« ルノワール+ルノワール展 | トップページ | アル・ゴア「不都合な真実」 »

2008年4月30日 (水)

昭和記念公園のキンラン、ギンラン

園田天光光(89歳)が著書『女の胆力』で前向きに生きるエネルギーの源泉を次のように説いているそうです。

「私はね、いいことしか覚えていない。人を見るときは長所だけを見る。そうすると、楽なんですよ」

この頃、ブログ友をはじめとして、私の周囲、あるいは新聞や本、テレビで出てくる人の凄い!偉い!という人の何と多いことよ。
それでも人の長所だけでなく、悪い所が鼻についたりすることもたまにあって、むしろ長所がどこかに追いやられて短所の蔭に隠れてしまうこともあります。
心の中で、あの人また同じことしているなんて、我がふり見ずに批判したりしています。
そんなとき、上記の「人の長所だけを見る」は素晴らしい発想であり、そういうふうにして生き続けてきた筆者は只者でない。腹の立つことも少ないでしょうね。
見習っていきたいです。

昨日の国営昭和記念公園は入場料無料で、さすがの広い園内も人人人でした。
チューリップは終わりに近づいていましたが、ポピーや菜の花はまだ見頃、牡丹が満開で春の日差しに、あの香りにむせそうでした。

Nanohana

Botan1

Botan2 Botan3

今年はネモフィラ・メンジーシー(ハゼリンソウ科)畑もありました。
Nemohira

林の中に㊧キンラン(ラン科)と㊨ギンラン(ラン科)がひっそりと。
キンランは金色に輝いて見えたので付いた名前
ギンランはキンランより少し小さく白い花で名が付いた
花びらは5枚で外側の3枚ががく片、内側の2枚が側花弁、下側に唇弁。葉が互い違いに4~5枚ついている。

Photo Photo_2

㊧ストベリーキャンドル(マメ科)を見つけました。
㊨ハナビシソウ(ケシ科)とネモフィラとヤグルマギクの花畑は淡い感じ
Suroberikyanndoru Hanabisisou

人が小さく見えるほどの巨大な鯉のぼり
Koinobori

㊧シャクナゲ(ツツジ科)の蕾と花 ㊨日本庭園の池 

Syakunage_3 Nihonteien_3

日本庭園の藤棚と剪定が見事だったハナミズキ(ミズキ科)

Huzi

㊧今年もまたオオデマリ(スイカズラ科)が満開 ㊨そのそばの?の花

Oodemari Hatena

|

« ルノワール+ルノワール展 | トップページ | アル・ゴア「不都合な真実」 »

コメント

さすが国営の昭和記念公園、規模の大きさがほかに類を見ないようですね。
いろんな花が今を盛りと咲き誇って、こんな中を歩いていますと気分がうきうきとしてくることでしょう。
花はいいですね。
拝見していて心が和んできます。

身近なところで、毎年同じ花を待ち続けている私の世界とは違って、いいなぁ!いいなぁ!と拝見しながら呟いています。

投稿: anikobe | 2008年4月30日 (水) 21:50

おはようございます。

すごい花ですね。
色とりどりで、実物はもっと感動的でしょうね。

キンラン・ギンラン、初めて見ました。

ネモフィラこんなに群生させたら見事です。
うちは去年のこぼれ種から1輪だけ咲いています。

大きな大きな鯉のぼり、それも現代的なこいのぼりですね。

「人の長所だけを・・・・」いいですね。
心がけたいです。

投稿: もみじママ | 2008年5月 1日 (木) 08:32

★anikobeさま、おはようございます。

187万㎡、坪になおすと57万坪でしょうか。
広いです。殆ど余す所なく整備されてきたので、10回以上行っていてもまだ回りきれていません。
1昨日は30種類ほどの花を見ることができました。
ないものねだりといいましょうか、anikobeさんの奈良の風物は素晴らしく、そちらに転居したいと思うことしきりです。
そちらの市民大学などに行って学べたらと叶わない夢を抱いたりしております。
でもanikobeさんのブログにお会いできて、奈良や京都、大阪を拝見できて有難いことです。有難うございました。

投稿: tona | 2008年5月 1日 (木) 08:58

★もみじママさま、おはようございます。

昨年UPしたチューリップとポピーはくどいので載せませんでしたが、毎年のことながら感動しています。
ネモフィラ、こぼれ種でお庭に1輪いいですね。実によい色をしていますもの。
キンラン、ギンランは実際には目立たないで通り過ぎてしまうような花です。その横にエビネもさらに目立たなく咲いていました。

鯉のぼりの大きさにはびっくり仰天です。ペンキを塗りたくったような模様ですね。

天光光さんの言葉、私も心がけたいです。本当に悪い面が見えなければ心安らかになれるかもしれません。
有難うございました。

投稿: tona | 2008年5月 1日 (木) 09:08

いつも昭和記念公園をここで見せていただいて行ってみたいと思いながらもまだ果たせない、果たさない。
まいいか、これだけ見せてもらえるんだから。

投稿: saheizi-inokori | 2008年5月 1日 (木) 11:13

★saheizi-inokoriさま、こんにちは。

国分寺からから青梅方面直通で13分、西立川の駅の前なので、家から30分で行かれますので年に2,3度出かけます。
こんな独りよがりの写真で行った気になっていただいて有難うございます。

投稿: tona | 2008年5月 1日 (木) 16:19

4/29は無料開放の日なんですね。わかってはいてもいつも後の祭り、
あの一面のポピーが見たくて行くのですが、いつも5月3日ごろ。今年は用事が多くて行けそうにありません。

相変わらず、菜の花畑きれいですね。
ネモフィラのブルーの絨毯も見事ですね。
大きな鯉のぼり、正面の突き当たりのところですかね?周りのツツジの植え込みも色とりどりで咲いてたと思います。

日本庭園の藤棚は気がつかなかった。何処を見てたのでしょう。
今年は、tonaさんの記事で拝見することでよしとしときましょう。

投稿: 夢閑人 | 2008年5月 1日 (木) 16:36

★夢閑人さま、こんばんは。

今年もポピーが素晴らしかったです。
チューリップも遅咲きがまだ頑張っていましたよ。
ネモフィラも素晴らしいですね。
その向こうはピンクとブルーのヤグルマギクで今咲き始めですから、そのうち見事になるでしょう。秋にコスモス畑になるコスモスの丘のところです。
昨年10月から昭和30年代の農村風景を再現した「こもれびの里」がこの丘の横に出来ました。
そうです。鯉のぼりはツツジが咲いている、「子どもの森」の入口のところです。
私も藤は今年初めて気がついたのです。
今年も様々なワンちゃんに会いました。日本庭園には動物は入れないのですね。
見物の代わりに見ていただいて、有難うございました。

投稿: tona | 2008年5月 1日 (木) 21:03

tonaさん地方は、もう菜の花に牡丹の季節ですね。
我が家の一本だけある牡丹はまだ蕾でした。
キンランギンラン、蘭と名のつくものですから蘭の仲間なんでしょうね。
小さくて可愛らしい花で、ゴージャスな蘭とは思えないような花です。
藤も見事に咲きほころんでますね。

投稿: pochiko | 2008年5月 1日 (木) 23:58

★pochikoさま、おはようございます。

この菜の花はもう1ヶ月以上咲いているのではないでしょうか。
2月から5月連休頃まで咲く菜の花、どうして同じ都内でも、場所によって咲く時期が違うのか(房総は12月頃から)不思議です。
菜の花の種類は油菜で同じでしょうに。
牡丹がまだ蕾とは、本当に冬寒かったことがわかります。
キンランギンラン、確かに蘭の華やかさはありませんね。エビネに近い咲き方です。
会津は勿論藤もおそいのでしょうね。
有難うございました。

投稿: tona | 2008年5月 2日 (金) 08:20

お久しぶりです。
やっと落ち着きを取り戻しました。
またよろしくお願いいたします。

花・花・花で素晴らしいですね~
一面のネモフィラ、前から見たいと思ってるんだけど近場ではそういう場所がなくて。。。
青花好きにはたまらん光景です。
キンラン・ギンランは一度も見た事ないんですよね。
両方見られるなんていいですね。

人の長所だけを。。。
そう出来たら私ももっと人好きになれるし、私も好いてもらえるようになるんだろうな~って思います。
私の場合、人の短所というより人が怖いって思っちゃう方なんです。

投稿: ちょびママ | 2008年5月 3日 (土) 15:09

★ちょびママさま、こんにちは。

まだまだ大変なところをコメントいただいてありがとうございました。

今年もこの公園にまた行ってしまいました。
そう、一面の菜の花やポピー以外にネモフィラやヤグルマギクが登場しました。ヤグルマギクはもっと後になりそうです。
ポージィさんの亜麻やネモフィラはちょびママさんがきっとお好きでしょうと、思ったものでした。
キンラン、ギンランは暗めの林の中で目を凝らさないと見えないくらいです。出会えて嬉しかったです。

ちょびママさんはかなり長所を見る方です。今、ちょびママさんが置かれている立場だと、私なら長所が全然見えずに、腹立たしい毎日を送ることになりそうです。ちょびママさんとは比べ物にならないほど人間が出来ていませんから、このことに努力したいです。

投稿: tona | 2008年5月 3日 (土) 16:40

 こんばんは。
 去年の夏に、レンゲショウマを求めて昭和記念公園をさまよった時は、そのあまりの広さを恨めしく思いましたが、春は、その広々とした空間が一面の花々に覆われているとは!
 またすばらしい写真を見せていただきました。
 キンラン、ギンラン、というのもかわいいですね。ほんとうによく見つけられるものです。また見たい花が増えました。

投稿: Nora | 2008年5月 6日 (火) 22:24

★Noraさま、おはようございます。

いつもありがとうございます。
そうでしたね。レンゲショウマのドラマがありました。
去年載せたのでUPしなかったのが、ポピーです。これは1番素敵かもしれません。チューリップもまだまだでした。
キンラン、ギンランは「こもれびの丘」という林の中に咲いていますよ。
また機会がありましたら探してみてください。
「こもれびの里」など農業関係のも昨10月に出来ました。

投稿: tona | 2008年5月 7日 (水) 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/41043648

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和記念公園のキンラン、ギンラン:

« ルノワール+ルノワール展 | トップページ | アル・ゴア「不都合な真実」 »