« ルーマニア(1) | トップページ | ルーマニア(3)-完ー »

2008年6月19日 (木)

ルーマニア(2)

ルーマニアの路傍にはヒナゲシを始めとして小さな小さな花(カメラでは撮れません)がいろいろ咲いていた。
最初がボダイジュ、11枚目キングサリ、12枚目はライラックの群生

Photo_2

Hana1 Hana2

Hana3 Hana4

Hana5 Hana6

Hana7 Hana8

Hana9 Hana10

Hana11 Hana12

ルーマニアの食事は美味しかった。ブルガリアは更に美味しく、焼き鳥は炭火で焼いていて、日本と同じ美味しさ。
両国とも、野菜が少ない西欧諸国の中では抜きん出て、生野菜も多く、トマトやキュウリも朝から食べ放題です。
キャベツの千切りが出てきたのも初めてです。
野菜の付け合せとして出されるのが、黄色いママリガでトウモロコシの粉を蒸したものである。
スープはどこも美味しく出されると嬉しくなる。デザートはクレープが多かった。

                  スープ                  サラダ                

Syokuzi1 Syokuzi6

       ナスのペースト          ママリガとマッシュルーム

Syokuzi4 Syokuzi8

      ロールキャベツ              ローストポーク

Syokuzi_2 Syokuzi3

        クレープ               フルーツタルト 

Syokuzi5 Syokuzi7

|

« ルーマニア(1) | トップページ | ルーマニア(3)-完ー »

コメント

ルーマニアの可愛い花たちに思わずニンマリ。日本にも咲いて
いそうなお花もあるのですね。観光客が殺到するというこの時期は
やはりいちばん美しい時期だということでしょうか?

お料理もほんと、美味しそうですねぇ。彩りも綺麗で食が進みそうです。
野菜が(生野菜も)豊富なのも嬉しいですね。
ナスのペーストとは、どういうものですか?ミキサーにでもかけて
あるのかしら。味はナスの味なんですよねぇ?
これをパンにでもつけて食べるのでしょうか。

投稿: ポージィ | 2008年6月20日 (金) 14:30

 tonaさんは、何気ない路傍の植物や食べ物などもくわしく紹介してくださるので、行かれた国のようすがとてもよくわかって、楽しいです。

 花では、キングサリというのが気になります。あと、ライラック、お城との取り合わせが絵のようです。

 食べ物では、やはりママリガというのを食べてみたいですね。初めて知りました。
 それにしてもデザートがどれもおいしそうな上にたっぷりしていて、ちょっとこれは危険です。(笑)

投稿: Nora | 2008年6月20日 (金) 15:59

★ポージィさま、こちらにもありがとうございます。

ルーマニアは田舎の道端がすごいお花の群生で、とても素敵でした。
どれも日本で見かけるような花ですよね。
緑が美しく、朝晩気温が低くて北海道のようですね。

ナスのペーストはパンに塗っていただきました。ナスの味はそれほどしないのですが、美味しいと評判で日本に帰って作ろうなんて言ってる人がいたくらいです。
所変わればですね。
生野菜が食べられるというのは幸せな気分です。
東欧がこんなに美味しいとは思いがけなかったです。西欧の方より美味しいです。

投稿: tona | 2008年6月20日 (金) 16:13

★Noraさま、こちらにもありがとうございます。

見学の他は、食べ物と植物ばかりにカメラを向けています。
キングサリはヨーロッパに多いようで、丁度藤の花の黄色版といったところでしょうか。
イギリスなどのこの花の長く垂れたのを映像で見て以来憧れていましたが、遂に念願達成、嬉しかった出会いです。
ライラックも多いですね。

ママリガは主食ということで、パンも食べるのでしょうが(小麦畑が多かったです)、よく出てきました。アフリカのクスクスのようなもので柔らかい感触ですよ。
度忘れで思い出せませんが、イタリアにもこんなようなのがあります。
そうです。デザートは半分にしています。
とても全部食べ切れません。

投稿: tona | 2008年6月20日 (金) 16:45

ルーマニアの花花に目を細めました。日本
と大差がなく綺麗でした。
ルーマニアの食事美味、ブルガリアは更に
美味とは驚きました。
「ルーマニア料理」「ブルガリア料理」と
いう料理はあるのですか?
ロールキャベツにローストポーク食べたい
です。
未知の世界をご案内いただき、ありがとう
ございました。

投稿: 老春 | 2008年6月21日 (土) 14:29

★老春さま

こちらにもありがとうございます。
日本のお花にそっくりですね。
気候が朝晩涼しくて乾燥していて、北海道のようです。ですから東京より送れてポピーなどが咲いているのですね。

「ルーマニア料理」「ブルガリア料理」が本に載っていますよ。
ブルガリアはトルコやギリシャの影響も受けています。西欧より美味しいと思います。
老春さまもきっと美味しいとおっしゃると思います。

投稿: tona | 2008年6月21日 (土) 20:07

お花もかわいくて、いいですね。

またお料理は、彩りもきれいで、素敵です。
その上おいしかったのですね。

大満足のご旅行でしたね。

投稿: もみじママ | 2008年6月22日 (日) 00:57

★もみじママさま

お花日本と同じようなのに、ヒナゲシ、オオイヌノフグリ、ハーブ類、ハナウド、キンポウゲの仲間がありました。
でも写せない小さい花は見かけたことないもので、異国にいることを実感しました。
気温、湿度などいろいろな要素で花が一斉に咲いたり、日本と季節がずれていたりしているようです。

お料理は盛り付けがきれいですね。
ずっと食べていると胃も疲れてしまいますが、比較的胃にやさしいお料理の国です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年6月22日 (日) 08:45

tonaさん、こんにちは。
「クロバナフウロ」はどのような形で咲いていたのか…自然の中なのか、花壇なのか(・・?)
またお花たちはどうなのでしょう…興味が(^^;

「ルーマニア」というとやっぱり圧倒的に「バラ」ですよね…
12枚目の「ライラック」の画像はステキです~♪良い雰囲気を作り出していますね~♪

お料理もコンパクトで美味しそうです~♪拝見していたら、お腹が空いてきました(*^m^*)

投稿: orangepeko | 2008年6月24日 (火) 12:51

ルーマニアについては、正直、たいした知識がなかったのですが、tonaさんのおかげで、いろいろなことを知ることが出来ました。ルーマニア(1)、(2)楽しく拝見。旅で食事が美味しいというのは、嬉しいことです。そうでないとがっかりです。写真を見てもほんと美味しそう。第一色どりがいいです。いい旅されましたね。

投稿: 茂彦 | 2008年6月24日 (火) 15:14

★orangepekoさま、こんにちは。

こちらにもコメントありがとうございました。

クロバナフウロはピカズ渓谷のそばの草原に咲いていました。
ペチュニアのようなお花だけ花壇のようなところですが、このお花もあちこち草原に咲いていました。
他のお花も花壇でなく、道端や草原や林の中です。写真に撮れないような5mm以下の小さなお花で見たこともないのが10種類ぐらいはありました。
お城を背にしたライラック、素敵でした。
バラもあちこちで見かけました。

お料理、実際に美味しかったです。
デンとした大きな肉が外国では苦手ですので、コンパクトなのは嬉しいです。

投稿: tona | 2008年6月24日 (火) 15:20

★茂彦さま、こんばんは。

チャウシェスクの独裁ぶりと権力が現地に行ってよくわかりました。
西側より東の方が食事が美味しいですね。
また数年前より良くなったような、それはもしかして、旅行料金のグレードを上げたことも関係しているかもしれません。
おっしゃるように美味しいことは旅が楽しくなります。
コメントありがとうございました。

投稿: tona | 2008年6月24日 (火) 20:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/41579387

この記事へのトラックバック一覧です: ルーマニア(2):

« ルーマニア(1) | トップページ | ルーマニア(3)-完ー »