« 石川英輔さんの講演 | トップページ | セツブンソウ »

2008年2月21日 (木)

房総半島最南端 館山野鳥の森

ハイキングがまた房総です(冬は暖かい方へ)。最南端の神社が安房神社で最南端の山が天神山(146m)である。この南40kmのところでイージス艦の事故があったのです。
囲むように館山野鳥の森がある。
常緑照葉樹林の森で、タカの種類であるサシバ数万羽が4月に渡ってきて子育てをし、10月には佐多岬へと南下するそうである。その他多くの野鳥を育んでいる。がトンビしか観察できなかった。

安房神社は日本産業総祖神を祀る官幣大社で、何故か鳥居が全部白い。鳥居は赤いものときめていたので珍しい。

S1awazinzya1 S1awazinzya2

展望台からは残念ながら富士は見えず、眼下には平砂浦(へいさうら)の美しい海岸線と、「海の幸」を描いた明治時代の画家青木繁、福田たねの2人が滞在していた布良漁村が見える。
途中メタセコイアの並木やマテバシイ林の景観が素晴らしく、また温暖な海岸に珍しく学術的に貴重といわれるモミの大木を仰いだ。
天神山からは晴れていても、伊豆大島は望めなかった。

S1tenboudaikara

S1tubaki

S1sumire

立ち寄った野鳥の森管理事務所には、神代植物園と同じようにたくさんの木の実や種を見ることができて、初見のも多かった。写真を撮らせていただいたので覚えて、自分でも探してみたいものです。

森の素材の工作品がたくさんあった

S2morinosozaikousaku1 S2morinosozaikousaku2

S31sarutoriibara S32kyoubu

S33kanna S34hima

S35sarusuberi S36sazanka

↑サルスベリ  ↓ソテツ

S37sotetu S38puratanasu

↓キンポウジュ

S39kinpouzyu S310zinenzyo

S311hisi S312tobera

S313yamahuzi S314oobayasyabusi

                        ↑オオバヤシャブシ   

|

« 石川英輔さんの講演 | トップページ | セツブンソウ »

コメント

tonaさん、おはようございます(^-^)
ハイキングの時はいつも良いお天気で良かったですね~♪
平砂浦の空と海のコントラストがとてもきれいで、良い一枚ですね~♪(^-^)V
こんな穏やかな海の彼方で…イージス艦の海難事故が起きたのですか…
国民を守るための最新ハイテク搭載のイージス艦が国民を傷つけるなんて言語道断ですね…
とても危機管理は望めない…(>_<)と思いました…(;-_-) =3

種子の展示がしてあるなんて…良いですね~♪しっかり拝見して覚えなくては…(^^;
「カンナ」は「ダンドク(食用カンナ)」の方かしら…(・・?)
そういえば「神代植物園」でも展示してあると某掲示板で知りました~♪
いつも良い情報を有り難うございます…一緒に体験させていただいています~♪(^-^)V

投稿: orangepeko | 2008年2月22日 (金) 06:18

★orangepekoさま、おはようございます。

このところお天気はついています。
湘南の海とはまた違って、ここは美しい色で波も穏やかでした。向かいの岬の左側に富士山がちょっと見えたのですが、もしちゃんと見えたら、素晴らしい1枚だったと思われます。
漁船の親子がまだ見つからなくて早く早くと願わずにはいられません。

種子も様々な形がありますね。色もいろいろです。ヒシを見ると、牛だか動物の顔に見えてしまいます。もう芸術品といいたいくらいです。
カンナに食用があるのですか。知りませんでした。これはどちらなのでしょうね。
子どもが木やこれらを使って工作してました。こうした体験もいいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年2月22日 (金) 08:22

俄然房総へ行きたくなりました。
来月は日程とってドライブしたいものです。
木の実は見知らぬものばかりです。

投稿: YUKI-arch | 2008年2月22日 (金) 10:13

足掛け8年ほど千葉にいて殆どのところは知っているつもりでしたが、ここは記憶がありません。
もっとも若い頃は仕事に夢中であまりで歩くことも無かったのです。
海を見下ろすと胸がせいせいしますね。

投稿: saheizi-inokori | 2008年2月22日 (金) 10:16

★YUKI-archさま

おお!房総へドライブですね。
乗り継ぎが不便なので、車で移動されるといろいろ効率よく見物できますね。
海の幸にも恵まれているところは伊豆と同じでしょうか。
3月になると、お花もいっぱい、それに千葉県産野菜が結構安く売られています。
是非お出かけくださって、また教えてくださいね。
ありがとうござました。

投稿: tona | 2008年2月22日 (金) 16:58

★saheizi-inokoriさま

8年も千葉県でお仕事されたのですか。
それでいろいろご存知だったのですね。
学生時代に銚子に行って泊まったのと、鋸山、大原、鴨川くらいしか千葉県には縁がありませんでした。
ハイキングコースがいろいろ整備されていて楽しい県ですね。
海の色がこんなに綺麗とは思いもしませんでした。とてもいい気分になれますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年2月22日 (金) 17:02

房総半島一度は行って見たいところです。
素晴らしい眺めです。伊豆大島も散策したい
ところです。暖かいところだけに、花の咲くのも早いし、魅力的なところです。
冨士山って、そう簡単に見ることが出来ない
ものですね。ツアーで行った時もそうでした。沢山の木の実を見せていただき、ありがとうございます。とっても新鮮に見えます。
森の工作品には引付けられました。多くの
写真をありがとうございました。

投稿: 老春 | 2008年2月22日 (金) 17:03

★老春さま

伊豆大島はその昔友人と船で行きました。
丁度椿が咲いている時期で、椿娘さんが絣の着物姿で歓待してくれました。懐かしい思い出ですが、50年近く前ですので、もう1度行きたいです。
冬の間はずっと仰げた富士山もそろそろ、春霞がかかって次の冬まではっきり見られなくなります。
老春さまがいらっしゃったときもなかなか顔を出さなかったようで残念でしたね。
花が実(種子)になる過程を観察もできないでいて、まして最後に種になったときの姿は殆ど知らないで、とてもいい勉強になりました。こちらこそ、たくさん見ていただいてありがとうございました。

投稿: tona | 2008年2月22日 (金) 21:15

千葉でのハイキング、今回もいいお天気でしたね!
山の上から見渡した、真っ青な空と海がとても綺麗です。
今回いらしたところでも、いろいろな実が展示されていたのですね。
上の写真の中で、実際に見たことがあるのは7つだけでした。
他は見てもきっと何か分からないと思います。
それぞれ味わいある面白い形をしていて、見ると何か作りたく
なってきますね。子どものような柔軟な発想ができたら
面白い工作ができそうです。
 

投稿: ポージィ | 2008年2月23日 (土) 16:05

★ポージィさま

ハイキングはお天気次第ですね。晴れて快適に、たった146mですが一気に天神山に登りました。
山から見る海の色ってきれいなものですね。

さすがポージィさんは実もよくご存知ですね。私はこの中ではたったの3つでした。
小学生が実に楽しそうに作っていましたが、こうした実を切った木と組み合わせると、面白いものがたくさん出来そうです。
ポージィさんもきっと素敵なアレンジで作られると思いました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年2月23日 (土) 19:25

いいお天気でないと、ハイキングはつまらないですよね。いつもいいお天気で
、ラッキーですね。
白い鳥居は、ちょっとドキっとしますね。

伊豆大島は、数年前に行きました。
渡るときに、船酔いをしてしまいました。

いろんな木の実や種子が展示されてるなんて興味深いです。
確認をしたり発見をしたりでしょうね。

今から、あたたかくなると、どんどんといろんなところへお出かけになるのでしょうね。

投稿: もみじママ | 2008年2月23日 (土) 19:55

★もみじママさま、こんばんは。

お陰さまで冬であるためか、いつも青空でした。
白い鳥居って初めてですが、調べたら利尻島とか、京都の佐牙神社とか、富士山の9合目にもあるのですね。
何れも白にした意味はわからないそうです。

伊豆大島へは夜寝ている間に着きました。外海の航海は寝転がっていないと、揺れると大変ですよね。
実や種なんですが、全然知らないと言っていいほどです。これからはもっといろいろ見てみたいと思いました。
そうなんです。3月半ばになったらまた出かける予定です。

投稿: tona | 2008年2月23日 (土) 21:52

 こんばんは。
 安房神社、わたしも行ったことあります。
 このあたりにはよく行きますが、近いようで、実はものすごく遠いですよね。(笑)
 祭神の一人、天富命(アメノトミノミコト)は、肥沃な土地を求め、黒潮に乗って旅をして、最後に、安房にたどりついた神様だそうですが、海にゆかりの神社にふさわしく、広々とさわやかな境内だったのをおぼえています。

 この展望台は、野鳥の森の中にあるのですか?野鳥の森には行きませんでしたが、こんなにすばらしい景色が見られるなら行けばよかったです。
 これは、どれくらい登るのでしょう。

投稿: Nora | 2008年2月23日 (土) 22:45

★Noraさま、おはようございます。

房総の突端は遠かったです。
Noraさんもいらっしゃったことがあるのですね。
天富命は房総開拓の神だそうですね。もう一人の天太玉命(アメノフトタマノミコト)が日本産業総祖神と書いてありました。
参道も結構この辺りでは長いですね。
野鳥の森は神社を起点にして突端の海までの森を全部含みます。展望台が4つありまして、最後の天神山の所だけが急な階段で苦しいですが、あとはさほどでもありません。たった146mですものね。
ぐるっと廻って2時間半コースです。
「さえずりの森」「どんぐりの森」「水辺の森」「森林浴の森」「四季の森」などの名前がついています。緑溢れる季節になったら素敵でしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年2月24日 (日) 08:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/40210926

この記事へのトラックバック一覧です: 房総半島最南端 館山野鳥の森:

« 石川英輔さんの講演 | トップページ | セツブンソウ »