« 「桜さくらサクラ・2008」展 | トップページ | 奇妙なビル »

2008年4月18日 (金)

スミレ

今月の植物観察会は狭山湖の近くの狭山丘陵(高根山、野山北・六道山公園)でした。

この時期はスミレです。昨年は高尾でマルバスミレ、ナガバノスミレサイシン、タカオスミレ、タチツボスミレ、エイザンスミレを見たのですが、すっかり見分け方を忘れていました。

今年は
フモトスミレ 名前の如く山の麓あたりに多くあり、葉の形が心形で葉の裏が紫色、花の色は白っぽい。

1humotosumire

コスミレ 葉が結構大きくこんな形で、葉の裏は紫色。
2kosumire_2

ヒメスミレ 小さく葉の形は長細い。花の色は濃い紫でした。

3himesumire

ハナミズキ(ミズキ科)の咲き始めもきれいです。

Hanamizuki

㊧ウグイスカグラ(スイカズラ科)があちこちに
㊨アオハダ(モチノキ科)の若葉が美しい

Uguisukagura Aohada

㊧ニガイチゴ(バラ科)はもう花をつけて  
㊨モミジイチゴ(バラ科)の葉はモミジ形
Nigaitigo Momiziitigo

㊧今年もヒトリシズカ(センリョウ科)に会えました。ルーペで見たら花の雄しべ、雌しべが複雑です。
㊨オドリコソウ(シソ科)-傘を被った踊り子に似ているそうだが咲き始めでわからない。

Hitorisizuka Odorikosou

クサノオウ(瘡の王)(ケシ科)-丹毒を治す薬 にも出会えました。
Kusanoou

㊧キジムシロ(バラ科)は黄色が目立ちます。三葉の先に葉が続きます。
㊨ミツバツチグリ(バラ科)はキジムシロに花が似ていて、葉が三葉のみ。(この画像は他のところで撮影しました)

Kizimusiro Mitubatutiguri_2

㊧マメグミ(グミ科)の実がもう生っています。ナツグミに似ているとのこと。
㊨里山民家も見学できました。

Mamegumi Satouyamaminnka

六道山公園は山桜など散り始め、桜吹雪で道は桜の絨毯でした。

Rokudouzankouen_sakura

Sakura1 Sakura2

本日の収穫は土筆です。袴を取るのが大変でしたが美味しい野の味を味わえました。
Tukusi

|

« 「桜さくらサクラ・2008」展 | トップページ | 奇妙なビル »

コメント

花を観察する会は本当に勉強になりますね。
名前を覚えるのが苦手で、その時にはしっかり覚えようと思うのですが、tonaさんの観察画像にはいつも頭が下がります。

先日「3月4月に見た花」その2を下書きにしたまま、造幣局に行ったものですからそれを先にして、今、下書きを見ましたら、冒頭に、「スミレは国産、外国種とも合わせると数百種類あるらしい」と書いて一派一絡げに「スミレ」としか書いていない私自身に呆れていますが、そのうち、UPしましたら、ご笑覧下さい。

まだこんな桜に山では出会えるのですね。

投稿: anikobe | 2008年4月18日 (金) 21:47

クサノオウとか毎年覚えたつもりになるのですが、、だめですね。
まあ、毎年覚えることがあっていいか^^。

投稿: saheizi-inokori | 2008年4月19日 (土) 00:31

★anikobeさま

奈良のスミレを楽しみにしています。
造幣局の桜はテレビでちょっと垣間見るのと違って圧巻でした。

観察会は本当にためになります。
しっかり初心者にも教えてくださるのでよけいです。
でも昨年のを忘れていますから、その時期になって復習するといいのですね。
ブログの世界があることは学習にとても便利です。
そろそろ桜も終わって次のお花に心が向かっていきます。ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月19日 (土) 08:42

★saheizi-inokoriさま

ははは、私も毎年忘れています。
友人が言うところによりますと5年繰り返さないと自分のものにならないとか。
クサノオウやキジムシロなどが2年目、スミレなどは初めてですからとても来年まで無理です。
>毎年覚えることがあっていいか
そうですね。その通りです!!
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月19日 (土) 08:47

自生のスミレの紫の色が濃くて綺麗ですね。
いろんなお花が盛りと咲いて、こちらでもそろそろ春本番の花が咲き乱れようとしています。
土筆…こちらにもたくさん生えてるんですけど、ハカマを取るのが面倒なようで^^;
頭の部分は取りますよね?
いつか土筆の卵とじを作りたいと思っています。

投稿: pochiko | 2008年4月19日 (土) 23:42

tonaさん、おはようございます(^-^)
もう桜も終わってしまいましたね…
今年は何処にも観察に出かけていませんので(^^;皆さまの所・掲示板等で季節のお花を
愉しませていただいています~♪

「スミレ」に関してはtonaさんにお伺いした方が良いようですね…(^^;
み~んな「スミレ」で済ませたい!orangepekoです(^O^)

拝見しながら…「オドリコソウ」に会いに行きたいなぁ~とか、「クサイチゴ」が咲いている
だろうなぁ…とか想像しては…(;-_-) =3です…(^^;

「クレオメ」どんどん伸びて…6㎝ほどになっていますヽ('-'*)~♪有り難うございます…
但し、外に蒔いた種は…未だ発芽の様子がありません…(>_<)

投稿: orangepeko | 2008年4月20日 (日) 08:38

★pochikoさま、おはようございます。

テレビで福島は桜など一斉に咲きだして春を迎えたと放送していました。そしてあの滝桜も写りました。
春本番を迎えてどんなにか心が弾んでいることでしょうね。農作業もお忙しくなるのでしょうね。

土筆ですが頭の部分食べてしまいました。あれー、頭も取るものでしたか。
土筆の卵とじは有名なおかずですね。来年も食べたいです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月20日 (日) 08:46

幼い頃ですが、
多摩川の土手でつくしを取りました。
都会では、コンクリートの割れ目のような
土の露出部分にタンポポや何かと
いっしょに生えていたように記憶しています。
多様な植物に触れることができなかったのが残念です。

投稿: YUKI-arch | 2008年4月20日 (日) 08:59

★orangepekoさま、おはようございます。

連日お疲れ様です。通っていらっしゃるのでどんなにか大変かと想像しています。
お忙しそうでコメントも遠慮させていただいていました。

スミレなのですが、画像でしっかり頭に入れたつもりが、さて、路傍などで見ますともうさっぱりわかりません。まだ数年復習を続けなければ。でも分かったときは嬉しいですね。タチツボスミレがやっとわかったところです。
クサイチゴ、この間たっぷり見てきました。次にUPしようかと。

クレオメ大切に見守っていただいてありがとうございます。家はこれからフウセンカズラなどと蒔きます。
ミヤコワスレとアカハナユウゲショウは元気です。ところがアサリナせっかく冬を越したのに元気なく、1本が枯れてしまいました(ToT)、本当に悲しいです。あと1本毎日元気でいてと話しかけています。
どうぞご無理なさらず、ご両親様、orangepeko様もお大事に。ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月20日 (日) 09:03

★YUKI-archさま、おはようございます。

YUKI-archさんも幼い頃つくしを摘まれたのですね。
私も疎開先の東松山で摘んだ覚えがあるのですが、お料理したのを戴いたことはありますが、摘んだのはあまりに久しぶりで、友人に袴の上手な取り方を教えてもらいました。
つくしは田圃や土手が近所にないと生えていないようなので、我が家の近所は見られないのが淋しいです。とかなんとか、欲が深くて困ったものです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月20日 (日) 09:15

スミレにもいろいろあるのですね。

山を歩きながら、よくきれいな画像が残せれますね。

桜がまだ満開に見えますが、もう散り始めてたのですか。
桜の絨毯、この時だけのものですよね。

つくし、なかなか会えません。

こちらはもう終わってますね。

投稿: もみじママ | 2008年4月20日 (日) 14:56

ハナミズキの咲き始め、僕も大好き。
いいものを見させてもらいました。
我が家は寒過ぎて
ハナミズキは植えられません。
桜もまだ固いつぼみなんですよ。
(^_^;)

投稿: Papalin | 2008年4月20日 (日) 17:40

★もみじママさま、こんばんは。

スミレの種類も多いようですね。
さっぱり区別できなくて、どれも皆同じように見えてしまいます。葉の形さえ似ているのが多くて、ましてや花は白か紫か、大きさの大小くらいで、あとは同じようでわかりません。
5,6年後には少しはわかると期待しています。
桜は今は八重桜ですね。そちらの造幣局にも大阪同様あるのですね。種類が多いようで、これまた全然覚えられません。
土筆をよく味わったのは初めてと言っていいくらい。ゼンマイ風の味でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月20日 (日) 20:04

★Papalinさま、こんばんは。

ニュースで北杜市の高い所は桜はまだ先、蕾も固いと言っていました。札幌よりずっと遅いのですね。
Papalin家は寒すぎてハナミズキもだめなんですか。う~ん、想像できません。
短い夏をまだ首を長くして待っていらっしゃるのですね。
今こちらではハナミズキが一斉に咲き、目に鮮やかに飛び込んできます。春真っ盛りですが、お天気が3日と続きません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月20日 (日) 20:25

 みなさんのコメントも拝見させていただきましたが、スミレだけでもこんなに種類があるなんて、ほんとうに驚きです。
 ハナミズキも、いろいろな色のものがあるのですね。

 山いっぱいの山桜、迫力満点です。 
 オドリコソウも、自然の野山に咲くものは、また一段と、美しいのではないでしょうか。
 わたしはこのような変わった花は、これまで野山を歩いても気がついたことがなく、植物園や庭園などでしか見たことがありません。
 野山で見つけるのはたいへんなのだと思いますが、今後機会があったら、目を皿のようにして、歩いてみたいと思います。

投稿: Nora | 2008年4月22日 (火) 10:15

★Noraさま

スミレについてはまだやっと尾に付いたばかり、一人で見たら名前はわからないです。
「日本のスミレ」などスミレだけの本があるようですが購入もしていません。

ハナミズキ(ドック・ウッド)は白と薄いピンク、濃いピンク、赤に近い色などが私が見たものですが、如何でしょうか。

Noraさんのオドリコソウとても良く撮れていました。
>野山で見つけるのはたいへん
そうなんです。先生の後に従って初めてわかるのです。何年もたたないとわかりそうもありません。皆さんは1回に1つだけしっかり覚えると言っておられます。
いつも好奇心に満ちたコメントをありがとうございます。

投稿: tona | 2008年4月22日 (火) 16:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/40914726

この記事へのトラックバック一覧です: スミレ:

« 「桜さくらサクラ・2008」展 | トップページ | 奇妙なビル »