« アルプスの花 | トップページ | コロー展 »

2008年8月13日 (水)

カラスウリの花

私もやっとカラスウリの花を見ました。
昨年赤い実を拾ってきて、中の種が打ち出の小槌(2/18の記事)に似ているのを確かめました。

大勢の方がこのカラスウリの花を撮っておられるのを拝見して、なんて美しい花なんだろうと感嘆し、いつか見てみたいと思っていました。
昼間、近所を何気に歩いていたら3箇所に花の咲いた後や蕾があるではありませんか。
そこで夜7時過ぎに出かけました。3箇所に計4つほど咲いていました!!
レース(糸状の花びらだった)の模様が1つ1つ違います。
Karasuuri1

Karasuri2

Karasuuri3 Karasuuri4

こんな美しい花を暗くて誰も見ていない所で密かに咲かすなんて!
これは夜行性の高速で長距離を飛べるスズメガだけに受粉してもらうためだとか。
スズメガは長い口吻持っていて、花びらの下の長いがく筒に対応できるのと、飛びながら空中に静止できるので、他の昆虫が花に止まって蜜を吸うのを防いで、スズメガだけに限定して受粉の効率を上げているのだそうだ。
カラスウリの花にはこんなメカニズムがあったのですね。

落ちていた花を拾ってきました。
↓糸状の花びらの部分が花びらの内側に収まっています。花びらの裏側は緑色の線が3本見えますが、これは光の中で花びらに写っています。
                                                 ↓こじ開けてしまいました。

Karasuuri5_2 Karasuuri6

|

« アルプスの花 | トップページ | コロー展 »

コメント

夜の闇に咲く、ドレスを纏った貴婦人。
こんなきれいな花がなぜ夜に咲く?
その理由が分かりました。
夜行性のスズメガだけに受粉を頼んでいたのですね。

実は見ても、花は見たことありませんでした。こんなレースを纏った花なんて珍しいです。何のためなんでしょう?

実にマッチ棒を差して、馬っこを作ったものでした。

投稿: 夢閑人 | 2008年8月13日 (水) 16:52

★夢閑人さま

ドレスを纏った貴婦人!
なるほどレースのドレスを纏っている貴婦人ですね。
誰にでも愛嬌を振りまかないで、特定のものにだけというのも高貴な感じです。

夢閑人さんの散歩エリアにもきっとあるでしょうね。見つかるといいですね。
私も一生見られないと思い込んでいましたが、以外に身近にありました。

茄子の馬っこと違って、割り箸でなくマッチ棒で作る可愛い馬っこですね。お盆にも可愛らしさを添えます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年8月13日 (水) 20:41

カラスウリの花、撮るチャンスがあって良かったですね。
私もすぐ裏の土手に咲いているのを見て感激して、時間を変えながらの撮影にドキドキした感激がありました。

夜に咲くのは自然の保守手段だったのですね。
今年は、土手の草刈をしていましたので、花を見れるかどうか分からなかったのですが、ここで、拝見でき、あのときの感激が甦ってきました。

有り難うございます。

投稿: anikobe | 2008年8月14日 (木) 09:53

生きもの、どちらかと言うと動物のような感じがします。
植物と動物の差はどこにあるのだったか。

投稿: saheizi-inokori | 2008年8月14日 (木) 10:29

★anikobeさま、有難うございます。

昨年でしたか。anikobeさんも撮影されていましたね。あのころから是非私も見てみたいと思い続けていました。
思いは叶うものですね。
最初懐中電灯を持っていくのを忘れるという失敗をしました。
こんな美しい花なのだから、昼間堂々と多くの人に見せてくれればと思ったのですが、夜でなければと言う理由があったのですね。
こちらこそ見たいという我が思いの発端になったことを有難く思います。

投稿: tona | 2008年8月14日 (木) 13:27

★sakeizi-inokoriさま

そう言われてみますと、クラゲのような感じもします。
糸状の花びらがなにやら動物のようですね。
普通の花びらと糸状の花びらと2種類も持っているのが面白いですね。
サンゴが動物というのが、いつも信じられないのですが。
生命の起源まで遡っていきたいです。
有難うございました。

投稿: tona | 2008年8月14日 (木) 13:38

tonaさん、こんにちは(^-^)
ついに「カラスウリ」ご覧になられたのですね~♪
tonaさんは思い立ったら、行動が早いですね~♪私とは大違いです(^^;
今も時々見に行きますが…良い具合に手近な蕾が咲きません(>_<)
余り奥だと入り込むのは怖いので…(^^;やはりタイミングが難しいです(;-_-) =3

でも昨日は果実が一つだけ大きくなったのを見つけましたヽ('-'*)~♪
赤く色づくのを愉しみにしています~♪

思ったより小さなお花です…花糸を伸ばすのはより大きく見やすくする為ではないかと
思ったのですが…どうなのでしょうね(・・?)香りも良いそうですよ~♪

投稿: orangepeko | 2008年8月14日 (木) 13:59

★orangepekoさま、こんばんは。

お陰さまで遂に見ることができました。
それも、つい最近ではorangepekoさんが撮影されたので、私も是非見てみたいと思ったからです。
確かに1つか2つしか手近に咲いていませんね。
orangepekoさんの撮影時間を見て、こちらは30分以上早く日が沈むと思って7時頃出かけましたが正解でした。そんなわけで時間も参考にさせていただきました。
一箇所とてもいい香がしたのです。やっぱり香るのですね。
もう果実が大きくなりかけているのですか。今度私も見つけてみます。
花糸をあんなに伸ばすのは、スズメガに大きく見せるため、、そうなのかもしれませんね。
有難うございました。

投稿: tona | 2008年8月14日 (木) 19:59

カラスウリのタネがカマキリの顔みたいということで、変わってるなあと思っていたのですが、花もすごいですね。

夜しか見れないのですね。

この辺にもあるでしょうか?

感動ものの植物です。

投稿: もみじママ | 2008年8月14日 (木) 21:34

本当にカラスウリの花って幻想的ですよね。
しかも夜に咲くんでしょう?
暗闇に浮かぶ白い怪しげな花…ってとこでしょうね(笑)

tonaさん こじ開けてみたんですか?
探究心旺盛ですね♪
ますます親近感が増しました(^-^)

投稿: pochiko | 2008年8月14日 (木) 23:30

★もみじママさま、ありがとうございます。

そうですね。カラスウリは果実の色が印象的な柿色で、種が打ち出の小槌で、お花が他と違うという、面白い植物ですね。
花は感動的です。
そちらの方でもあります。里山には多いです。
つる性です。秋になって果実ができた時に目星をつけておくという方法もあります。
今年が駄目そうでしたら是非来年でも見られますようにお祈りしています。

投稿: tona | 2008年8月15日 (金) 08:09

★pochikoさま、ありがとうございます。

>暗闇に浮かぶ白い怪しげな花…ってとこでしょうね
そうそう、全くそのとおりです。
これが白以外の色では決まりません。白だからこそです。
暗闇に浮かび上がる姿は仰るように幻想的です。
雄花と雌花があって、雄花の方が多いみたいです。
咲き終わっても、そのまま開けっぴろげでなく、ちゃんと内側に閉じているのですね。
お行儀が良いっていうか。

投稿: tona | 2008年8月15日 (金) 08:17

カラスウリの花、誰しも一度は目にしたいと思うんじゃないでしょうか?
私も夢中になって何度も花を見に夜、出歩いた事を思い出します。
ブログをたどってみたら2年前の今頃でした。
ええっ、あれって2年前なの?
と、時の経過の早さに驚いたりもしてます。
夜咲くという妖しさもあいまって、あのレースは魅惑的ですよね。
種の打ち出の小槌も財布の中に入れておいたのに全然金持ちになりません。
あれはやっぱカマキリだったんだわ(笑)

投稿: ちょびママ | 2008年8月16日 (土) 01:42

★ちょびママさん

ちょびママさんのブログで拝見しましたが、もう2年前だったのですね。
私になんか、こんな素晴らしい夜の花は一生見られないとその頃思ったものでした。
でもお陰さまでやっと貴婦人に会えました。

私も、以前より耳が痒くなったり、打ち出の小槌を入れたりしても、効き目はさっぱりなしで、その反対方向に進んでおります。
そうですね。種はカマキリでした!
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年8月16日 (土) 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/42155248

この記事へのトラックバック一覧です: カラスウリの花:

« アルプスの花 | トップページ | コロー展 »