« アンカー展・有名駅弁と全国うまいもの大会 | トップページ | シモバシラの霜柱 »

2008年1月17日 (木)

茅ヶ崎(その2)

Hatakenoyuki 未明に雪が降ったようですが、前の畑にはどうしたわけか半分しか雪がなかった。日中の日当たりの関係で、地面がそれだけ温まっているからでしょう。本当に久しぶりの雪です。

茅ヶ崎について以前書いたことがありました(こちら

青春時代から過ごした茅ヶ崎は結婚してからも、そこに家があったので永住するつもりでした。
ところが夫々の勤めが東京で子どもの大学も東京で、都内を転々とするうちに借りていても高額な家賃がバカにならなくて、東京に家を構え永住することにしました。
そうしてみると茅ヶ崎が故郷となり、両親が居なくなった今、墓参だけの帰郷です。
そんな折、昨年新聞に、毎日茅ヶ崎を撮り続けている方のHPが紹介されたお陰で、懐かしい海や江ノ島を毎日眺める幸せに浴しました。

その名も「茅ヶ崎熱血情報」というHPでこの方の持続力が凄い!今日で連続撮影2281日、世界記録更新中ということで、一日も欠かさず、それも朝、日が昇らないうちから出かけて撮られています。
時には一泊どまりぐらいででも何処かに出かけないのでしょうか。時には風邪を引いたりして体調を崩されることはないのでしょうか。6年以上も続けるなんて信じられません。

私がかかさず持続していることといえば、それも入院なんかで抜かされたこともありましたが食事と、徹夜も殆どしていないから寝ることだけです。全然自慢できる話ではありません。
今年は毎日人に、何か1つは必ず親切にすることが目標です。目上の人には席を譲るとか諸々。でもほんのたまに席を譲っていただくようになってしまいました。

Passkara Syakobasaboten

パーシーカラーとシャコバサボテンが年々増えて鉢が大きくなっていきます。花の乏しい冬の室内を賑わしてくれます。

|

« アンカー展・有名駅弁と全国うまいもの大会 | トップページ | シモバシラの霜柱 »

コメント

茅ケ崎はいいとことなのでしょうね。

そこで毎日撮り続ける人、すごいですね。
その使命感で、お元気なのでしょうし、素晴らしい人がおられますね。

今日は寒い日となりましたね。
いつもより寒かったみたいで、明日はもっと寒いとか、畑にも行けません。

パーシーカラーですか?
冬にこんなに奇麗にさいてくれるのですか?
シャコバサボテン、毎年さいてくれるのですね。
私は、去年のものも咲きましたが、なんだか元気がなくて、どうしたら来年も元気に育つのでしょうか?

投稿: もみじママ | 2008年1月17日 (木) 20:30

★もみじママさま、おはようございます。

湘南に位置する茅ヶ崎は東京より、夏涼しく冬暖かいところがいいです。
全く世の中にはいろいろ驚くべき人がいます。
昨日に続き今日も寒く6℃とか。縮こまってしまいます。

パーシーカラーは夏には消えてしまいますが、冬に咲き、寒さにも強く外でも大丈夫だそうです。我が家は寒いので家の中ですが。
シャコバサボテンは4月頃と9月頃に先の芽を摘み取ります。夏場は肥料を一切やらないことぐらいしかやっていません。7,8年すると寿命が尽きるようですが、摘み取った芽でどんどん増やしていけますね。

投稿: tona | 2008年1月18日 (金) 08:28

素晴らしい情熱を持つかたがいらっしゃるのですね。
6年以上も1日も欠かさずとは。すごいです。
私がずっと続けていることといったら、顔を洗うことだけ
かもしれません(^^;ゞ
しかもそれが、tonaさんにとって懐かしい思い出のたくさん詰まった
故郷茅ヶ崎の情報なのですから嬉しいですよね。

tonaさんのパーシーカラーとシャコバサボテン、優しい色で
綺麗ですね。すてきです。

投稿: ポージィ | 2008年1月18日 (金) 10:44

毎週というのなら私も10年くらい家族新聞を作り続けた経験がありますが、毎日は大変ですね。
それがその方の元気の元かもしれませんね。

投稿: saheizi-inokori | 2008年1月18日 (金) 11:05

★ポージィさま、こんばんは。

ははは、ポージィさんは毎日必ず顔は洗っていたのですね。私は洗わなかった日があります。
こうした凄い方がいらっしゃるので、おかげさまで烏帽子岩や江ノ島が眺められて嬉しいです。

パーシーカラーとシャコバサボテンを褒めてくださって有難うございました。
シャコバサボテンは赤がしょぼしょぼ状態で、来年はもっと増やしたいです。
パーシーカラーは横浜の友人から貰いましたがずっと外で大丈夫だそうです。私の所は外はだめだと思います。
プミラ消えていました。残念(:>

投稿: tona | 2008年1月18日 (金) 19:17

★saheizi-inokoriさま

毎週10年間も家族新聞を作っていたのですか!!今もまだ保存しているのでしょうね。
これによって家族が1つになったり、いっぱい思い出が詰まっていて貴重な新聞ですね。
毎日ということ、saheiziさんも毎日更新なさっていて、私には驚異です。そうしたことがどんなにか私たちに励みになるでしょう。
それぞれに元気の元があったらいいです。これも自分が作るものですね。

投稿: tona | 2008年1月18日 (金) 19:27

茅ヶ崎…行った事はないんですけど暖かい所なのでしょうね。

継続は力なり!という事でしょうね。
私が毎日やってる事って言えばなにかな?って考えたら。
パソコンを覗く事かしら(笑)
以前のように毎日投稿は出来なくなりましたけど
こうして毎日、一日の終わりにあっちこっちのブログを訪問するのが日課となって久しいです。
ストレス解消にもなりますし、たくさんの勉強をさせていただいています。

投稿: pochiko | 2008年1月18日 (金) 23:13

夕べ高校の同窓会がありました。
茅ヶ崎から来ている人がいてこのブログの話をしました。
不思議というほどのこともないけれど、面白い偶然でした。

投稿: saheizi-inokori | 2008年1月19日 (土) 12:18

★pochikoさま、こんばんは。

pochikoさんの会津に比べたら、それこそ雪が殆ど降らず、日照時間も長くて暖かいところです。
pochikoさんが毎日していることもパソコンを覗くこと、そういわれてみると同じくですね。
確かに随分勉強させていただくのと、いろいろな人生を垣間見て励まされたりします。
素晴らしいものが登場したことと、素晴らしい方とお付き合いできる幸せを感じますね。

投稿: tona | 2008年1月19日 (土) 19:40

★saheizi-inokoriさま、こんばんは。

同窓会楽しまれたのでしょうね。
高校の同窓生に茅ヶ崎に住んでおられる方がいらっしゃるのですね。日本もそれなりに広いのに、偶然ですね。
その方、茅ヶ崎でどんな生活をエンジョイされているか、想像したりしました。

投稿: tona | 2008年1月19日 (土) 19:46

 こんばんは。
 初雪、今年は深夜に降ったとのことで、まったく気がつきませんでしたが、tonaさんの写真のおかげで、季節を体感することができました。ありがとうございます。
 こんなのんきなことを言っていられるのも、雪の被害の少ない土地だからこそかもしれませんが。

 茅ヶ崎のHP、すごいですね。
 インターネットで、毎朝、故郷の風景が楽しめる、というのは、ほんとうにすばらしいことですね。

投稿: Nora | 2008年1月20日 (日) 00:38

茅ヶ崎までちょっとの距離なのですが、
なかなか出かける気になりません。
茅ヶ崎熱血情報は、
観ている方が頭が下がります。
数ヶ月か忘れた頃にふっと観たりして
感心しています。

投稿: YUKI-arch | 2008年1月20日 (日) 03:18

★Noraさま、おはようございます。

あの朝、瓦の溝と車の上が白くなっていましたが、畑を見なかったら気がつかなかったかも知れません。
この頃本当に雪が降らなくなりましたね。降れば交通マヒが心配ですが、降らないことは温暖化促進かと心が痛みます。

茅ヶ崎の熱血さんも、今は厳冬期で毎朝どんなにか寒いでしょう。どんな方なのか、生まれた所なのでしょうかとすれば、中学校なんか同窓生かもしれないです。
毎日海を眺めて有難いです。

投稿: tona | 2008年1月20日 (日) 09:39

★YUKI-archさま、おはようございます。

そちらからだと私の所より大分近いでしょうが、それでもわざわざ足を伸ばすには遠いですね。
YUKI-archさんも時々ご覧になっていたのですね。HPを開くだけでもその情熱が伝わってきますね。こんな凄い情熱のかけらも持ち合わせていないなあと見るたびに思ったりします。

投稿: tona | 2008年1月20日 (日) 09:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/17728533

この記事へのトラックバック一覧です: 茅ヶ崎(その2):

« アンカー展・有名駅弁と全国うまいもの大会 | トップページ | シモバシラの霜柱 »