« 本『教科書でおぼえた名詞』 | トップページ | ネズミを見た »

2008年1月30日 (水)

映画『レンブラントの夜警』

Renburantonoyakei映画『レンブラントの夜警』を観てきました。ピーター・グリーナウェイ監督。カナダ、仏、独、英、ポーランド、オランダ合作。ヴェネチア国際映画祭 ミンモ・ロテッラ賞受賞。

フェルメールと並ぶ、17世紀のオランダ絵画の巨匠レンブラントの名画「夜警」、現在アムステルダム国立美術館の入ったすぐの部屋に掲げられている。この絵はアムステルダム・スキポール空港内の博物館のそばのトイレにも書いてあって実に印象的であった。
門外不出の世界的名画「夜警」を1942年、36歳にして描いた頃、レンブラントは莫大な富みを築き、待望の男子誕生、弟子を抱えて人生の絶頂にあった。
ところがこの絵が完成後、画家の人生は転落していく。
当時の共和国オランダは市民が社会を動かす時代になっていて、画家への注文は王侯貴族や教会でなく、市民からの肖像画などが主流となった。
集団肖像制作では、どの登場人物も平等に描かれるのが基本であるが、レンブラントの場合は、画面に動きをつけ、物語性の高い集団肖像画を描いている。

Yakei 映画ではレンブラントがあるスキャンダルを絵筆で、この絵に暴露したことから、3人の女性との係わり合いを軸に、どん底へと落ちていくのである。
「夜警」の謎に迫っているのであるが、絵の中の登場人物である市警団のスキャンダルなどがイマイチ理解できなくて、私にとっては難しい内容だった。
絵にはそれぞれ背景や物語がある。「夜警」には複雑ないきがかりがあり、それが画家の人生を変えたといういわくありの絵画であることがわかり、ふと4年前に観たフェルメールの映画『真珠の耳飾の少女』を思い出した。

Yukisio 宮古島の自然塩「雪塩」をいただきました。これがパウダータイプでパウダーシュガーと見た目が全く同じです。初めてです。ミネラルを多く含むのが特徴で、ほんのり甘みを感じ、天ぷらやおにぎり、サラダに合います。

|

« 本『教科書でおぼえた名詞』 | トップページ | ネズミを見た »

コメント

観てこられた絵の画家の人生が映画になったのですか?
難しそうな内容ですね。

理解でいそうなのは、おいしそうな雪塩、パウダーのような塩は見たことないですね。
塩はそれぞれに味が違いますから、かといって何種類も常時置いておけないので、その時々にあるものを使い切ってます。
藻塩というのが、今あるのですが、レモン汁に少し溶かして、サーモンの刺身を主人が食べてました。さっぱりとして、おいしいと言ってました。
塩も奥が深いですよね。


投稿: もみじママ | 2008年1月30日 (水) 23:11

「レンブラントの夜景」の映画説明を、ありがとうございました。良く理解できました。映画通ですね。
いつも私にとっては初めてのこと、色々教えて戴き、感謝しております。

投稿: 老春 | 2008年1月31日 (木) 06:58

★もみじママさま、おはようございます。

レンブラントの「夜警」が描かれた頃を中心として前後の画家の人生が描かれていました。実は謎解きが全然わからず、映画って内容は公表されないわけですから、自分でしっかり観て理解しなくてはならないのにだめだったのです。その代わり17世紀のオランダの風俗なんかを観て楽しみました。

もみじママさんもパウダーの塩まだですか。粉砂糖と間違えるくらいです。
藻塩は去年ありました。レモン汁に溶かしてサーモンの刺身とは洒落ていますね。今は買ってないので、今度手に入ったときに味わってみます。有難うございました。

投稿: tona | 2008年1月31日 (木) 08:27

★老春さま、おはようございます。

全然映画通ではないのですよ。ただ娘がかなりの映画通なので選んでくれたのを観るわけです。ビデオでね。
映画館は2年ぶり、迫力が違いますからたまにはいいですね。
絵画鑑賞が趣味なので、絵画にまつわる映画ということで、早速出かけました。
今ロードショーで、新宿高島屋のテアトルタイムズスクエアというところでやっています。ペンシルビルのそばです。
有難うございました。

投稿: tona | 2008年1月31日 (木) 08:34

面白そうな映画ですね。歴史や伝記的な映画は、私は好きなのですが
夫が今ひとつ乗り気でないので、DVDを借りるときもこういうタイプは
滅多に借りられず…。
 
「夜警」はレンブラントにとってそんな転機となった絵だったとは
知りませんでした。絵の細部までじっくり観たことは
ありませんでしたが、あの物語性の高い絵の中にスキャンダルが
描き込まれているとは!レンブラントは何故そんなことをしたんでしょうね。
難しそうですが、観てみたいなと思いました。

投稿: ポージィ | 2008年1月31日 (木) 10:21

私もアムステルダム美術館でこの絵を見たことがあります。
でもあれもこれものツアーでしたから本当に観たとはいえないかもしれない。他の絵を観ずにずっとこの絵の前にいましたが。
雪塩、正月に宮古島で工場に行ってきました。私は韓国の「キパワーソルト」というのを時どき使うのですが、専売公社の精製塩は使う気になれません。

投稿: saheizi-inokori | 2008年1月31日 (木) 10:33

★ポージィさま、こんばんは。

私もローマ時代のやら、中世・近世など歴史物や伝記物が好きです。その時代の考え方までは深く分かりませんが、あの衣装を見るだけでも楽しめます。ご主人様が乗り気でないのですね。それは残念でした。

「夜警」の中の登場人物が何人いるか、なかなか数えられないのですが、一人ひとりいろんなスキャンダルがあるらしく、絵筆を生かして、書き込んでいるいるらしいのです。横文字の名前がいっぺんに頭に入らない所が困った点で理解できないのです。
レンブラントが何故したかも私には分からなくて・・。私以外の人はわかると思います。有難うございました。

投稿: tona | 2008年1月31日 (木) 17:03

★saheizi-inokoriさま、こんばんは。

アムステルダム国立美術館でご覧になったとき、ずっと見てらっしゃったのですね。大きいから迫力ありましたね。
私はガイドの後に付いていかねばならずに、あたふたとすぐ移動してしまいました。ツアーでしか行動できないので仕方ありません。

まあ、宮古島で雪塩の工場にいらっしゃたとは!海水がきれいなのでこころなしか、塩が清潔そうに見えたりして。
韓国の「キパワーソルト」のこと知りませんでした。私は今騒いでいる生協印の塩です。白菜漬けも美味しく感じます。私も精製塩は大昔使ったきり、使いません。有難うございました。

投稿: tona | 2008年1月31日 (木) 17:13

 ピーター・グリーナウェイ監督の映画は、昔何本か観たことがあります。
 この映画は観てませんが、けっこう難しい映画が多くて、わたしも、何だかよくわかりませんでした。(笑)
 tonaさんもおっしゃっているように、映像や雰囲気などを楽しむといいのかもしれませんね。

 それにしても、雪塩、気になります。
 ほんのり甘いのですか。おいしそうですね。普通の塩に比べ、分量とかむずかしくないですか。

投稿: Nora | 2008年2月 1日 (金) 10:20

★Noraさま、こんにちは。

ピーター・グリーナウェイ監督のをご覧になっているのですね。
「英国式庭園殺人事件」とか観たいのですが、結構みな難しいらしく、「コックと泥棒 その妻と愛人」なんか娘が言うのは面白いのに、最後にうえーっとなるとか。なので私には勧めなかったようです。
今回の「夜警」正直全然わかりませんでした。
ただただフェルメールと比較したり、当時の家の中や服装をじっと見ていました。

雪塩なんですが、2倍使っても大丈夫だそうでそれだけ鹹さが少ないということですね。
とはいっても少々難しいかもしれません。
有難うございました。

投稿: tona | 2008年2月 1日 (金) 16:54

よろしければご参考まで。
http://ameblo.jp/uzushio/

投稿: ゴリ | 2008年2月19日 (火) 16:38

★ゴリさま

塩に関してたくさん勉強させていただきました。
漠然としていたことがわかりました。
塩に関しても商業ベースに乗せられて飛びついていくのも、こうした知識があればなくなると思います。
いま、食品に関してはよほど信念と知識を持ってかからねば、大変時代となりました。
どうもありがとうございました。

投稿: tona | 2008年2月19日 (火) 20:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/17901599

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『レンブラントの夜警』:

« 本『教科書でおぼえた名詞』 | トップページ | ネズミを見た »