« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月29日 (木)

薬師寺展

527東京国立博物館の「薬師寺展」が激混みということなのに、27日(火)に9:30めがけて行ったところ15分待ちで入場。
見終わって11:30頃外に出て、びっくり、行列が延々と続き70分待ちの立て札が。
上野の駅に歩いて行くも、まだまだ人々が薬師寺展に向っています。もう90分待ちになっているかもしれません。朝向う途中、小学生の一団に「おおー、じじばばばかり!」と大きな声で言われてしまったのですが、8割は確かにそうでした。
国宝「日光・月光菩薩立像」 しっかりとお顔と、上半身と頭を互いに傾けた様子、腰のひねりを見てきました。
薬師寺の金堂で見るのと違って、光背がはずされ、横から後ろに回って後ろの姿が見られることです。
素晴らしいとしか言えないお顔、薄い衣、装身具、髪と均整の取れた全体にうっとりです。

国宝「吉祥天像」は色が退色し、思ったよりかなり小さな絵でした。
幸福や富の女神とのこと、ふくよかなお顔の太い眉、細い目、つぐんだ赤い口がとても印象的で、この奈良時代の美しい女神を人々は信仰したのでした。
麻の布に描かれた日本で最も古いものだとのこと、貴重なものです。

Photo 「モーリス・ド・ヴラマンク展」損保ジャパン東郷青児美術館
とても心に残る絵です。
81点の殆どが景色を描いたもので、心に残るというのが空です。全部暗く垂れ込めた空、1枚として晴れた空がないのです。
ヴラマンク(1876~1958)はヴァイオリン奏者や競輪選手として身を立てながら独学で絵を学び、大柄で発言も大胆不敵という、画家として面白い前身です。
フォービズム(野獣派)の中心人物として、ゴッホやセザンヌの影響を受けたのに、同じくこの影響を受けたピカソのキュビスムに流れず、重厚な色彩と力強い独自の画風。私はとても好きになりました。

浅間高原のカラマツ
Photo_2

浅間高原・しゃくなげ園にはアズマ・ハクサン・キバナ・ヤクシマ・ホソバという種類があるようですが、1分咲き状態でわかりません。

Photo_3 Photo_4

タラノキがあちこちに、タラの芽           浅間山(2568m)

Photo_5 Photo_6

㊧嬬恋村の有名なキャベツ畑が何処までも続いている
㊨鎌原観音堂 天明3年(1783)の浅間山大噴火によって麓の75の村全体が押し流されて溶岩の下敷きになった。ところが嬬恋村の鎌原は観音堂にお参りしていた人と遠くに出ていた人93人だけが助かったということで、厄除け観音として厚く信仰されてる。かたまった溶岩が「鬼押し出し」で30年ぶりでした。

Photo_7 Photo_8

6/1~6/12まで出かけますので更新は6月半ばになります。また宜しくお願いします。

| | コメント (20) | トラックバック (1)

2008年5月26日 (月)

ホオズキ

今日は、「フェニックス」が火星に到着したニュースや、江東区のマンションの女性行方不明の犯人が見つかり、それが1件おいて隣の男で、事件のとき30分も、そ知らぬ顔して報道陣の質問に答えていた、などというニュースに驚いております。

同じく今朝の朝日新聞「声」欄に、[与謝野晶子]ならぬ[予算野無き子]氏が「君死にたまふことなかれ」の替え歌「高齢者を歌う」で高齢者医療の現状を憂えて歌っています。
・・・
戦火をくぐりさまよいて
原爆空襲生き抜いて
日本をつくりし君なれば
たとえお上が死ねよとて
老人医療をつくるとも
君死にたもうことなかれ
・・・
こんな具合に<君死にたもうことなかれ>に以下3、4番と歌っているのが、上手い、上手い。高齢者医療の現状が余す所なく歌われていて、こ気味良いのです。

Photo

↑ホオズキ・酸漿(ナス科)の花が咲いています。じっくり見たのは初めてです。
子どもの頃、熟したのを採っきて、よく揉んで爪楊枝で中味を出したが、成功率はかなり低かったのを覚えています。
穴を舌先にあて、上あごで押しつけて鳴らしたように覚えていますが、果たして今できるでしょうか。すぐ破れてよい音を連発するのは難しかったなあ。

それに比して、海ホオズキは神楽坂のお祭りの度に買ってもらったとき、実によく鳴って楽しかったです。
海ホオズキは巻貝の種類の卵を保護するためにつくる卵の袋だそうです。「ナギナタ」のようなのと「グンバイ」のようなのがあって、ナギナタのが簡単でした。
Hatake_maruti
家の前の畑の耕作者が代わって、畑の作り方も少し変わりました。マルチを作るところが見学できました。前者は手で張っていたのに、今度は機械でバックしながらやっています。歩くのは人間ですから、微妙に曲がっています。私がやったらもっとみみずがのたくったみたいになるのでしょう。1度やってみたい!

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

富士「芝桜」まつり

5/21(水)に本栖湖のそばの富士本栖湖リゾートへ「富士芝桜まつり」を見に行ってきました。
標高905mなので、少し遅れて今が見頃です。ここの芝桜は今年が初めてだそうで、植付面積約2.4haに、約70万株。
年を経れば土が見えることなく、全面を覆うことでしょう。テレビや新聞で紹介されたから、これから秩父の羊山公園のように名所になるのでしょう。

富士山と新緑の森が背景となっていて、竜神池を芝桜が囲んで、素晴らしいコントラストに息を呑みます。

Photo

Photo_2

Photo_3 Photo_4

甲州・勝沼の「ハーブ庭園」ではもうバラが真っ盛りで、「プリンセス・ミチコ」がこのバラ園で1番高価だそうです。
ここではハーブについて少しレクチャーを受けました。
蚊よけとして、我が家にたくさん増やしてしまった、ローズゼラニウムの葉を手に刷り込むと、手が艶々になるとのことで、これはちょっと試してみたい。
Photo_5

Photo_6 Photo_7

御殿場のワサビ田は遮蔽されていた。根を取ってしまうので新しい子どもの苗がたくさん植えられていた。

Photo_8 Photo_9

箱根の「山のホテル」のツツジは、白を除いてほぼ終わっていた。

Photo_10 Photo_13

湖畔の木の間から湖水が輝いていた   湖には鯉らしき魚がびっしり

Photo_14 Photo_15

芦ノ湖の遊覧船は普通の船のほか、海賊船のような船が走っています。

Photo_16 Photo_17

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

蕎麦がき

「蕎麦がきの素」を買いました。
子どもの頃、鍋にそば粉と水を入れて火にかけて、猛烈にかき回して作って食べました。これを「鍋がき」というそうですが、お椀にそば粉と熱湯を入れてかき回すのを、「椀がき」といいます。
今は電子レンジで加熱してかき回します。
昔食べたのとなんら変わりなく、いやー、懐かしい味でした。イタリアのポレンタに作り方が良く似ています。
そば粉は近頃アレルギー性物質を含むとして、特定原材料とされてしまいました。
穀物としては、蛋白価が92%と大変質が良く、ルチンという血管を強くする物質も含まれているので、優れものです。
昼食を家で食べることが多くなったので、レパートリーの1つに加えました。

Photo Photo_2 Photo_3 Photo_4

信州特産の「くらかけ豆」を煮て浸し豆にしたら、おつまみとして箸がすすみました。

娘は出かけたときには必ず、この辺に売っていないジャムを買ってきてくれます。今回は「くわの実のジャム」でした。我が家で取れる桑の実では少しなので作れません。
美味しいです。

これも買ってきてもらった「ばかうけ・ねぎ味噌味」でしっかりねぎ味噌の味でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

5/17の高尾山の花 

クワガタソウ(ゴマノハグザ科)

Photo_5

オウギカズラ(シソ科)     コミヤマスミレ(スミレ科)高尾で最も遅く咲くスミレ

517 517_2

    キケマン(ケシ科)            ヒメウツギ(ユキノシタ科)
Photo_6 Photo_7

2週間前とは随分変わっていました。シャガだけはまだまだ咲いています。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

玉原湿原の水芭蕉

「早春賦」
1、春は名のみの風の寒さや
  谷の鶯うたは想えど
  時にあらずと声もたてず
  時にあらずと声もたてず
2、氷り解け去り葦はつのぐむ
  さては時ぞと思うあやにく
  今日も昨日も雪の空
  今日も昨日も雪の空
3、春ときかねばしらでありしを
  きけばせかるる胸の思いを
  いかにせよとのこの頃か
  いかにせよとのこの頃か

鶯が毎日鳴くので、季節はずれなのに口ずさんでいるのですが、
この2番の最初、「葦はつのぐむ」とは何?
広辞苑に(アシ・オギ・ススキなどが)角のように芽を出す。芽ぐむ。だそうです。

全然知らないで歌っておりました。日本の言葉にも実に美しい、あるいは形容が面白いのがあるもので、特に自然から作られたことばなどいいものです。
「潦(にわたずみ)」勢いよく雨が降ると、庭に水溜りできること。さっき夕立があって水溜りが出来ました。
「虎が雨」、「卯の花腐し(くたし)」「栗花落(ついり)」「鰤起し」「貝寄風(かいよせ)」などいろいろあり、見つけていきたいものです。

歩く会で群馬県の沼田から入ったところの玉原(たんばら)湿原・高原を歩きました。
玉原湿原では水芭蕉が満開で迎えてくれました。木道から覗くと、赤ちゃん水芭蕉やかたまっているのやら様々な顔をしています。「夏の思い出」の尾瀬を思い出していました。
Mizubasyou1

Mizubasyou2 Mizubasyou3

同じ湿原にコバイケイソウ(ユリ科)の若葉がきれいで、あと1ヶ月もするとあの白い花を咲かせるのでしょうか。
Photo

㊧シロバナエンレイソウ(ユリ科)はやや湿り気のある林や山地に咲くという。
㊨ヤブデマリ(スイカズラ科)?がブナ原生林の玉原高原へ続く道に咲いています。 友人がヤブデマリでなく「オオカメノキ・別名ムシカリ(スイカズラ科)」と教えてくださいました。
Photo_2 Photo_3

ブナの原生林にはカメラマンが大勢いました。私も彼らが取っている方向を撮ってみましたが冴えません。
この日は前日に雨が降って、ブナの木が濡れていて、しかも曇天なのでブナの新芽もとても綺麗に撮れる最高のロケーションなのだとカメラマンが言ってました。
世界遺産の白神山地の、夏のブナとは何て趣が違うのでしょう。
Photo_4

Photo_5 Photo_6

㊧ブナの根の瘤がお地蔵さんに見える「ブナ地蔵」㊨沼田名木百選の「幹の太いブナ」は周りのブナより太いが枯れている模様です。

Photo_7 Photo_8

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

白内障

近所のお寺と都立公園を散歩すると、いつものように今頃はこんな花に出会いました。

ホタルカズラ(ムラサキ科)中央の白い星形から蛍の光に喩えたとか

11_2 12_2

タツナミソウ(シソ科) 浪が押し寄せてくるよう
1_3 1_4

白タツナミソウ

2_3 Photo_2

チョウシゾウ(キョウチクトウ科)花の形が横から見ると「T」の字形に見えるから丁字草に

31 3

ユキモチソウ(サトイモ科)ムサシアブミ、ウラシマソウ、ミミガタテンナンショウなどに良く似ています
4 4_2

エビネ(ラン科)地味な花なのに味わい深い

5

㊧リムナンテス(リムナンテス科)・英名フライドエッグ、秋蒔き1年草
㊨ネモフィラ・マクラタ(ハゼリソウ科)又の名「ルリカラクサ」花弁の先に紫のアクセントがついて可愛らしい。ブルーがネモフィラ・メンジーシー。

6 6_2

ムギセンノウ(ナデシコ科)・アグロステンマ

71 7

㊧我が家の方には柿畑が多い、柿の若葉 ㊨公園の花畑

8 8_2

昨年、眼科医で「翼状片」とわかり、ずっと通院し見てもらっていたところ治らないうちに、さらに白内障になってしまいました。
あらまあ、と言う感じで老化現象として受け止めます。パソコンに向う時間を少なくしなければならないのが悲しいですが。

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

おひとりさまの老後

『おひとりさまの老後』上野千鶴子著

帯に 結婚していようがいまいが、だれでも最後はひとり・・・(このことばに納得して読んだ本です)

前書きに 配偶者がいても、平均寿命からすればほとんどの場合、夫の方が先に逝く。(私の義母は24年、母は20年だった)子どもは、せいぜいひとりかふたり。彼らもいつかは家を出て行く。(中略)女性の生き方も、“ひとりで暮らす”ためのノウハウを準備をしておいてもよいのではないか。
 
「ひとりはさびしい」「だれが老後のめんどうをみるの?」とかは、ネガティブなメーーセージ(言わないようにしよう。死ぬまでの老後の一人暮らしのノウハウをいただいた)。

ひとりでいることに耐性があること。
時間もエネルギーもかぎられているので、イヤな相手でなくキモチのよい相手と過ごす。
パソコンがあれば世界はぐんとひろがる。
さみしいと言える相手をちゃんと調達しておく。
介護される側にもノウハウがいる(これはちょっと難しい。未だ介護されたことのない身には。本に介護される側の心得10か条がある。参考になる)。

[どんなふうに終わるか]
残すと困るものは早めに処分しておく。
人間は死んで何を残すか?モノはなくなるが、残った者に記憶を残す。残った人たちの死で必ず消えてなくなる運命にある。(凡人の私はいつもそう思っていた)
どんな死に方をするか。おひとりさまの老後のセキュリティは友人である。独居者は急変や遺体を早期に発見してもらうように万策を尽くす。死は所詮ひとりで成し遂げるものである。健康法などを頼るな。
どんなふうに弔われたいか、遺体・遺骨をどうするか、お墓をどうするかなど残された人が困らない程度に希望を伝え、その費用を謝礼とともに用意しておくこと。

私が一人になった場合、介護されるノウハウを勉強し、決して「○○チャン(娘の名)助けておくれ、苦しいよ、死にたいよ」とお願い一点張りの哀れな声は出さないように、甘えてばかりいないようにしたい。果たしてできるか?

㊧ 初めて庭の蝶々を撮った。アゲハも来たけど、全然止まってくれない。wakasamaさんにセセリチョウ科の「ダイミョウセセリ」と教えていただきました。
㊨ ガザニア・勲章菊(キク科)は今年は元気。

Photo Photo_2

㊧ チェリーセージ(シソ科 サルビア属)挿し木でついて2年目で花が咲いた。
㊨ クレマチス(キンポウゲ科)3年目でやっと20を越す花をつけた。

Photo_3 Photo_4

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2008年5月 8日 (木)

国営ひたち海浜公園とひたちなか歴史散歩

古い話で恐縮ですが4月27日に茨城県のひたちなか市に歴史散歩に行ってきました。
「国営ひたち海浜公園」があって「国営昭和記念公園」の約2倍の面積ですが、その4割の135haが開園されています。

「みはらしの丘」は4月下旬から6月上旬にかけて、一面ネモフィラ(瑠璃唐草)のインシグニスブルー種、450万本が咲きます。この日は残念ながら1分咲き、こどもの日もまだ3分咲きということです。きっと今月下旬には広がって土も見えないで素晴らしいでしょう。秋にはコキア(ホウキグサ)で赤一色になるという。頂上からは太平洋を見わたすことができます。右の画像は園内の池。
Miharasinooka Kaihinkouen

ここは冬寒いので東京より開花が遅く、チューリップがやっと満開を迎え、昭和記念公園と趣の違ったチューリップ花壇を見ることができました。

Tyuripu1 Tyuripu2

Tyuripu3 Tyurippu4

Tyurippu6_2 Tyurippu7

Tyurippu5_2 Tyurippu8

湊公園には水戸光圀が明石から取り寄せた松が12本植えてあり、今では素晴らしい樹形で迎えてくれます。
この公園にイワレンゲ(ベンケイソウ科)が大切に保存されています。ひたちなか市が北限の、重要種だそうで、2~3年草で2年になると秋に白い小花を咲かせるそうです。

Minatokouen_matu Iwarenge

㊧ 山上門は水戸藩江戸小石川邸正門右側の門を、昭和11年に、ここ那珂湊に移築したもの。
㊨ 門を潜ると大砲があります。

Sanzyoumon Taihou

㊧ 水戸斉昭が作った反射炉跡(大砲鋳造所)が大砲の前に。
㊨ 反射炉建設のため外壁のレンガは高熱に耐えなければならず、そばにレンガを焼成するための窯(復元)があります。

Hansyaro_2 Rengasyouseigama

Mitohakkei2_2 Mitohhakkei1_3 水戸八景の1つ、水門帰帆(斉昭が作った詩の1つ)。

↓今は建物が建って、往時の景色は見る影もない。

Suimonkihan1 Suimonkihan2

7500万年前(中生代白亜紀層)の地質が露出している平磯・磯崎海岸。黒く見えるのはひじき。

Hiraiso_isozakikaigan

酒列磯前神社には地元の酒が10種類奉納されています。

Sakaturazinzya2 Skaturaisomaezinzya

何といっても天下の那珂湊港を控え、那珂湊の昼食のお刺身定食は新鮮で美味しかったです。
又、ひたちは歴史の上で水戸藩と関係が深く、光圀や斉昭を偲ぶと場所として興味深いです。

| | コメント (14) | トラックバック (1)

2008年5月 5日 (月)

高尾山登山道 大渋滞

Photo 4日、お天気もまあまあ、足を鍛えに高尾山に登りました。
9時ごろから稲荷山コースの登山開始で10時半には上に到着、お弁当を美味しくいただき11時30分頃には今度は1号路の下山開始でした。
まだまだ登ってくる人がいやに多いなあと感じながら下り始めて間もなく、道が細くなった所から何と大渋滞、登りの人々がもう1歩も動きません。下る方は脇をどんどん行けたのに、なんたること、行けども行けども行列が続く。1kmは続いていたでしょうか。思わず「無理そうですよ」と声を掛けたくなったほどです。
これは異常事態です。GWの車の渋滞並みです。心底驚きました。高尾山では初めてでしょう。富士山でも行列しているようですが、ずっと動かないということはないのでしょうね。

高尾山はミシュランの観光ガイド「ポワイヤジェ・ブラティック・ジャポン」で観光地として三つ星の評価を受けた。山として三つ星を獲得したのは高尾山と富士山だけだそうです。
昨日の新聞にも出ていましたが、そんなで外国人にも高尾山は大人気とかでリピーターも多いとか。
行列の中に、中国人や韓国人が多かったし、インド人やイラン人の姿もちらほら見えました。確かに外人が多いなあと感じましたが、こんな事実があったのでした。

今1番群生しているのはチゴユリ(ユリ科)です。見事でした。
Tigoyuri1 Tigoyuri2

ハナイカダ(ミズキ科)

1hanaikada

ホウチャクソウ(ユリ科)             スミレ(スミレ科)
Hotyakusou Simire

㊧十二単(シソ科)  ㊨何かわかりません?Oさんにガクウツギ(ユキノシタ科)と教えていただきました。ウツギに似たガクアジサイの意味だそうです。葉は光沢があって「コンテリギ(紺照木)」の別名になっている。

Zyuunihitoe Nanika

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

アル・ゴア「不都合な真実」

今年は鶯がすぐ近くにいます。朝8時頃15回ほど鳴いていたあと、ご機嫌よく33回も「ホーホケキョ」を連呼?していたのには驚きました。さぞ疲れたのでは。日に日に上手になっていきますが、此処2、3日何処かへ行ってしまったようで淋しい。

「セリバヒエンソウ」(キンポウゲ科)
葉がセリのようで、花がツバメが飛んでいるような様から付いた名。今年は雑草の中に挟まってたくさん咲いていました。

Seribahiensou

「桐」(ゴマノハグサ科)気が付くのが遅く、もう終わりに近い状態でした。

Photo

Photo_2

我が家の「ブルビネ・フルテスケンス」(ユリ科)で園芸上は花アロエという。
南アフリカのケープ地方からモザンビークに広く分布する。花は1日花。

1

本日はアル・ゴアの「不都合な真実」を観ました。
新聞やテレビで見ていた地球環境問題、温暖化の影響をゴアさんのスライドのよる講義で復習するだけでなく、新しい統計グラフなどで再勉強することが出来ました。
元副大統領は30年以上にわたって環境問題を研究している。
大学でCo2測定提案者の教授に学んだことがきっかけで、息子の交通事故が転機となって、瀕死の状態にある地球の現状を、世界各国を飛び回って訴えている。
ゴアさんが、大邸宅でたくさんのエネルギーを使っているという話が少々気になるものの、子孫のことを考えて、Co2大量排出国アメリカを変えていこうと、政治の面にも働き掛けている姿に頭が下がりました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »