« スミレ | トップページ | 目黒の自然教育園 »

2008年4月21日 (月)

奇妙なビル

1_3 Photo_2

恵比寿のガーデンプレイスを抜けて目黒方面に歩いていくと、線路の向こうに、この奇妙なビルが見えてきました。ビル4階分くらいにすっぽり赤い球が半分突き出ています。じつに大きな半球。
ということは恵比寿より目黒方面への山手線に乗れば右側に見えていたのかなあ。知らなかったのは私だけだったのかも。
派出所で聞いたら日の丸自動車のビルとのこと。赤い球は日の丸を表わしていたのですね。で、明かりが一切入らないからこの中はどうなっているのでしょう。見てみたい!
調べてみたらこの下に1階があってその前面が自動車教習所でした。ビルの名前が「日の丸自動車学校」でした。

すっかり開ききったチューリップの花の中を覗いて見たら、幾何学模様が素晴らしい。

421

メダカが元気に泳ぐ季節になりました。
昨年お隣から新しい血族を10匹入れたり、同じ頃生まれたのを3つにグループ分けして越冬させたのが、合計60匹くらい生き残っていました。
今年は雪が降ったり、氷も張ったりで生き残っているか心配だったのですが、よくぞ生き残ってくれました。

|

« スミレ | トップページ | 目黒の自然教育園 »

コメント

 
前記事↓狭山丘陵での植物観察、収穫たっぷりでしたね。
この季節、歩いていて目を引かれるものが多すぎて
なかなか歩みを進められずに大変かもしれません。
スミレたちは種類も多くて、見分けも微妙だったりと
難しいですね。私などハナから努力を放棄してしまっていて、
スミレとタチツボスミレしか分かりません(^^;)いやそれすら怪しいかも…

へぇ、こんな面白い形のビルがあるんですね。
よくぞ作れたものと感心します。中がどうなっているのか
気になりますね~
下のお写真のチューリップの内側のように、綺麗な幻想的な
様子になっていたら楽しいなぁ(^^)

tonaさんのお宅のメダカたち、たくさん生き残っていて
よかったですね。

投稿: ポージィ | 2008年4月21日 (月) 11:25

★ポージィさま、ありがとうございます。

そろそろスミレも終わりに近づいたでしょうか。随分いろいろあるものですね。
私もやっとタチツボスミレがわかりました。何と自分の家にもありました。
先生がかなりスミレに詳しいのです。来年まで覚えていないと劣等生の判を押されそうです。

このビルが目に入ったときはのけ反りました。誰が設計したのか。社名で頷いたのですが、奇抜ですね。浅草の方にキンキラキンのアサヒビール吾妻橋ビル(通称○○○ビル)にも驚きましたが。

チューリップの花の中の六角形は花びらが6枚ということに今頃気がついているおばかです。10種類くらいありますが、全部違っていて見ていて面白かったです。

メダカ、餌をたくさん食べるようになったので、また赤ちゃんがたくさん増えそうです。

投稿: tona | 2008年4月21日 (月) 15:59

恵比寿のガーデンプレイスは
一時のにぎわいはなくなって、静かなものです。
写真美術館へ年何回かよります。

チューリップの花の中の幾何学模様、
一度確かめてみます。

投稿: YUKI-arch | 2008年4月21日 (月) 17:58

★YUKI-archさま、ありがとうございます。

この日写真美術館で「紫禁城」展と「マリオ・ジャコメッリ」展へ行きました。
確かに余り人がなく、静かでした。

チューリップの中を覗くと、万華鏡の子分のような感じです。
YUKI-archさんはどんなのに出会えるでしょうか。

投稿: tona | 2008年4月21日 (月) 21:25

tonaさん宅のメダカ…60匹ですか。
我が家の8匹ほどのメダカ、3匹に減っていました^^;
今年は仮住いの身、メダカらも睡蓮鉢ではなく、発砲スチロールの箱に仮住まい中です^^;
先日5匹買って水草を入れてあげましたが、今年こそ増えてくれると良いのですが。

投稿: pochiko | 2008年4月21日 (月) 22:43

★pochikoさま、ありがとうございます。

pochiko家では立派な睡蓮鉢で泳いでいましたね。
今は引越しされて発砲スチロールだそうですね。
我が家は越冬にこれがいいのではないかと、ずっと発砲スチロールの中です。
いよいよ繁殖の時期近しで増えますが、あまり多いと自然淘汰で毎年この数に落ち着きます。
我が家も7匹から出発しました。
大丈夫、今年は増えますよ、きっと。

投稿: tona | 2008年4月22日 (火) 11:38

私もこの建物にずいぶん気がつかないままでいました。
街歩きの楽しさはこういう発見にありますね。
花の中をこうしてみるのも発見だ!

投稿: saheizi-inokori | 2008年4月22日 (火) 20:35

チューリップの中、万華鏡のようですね。きれいです。
tonaさんの好奇心は、楽しい♪発見ですね。
メダカが60匹もいるのですか! すごいですね。ミニ養魚場のようです(笑)
素晴らしい繁栄ぶりです。
tonaさんの温かいお心が、お花やメダカ、野鳥を育んでいらっしゃるのですね。

tonaさん、オオアマナを教えてくださって ありがとうございます。
実は、ずっと前から・・お尋ねしたいなぁ~と思っていたのです。

投稿: むーさん | 2008年4月22日 (火) 23:25

おもしろいビルですね。

自動車学校ですか。めだたないといけないのでしょうね。

上手に花の中が撮れましたね。
こんな風に見る機会がないので、よかったです。

メダカちゃん、たくさん増えてるのですね。

毎年増えていきそうですね。

投稿: もみじママ | 2008年4月23日 (水) 06:51

★saheizi-inokoriさま、ありがとうございます。

もうご存知だったのですね。
この頃、背高のっぽの新しいビルを眺める機会の方が多い東京です。

チューリップ数種類のうち、この中が1番素敵でした。
他の花でもなるべく覗くことにしました。

投稿: tona | 2008年4月23日 (水) 08:36

★むーさんさま、ありがとうございます。

そうですね。万華鏡の中を見ているようです。
植物の雄しべや雌しべを10倍ルーペで覗くと、素晴らしい世界が見えます。

メダカは毎年凄い勢いで増えますが、場所に限りがあるので、仕方なくこの程度の数になります。

オオアマナ、新宿御苑でハンカチノキと同じ、今頃咲いているはずなのですが、今年は出かけられそうにありません。
家の近くのも丁度咲いて、むーさんさんの方もで、何処も同じに咲くのが植物の不思議ですね。

投稿: tona | 2008年4月23日 (水) 08:45

★もみじママさま、ありがとうございます。

本当に奇抜なビルです。
日の丸どうしで、これはよい宣伝になるのでしょうね。タクシー、ハイヤー、バスなども営業しているようです。

よその家のチューリップの中までつい覗いているこの頃です。

増え続けるメダカなのですが、場所がないのでそのままにしていると、親が食べてしまうらしく、こんな数に落ち着いています。
なるべく親と一緒にしないで同じ世代のを集めていても、容器にある程度以上は生活できないようでもあります。

投稿: tona | 2008年4月23日 (水) 08:54

19日、羽田に行くため、山手線に乗りました。内回りで恵比寿を出て、間もなく右手に見えてきました。
誰もがなんだろうと思うでしょう。
だって、何であんな赤い半球がビルの壁にくっ付いているのか不思議でならないですよね。私も思いました。What is that?

なるほどそういう意味のビルだったのですね。一体会社の誰が考えたのでしょう?
鉄板で球を作るのは手間がかかるのに、結構金もかかったと思います。
要は目立つものを作りたかったのでは?

投稿: 夢閑人 | 2008年4月23日 (水) 12:14

★夢閑人さま、こんにちは。

やはり内回りの山手線で右側に見えるのですね。次回内回りを品川方面に行くときは見ます。今まで車内で俯いていたのか、全然気が付きませんでした。
凄く目立ちますね。
なるほど、球を作るのは大変なことなんですね。
そうですか、お金もかかるのでしょうね。
お知らせいただいて、すっきりしました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月23日 (水) 13:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/40946972

この記事へのトラックバック一覧です: 奇妙なビル:

« スミレ | トップページ | 目黒の自然教育園 »