« 今年もロウバイの香りで | トップページ | エルトゥールル号回顧展 »

2008年1月 7日 (月)

富士山の頂上に太陽が沈む

1月5日、立川市の柴崎の多摩川土手で、富士山の頂上に太陽が沈むところを見て感激しました。富士山の真上から日が沈もうとしている絵がありますが、それと違って、斜め左上から降りてきて真ん中に命中したのでした。
大勢のカメラマンが太陽が斜め上にあるのに、どうして土手のこの位置にみなさん構えているのか不思議でしたが、納得でした。

太陽は左斜め上

1_3

頂上に到達

2   

まだ少し左

3

頂上に命中

4_2

5_2

見えなくなりました

6

YosidanoudonUdonkarintou

Touhu この位置から富士山の右手裾野の方に富士吉田や忍野八海がありますが、そこで娘達が買ってきてくれた中のお土産です。
富士の美味しい水で打った「吉田のうどん」や吉田うどんで作った「うどんかりんとう」、忍野八海の豆腐。
富士吉田はうどん好きの土地柄で生まれたうどんのようです。確かに美味しかった。ご馳走様。

|

« 今年もロウバイの香りで | トップページ | エルトゥールル号回顧展 »

コメント

すごい画像ですね。

富士山の頂上の真上から日が沈むところをちょうど見れたのですね。
さすが、カメラマンの人たちは、いい場所を知っておられるのですね。
いい時に、いかれましたです。

富士吉田のお土産もいいですね。
うどんのかりんとう、おいしそうです。

豆腐は字がおもしろいです。富士にかけてあるのですね。

投稿: もみじママ | 2008年1月 7日 (月) 22:48

思わず溜め息です。
よく雪の富士山をUPされてるのは見かけましたけど、夕日夕焼けの富士山は初めてでした。
もう神々しいのひと言に尽きます!
言葉が出ません。
言葉にしたら軽々しくなってしまいそうで…。
この写真はtonaさんが撮られたんでしょう。
素晴らしいです。
あの夕日が落ちる寸前のが特に良かったです!

投稿: pochiko | 2008年1月 7日 (月) 23:18

tonaさん、素晴らしいお写真です。
すごい!すごい!
夕日の黄色が暖かいです。
tonaさん、見せてくださってありがとうございます。

投稿: むーさん | 2008年1月 8日 (火) 00:20

 すごい!
 ちょっとカーブして、ぴったり、命中ですね。
 最後から2番目の写真など、夕日が光背のようで、こんなに美しい富士山の写真は、見たことがありません。

 元旦の写真にも写ってましたが、左手前の山のシルエットがまたいいですね。
 何という山でしょうか。

投稿: Nora | 2008年1月 8日 (火) 01:20

冨士山の頂上に太陽が沈む!
その瞬時の情景を6回も撮影され、神々しい
美しさに、深い感動をいただきました。
本当に、ありがとうございます。
冨士山見たさに行った旅行で大雨にあい、見ることが出来なかっただけに余計でした。
感動!感動!感動!

投稿: 老春 | 2008年1月 8日 (火) 07:45

★もみじママさま、ありがとうございます。

そうなんです。カメラマンがたくさんいるところは、そんな場所なんですね。
お正月が見どきなんですって。

豆富というのが面白いですよね。
富士のお水は美味しいでしょうから、豆腐も美味しかったですよ。かりんとうもまたなぜか凄く美味しかったです。

投稿: tona | 2008年1月 8日 (火) 08:16

★pochikoさま、ありがとうございます。

私が撮りました。
カメラ愛好家の写真はもっと素晴らしいものなのでしょうね。見せていただけないのが残念なのですが。
私も夕焼けの富士山の写真は今初めてで、美しいですね。
仰るように神々しいです!

投稿: tona | 2008年1月 8日 (火) 08:20

★むーさんさま

夕日は光っているので丸く写真に撮れないのですが、プロは何か道具を使うのでしょうか、丸く撮れるようです。
でもこの美しい色は目で見て、また映像で見て2重に楽しめました。
見ていただいてありがとうございました。

投稿: tona | 2008年1月 8日 (火) 08:23

★NOraさま、ありがとうございます。

左手の山、何処なのでしょうか?
私も気になっているのですがわかりません。
方向からすると、神奈川県の丹沢の方かしら。Noraさんもおわかりになったら教えてくださいね。
左手にあるのが命中には驚きましたが、地理的な関係でしょうね。

投稿: tona | 2008年1月 8日 (火) 08:26

★老春さま

感動していただきありがとうございました。
昨年のご旅行では見られなかったそうで、残念でした。
こちらでも冬以外は殆ど霞んで見られないのです。ですから雪を被った富士山を多く見ます。
夕方は特に西の空は、昼間晴れていてもすぐ雲が湧いてしまいますから、この日はラッキーでした。
老春さまもいつか見られるといいですね。

投稿: tona | 2008年1月 8日 (火) 08:31

凄い!
随分がんばりましたね。
その甲斐ありました。今年はいい年ですよ。

投稿: saheizi-inokori | 2008年1月 8日 (火) 11:34

 
遅くなりましたが
 
  明けましておめでとうございます
  今年もどうぞよろしくお願いします
 
今日tonaさんのブログを開いたとたんに目に飛び込んできた
この富士山への日没の連続写真には息をのみました。
なんて素適なんでしょう。
富士山のちょうど真上に夕日が落ちるなんてそんな光景が
見られるとは。tonaさん良かったですね!
こうして見せていただけた私もとってもラッキー。
お年玉をいただいた気分です♪ありがとうございます。
 

投稿: ポージィ | 2008年1月 8日 (火) 12:41

★saheizi-inokoriさま

いい年!ありがとうございます。
ある方に占いもしていただいたのですが、今年は充実した素敵な1年になるとのこと。
そのためには自分の在り方が重要なのですが。これで舞い上がらず、心がけよくいこうと思います。

投稿: tona | 2008年1月 8日 (火) 19:39

★ポージィさま

明けましておめでとうございます。
こちらこそどうぞよろしくお願いいたします。

この辺りではお正月だけこういう日没が見られるそうです。あとはどんどんずれていくようです。2時ごろ西の空を見て、3時半ごろ家を出ます。到着して待つこと20分、この見事なショーが始まりました。
雲がどいてくれてラッキーでした。
ポージィさんもラッキーでありますように。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年1月 8日 (火) 19:45

素晴らしい富士山の落日。
こんな美しい光景に中では、感動でいっぱいになってしまいますね。
時間を置いて太陽の動きを本当にうまく捉えていらっしゃるtonaさんの目と腕の確かさにも、感動です。
いい画像を拝見できました。
有り難うございます。

投稿: anikobe | 2008年1月 8日 (火) 22:02

贅沢な、
ああ贅沢な、
富士の落火よ。

多摩川の流れの奥行きを感じますね。

投稿: YUKI-arch | 2008年1月 9日 (水) 08:35

★anikobeさま、おはようございます。

ご覧いただきありがとうございました。
思いがけないことに出会い感激でした。
改めて自然の雄大さに心奪われました。
自然の画像では、ざわざわした人が抜けているので、美しさがより深く伝わってきますね。

投稿: tona | 2008年1月 9日 (水) 08:44

★YUKI-archさま、おはようございます。

そうでした。贅沢な眺めです。
真っ赤な夕日の残影が多摩川を一瞬染め、下より、上手に目が行きますね。
玉川上水の堰の辺りから川幅がこの辺りは同じようです。川と富士山もなかなかいいものだと気づかせていただきました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年1月 9日 (水) 08:52

●うらやましい
富士山頂に沈む夕日が撮れるとは…
また、そういうシーンに遭遇できるのは、tonaさんの
「ふだんの行いが良いから!」ですって(笑)
すばらしい写真が撮れましたね。

ちなみに、富士山頂に沈む夕日が観れるのは、
日野~立川~東久留米~朝霞~川口~越谷を結ぶ線が北限か?、と。
それより北(例えば茂彦さんの所沢など)では、富士の南稜線に沈むはず。
そして、Noraさんが書かれていた山は、丹沢山系「大室山」ではないか?、と。
ヘンなことに首をつっ込んですみません(笑)

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2008年1月11日 (金) 00:29

●訂正です
×「南稜線」 ○「北稜線」 でした。

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2008年1月11日 (金) 00:35

★讃岐の団塊オヤジさま、おはようございます。

大室山、地図で富士山から立川を線で結んでみましたら、確かに高い山大室山にぶつかりました。そのこちらから見て後ろの山がは低く隠れて見えませんね。ありがとうございました。
それと、富士山頂に夕日が沈むのを観察できるの北限の線があるのですね。越谷まで各地観察できるなんて、わかって嬉しいです。
いろいろ教えていただいてすっきりしました。ありがとうございました。また宜しくお願いしますね。

投稿: tona | 2008年1月11日 (金) 08:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/17608747

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山の頂上に太陽が沈む:

« 今年もロウバイの香りで | トップページ | エルトゥールル号回顧展 »