« シチリア島1 | トップページ | マルタ島 »

2008年4月12日 (土)

シチリア島2

Tizu_2 イタリア南部と島は、かなりトイレ事情が悪いです。流れが悪い所が多いです。
高速道路には日本のようにサービスエリアがそんなにありません。その上サービスエリアさえ50セントを払います。パレルモの駅の公衆トイレは1ユーロです。観光地では公衆トイレが殆ど無く、バールに入ってコーヒーなど数ユーロ払ってトイレを借ります。
復活祭では数千人が集まっているのにバールが1件しかありませんでした。日本人ばかり行列していて、欧米人は何時間でも大丈夫なのですね。そんなわけでトイレのために随分お金を使いました。日本の駅で使わせてもらっていますが、タダできれいでありがたいことです。

ある町の昼食のレストランではガラス越しに孔雀や、アヒル、七面鳥、鶏などを飼っているのですが、私たち日本人が残した残飯をやっていて、体をトマトパスタの色で汚しながら美味しそうに食べていました。なるほど無駄が全然ありません。感心しました。

↓パレルモからアグリジェントへ移動したときの風景
1_3 1_4

アーモンドが特産のアグリジェントは、海からせり上がる斜面に古代ギリシャのドーリア式神殿が集積しています。殆ど同時にたくさんの神殿が建てられたのは外敵に威容を誇示して攻められるのを防いだそうです。海の向こうはアフリカです。
ちなみにお昼のスパゲティはアーモンド入りトマトソースでした。

↓㊧ヘラの神殿 ヘラはゼウスの正妻でここで結婚の儀がとり行われたらしい    ↓㊨お墓

2 2_2

↓㊧コンコルディア神殿 ここは中世から18世紀までキリスト教の教会として使われていたので保存状態がよい
↓㊨ヘラクレス神殿 最古(BC6世紀)の神殿で8本の柱が残るのみ

Photo Photo_2

↓㊧アーモンドの実がもうたわわに生っていました。食べてよしということで味わいましたが、渋く、芯は苦かった
↓㊨三寸アヤメらしい群生がありました
Photo_3 Photo_4

↓シラクーサへ行く途中のピアッツァ・アルメリーナのカザーレ荘は古代ローマの別荘で贅を極め、床のモザイクが傑作です

S1

S2

同じく途中のカルタジローネの町はイスラム支配時代からの陶器細工の町です。
↓ 142段の階段の蹴上りには動物や植物などをモチーフにしたデザインのマヨルカ焼の装飾が組まれて、全部違っていて素晴らしい。
Photo_5

Photo_6 Photo_8

↓㊧橋の欄干にも陶器が       ↓㊨路地

Photo_10 Photo_11

シラクーサの南のノートの町
↓㊧何処の町でも見かけた、家から追い出されて公園にたむろするおじいさん達
↓㊧町のドゥオーモ
Photo_12 Photo_13

シラク-サは古代ギリシャ時代アルキメデスがいたという。

シラクーサの海
Photo_14

↓石切り場のディオニッソスの耳 かの放浪の画家カラヴァッジョが1603年に名付けたもので奥行65m高さ23mの洞窟で中から見る入口の光が美しい。
62 3

↓㊧シラクーサのドゥオームは神殿の柱をそのまま使って建てられた珍しい教会です
↓㊨ここやアグリジェントで見かけたサボテン

4 5

|

« シチリア島1 | トップページ | マルタ島 »

コメント

3寸アヤメの画像や、緑の景色を拝見してほっとしました。

トイレ事情は、大変でしたね。

所変わればでしょうか?

生のアーモンドを食べられたのですか?

チョコに入ったりしているアーモンドは好きです。

投稿: もみじママ | 2008年4月13日 (日) 15:08

★もみじママさま、こんにちは。

アヤメだけでなく、日本でお馴染みのお花がたくさんありました。春から夏のまで一緒に咲いていて、あの時期寒いのに大丈夫かと心配になったほどです。
欧州方面は(他は知りませんが)どこもトイレが少なくて朝から紅茶など飲めません。勿論お昼からビールなど飲んだら大変です。
そんなことで、気をつけすぎて脱水症状を起こしたこともあります。
アーモンドの生は渋すぎます。美味しくするのに加熱をするのですね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年4月13日 (日) 16:02

 こんばんは。
 続々と不思議なものやめずらしいものが登場して、驚きの連続です。
 カルタジローネの階段の陶器はとってもかわいいですが、これが蹴上り全部に貼り付けられてると思うと、あっけにとられてしまいますね。

 シラクーサの海の遺跡は、いい感じですね。ところで、このサボテン、こんなの見たことありませんが、たくさんはえてるのでしょうか。
 いったいどこの星の植物か、と思ってしまいました。 
 

投稿: Nora | 2008年4月13日 (日) 22:17

★Noraさま、おはようございます。

カルタジローネの階段の蹴上げのマヨルカ焼きは模様が142段、全部違っていたように思います。階段の幅がわからず、何枚貼ってあるのかわかりませんが、随分大変な仕事だったでしょうね。
シラクーサにはギリシャ劇場や古代ローマの円形闘技場やアルキメデス広場なんていうのもありました。
ディオニッソスの耳のあたりは石切り場で、もうどこも石、石、石で石の文明を実感しました。
このサボテンは何処にも見られるものではありませんでした。不思議な、そう、異世界の星の植物という感じですね。
ありがとうございました。


投稿: tona | 2008年4月14日 (月) 08:28

シチリア島2じっくり拝見しました。トイレは日本人ばかりというのは可笑しいですね。どうしてなのでしょうね?
どの写真を拝見しても絵になる景色です。特にシラクーサの海ですか、いいですね。こんな贅沢な旅行が出来て、tonaさんが羨ましいです。また、出かけたいと思う今日この頃です。

投稿: 茂彦 | 2008年4月17日 (木) 09:37

★茂彦さま、ありがとうございます。

本当に日本人は国内でも何処へ行ってもトイレがあるし、休憩が多いです。その癖もあるし、トイレがないと聞くとパニックになります。復活祭があっても、日本ではイベント会場や花の会場で仮設トイレを造りますが、そういう発想は外国ではないのですね。
シラクーサの海はとても綺麗です。シチリア島はイメージと随分違う所でした。
同行の方に80歳のご夫婦がいましたが、私よりたくさん召し上がって元気でした。
茂彦さんもお元気な奥様とご一緒に行かれるといいですね。

投稿: tona | 2008年4月17日 (木) 18:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/40856672

この記事へのトラックバック一覧です: シチリア島2:

» シチリア島2 [別荘情報]
、芯は苦かった↓?三寸アヤメらしい群生がありました ↓シラクーサへ行く途中のピアッツァ・アルメリーナのカザーレ荘は古代ローマの別荘で贅を極め、床のモザイクが傑作です 同じく途中のカルタジローネの町はイスラム支配時代からの陶器細工の町です。↓ 142段の階段の蹴上りには元の記事を読む... [続きを読む]

受信: 2008年4月12日 (土) 15:43

« シチリア島1 | トップページ | マルタ島 »