« 高尾山登山道 大渋滞 | トップページ | おひとりさまの老後 »

2008年5月 8日 (木)

国営ひたち海浜公園とひたちなか歴史散歩

古い話で恐縮ですが4月27日に茨城県のひたちなか市に歴史散歩に行ってきました。
「国営ひたち海浜公園」があって「国営昭和記念公園」の約2倍の面積ですが、その4割の135haが開園されています。

「みはらしの丘」は4月下旬から6月上旬にかけて、一面ネモフィラ(瑠璃唐草)のインシグニスブルー種、450万本が咲きます。この日は残念ながら1分咲き、こどもの日もまだ3分咲きということです。きっと今月下旬には広がって土も見えないで素晴らしいでしょう。秋にはコキア(ホウキグサ)で赤一色になるという。頂上からは太平洋を見わたすことができます。右の画像は園内の池。
Miharasinooka Kaihinkouen

ここは冬寒いので東京より開花が遅く、チューリップがやっと満開を迎え、昭和記念公園と趣の違ったチューリップ花壇を見ることができました。

Tyuripu1 Tyuripu2

Tyuripu3 Tyurippu4

Tyurippu6_2 Tyurippu7

Tyurippu5_2 Tyurippu8

湊公園には水戸光圀が明石から取り寄せた松が12本植えてあり、今では素晴らしい樹形で迎えてくれます。
この公園にイワレンゲ(ベンケイソウ科)が大切に保存されています。ひたちなか市が北限の、重要種だそうで、2~3年草で2年になると秋に白い小花を咲かせるそうです。

Minatokouen_matu Iwarenge

㊧ 山上門は水戸藩江戸小石川邸正門右側の門を、昭和11年に、ここ那珂湊に移築したもの。
㊨ 門を潜ると大砲があります。

Sanzyoumon Taihou

㊧ 水戸斉昭が作った反射炉跡(大砲鋳造所)が大砲の前に。
㊨ 反射炉建設のため外壁のレンガは高熱に耐えなければならず、そばにレンガを焼成するための窯(復元)があります。

Hansyaro_2 Rengasyouseigama

Mitohakkei2_2 Mitohhakkei1_3 水戸八景の1つ、水門帰帆(斉昭が作った詩の1つ)。

↓今は建物が建って、往時の景色は見る影もない。

Suimonkihan1 Suimonkihan2

7500万年前(中生代白亜紀層)の地質が露出している平磯・磯崎海岸。黒く見えるのはひじき。

Hiraiso_isozakikaigan

酒列磯前神社には地元の酒が10種類奉納されています。

Sakaturazinzya2 Skaturaisomaezinzya

何といっても天下の那珂湊港を控え、那珂湊の昼食のお刺身定食は新鮮で美味しかったです。
又、ひたちは歴史の上で水戸藩と関係が深く、光圀や斉昭を偲ぶと場所として興味深いです。

|

« 高尾山登山道 大渋滞 | トップページ | おひとりさまの老後 »

コメント

歴史を丹念にたどる旅、
ウォークには手応えがありますね。
一枚一枚の写真から伝わるものがあります。

水門帰帆と平磯・磯崎海岸は
好一対です。

投稿: YUKI-arch | 2008年5月 8日 (木) 21:03

チューリップ、華やかできれいですね。

今年はちぎり取られる事件がいくつもあったので、こんなに奇麗い咲いてると嬉しいです。

海岸にひじきがこんな風にあるのですね。

水戸黄門の光圀ですね。
水戸黄門のテレビ番組が今やってますが、主人が大好きな番組です。

いつもたくさん歩かれてますね。

投稿: もみじママ | 2008年5月 8日 (木) 22:07

こんばんわ!

チューリップ、綺麗だったんですねぇ。
ホントに、凄い数のチューリップが・・私の行った時には・・ごめんなさ~いってお辞儀してました・・へへ。
ネモフィラが好きで、どうしてもどうしても行きたくて・・。
残念ながら、満開まではもう少しかかりそうでしたが、それなりに楽しめて。
我が家は渋滞の中の往復で・・他の場所には行きませんでしたが、tonaさんはイロイロ行かれたんですね。

また素敵な写真を見せてもらいに・・伺いますね!

投稿: 久美子。 | 2008年5月 8日 (木) 23:12

★YUKI-archさま、ありがとうございます。

そうですね。歴史が絡んでくるとウォーキングはさらに充実したものになります。
幕末に暗躍した水戸斉昭の素晴らしい漢詩で、此処からの風景を水門(海岸)帰帆(船が帰る)として歌っているのですが、今は面影がありません。
阿字ヶ浦から続く海岸の岩がこんな古い時代のものとはとても考えられませんでした。

投稿: tona | 2008年5月 9日 (金) 08:19

★もみじママさま、ありがとうございます。

チューリップといえば、そう今年はちぎり採られる事件が多発していやでした。
ここのも素晴らしい植え方で見応えがありました。

ひじきですが、この海岸のは茹でないでもすぐ味噌汁などに入れて食べられるそうです。
採っていた人たくさんいました。わたしは既に冷凍庫にあるので遠慮しましたが。

そう、水戸黄門さんのお国です。昔、我が家でも私の父と娘が仲良く見ていました。

投稿: tona | 2008年5月 9日 (金) 08:31

★久美子さま、おはようございます。

お出でいただきありがとうございました。
1週間を隔ててチューリップとネモフィラが交代したのですね。
ネモフィラがお好きとのこと、確かにあの群生したときの青の素晴らしい色は、胸がときめきます。
今回は残念でしたが、何時の日か、満開の丘を散策してみたいです。
3つ前の記事「昭和記念公園・・」でネモフィラをUPしたのですが、ここのは規模が小さいですが、もう満開でした。冬の気温の差を痛感しました。
広い駐車場があって、園内も広く、お時間が足らなかったのではないでしょうか。
ご家族揃ってまたいつか、お出かけになられるといいですね。
どうぞ宜しくお願いいたします。

投稿: tona | 2008年5月 9日 (金) 08:40

水戸藩の歴史散策、勉強させて
いただきました。国営ひたち
海浜公園は、忘れておりました。
チューリップも彩り美観に感動
しました。
人生無駄なく時を大事にしての
生き方に、教えられました。
ありがとう!

投稿: 老春 | 2008年5月 9日 (金) 11:34


「国営ひたち海浜公園」へ行かれたのですね!
「国営昭和記念公園」と並んで、いつか入ってみたい公園です。
ネモフィラでブルーに染まった丘は憧れです~
4月の終わりでこんなにチューリップが咲き誇っていましたか。
やはり茨城は同じ関東でも寒いのですね。
あふれんばかりのチューリップにただもう目を瞠って拝見しました。

海岸線の岩の姿も面白く、水戸藩縁のものも多いのですね。
見所満載の素晴らしいところ、ますます行ってみたくなりました。
 

投稿: ポージィ | 2008年5月 9日 (金) 12:05

★老春さま、ありがとうございます。

もたもたしていて、もう11日間もたってしまいました。今行ったらこの海浜公園もまた様変わりしているかもしれませんね。
ネモフィラはまだまだ満開にならないようですが、チューリップはもう終わってしまったようです。
国営の公園は規模が大きいです。昭和記念公園のようにだんだん充実して、安く楽しめるようにして欲しいです。
時は大切にですが、あせらないでと肝に銘ずるものの、実は毎日お休みなのでぼーとするのも大切なことと考えています。
なかなか時間を上手に使える達人になれません。

投稿: tona | 2008年5月 9日 (金) 15:49

★ポージィさま、ありがとうございます。

両公園とも国営で、現在の規模は同じようです。
ひたち海浜公園は大草原や、海に近いので砂丘エリアなどもあるようです。
でもこの時期はネモフィラですね。昨年は400万株ですが満開の絵葉書を貰いましたが、それはそれは素晴らしい風景です。
そしてチューリップ、昭和記念公園と植え方が違います。物凄い数ですね。

海岸は神奈川県の三浦半島や真鶴半島の岩の状態とは違っています。ひじきの種類まで違うようで、此処のは茹でないでもそのまま使えるようです。
総崩れになってしまった水戸藩ですが、往年は鉄砲を造ったり、湊を整備したり海への備えに力を入れていたようですね。
池袋から渋滞なしで1時間半で行きました。
是非機会がありましたらいらっしゃってください。

投稿: tona | 2008年5月 9日 (金) 16:04

国営ひたち海浜公園のチューリップは見事さに感動しています。
広大な土地を鮮やかに春の彩で装っているのですね。

磯崎海岸の岩場、まるで柱状摂理を横たえたような光景に目を見張ります。
長い長い地球の歴史を刻んでいる自然の造形美は素晴らしいものですね。

投稿: anikobe | 2008年5月10日 (土) 14:53

★anikobeさま

昭和記念公園もひたち海浜公園もチューリップは充実しているようです。
植え方の違いが興味深かったです。
昭和記念公園の方はオランダ仕込みです。
菜の花、ポピー、ネモフィラ、ユリそして秋のコスモスは、花畑にすると本当に素晴らしいですね。此処では秋にホウキグサだそうで、北海道のサンゴソウを髣髴とさせる景色になるでしょうね。

>柱状節理を横たえたような光景・・・
本当にそうですね。考えられないような長い時を経た岩石が目の前に、規模こそ小さいですが、日本でもあちこちあるのですね。
感想をありがとうございました。
先日の花もガクウツギと判明しました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年5月10日 (土) 17:07

 こんにちは。
 酒列磯前神社は、どこかで聞いたことあるなと思ったら、大昔に初日の出を見にいったことがありました。
 その時はあまりの寒さと眠さで、近くにこんなに美しい海岸や公園があることなど、まったく気づきませんでした。

 それにしても、すごいスケールの公園ですね。ネモフィラというのはこの前昭和記念公園でご覧になったかわいい花ですね。
 あれが丘いっぱいに咲くとは・・・・。
 すごい!

 GWの高尾山、たいへんでしたね。(笑)
 写真を見る限り都心の方がずっと空いていたようです。

投稿: Nora | 2008年5月12日 (月) 15:02

★Noraさま、ありがとうございます。

酒列磯前神社、聞いたことがない神社でした。酒が列をなして並べられていたのが微笑ましかったです。
そんな遠い神社に昔、初日の出をご覧になりに行ったとは、驚きです。
地元では有名な神社なのですね。この日、花嫁さんが隠れて見えませんが、結婚式がありました。純和風で綺麗なお嫁さんでした。

海浜公園のみはらしの丘は雄大なる太平洋が一望できて、450万本のネモフィラに埋め尽くされて、満開のときは感動ものでしょうね。

ほほほ・・お正月とGWとお盆のときの都心、確かに空気も澄んで、車が少なくてガラガラだったのでしたね。漫画チックです。

投稿: tona | 2008年5月12日 (月) 17:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/41136059

この記事へのトラックバック一覧です: 国営ひたち海浜公園とひたちなか歴史散歩:

» ひたちなかのことを考えると夜も寝られません(・∀・)ニヤニヤ [ひたちなかの驚き最新情報!]
みなさん、元気ですか?では早速ですが今日もブログ更新いきますね!いや、ひたちなか... [続きを読む]

受信: 2008年5月21日 (水) 17:00

« 高尾山登山道 大渋滞 | トップページ | おひとりさまの老後 »