな所へポルトガルの1泊も含めて4泊しました。良い経験でした。
お風呂、もし子どもが小さい頃なら付きっきりで見てないと心配です。

私もこのルートの巡礼者をテレビで見ました。心にいろいろ抱えている方も多いようですね。時には病気になることもあるでしょうに、よく歩かれます。
この方も2度目で、益々巡礼によって神に近づいていくのでしょうか。
そう、マメの心配があって1日がいいところでしょうね。実は30kmも続けて歩いたことが今までありません。
お具合が悪いのにコメントいただきありがとうございました。

投稿: tona | 2007年11月 1日 (木) 15:39

黛まどかさんだったかにサンチャゴ巡礼の体験記があって読みました。
昔は命がけだったのですね。
私のような軟弱ものは毎日の風呂のことだけでアウトです。

投稿: saheizi-inokori | 2007年11月 1日 (木) 15:45

★夢閑人さま

信じることは強いです。
お年を考えると、1日も無理なのに、1ヶ月ですものね。この方は決して無理はなさらないと言っておられました。でも凄い方です。
友人に四国のお遍路に出てみないかと誘われましたが、信仰心がない上、軟弱なのでお断りしたことがあります。国内なら何とかなるとしても、遠い外国で1人ではもう気の遠くなる話です。

北スペインはやはり雰囲気が南と違っているようにも思われます。どこがといってもはきりわからないのですが、俗化の度合いかもしれませんね。

司教館の上の空は飛行機雲で、この日は何処へ行っても出来ていました。青い空にお伽の国のお城のような建物がよく合っています。

本当に教会は国によっても宗派によっても随分違うものですね。カトリックは華美でそれはそれで見甲斐があるものです。
いつもありがとうございます。

投稿: tona | 2007年11月 1日 (木) 15:51

★saheizi-inokoriさま

お風呂のこと、思わず爆笑です。
同じような方がいらっしゃって、何だかほっとしたりして。
日本は世界一のお風呂天国といえますね。これだけは理解されなくても威張りたい気分です。

サンチャゴ巡礼、私は檀ふみのを読みましたが、黛まどかさんのもあるのですね。知りませんでした。きっとたくさんの句ができたのでしょう。1句も出てこなかったで~す。
いつもありがとうございます。

投稿: tona | 2007年11月 1日 (木) 15:58

 おーっ、巡礼の方が歩いてらっしゃる!
 しかも、日本の方までいらっしゃるとは!
 (3)の冒頭のレオンの写真など、思い描いていたイメージとピッタリです。
 このようなお話を実際に聞いたり、写真を見たりできるなんて、感激です。

 それにしても、tonaさんだって、4時間もバスに揺られたのですから、たいしたものです。
(でもよく考えたら、行き帰りの飛行機はそんなものじゃないですよね)

 ガウディの司教館の写真、美しいですね。びっくりしました。
 他の教会やホテルなども、もう圧倒されっぱなしで、何をコメントしていいやら。
 ただ、もう、このような記事を書いていただいて、ありがとう、の一言です。

投稿: Nora | 2007年11月 1日 (木) 16:10

★Noraさま

こちらこそどうもありがとうございました。
日本の方が巡礼に来ていらっしゃるとは、意外でした。日本での教会でも敬虔なクリスチャンとして信仰生活をしているのでしょうね。偶然お会いできてラッキーでした。
レオン、イメージとぴったりだったとは!

司教館、外観だけでなく、中が圧倒されたのです。撮影禁止なのが残念でした。絵葉書もなかったようですし。ガウディってやはり天才なのです。
しかし、当時の司教さんの権力をも垣間見ました。
どうしてあんな立派な教会が各都市に出来たのでしょう。もうため息が出ます。

投稿: tona | 2007年11月 1日 (木) 20:38

tonaさん こんばんは

スペイン方面に行っていらしたんですね。
外国の素晴らしい景色をみせていただきました。
とってもステキなお城がたくさん…まるで実物を見ているような感じです。
良いですね~ 他の国もたくさん回られてきたのでしょうね。
せめて、私も行ったつもりで読ませていただいています。

投稿: pochiko | 2007年11月 1日 (木) 22:38

北スペイン、ポルトガルにご旅行だったのですね。
今回も全く未知の国、一気にここまで読ませていただきました。

沢山の写真とその美しい情景や建築物、もう圧倒されてしまいます。

今回もtonaさんの旅行記に、いろんな感動を頂きました。
できない旅をブログ旅行させていただく幸せで、感謝いっぱいです。
ありがとうございます。

投稿: anikobe | 2007年11月 1日 (木) 23:12

★pochikoさま

おはようございます。ありがとうございました。
主にヨーロッパですが出かけています。
出かけられる身分になったのでありがたいです。pochikoさんのようにまだ釘付けになっていらっしゃる方もたくさんおられる中、申し訳ないことではありますが。
実物を見ているようとおっしゃっていただきありがたいですね。感謝しています。

投稿: tona | 2007年11月 2日 (金) 08:11

★anikobeさま

おはようございます。ありがとうございました。
私も素敵な奈良のブログ旅行でどんなにか、楽しい思いをさせていただいていることでしょう。こちらこそ、いつもありがたく思っております。
ブログのお陰で一度だけの見っ放しということがなくなって、いろいろな場面がしっかり焼きついていきます。嬉しくありがたいことです。又、宜しくお願いします。

投稿: tona | 2007年11月 2日 (金) 08:18

楽しい旅行記と大きなサイズの写真で、見たことの無い北スペインを堪能させていただいています。

ここの建物はあまりごちゃごちゃしすぎず、それがとてもしっくりと馴染んで心を打ちます。

巡礼を2回も繰り返している日本人との出会いも、この国をより印象深いものにしてくれますね。

恥ずかしがって住めなかった司教さんのお話、何だかほっぺたが緩んできました。

投稿: ねむウサギ | 2007年11月 2日 (金) 14:51

★ねむウサギさま

読んでいただいてありがとございます。
スペインの建築物もそれなりに特徴があることがわかりますね。
しかし傾向が同じだと場所の特定が困難なほど似ていて、何だかわからなくなりました。

偶然とはいえ、数少ない日本人の巡礼さんによく出会ったものと感激しました。

司教さんとガウディのコンビ、凡そ相容れなかったのでしょうか。
もうすぐ出来上がるサグラダ・ファミリアは内部がどうなるのか、楽しみですね。外見が派手な最新の教会ですが、まさか司教さんが何か仰るとは思えませんものね。

投稿: tona | 2007年11月 2日 (金) 16:54

北スペイン・ポルトガルの海外旅行記
ありがとうございました。
死ぬまで行けない未知の世界を貴重な写真
と、名ガイドで見聞することが出来ました。
感動、また感動の連続でした。
カテドラルの祭壇、素晴らしいですね。
「素敵」「素晴らしい」も、何回もありました。ありがとうございました。

投稿: 老春 | 2007年11月 3日 (土) 16:36

館もお城も、素敵です。

まるで絵葉書のようで、日本のお城とかとは
まったく違い、実物を見れたらいいなと、少し思いますね。

tonaさんの紀行文でお勉強にもなり、
興味も出てきました。

78歳の日本人の男性は素晴らしいですね。
そんなに知らない土地を歩けるなんて、
それもお一人で歩かれてるのですよね。
ご立派ですね。

この祭壇は、どれくらいかかってつくられたのでしょうか?感動物ですね。

投稿: もみじママ | 2007年11月 3日 (土) 21:25

★老春さま

こちらにもありがとございました。
感激していただいて、こちらこそ感謝しております。
お元気な老春さまなら、きっと夢が果たせる日がくるのではないでしょうか。
私とはきっと違う面をたくさんご覧になられるでしょう。
とはいえ、ヨーロッパは遠いですね。
何時もこれが最後かと思いつつ、何でも見て、聞いて、感じてという旅になるよう努力しています。
スペインはどこの祭壇も立派で驚きました。

投稿: tona | 2007年11月 4日 (日) 21:19

★もみじママさま

ありがとうございました。
日本にもディズニーランドやドイツ村とかいろいろありますが、本場で見ますと周りの環境が違いますから迫力がありますね。
もみじママさんも興味を持っていただけたようで、いつか船でいらっしゃってくださいね。ご主人さまやお嬢様とがご一緒してくださるのでは。

78歳の方、私たちより元気でしたよ。信仰ってすごいことですね。
無事目的を果たされて今頃は日本で感謝のお祈りをされているのではないでしょうか。

どこのカテドラルも50年100年とかかって造るそうですが祭壇もそうなのでしょうか。気の長い話で感激です。

投稿: tona | 2007年11月 4日 (日) 21:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/16935460

この記事へのトラックバック一覧です: 北スペイン・ポルトガル紀行 北スペイン編(4):

« 北スペイン・ポルトガル紀行 北スペイン編(3) | トップページ | アワコガネギクを見に橋立渓谷へ »