« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月27日 (水)

楠の葉のダニ部屋

2月の植物観察会は「所沢航空記念公園」の樹木の観察でした。
日本航空発祥の地で50haもあります。
イマジネーションカーペットを駅からすぐの所に見て、すぐ左側に「所沢航空発祥記念館」の建物が見えます。

3imazinesyon1 3imazinesyon2  3hikouki 3kinenkan

S2danibeya_2  クスノキ(楠、樟)は常緑高木で、初夏に大量に落葉。幹や葉を切ると樟脳(防虫剤や医薬品に使用される)のにおいがし、腐食や害虫に強く長寿です。
その葉にダニ部屋(ダニ室)があるのです。
葉の主脈の根本近くから左右に一対のやや太い側脈が出るのを三行脈というが、その三行脈の分岐点に小さな膨らみがあります。
これがダニ部屋でダニが入っているが葉や木に影響を与えないらしい。測ってみると1mmくらいの大きさでした。ほじってみましたが穴が開いただけで失敗でした。
クスノキの葉を拾ったら是非見てください。

銀杏に気根があるのを初めて知りました。↓画像右:幹からぶら下がっているコブのようなものがそうです。
↓画像左:は房総にあったラクウショウの気根です。同じように丸っこい。

4rakuusyoukikon_2 4ityoukikon_2   

池にはキンクロハジロとマガモ、カルガモがいたなかに、友人に教えていただいたのが何とコガモです。以前井の頭公園で見て以来久しぶりでした。
ちょっと小さめ。泥水をついばんだり、枯れ草をしごいたりして、主にイネ科植物などの小さい実を食べているそうだ。↓左オス 右メス

4kogamoosu 4kogamomesu

5enaga今日初めて目にしたのがエナガという小鳥です。とてもすばしこくて撮影できません。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

セツブンソウ

Setubunnsou

いつもの殿ヶ谷戸庭園にスプリング・エフェメラルの「セツブンソウ(節分草)」が咲いていました。
キンポウゲ科で高さ10cmくらい、落葉広葉樹林の林床に生え、石灰岩地を好むという。
白色の花弁に見えるものは萼片で、花弁は退化して黄色の密槽となっているそうだ。

Tugumi

おとなしく、孤高の鳥・ツグミが好きです。私には哲学鳥のようにも思えます。

吉村昭著『破獄』
青森、秋田、網走、札幌の4つの刑務所から脱獄した実在した人の話です。
複雑な家庭に育ったかわいそうな生い立ちの主人公が、罪を犯し投獄され、次々と脱獄を繰り返すのですが、どうみても脱獄が不可能な部屋からどうやって次は脱獄するのか、その手口が知りたくてどんどん楽しく読み進んでしまいます。
監視者の心理を巧妙に捕らえ、並外れた知恵と体力で成功するも、意外なことで又捕まり、最後は府中刑務所からやり手の所長によって更正、その後の人生が脱獄に対して平凡なのが意外。
こんなに脱獄に優れた人が、入獄することなく、その頭を使って生きていったら偉業を成し遂げたのではと思ったりしたのですが、案外平凡だったりしてとか、その余韻を楽しんでしまった本です。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

房総半島最南端 館山野鳥の森

ハイキングがまた房総です(冬は暖かい方へ)。最南端の神社が安房神社で最南端の山が天神山(146m)である。この南40kmのところでイージス艦の事故があったのです。
囲むように館山野鳥の森がある。
常緑照葉樹林の森で、タカの種類であるサシバ数万羽が4月に渡ってきて子育てをし、10月には佐多岬へと南下するそうである。その他多くの野鳥を育んでいる。がトンビしか観察できなかった。

安房神社は日本産業総祖神を祀る官幣大社で、何故か鳥居が全部白い。鳥居は赤いものときめていたので珍しい。

S1awazinzya1 S1awazinzya2

展望台からは残念ながら富士は見えず、眼下には平砂浦(へいさうら)の美しい海岸線と、「海の幸」を描いた明治時代の画家青木繁、福田たねの2人が滞在していた布良漁村が見える。
途中メタセコイアの並木やマテバシイ林の景観が素晴らしく、また温暖な海岸に珍しく学術的に貴重といわれるモミの大木を仰いだ。
天神山からは晴れていても、伊豆大島は望めなかった。

S1tenboudaikara

S1tubaki

S1sumire

立ち寄った野鳥の森管理事務所には、神代植物園と同じようにたくさんの木の実や種を見ることができて、初見のも多かった。写真を撮らせていただいたので覚えて、自分でも探してみたいものです。

森の素材の工作品がたくさんあった

S2morinosozaikousaku1 S2morinosozaikousaku2

S31sarutoriibara S32kyoubu

S33kanna S34hima

S35sarusuberi S36sazanka

↑サルスベリ  ↓ソテツ

S37sotetu S38puratanasu

↓キンポウジュ

S39kinpouzyu S310zinenzyo

S311hisi S312tobera

S313yamahuzi S314oobayasyabusi

                        ↑オオバヤシャブシ   

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

石川英輔さんの講演

わが市で「環境シンポジウム」がありました。
目的は作家で江戸文化研究家の石川英輔氏の講演です。
タイトルは「江戸時代はエコ時代」 石川氏は江戸のリサイクルとエコロジーをテーマにした著書『大江戸リサイクル事情』『大江戸えころじー事情』『大江戸テクノロジー事情』『2050年は江戸時代』など著書多数があって、何冊か面白く読んだ。
またNHKテレビの「コメディーお江戸でござる」「コメディー道中でござる」の解説を務めた方ですから興味津々です。
11年前だかに奥様を亡くされてお子様もなく一人暮らだそうで、加工食品や外食に頼ることなく一人で料理しているし、唯一出来なかった縫い物までこなすようになったのだそうだ。

講演の内容は我々の生活を江戸時代に戻すのでなく、江戸時代を調べて、今の我々はどういう立場におかれているかを知ることであると。

今、我々は一人1日10万kcalの化成燃料を使っているのだそうだ。つまり0℃の水1トン(浴そう5杯分)を100℃上げるに要する熱量である。様々な消費生活には飛行機に乗ること等も含まれる。
今の生活の半分が昭和40~45年(今から40年位前)で、1/10が昭和20年代から32年位、そして0が江戸時代である。
周知の事実であるが江戸時代はエネルギー源は太陽、人間の動力、水力、風力などでそれが循環型だった。例えば稲作で出る藁は堆肥や灰や藁製品として、その藁製品もだめになれば堆肥といった具合で、環境を汚さない全て使い切るものであった。
今はリサイクルさえエネルギーがいるという、エネルギーなしでは動けない仕組みになってしまった。
テレビ番組といえば、グルメと旅行。グルメや体を使わないリモコンなど使用して、楽をして肥満傾向の体を、痩せる機械やエアロビックなどで減らそうとする。つまり金を使って原因を作り、金を使って解決しようとしている。そういえば医療費も増やしているのね。
こうした傾向は何か間違っているのではないかと警告を講師は発している。
自分の体にいいことをするとエネルギー消費は減る。

石川氏は一人の生活を長く続けていながら、その血色の良いこと、お元気そうなこと、実年齢よりずっと若々しい。
実行していることの一端として話されたことは、よけいなものを食べない、関東産の野菜しか買わない、原料しか買わない、玄米を自分で搗いて糠まで使ってしまう、野菜果物をたくさん食べる、肉を少なくして青い魚を食べる だそうで私も反省した。石川氏の本をまた読みかえしてみよう。

先日のカラスウリの種がカマキリの顔に似ている、あるいは打ち出の小槌のようであると教えていただいて、開けてみました。
うわ-!本当にカマキリの頭が何と17個もうじゃうじゃと出てきました。財布に入れるとお金が貯まるという話もお聞きしたので、早速入れています(今は使うばかりですので)。

Karasuuri1 Karasuuri2

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

さっぽろ雪まつり・旭山動物園・流氷見物

11日から13日まで、最終日の「さっぽろ雪まつり」を皮切りに北海道に行ってきました。寒がりゆえ、一生見ることもないと思っていた厳冬の北海道に、誘われて突然行くことになって、上から下まで準備をして行った北海道なのですが・・バスや室内の暖房に暖められた体は-10℃でも寒さを感じなかったのでした。むしろ東京の方がずっと寒くて震えます。
新千歳空港で往きも帰りもブログ友の老春さんが来てくださいました。年齢よりずっとお若い優しい方でした。老春さんありがとうございました。

飛行機が遅れて札幌の雪まつりがたったの1時間しかなくて、おまけに道路が凍っていて、歩くのがヨチヨチ歩きでゆっくり見る暇がありませんでした。自衛隊の方たちの奮闘で大雪像が造られていて、想像していた以上に美しいものでした。氷の芸術の素晴らしさを堪能しました。カメラに全貌が収まらないのが残念です。

S1setuzou1

S1setuzou2

S1setuzou3

S2setuzou4anoneko S2setuzou5samitto_2

S2setuzou6ssakebi S2setuzou7zou

次に向かったのが旭山動物園、冬元気な動物のペンギンとホッキョクグマとアザラシの見物で時間切れ3時半に閉園です。
それでもキングペンギン(王様ペンギン)のお散歩を見ることが出来ました。人間が誘導するのでなく、自分達が気ままに歩くのだそうですが、歩くのが意外と早いのです。かなたの写真を撮っているうちにもう目の前、すぐ後姿になってしまうほどです。一体何人の人が居たのか、掻き分けてやっと撮影という状態です。しかし可愛かったです。近場なら毎日見に行きたいくらいです。
今日の夕刊に「王様ペンギン」温暖化で絶滅心配という記事に心が痛みました。

S3pengin1

S3pengin2_2 S3pengin3

S3kuma S3azarasi

アイスパビリオンのクリオネ(流氷の天使)  北きつね村のキタキツネ

S3kurione S3kitakitune

宿泊した層雲峡温泉の「氷瀑まつり」のかまくらや長いツララ(鍾乳洞の様)や雪像がライトアップされ、花火も上がって幻想的な世界はこれまた生まれて初めてです。

S4souunkyouhyoubaku

摩周湖も凍り、滝も凍っています。

S4koorumasyuuko S4koruginngataki_2

  これまた凄く楽しみにしていたのが流氷砕氷船に乗っての流氷見物です。
網走に着くと以前接岸していた流氷にお目にかかれました。これがあのアムール川から旅してきたのです。

S5ryuhyou1

ところがオーロラ号に乗船して沖合い出るも、全然流氷が来ていませんでした。誠に誠に残念無念、がっくり。ガリガリと氷を割りながら進むのを夢見ていたのですが。温暖化の影響とのことでした。

S5ororagou S5ryuuhyiu2

2泊目の阿寒湖も全面凍っていてこれが夏や秋に見た湖なのか、想像もつかない景色です。
ワカサギ釣りの小屋とその中の穴です。

S6wakasagituri1 S6wakasagituri2

S6akanko_3

阿寒湖から空港までの景色は晴れていたり、吹雪いたり、山や牧場や森や林などスケールの大きな景色を居眠りの合間に楽しんできました。

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

「ナスカ展」国立科学博物館

Nasukaten 「ナスカ展」国立科学博物館

南米ペルーの南部海岸地帯にパンパと呼ばれる砂漠がある。面積は800k㎡で想像もつかないくらい広い。ここにあの有名な「ナスカの地上絵」があります。
ナスカ文化は紀元前100年頃から紀元700年頃にかけてこの地で栄えました。日本の縄文時代から飛鳥時代頃までに当たります。
様々な茶色で描かれた文様の土器と精巧な織物が実に素晴らしい。ギリシャの壷同様感銘を受けました。形がただ壷でなく、人型や動物や様々な形で、その模様がこんなに豊富とは思いませんでした。織物の技術も高度で縁飾りが秀逸だと思います。
こんな文化の担い手が「ナスカの地上絵」を刻んだのです。これは世界の古代文明の最大の謎とされ、何故造られたかまだ解明されていないのです。

会場の巨大なスクリーンのバーチャルシアターで、セスナ機に乗って眼下の地上絵を見てきました。ハチドリ・コンドル・クモ・サル・トカゲ・フクロウ男などです。ハチドリの所ではセスナ機から降りました。小さめの地上絵なのに凄く大きなものです。こんな巨大な絵をどうして描いたかというと、中心に元の絵を描いてそこから絵の角から線を延ばしていって同じ倍数の地点をつなげたそうで、なるほどでした。
白く見える線は黒っぽい石ころを除いて下部の砂地が露出したもので、年間の降雨量が1mmにも満たないので、草は生えず、地中にも動物がいないから、1000年以上も残っているそうです。
遠いナスカにはとても行けないから、実際に行って見た感じで、とてもよかったです。

国立科学博物館の前には巨大なシャチ?とD51がありました。追記:Noraさんに特徴からヒゲクジラの仲間と教えていただきました。

Syati_2 Degoiti

Rotorekkuten  帰りにサントリー美術館の「ロートレック展」に寄ったのですが、13歳で両脚骨折のため成長が止まってしまった画家の悲しい36年の画業は、病気を感じさせないものであり、油彩画だけでなく、版画やポスター、挿絵や素描などロートレックの世界を味わえました。

| | コメント (17) | トラックバック (3)

2008年2月 4日 (月)

ネズミを見た

昨日朝のすぐ近所の雪景色です。積もり具合が2年ぶりの風景です。
Ykigesiki2

Yukigesiki1

1昨日ヒヨドリを撮ることが出来ました。何だかこのヒヨちゃん怖い顔だこと!

Hiyodori1

Hiyodori2

今年子年だというわけではないでしょうが、渋谷界隈ではネズミが大発生しているという話を聞きました。
渋谷区の知人の年数がたっている家にお邪魔したときに、テラスにかなり大きなネズミが走るのを目撃しました。家の天井を走っているそうで、部屋には齧られた物があるそうです。早速ネズミ捕りの道具を仕掛け、鳴き猫人形を置いたのですが、まだ効果は現れないようです。
写真ではわかりにくいですが、籐の椅子に座った猫が下を細工して揺らすと、椅子が動かなくなるまでずっと鳴いていて、その声の大きなこと、ネズミにも聞こえるに違いありません。
可愛い猫人形に対するは、近所で初めての出会いの洋服も似合っている可愛い、イタリアングレーハウンドです。人懐っこくて舐められてしまいました。

Isunisuwaruneko_2 Irariangureihaundo

| | コメント (20) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »