« 『苔とあるく』 | トップページ | モグラ »

2007年12月10日 (月)

千葉県 養老渓谷と大多喜城へ

12/6に房総半島の真ん中のある紅葉の名所・養老渓谷と大多喜城に行ってきました。今年最初にして最後の紅葉狩りです。

養老渓谷は養老川に沿った渓谷で、上流の「粟又の滝自然遊歩道」の2kmが名所となっている。

通称「粟又の滝」(河川名では養老の滝という)は落差と幅が約30m、延長約100mだから斜めに流れている滝で千葉県で最大の滝だそうだ。水量が多いともっときれな滝となるが今はあまり多くなかった。

Yourounotaki

紅葉の方もピークを1週間も過ぎていたということで、残念ながら川面に浮かぶ紅葉の葉を愛でることになってしまったが、それでもそこそこ残っていた紅葉を楽しむことができた。
各種の犬にたくさん出会ったが、マイナスイオンをたっぷり浴びて、どの犬もとても嬉しそうな表情だったのが印象的であった。

Keikoku1 Keikoku2

Keikoku3_2 Keikoku4

Keikoku5Keikoku6_2   

すぐ近場にある大多喜城は創建から70年後の1590年に徳川家康が家臣の本多忠勝に与えた10万石の城である。
昭和50年に天守が復元され、中は博物館になっていた。
この日ガイドさんに教えた貰ったことは、4種類の日本の城の種類です。
山城(岐阜城など)と平山城(小高い丘の上で小田原城やこの大多喜城など)と平城(江戸城など)と穴城(小諸城などで城下からお城が見下ろされた)に分類されるということだ。

ここ大多喜藩も今の何処とかの自治体のように貧乏だったらしいけれども、模型によれば、城下町は整然と商家などが並び13000人が暮らしていた。日本全国このように城下町が造られていたのでしょうか。

Ootakizyou1 Ootakizyou2

帰路の東京湾「海ほたる」からの夕陽が沈むところ。4時20分頃。大勢のカメラマンが構えていた。
Yuuhi

|

« 『苔とあるく』 | トップページ | モグラ »

コメント

見事な滝があるのですね。
これで水量が少ないのでしたら、多い時には豪快な風景になることでしょう。

名残の紅葉、最後の輝きのようで美しいです。
寺社の紅葉とは一味違った、自然の美を鑑賞させていただけました。

うみほたるの入日ラッキーな時間に出会えたので、こんな美しい光景のおすそ分けをいただけました。
有り難うございます。

投稿: anikobe | 2007年12月10日 (月) 18:49

 こんばんは。
 やはり、紅葉は、渓谷の景色に一番よく合いますね。すばらしい写真を拝見して、日本人でよかった、としみじみ思ってしまった。
 千葉は、海沿いしか行ったこと無いのですが、記事を拝見して、ぜひこのあたりも訪れてみたくなりました。

 夕日の写真も、ほんとうに美しい。富士山がすごく近くに見えませんでしたか?
 うみほたるも、行ってみたいところです。

 ところで、なぜ、犬が・・・・。
 地元の方の散歩コースなのでしょうか。

投稿: Nora | 2007年12月10日 (月) 20:17

★anikobeさま、こんばんは。

この滝水量が多いと扇状に白く輝いてきれいだそうです。
冬はどうしても、茨城県の袋田の滝もそうなのですが、関東は水量が少ないようです。

紅葉は散ってしまったのが多いのですが最後でもかなり綺麗でした。
anikobeさんには随分と美しい紅葉を見せていただきました。私も遂に最後のを見ることが出来、今年の締めくくりが出来たような気がします。
夕陽は初めて撮ったのです。ずっと雲がかかってかえって私でも撮れたのではないかと思っています。有難うございました。

投稿: tona | 2007年12月10日 (月) 21:22

★Noraさま、こんばんは。

あのレンゲショウマの咲いていた御岳の多摩川の渓谷(御岳渓谷)と川の感じがとても良く似ています。
確かに川面に写る紅葉を見ているとおっしゃるように、似合うし、映えると思います。
日本人だけが紅葉を愛で、紅葉狩りに国民総出で秋の野山川を賑わしているのでしょうね。
私も千葉県は全て海辺だけしか行ってことがありませんでした。ど真ん中に渓谷があったのですね。機会がありましたらお訪ねください。
海ほたるから富士山がかすかに見えました。
思ったほど大きくなかったです。葛飾北斎が描いたような富士はもっと夕霞がないときでないとだめでしょうね。

ワンちゃんたちは、どうやら自家用車に乗ってきているみたいでした。ワンちゃんにも景色の美しさや水が嬉しかったのでしょうか。

投稿: tona | 2007年12月10日 (月) 21:33

もみじ狩りいいですね。
まだまだ、綺麗でしたし、滝からの
マイナスイオン、気持ちよかったでしょうね。
tonaさんは犬の気持ちや表情がわかるのですね

本当に犬も怒った顔をしますし、笑ったり
悲しんだり、表情がありますものね。

わたしはよくケンに怒られてます。
怒って吠えてるので、見てみると水が空になっていたり、自分から教えてくれるので、助かってます。

海ほたるからの夕日、すごいですね。
美しくて、腕が上がられたようで。
飾りたいですね。

投稿: もみじママ | 2007年12月10日 (月) 23:26

★もみじママさま、おはようございます。

まだ大丈夫でした。毎年1回は見てみたい紅葉です。桜と一緒でDNAに、見たいと刻み込まれてしまっているのでしょうね。

犬や猫がペットとして世界中で可愛がられているのは、人間の気持も分かり、甘えてくれたり、教えてくれたり、特に犬はハチ公の話もあったり、名犬の話に涙流したりで、たまりませんね。ケンちゃんも水がないと教えてくれるのですね。

夕日初めて撮りましたが、海だから撮れたのだと思います。難しいですね。美しいとおっしゃっていただいて有難うございます。

投稿: tona | 2007年12月11日 (火) 08:46

わぁ、すてき♪
岩の上を水が滑るように流れていくこの滝、素適ですね。
(つい養老の瀧という居酒屋を思い出してしまいました ^^;)
もっと水量が多いとどんな感じになるのかしら。
ドウドウと流れてちょっと怖い感じになるかもしれませんね。
紅葉も終わりかけとのことですが、まだまだ綺麗ですね。
山肌が色とりどりに染まっていて素適です。
青空をバックに建つお城も白が映えてとても綺麗ですね。

そして締めくくりの海ほたるからの夕日の何と綺麗なこと!
この日は海も穏かに凪いでいたのですね。
空には二筋の飛行機雲、海には一艘の船もいて
なんとも暖か~い夕焼けです(*^^*)

投稿: ポージィ | 2007年12月11日 (火) 10:20

今年はどこも紅葉がぱっとしませんね。
最初で最後の紅葉を
楽しまれ、年末の締めくくりに
よい刺激になったとことでしょうね。
千葉に紅葉の名景があるのは知りませんでした。

投稿: YUKI-arch | 2007年12月11日 (火) 10:20

温泉には入らなかったのですか?
春もいいところです。大多喜の竹の子は美味しいですよ。
近くにハーブ園もあります。

投稿: saheizi-inokori | 2007年12月11日 (火) 11:00

「養老の滝」見ごたえ充分ですね。
素晴らしい滝でした。
紅葉も引き立てていましたね。
「大多喜城」なかなかの城ですね。
加えて最後の「東京湾の夕日」が
印象的でした。
始めて観るものばかりでした。晩秋の
景観を、本当にありがとうございました。

投稿: 老春 | 2007年12月11日 (火) 17:46

★ポージィさま

この滝、ちょっと変わっていますね。
斜めに100mも流れ下る、なのに落差はたった30mなのですから。
私も居酒屋を思いながら見に行きました。
水量が多いと三角形というか、扇形というかそんな風に飛び散ってきれいなのだそうです。
紅葉はピーク時より1週間後もまだ大丈夫なのですね。
お城は復元されたものですが、石垣は戦国時代のもので、その組み方はどのように作ったのか、その技に感心してしまいます。

夕焼けの空の2本の飛行機雲、良くお分かりになりましね。船が1艘だけというのがよかったでしょうか。夕焼けを暖かく見ていただいてありがとうございました。

投稿: tona | 2007年12月11日 (火) 19:31

★YUKI-archさま

今年の紅葉、確かに我が家の近くでもあまりきれいではありません。
ただ桜はきれいな赤でした。
お陰様で今年は紅葉を見ることが出来て良い年が迎えられそうです。

私は養老渓谷という場所があることは知っていました。ただ渓谷美を楽しむのかと思っていましたが、渓谷沿いにたくさんの紅葉があったのですね。

投稿: tona | 2007年12月11日 (火) 19:36

★saheizi-inokoriさま

バスツアーだったのですが、往復4kmの散策か、温泉と滝だけのどちらかを選ぶので、散策の方を選びましたので、温泉は入りそこないました。saheiziさんは温泉に入られたのですね。

そういえば、到るところ、竹林でした。さぞかし竹の子がたくさん採れるのだろうと、美しい竹林も眺めました。
ハーブ園があるのですか。マップには見当たりませんでした。

投稿: tona | 2007年12月11日 (火) 19:44

★老春さま

画像で見ると、確かに滝のまわりに紅葉がたくさんあって、滝に彩を添えていますね。なかったら今の季節は淋しい感じでしょう。

大多喜城はさすが、徳川家康の家臣ですから、改築を行って大きくしたようですね。
何でも「里美八犬伝」の里美氏を抑えるために本多氏を配置したとか。

東京湾の夕日、この時刻に通りかかったのはラッキーでした。北海道は紅葉はとっくに終わってしまっていますね。こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2007年12月11日 (火) 19:51

素晴らしい滝ですね。
それに紅葉も今が盛りって感じですけど、だいぶこちらと気候が違うのが分かります。
こちらの紅葉はすっかり色褪せて、厳しい冬を今か今かと待ち構えてるような厳しさを感じます。
また東京湾「海ほたる」からの夕陽が素晴らしいですね。
近くに海がないので、こういう景色を見ることはなかなか出来ないです。
ちょっと神々しい気持ちになりました。
良いものを見せていただきましたよ♪

投稿: pochiko | 2007年12月11日 (火) 22:43

★pochikoさま、おはようございます。

滝は久しぶりですが、夏だと涼しいでしょうね。
今年も紅葉がそろそろ終わって、すっかり冬ですね。天気予報で会津地方を見ると、雪が降るようなことでしたが、朝晩は相当寒いのではないでしょうか。

pochikoさんの住んでいらっしゃる所は、ど真ん中ですね。海は遠いですね。
でも私はお陰様で、磐梯山の美しい山容を見させていただいています。いつか本当にしっかり見たいと思いつつ。

投稿: tona | 2007年12月12日 (水) 08:18

tonaさん、こんにちは(^-^)
今日は昨夜の土砂降りの雨が残りましたが…少し薄日が差し始めました~♪

毎日出歩いているので(^^;今日はおとなしく掃除・洗濯と大仕事!(>_<)
tonaさんのこんな外出があれば…疲れは溜まらないのですが…(^^;

ナイスなタイミングで訪れられたのですね…本当に癒される画像の数々…素敵です~♪

良い時間をお過ごしですね~♪もう今年は無理ですね…(;-_-) =3諦めました(^^;
来年に期待ですヽ('-'*)~♪素敵な景色を有り難うございます…

投稿: orangepeko | 2007年12月13日 (木) 11:50

★orangepekoさま、こんにちは。

そちらは昨夜土砂降りだったのですか。
お天気が西からというのがよくわかりますね。こちらに移動中にかなり変わることもありますが。こちらは今日午前中だけ降られました。久しぶりで、庭の植木鉢にもたっぷり水をもらえました。
prangepekoさんは毎日外出だったのですね。お忙しいことで、お疲れになりませんようにね。

どうかと思っていました紅葉を見ることが出来ました。来年、何処かに紅葉狩りに行けたらいいですね。
こちらこそ、紅葉を愛でていただきありがとうございました。

投稿: tona | 2007年12月13日 (木) 16:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/17330526

この記事へのトラックバック一覧です: 千葉県 養老渓谷と大多喜城へ:

« 『苔とあるく』 | トップページ | モグラ »