« 目黒の自然教育園 | トップページ | 昭和記念公園のキンラン、ギンラン »

2008年4月26日 (土)

ルノワール+ルノワール展

近所のソシンロウバイ(ロウバイ科)に実がなりました。最後は茶色になるようです。我が家には実が付きませんでした。

1

オオアマナ(ユリ科)があちこちに咲いています。

2

ツリガネズイセン(ユリ科)も白と青が咲いています。
鯉のぼりを珍しく見かけました。

Photo Photo_2

Photo_3 これは以前カパークラフト(銅板レリーフ)として作った「ルノワールの読書する少女」です。
家の中に飾っていてもレリーフではあまりルノワールの雰囲気は味わえませんが。

Runowarutenn_2  「ルノワール+ルノワール」展に渋谷のBunkamuraザ・ミュージアムに行ってきました。
画家の父と映画監督の息子の日本初共演ということで、父の絵画約50点と息子の映画約15点の抜粋を同時に伝えるという企画です。

Runowaruten2 パンフレットにある『田舎のダンス』のモデルで、後の妻アリーヌの間の長男ピエールは俳優、次男ジャンがこの映画監督、三男クロードは陶芸家です。ちなみに「都会のダンス」の方のモデルはユトリロの母のシュザンヌ・ヴァラドンだそうだ。
ジャン・ルノワール監督が映画に採り入れた風景などは、父が描き出した絵画のイメージが記憶の底から引き出されたものが多かったということで、今回父の絵の横に監督の映画の場面が比較して映されているのです。
『田舎のダンス』と映画「恋多き女」・・・イングリッド・バーグマン、メル・ファーラー出演(古いのはグレタ・ガルボ)
『ブランコ』と映画「ピクニック」
『ピエール・ルノワールの肖像』と映画「ラ・マルセイエーズ」
『レ・コレットの農家』と映画「草上の昼食」
『バナナ畑』と「河」
といった具合です。
父の印象派絵画の自然光に輝く絵画と、映画の明るい光はまさしく同じ光景で、父子の織り成す芸術は私たちを魅了します。

|

« 目黒の自然教育園 | トップページ | 昭和記念公園のキンラン、ギンラン »

コメント

たのしませてもらいました。
こちらではまだ梅も咲いています。
(^_^;)

投稿: Papalin | 2008年4月27日 (日) 08:51

鯉のぼりの季節が来ましたね。

もう近所ではみられなくなりました。
子供がいなくなっのと、
祝わなくなったのと・・・。

残念です。

投稿: YUKI-arch | 2008年4月27日 (日) 16:49

★Papalinさま

ありがとうございました。
え!まだ梅ですか。
こちらでは梅の実が生っているのを見つけましたよ。
まだ野山は枯れているのですよね。
あと1ヶ月するそちらも若葉で覆われることでしょうね。

投稿: tona | 2008年4月27日 (日) 21:50

★YUKI-archさま

ありがとうございました。
本当に鯉のぼりが盛大に上がっているのはこの辺でも珍しいのです。
男の子の祝いも昔のように大騒ぎしないし、そう、子どもが随分減ってしまったのですね。
淋しい話です。
そのかわり、お雛飾りもそうですが、あちこちでたくさん集めてイベント化していますね。いつぞや館林まで鯉のぼりを川に渡してひらひらと泳がせているのを見に行きました。日本独特のこのお祝い廃れないように願っています。

投稿: tona | 2008年4月27日 (日) 21:55

tonaさん、オオアマナのお写真をありがとうございます。
同じです・・お陰さまで一年間の?が解決しました。
家のオオアマナも大きな株に成長することでしょう。
鯉のぼり、子孫繁栄していますね。
ぷぅの100円鯉のぼりは、まだ新婚さんです(笑)

投稿: むーさん | 2008年4月27日 (日) 23:06

★むーさんさま

ありがとうございました。
オオアマナということがわかってよかったです。
お家にあっていいですね。
春の一時ですが、この白くてはっきりした輝かしいお花にめぐり合えるのは素晴らしいです。

ぷぅちゃんも鯉のぼりを持っているのですね。いよいよお祝いの季節ですね。
ぷぅちゃん喜んでいるでしょうね。

投稿: tona | 2008年4月28日 (月) 08:35

渋谷のBUNKAMURA「ルノアール+ルノアール展」、私も行ってみたいと思いました。そして、目黒の自然教育園ですか、これもまた行ってみたいですね。とにかく、tonaさんの行動力はほんとすごいです。おかげさまで、いろいろ目新しい情報をいただいて、大変刺激になります。私も負けずにがんばらなくちゃーです。

投稿: 茂彦 | 2008年4月28日 (月) 12:59

★茂彦さま

茂彦さんはご近所でも大活躍、先生もなさっていらっしゃってお忙しいですね。
私はその方のことはないわけでして、暇人です。
茂彦さんが頑張られるので、私こそ頑張らんなくてはという思いを新たにしたところです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月28日 (月) 13:34

この辺りは田舎なので、大きな庭の家には時々立派なこいのぼりが泳いでいますね。

ベランダこいのぼりはあちこちでみられます。

先日、出雲の帰りに川にロープを渡して、何匹ものこいのぼりが泳いでいましたが、車からで、写そうとしたときには、過ぎてしまっていて残念。

ルノワール、いいですね。

なんか優しくて癒されそうな。

銅板レリーフですか?
素敵です。

投稿: もみじママ | 2008年4月28日 (月) 23:30

★もみじママさま、おはようございます。

お母様到着された頃でしょうか。
GWになると鯉のぼりが気になっていたのですが、全然見えません。
ベランダ鯉のぼりさえも殆どです。
そちらはまだ立派な鯉のぼりが見られる由、のどかで、喜びが感じられていいですね。
川をまたいで掛けられる鯉のぼりを群馬県の館林で見ました。全国あちこちにみられるようになったようですね。浜松の凧揚げも男の子のお祝い向きです。

ルノワールの息子さん3人がそれぞれ立派に活躍したことを初めて知りました。
ふっくらした優しいまなざしの人物像など癒される絵画でした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月29日 (火) 08:28

ロウバイに実が…我が家の観賞用の紅梅には、いつも梅の実が生るんですけど、いつも途中で落ちてしまいます。
あの実を植えたら芽が出てくるんでしょうかね?

鯉のぼりも最近見かけることが少なくなりました。
住宅事情もあるんでしょうね。
我が家でも、鯉のぼりはすっかり物置の肥やしとなって久しいです。
仮住まいの引越しの時も捨てられずじまいでした^^;

投稿: pochiko | 2008年4月29日 (火) 23:33

★pochikoさま、おはようございます。

今日は福島は27度で暑くなると天気予報で言っていましたが、会津も暑くなるのでしょうか。

私もロウバイの実が芽が出るのか知りたいです。実験しようにも実が出来ないのでまだだめです。

pochiko家は息子さんの立派な鯉のぼりがあるのですね。捨てるのはもったいないです。
そちらでさえも見かけることが少なくなったことに驚いています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月30日 (水) 08:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/41001778

この記事へのトラックバック一覧です: ルノワール+ルノワール展:

« 目黒の自然教育園 | トップページ | 昭和記念公園のキンラン、ギンラン »