« コマ劇場「都はるみ特別公演」 | トップページ | シチリア島1 »

2008年4月 3日 (木)

南イタリア

Tizu_23月16日から31日まで南イタリア・シチリア島・マルタ島へ行ってきました。
3月は天候が安定せず、傘を持たない日は最後の1日を除いて全部。雨女、遂に面目を施すってな感じでした。また、風もあり、寒波が襲来して北部は吹雪、東京より寒いので震え上がりました。
途中で普通の人はまずやらない大ドジをしてしまったのにはまいりました。それは自由時間に出かけたバスの中にリュックを忘れてしまったことです。保険やら薬が入っていたので、これは病気になっては大変と覚悟をしていたのですが、添乗員さんのお陰で、あのイタリアで何と奇跡的に2時間後に見つかったのでした。
帰り着くまで「忘れ物をしない」と呪文を唱えた日々でした。

↓㊧ナポリに降り立ってみると、ゴミ問題は完全に解決しておらず到る所ゴミの山。治安の悪さで有名なナポリで何と自由時間がありましたが、勿論出かけませんでした。
↓㊨ナポリ湾とヴェスーヴィオ火山もすっきりしない天候で視界がききません。

1napori1_3 1napori2_3

↓㊧考古学博物館には、ポンペイから出土したというあの有名なアレキサンダー大王のモザイクがありました。
↓㊨サンタキアラ教会の回廊付き中庭は18世紀のマヨルカ焼きタイルがふんだんに使われ美しい。

1napori3_2 1napori4_2

↓㊧カプリ島はローマの初代皇帝アウグストゥスの別荘があったところで、有名な「青の洞窟」もある。入口の高さが僅か1mなのでボートに寝る形にならないと通れそうもない。青い光に満たされた洞窟内に残念ながら波が高くて入れなかったのです。
↓㊨カプリ村から海を臨む。

1kapuri1_2 1kapuri2_2

↓世界遺産のアマルフィ海岸とアマルフィの大聖堂

2amaruhuli1_2 2amaryhuli2_2

2amaruhuli3_2 2amaruhuli4_2

↓㊧ポンペイの遺跡は広い。↓㊨はずれにある「ポンペイの赤」で有名な秘儀荘の中。

3ponpei1_2 3ponpei2_2

↓㊧世界遺産のマテーラの洞窟住宅(サッシ)には人口6万人のうちの約5000人が今も住んでいるという。
↓㊨洞窟教会も岩山に聳える

4matera1_2 4matera2_2

↓㊧洞窟の内部 ↓㊨グラビーナ渓谷を隔てた岩山はメル・ギブソン監督の映画「パッション」に出ている。
4matera3 4matera4

世界遺産の町アルベロベッロには「トゥルッリ」という真っ白な壁に円錐形の屋根の家が1400軒あまり保存されています。16年前にこの町に来て結婚した陽子さんによれば、住んでいる家が世界遺産になってしまったそうだ。普通世界遺産になると保護のためのお金が出たり、税金はないそうなのに税金を課され、そのお金が流れて、某役人は豪邸を建てているそうな。いかにもイタリアらしい。男の子を育てながら、12も部屋を持つ家でお土産屋さんを営んでいます。屋上に登らせていただいて町を眺め、初めてトリュフなるものをご馳走になりました。
またマリアさんという女性にツアーでご一緒した方とお店に招かれ、私は何も買わなかったのに、屋上や家の中の寝室や台所まで見せていただき、その上手作りのケーキまでご馳走になって、ワインはいかがというのを辞退してお別れしました。マリアさんは姉妹都市の白川郷にも来ており、和服を着たりで大の日本好きで、オリジナルの草木染の織物などを販売していました。この町に泊まったので朝に夕に散歩が出来て大満足でした。

5aruberoberro1 5aruberuberro2

↓㊧灰色の屋根にシンボルが大きく描かれているのもある。
↓㊨教会の屋根も円錐形

5aruberoberro3 5aruberoberro4

↓㊧屋上はこんな感じ ↓㊨お店の隣の自宅の前のマリアさん
5aruberoberro5 5aruberoberro6

|

« コマ劇場「都はるみ特別公演」 | トップページ | シチリア島1 »

コメント

南イタリアの旅行記、楽しみにしておりました。先ず南イタリアの地図を大きくして見る
ことが出来ました。さすがプロの技ですね。
天候に恵まれず、悔しい思いをされたことでしょう。
自由時間に出かけたバスの中にリユックを忘れたとは、大変でしたね。親切な添乗員さんのこと、忘れられませんね。語り草になりますね。
世界遺産、アマルフイ海岸と大聖堂。マテーラの洞窟住宅。心に残りました。日本では見ることの出来ない風景や建物にふれ感動しました。
海外旅行の収穫は、素晴らしい財産になりましたね。写真なんかいも見させていただきました。
死ぬまで行けない南イタリア旅行記を、ありまとうございました。

投稿: 老春 | 2008年4月 3日 (木) 20:11

★老春さま

早速見ていただいてありがとうございました。
失敗のない旅が殆どなく、いつも又何か起こさないか、まるで問題児の生徒のようですね。恥ずかしいです。
地図ですが、旅行社のパンフレットをスキャナーでとりました。とても自分で地図を書くのが難しいので。
いつもそうですが、ブログにまとめるお陰で、行った所を再確認して頭に刻み込むことが出来て嬉しいです。
雨や寒さが飛んで行ってしまうほど、風土の違う景色や遺産でした。

投稿: tona | 2008年4月 3日 (木) 21:00

tanaさん、お帰りなさい。

天気が良くなかったようで大変でしたね。
また、リュックを忘れられたこと、真っ青になりそうですが、出てきてよかったです。
本当にラッキーでしたね。
忘れられない思い出になったことでしょうね。
ゴミが放置されてる画像にはびっくりです。

陽子さんやマリアさんとのいい出会いもよかったですね。
円錐の屋根とか、やはり日本とは全然違いますね。
お疲れはとれましたか?

投稿: もみじママ | 2008年4月 3日 (木) 22:06

tonaさん、お帰りなさい・・イタリアでしたか。
よく、あのイタリアで忘れ物が見つかりましたね(◎_◎) 驚き!です。
さすが・・tonaさん♪ラッキーでしたね♡ 良かった♪
青の洞窟、入れなくて残念でした。
でも、温かい人との出会いは旅を潤しましたね。
イタリアは行って見たい国ですが、大らか過ぎて・・時間がアバウト(≧▽≦)と聞いています(笑)

投稿: むーさん | 2008年4月 3日 (木) 23:53

tonaさん、おはようございます(^-^)
昨日種を蒔きましたので…お知らせ~♪と思って来たら…アップされていましたね(^^;

忘れ物!…まぁ!大変でしたね…でも出てきて良かった~♪(^-^)V

「ナポリ」といったら青い海と太陽!というイメージなのですが(夏ではありませんね(^^;)
海はきれいな筈なのに…このゴミ問題は海をも汚しますね(>_<)
外出も控えられたとか…残念でしたね…

世界遺産の「洞窟住宅」で生活している人がいるのはスゴイですね…
でも住まいしなければ…単に風化するだけだから…良いのかも…ですね(^^;

画像が拡大できると良いですね…じっくりと拝見したいです…
誘いへのカタログにできそうですね~♪南イタリア紀行序章…有り難うございます…

発芽したら…またお知らせしますねヽ('-'*)~♪

投稿: orangepeko | 2008年4月 4日 (金) 04:50

そういうこと(また旅行にいらした)だったのでしゅね。うらやましい。

ポンペイはたわしも訪れました。赤がなつかしいです。島にも行ってみたいなぁ。

夜にでもゆっくり読ませてもらいます。

投稿: Papalin | 2008年4月 4日 (金) 06:23

★もみじママさま、ありがとうございます。

南ですから暖かいと思って出かけたのが間違いでした。3月はまだ安定しないのですね。
ゴミ問題、此処までいっていませんが、東京も時間の問題のような気がしました。
リュック問題は本当にお恥ずかしいの一言です。
洞窟もとんがり屋根も同じ人間なのにこうも違うものかと感心しきりです。
長かったので時差ボケがかなりのものです。

投稿: tona | 2008年4月 4日 (金) 08:12

長旅で疲労もたまってることでしょうね。

南イタリア、ましてシチリア島・マルタ島まで
足を伸ばすことはないかもしれません。徐々に旅のアップを楽しみにしています。

投稿: YUKI-arch | 2008年4月 4日 (金) 08:18

★むーさんさま、ありがとうございます。

リュックは日本だったらすぐ連絡して終点で返りますよね。でもイタリアで同じことをして返ったのです。言葉が出来ないので添乗員さんに奮闘していただきました。最初は係りの人はないと言ったのでっすが、幸運なことに乗ったときの運転手さんがたまたま停留所で見つかり、確認してまた営業所に行ったらさっきの係員が奥から出してきました。隠匿しようとしていたのですね。これがイタリアなのですが。
サービス業はイタリアといえども随分改善されてアバウトさがなくなっているようです。完全ではありませんが。うれしいことですね。

投稿: tona | 2008年4月 4日 (金) 08:20

★orangepekoさま、ありがとうございます。

種を蒔かれたそうで、発芽が楽しみです。

地中海周辺の海は(他を知らないのですが)晴れると素晴らしいエメラルドグリーンになり、曇ると海岸べりだけちょっとだけであとはブルーで相模湾のとかわりありません。
ナポリは最近やっとツアーが宿泊するようになったのですから、よくなるまで数年かかるでしょうか。
画像、枚数がついつい多くなってしまってこんな形になってしまって申し訳ありません。
1500枚近くも撮ってしまって、デジカメってかえって懐かしいけれども整理が大変です。

投稿: tona | 2008年4月 4日 (金) 08:29

★Papalinさま、ありがとうございます。

ポンペイはPapalinさんもいらっしゃったのでしたね。
私は2度目なのに同じ遺跡とは思えないほど忘れていました。大塚美術館でも此処をじっくり見すぎたのでした。
秘儀荘は初めてでしたので赤をよく見てきました。

投稿: tona | 2008年4月 4日 (金) 08:32

★YUKI-archさま、ありがとうございます。

そうなんですね。16日と長かったので(初めてです)今頃になって、節々が痛んだり、時差ボケが解消しなくて困っています。
島についもまた続けたいと思いますので、見てくださいませ。

投稿: tona | 2008年4月 4日 (金) 08:36

今年は天候が異常だったのですかね。
16日間のうち、天気は一日だけとはこれまた運が悪かったですね。でもいろんなところを見られたので良しとしましょう。

6年前の同じ3月の中旬に行きましたけど、8日間すべていい天気でした。暑くもなし、寒くもなしで天気には恵まれました。
このときは北の方が主で、南はポンペイだけでした。ゴミと治安の悪さは相変わらずみたいですね。

同じ場所から見たナポリの街と、青い海に空、ヴェスヴィオ火山もきれいでした。
わがふるさと鹿児島は「東洋のナポリ」と言われているが・・・

南イタリア、シチリア島、マルタ島、行って見たいところでしたが、とうとう行かずじまい。おそらくもう行くことはないでしょう。
とんがり石屋根の「アルベロベッロ」、泊まってゆっくり楽しまれたようで言うことなしですね。
未だ見ぬ南イタリアを写真で楽しませていただきました。続きを楽しみにしてます。


投稿: 夢閑人 | 2008年4月 4日 (金) 09:38

この間、アマルフイの様子をテレビで見てこんなところに行けたらどんなに素晴らしいかと思っていましたよ。
世界中をまたにかけて東京でもアッチこっちへ、ほんとにエネルギッシュで感服の至りです。
続きを愉しみにしています。

投稿: saheizi-inokori | 2008年4月 4日 (金) 10:33

tonaさん、改めてお帰りなさい。イタリア旅行記第一弾ですね。
南イタリアへいらしたと知ったとき、これは明るい陽射しに恵まれ
陽気なラテンの雰囲気を満喫していらしただろう、と勝手に
想像しましたが、お天気と気温には恵まれなかったようで
残念でした。今回はかなり長い旅程でしたのに。

でも、素晴らしい街並みや遺跡、温かい人情に触れられたことは
本当によかったですね。片付いていないゴミ問題も目撃されて
しまいましたが~~(^^;)

旅紀行の続きを楽しみにしていますが、ゆっくりアップなさって
ください。お待ちする間、ゆっくりじっくり楽しませていただきます(^^)
 

投稿: ポージィ | 2008年4月 4日 (金) 17:26

★夢閑人さま、ありがとうございます。

今まで雨にあったことは1度くらいしかありませんでしたので、驚きました。3月はまだあなどれないですね。波も高く船も大きく揺れていました。
6年前は3月なのに恵まれてよかったですね。
10年前のイタリアのときはナポリは丘の上から一瞬ナポリ湾を眺めただけで、治安が悪いために町中も通らなかったです。今回町中を歩いてとても汚れていたのでよい印象が残念ながらありません。
ナポリと鹿児島は姉妹都市ですよね。
今回アルベロベッロの家を見るのが1番楽しみでしたので、部屋や屋上まで登ることが出来たことがラッキーでした。
シチリア島とマルタ島のときも読んでいただけるそうで嬉しいです。

投稿: tona | 2008年4月 4日 (金) 18:54

★saheizi-inokoriさま、ありがとうございます。

私も陣内教授がアマルフィを案内にしているのを見ましたが憧れていました。陣内さんが訪問した2階の家を下から眺めました。
海岸線も世界遺産だそうで、伊豆半島を彷彿とさせました。

私は世界といってもヨーロッパだけです。あとはオーストラリアとカナダが1回だけで、そのほかの世界はもう行けそうにありません。1年ごとに体力が衰えているのを実感しています。
続きも見てくださるそうでありがたいです。

投稿: tona | 2008年4月 4日 (金) 19:04

★ポージィさま、ありがとうございます。

そうですよね。南イタリアといえばもう暖かく、明るい陽射しで、人々も明るく陽気そのものという感じですものね。
他の都市と違ってナポリはまだまだ大変のようです。ジローラモ氏のことを思い出してしまいました。
南イタリアも景色は美しく、遺跡や建造物が
あってよいところでした。
EUに入ってから南部も貧しさから脱しつつあるようです。
続きを楽しみにしてくださってとても嬉しいです。

投稿: tona | 2008年4月 4日 (金) 19:21

tonaさん おかえりなさい。
今回は南イタリア方面へのご旅行でしたか。
世界遺産のアマルフィ海岸とアマルフィの大聖堂などなどたくさんの写真を見せていただきました。
どれもこれも素晴らしい景色でした。

投稿: pochiko | 2008年4月 4日 (金) 23:23

★pochikoさま、ありがとうございます。

アマルフィは海岸から絶壁がそそり立っているのでその上に道路があって、伊豆の道路を走っているような感じです。
晴れれば海の色がエメラルドグリーンになってとても綺麗です。日本の海は沖縄に行くと見られますね。
看板のない景色ってさらにきれいですね。

投稿: tona | 2008年4月 5日 (土) 08:31

 こんばんは。
 盛りだくさんの旅行記、楽しませていただきました。
 洞窟教会やアルベロベッロの街など、「世界ふしぎ発見!」などで見て、びっくりした場所です。
 特にアルベロベッロの風景など、まるでSF映画に出てくる地球でない星みたいだと思ったものですが、そこに実際に行かれたばかりか、家の中までご覧になったとは・・・・!
 ふと、白川郷なども、外国人の方からすると、このように不思議な景色に見えるのかな、と、思ってしまいました。

投稿: Nora | 2008年4月 5日 (土) 22:28

★Noraさま、ありがとうございます。

私もマテーラやアルベロベッロはテレビで数回見てどんなかと楽しみでした。テレビで見たのとまた印象が少し違ったのは配置関係がわかったからでしょうか。
室内ですが、各室の明かり取りは無理で窓のない部屋も真ん中ににあります。そういう部屋は食物貯蔵庫などの部屋です。大きい家は中庭風(パテオに似てます)があります。
台所は結構我が家より数段設備がきれいで感心しました。ベッドルームも趣味がよろしく、きちんと整えられています。
残念ながら、外国人には観光からすると殆ど日本を訪れてもらえませんが、それでも日本にやって来る人は仰るように、白川郷やアイヌなど不思議な建物として中を見るのでしょうね。

投稿: tona | 2008年4月 6日 (日) 08:57

おそまきながら、お帰りなさい。
長い期間の旅だったのですね。
まず、驚きましたのは、リュックの忘れ物がよく戻ってきたものですね。
友人はイタリアで、持っているバックの中に手を伸ばしてきた子がいたと、帰ってから話を聞いていましたので、ちょっと見方が変わりました。
沢山の画像で、訪ねることのない国のいいご案内をしていただけました。

いい方との素晴らしい出会いも、旅の良い思い出になりましたね。
お元気で海外へと向かわれるtonaさんの行動力、すごいなぁとおもいます。

投稿: anikobe | 2008年4月 6日 (日) 20:45

★anikobeさま

コメントいただきありがとうございました。
16日間で今までで1番長く、帰ってからの時差ボケもかなりなものでした。
本当に年々体力が落ちていくのがよくわかります。80歳のご夫婦がとても元気だったのが信じられません。私はもう古希が来る前にだめになりそうです。
リュックが戻ってきたのは奇跡に近いですが、イタリアでよくぞと皆に言われました。それよりも私がしでかしたことに娘からも呆れられました。三つ子の魂百まで、本当に幾つになってもなおりません。
殆どヨーロッパしか足を向けませんが、各国々で景色が随分違うものです。古来からの偉大なローマ人の国とのギャップがあるのがおかしかったです。

投稿: tona | 2008年4月 6日 (日) 21:51

ブログを更新されてなかったので、またどこかへお出かけだと思っていました。南イタリヤやシチリア島ですか?2週間ものゆったりした旅、さぞや楽しかったことでしょう。リックを忘れたとか、旅にハプニングはつきものですね。それにしても、よく見つかりました。よかったですね。もう大分前、イタリヤへは行きましたが、あわただしいツアーでゆっくり楽しむひまなどありませんでした、その点、tonaさんの旅行はほんとゴージャス、羨ましいです。ゆっくり拝見させていただきます。

投稿: 茂彦 | 2008年4月 8日 (火) 20:48

★茂彦さま、ありがとうございます。

今までで1番長い旅でした。
以前は8日間実質5日間が多かったですが、この頃は長くじっくりの旅程のツアーが増えました。同じ飛行機賃を払って長い飛行時間を我慢するなら、長いほうが得ですね。
忘れ物名人で自慢にもなりませんが、今年は特に激しく、これから先が心配で、戒めている日々です。
読んでいただいてありがとうございます。

投稿: tona | 2008年4月 9日 (水) 08:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/40750234

この記事へのトラックバック一覧です: 南イタリア:

» ナイキ リュック が激安 [ナイキ リュック が激安]
ナイキ リュック が激安,ナイキ リュック が激安,ナイキ リュック が激安 [続きを読む]

受信: 2008年4月10日 (木) 15:18

« コマ劇場「都はるみ特別公演」 | トップページ | シチリア島1 »