« 初めてゴーヤを育てる | トップページ | 『姥ざかり』田辺聖子 »

2008年8月21日 (木)

入笠山のサワギキョウ

8月の植物観察会は入笠山(ニュウガサヤマ)でした。
名前は、雨が多い場所なので「笠を持って入る」から付けられたとか。
入笠山は小淵沢や茅野から近く、長野県と山梨県の県境にある南アルプスの前衛の山で標高1955m。
鹿島槍ヶ岳より1000m低い山、それも山頂直下まで車で行けます。そこに入笠湿原があって、今咲いている花を堪能しました。
湿原から50分で登れる山頂は360度の眺望に恵まれている。
ぐるっと、富士山、南アルプスの甲斐駒・仙丈・間ノ岳、中央アルプスの木曾駒、乗鞍・御嶽、北アルプスの穂高、八ヶ岳の赤岳、奥秩父の金峰・大菩薩峠が見えたはずだが、あいにくどの山も上方は雲がかかって裾のシルエットを見るに留まりました。眼下には諏訪湖が小さく望めました。

↓入笠山頂上                  ↓入笠湿原

Photo Photo_2

アルプスより1000m低く、湿原なので高山植物はハクサンフウロやヤマハハコぐらいで、山地帯並びに湿原植物が中心です。

さて、白樺林の中のこの湿原の木道の脇はたくさんのサワギキョウの紫、クサレダマの黄色に彩られていました。
サワギキョウの花の形、とても美しい。雄しべが10本、1つに固まって筆の中に入っている時を「男の時代」といい、その後そこから雌しべが出てくる時を「女の時代・雌性期」というそうで、両方が見られます。この画像ではっきりわかりませんが。

↓サワギキョウ(沢桔梗・キキョウ科)

1 Photo_3

↓クサレダマ(草連玉・サクラソウ科)別名硫黄草

Photo_4 Photo_5

↓ウメバチソウ(梅鉢草・ユキノシタ科)

Photo_6

↓エゾカワラナデシコ(蝦夷河原撫子・ナデシコ科) ↓チダケサシ(乳蕈刺・ユキノシタ科) アスチルベに似ています。これは間違いで、ヤナギラン(柳蘭・アカハナ科)と教えていただきました。

Photo_8 Photo_11

  ↓イヌゴマ(シソ科)
Photo_12

↓アカバナ(赤花・アカハナ科)

Photo_13

↓トリカブト(鳥兜・キンポウゲ科) 少量で死ぬ

Photo_14

↓ワレモコウ(吾亦紅・バラ科) ↓ミヤマアキノキリンソウ(深山秋の黄輪草・キク科)

Photo_15 Photo_16

↓ヨツバヒヨドリ(四葉鵯・キク科)でクジャクチョウが蜜を吸っていた。「蝶の入笠」とも呼ばれるほど蝶が多いそうだ。

Photo_17

↓ナンバンハコベ(南蛮繁縷・ナデシコ科) 何ともいえない面白い花の形、画像が悪くてよくわからないが、今回サワギキョウに次いで気に入った花。葉は繁縷の葉に似ている。

Photo_18

↓ハンゴンソウ(反魂草・キク科)

Photo_19

↓マツムシソウ(松虫草・マツムシソウ科)↓ホタルブクロ(蛍嚢、火垂袋・キキョウ科)

Photo_20 Photo_21

↓ミヤマオダマキ(深山苧環・キンポウゲ科) 紫でないので?
Photo_22

↓ゲンノショウコ(現の証拠・フウロソウ科)
Photo_23

↓コオニユリ(小鬼百合・ユリ科)

Photo_24

教えてくださる先生は、10歳も年長なのに、私のように名前が出てこないことはなく、何でもご存知、すらすらと出てくるのでした。
高山植物と違って、馴染みのある花々でした。
入笠山は「スズラン山」とも呼ばれ、80万株のスズランが咲くとのこと。登頂は楽、眺望は抜群、湿原ありでお奨めです。

|

« 初めてゴーヤを育てる | トップページ | 『姥ざかり』田辺聖子 »

コメント

tonaさん、おはようございます(^-^)
わぁ!たくさんのお花たちに出会えたのですね~♪良かったですねヽ('-'*)~♪
暑さが遠のきつつあり~♪朝は寒いくらいです(*^m^*)凌ぎ易くなりました…
お水やりも楽になりましたもの(*^m^*)

そうですか…ここで「ヨツバヒヨドリ」に出会われたのでしたか…

頂きものの「ナンバンハコベ」はわが家でも今年初めて咲きました(^-^)V
自然の中でも出会いたいです…(^^;

これからの時期が山歩きには最高かも知れませんね~♪

投稿: orangepeko | 2008年8月22日 (金) 05:25

★orangepekoさま

おはようございます。
昨晩も今朝も真夏スタイルでは寒いくらいですね。ほっとしました。
orangepekoさんも元気もりもりになられますように。
そうなんです。「ヨツバヒヨドリ」だったのですね。葉が3つの「ミツバヒヨドリ」というのも教えてもらいました。葉が3つづつなんです。
orangepeko家には「ナンバンハコベ」があるのですか。凄い!とても珍しかったので自由時間にもう1度戻って見ました。
山もお花がどんどん秋めいていきますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年8月22日 (金) 08:13

またまた、山に行かれましたね。

とっても気持のよさそうなところですね。

たくさんの花も見れて、山登りっていいですね。

スズランの咲く時期に今度はいけたらいいですよね。

tonaさんは今年は夏バテ知らずのようで、少し涼しくなってきたのでますますお出かけが増えそうですね。

投稿: もみじママ | 2008年8月22日 (金) 09:23

ハングライダー、やってなかったですか?
途中まで行った事があります。
お陰でちゃんと登ったように見せていただきました。
ありがとう。

投稿: saheizi-inokori | 2008年8月22日 (金) 10:17

今回もまた素適なところでの自然観察会だったのですね。
たくさんの花たち、どれもこれも何て可憐なのでしょう。
フワフワといつまでも遊んでいたい気分になりそうな情景に
うっとりしました。スズランの季節も素適でしょうね!!
雨が多いところなのですね、それで湿原になっているのでしょうか。
tonaさんの行かれた日はお天気大丈夫だったようですね。

投稿: ポージィ | 2008年8月22日 (金) 11:30

★もみじママさま、ありがとうございます。

そうなんです。今月2回も登りました。
今回は登ったといえないくらい、限りなく頂上近くまで車で行ける所です。
とても気に入った山です。
今の時期に間違ってスズランを見に来た家族がいました。
スズランは圧巻でしょうね。
暑くてふうふう言っていたら涼しくなって、お陰さまで夏バテしませんでした。
少しは体力が維持できたのではと思っていますが、やはり年齢的に体が重いです。畳から立ち上がるのが大変になりました。

投稿: tona | 2008年8月22日 (金) 16:18

★saheizi-inokoriさま、ありがとうございます。

この間の登山の時見ました。
ですがこの山では、場所はあったのですが、どなたもやっていませんでした。
1度やりたいと思っているうちに、とうとう年取ってしまいました。
気球とか、ハングライダー、気持よさそうですね。

投稿: tona | 2008年8月22日 (金) 16:22

★ポージィさま、ありがとうございます。

とても素敵な山でした。
苦しい登山がないのでその分湿原で過ごす時間がたくさんありました。
高山植物とはまた違ったたくさんの花に出会えました。
この多くが湿原の花ですが、そんなことさえも知りませんでした。
アジサイのアナベルの山よりもっと広い所にスズランが一面とは想像しただけでも素晴らしい景色でしょうね。
麓で入笠山を見たときはしっかり雨雲が被っていました。進むにつれ、霧が濃くなって、がっかりしていたら、何と晴れてしまいました。
私もなんで山の上に湿原があるのかと思ったら、雨が多い山と聞いてなるほどと思った次第です。

投稿: tona | 2008年8月22日 (金) 16:31

入笠山のサワギキョウ、見せていただき
ました。アツプにして見せて下さり感謝
しております。
植物観察会の一員として、素晴らしい観
察力ですね。山の命名まで知らせて下さ
り、心遣いありがとうございました。
老春なんといっても大注目したのは「ヨツ
バヒヨドリ」でした。鮮やかな色あいに
魅せられました。
どのお花も素晴らしいのですが、「エゾ
カワナデシコ」名通り美しく、しばし見
惚れてしまいました。
「イヌゴマ」ですが、シソ科に相応しい
はなの色合いが、目に沁みこみました。

珍しいお花の数数に心身が洗われてしま
いました。本当にありがとうございまし
た。

投稿: 老春 | 2008年8月22日 (金) 17:08

★老春さま、こんばんは。

笠が入る(傘が要る)ということで、傘やレインウエアをバッチリ持っていったのです。
しかし晴れ女さん2人の声高く、晴れました。

そうですか。ヨツバヒヨドリが気に入っていただけたのですね。
私は学生時代に会ったサロマ湖畔のワレモコウが忘れられません。
エゾカワラナデシコは蝦夷に関係するのでしょうね。そちらにあるのでしょうか?きれいな色でした。花の切れ込みも芸術的ですね。
こちらこそ、ありがとうございまいた。

投稿: tona | 2008年8月22日 (金) 20:14

 さわやかな山の植物、またまた、たっぷり楽しませていただきました。

 マツムシソウ、昔高原などでよく見て、大好きでした。ひさしぶりに美しい写真で再会できて、うれしいです。

 ヨツバヒヨドリのように小さな花が集まっている花は、ほんとうにけなげな感じで美しいですね。ミヤマオダマキや、ナンバンハコベ(カニみたい?)などの、ちょっと変わった形の花も見てみたいです。

 このぐらいの山なら、いつか行けるかな。

投稿: Nora | 2008年8月23日 (土) 13:27

★Noraさま

所沢の方から圏央道が出来たので中央高速に乗り、富士見で降り、入笠山の車道を登って行くと、3時間ぐらいで頂上付近に到着です。
というわけで、車で簡単に行けますので是非いらしてください。
そうですね。マツムシソウ、昔軽井沢でよく見ました。
満開のヨツバヒヨドリはピンクが薄くて、蝶が似合っています。
ナンバンハコベ、そう言われてみますとカニに似ていますね。気に入ってしまった花です。8月は高い山から低い山まで花が豊富です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年8月23日 (土) 14:19

サワキキョウとはキキョウの名はあるものの別物のようで…不思議な形をしていますね。
初めて見ました。 
その他にもたくさんの山野草。
こんな花が見れる山に登ってみたいですね。
ゲンノショウコは子供の頃に、お腹の具合が悪いと煎じて飲ませられましたよ。
クジャクチョウもきれいな蝶で、なかなか見られませんよね。

季節も初秋となり、これから秋の野草が見られる時なのでしょう。
お天気の良い日に、近くの山へ行ってみようと思います。

投稿: pochiko | 2008年8月23日 (土) 22:25

お久し振りです。

目の調子、良くなってきましたか?
綺麗なものを沢山見ているtonaさん、大丈夫そうですね。

山の草花、いいですねぇ。
紫の艶やかさ・・色っぽい花ですね・・サワギキョウ。トリカブトも・・危ない花ゆえの、綺麗さですね。
ここで咲くから、綺麗なんでしょうね。
また秋の草花、探しに出かけられるんでしょうか?
それにしても・・私にはこんなに歩けそうにないなぁ~~tonaさんは、普段から鍛えてるんでしょか?catface

投稿: 久美子。 | 2008年8月23日 (土) 22:47

またまたたくさんの花に出会われましたね~
おまけに珍しい蝶まで!
こんな蝶、見たことないですよ!
うちにサワギキョウがあるんですよ。
でも我が家のはどう見ても園芸種だわってtonaさんの写真を見てしみじみ実感してます。
そういやお気に入りだったウメバチソウも知らぬ間に消えてなくなってるし。
やっぱ家で見ようなんてのが甘いのですよね。
足を使ってこちらから見に出かけねば!
お山の空気も吸いたいし~♪

投稿: ちょびママ | 2008年8月24日 (日) 02:07

★pochikoさま、ありがとうございます。

昨日今日と涼しいですね。初秋の感じです。
サワギキョウはキキョウ科であるので色は紫のキキョウと同じですが、形が全然違います。私も初めて見ました。
ゲンノショウコを小さい頃、煎じて飲まれたのですね。
今でも漢方薬に入っているのでしょうが、煎じて飲むこともなくなりましたね。1つ1つしきたりみたいのが消えていきます。
クジャクチョウの丸い模様が煌めく瞳に見えてしまいます。美しい蝶です。
お近くの山からの便りを楽しみにしています。

投稿: tona | 2008年8月24日 (日) 08:37

★久美子さま、ありがとうございます。

そうですね。サワギキョウやトリカブトの紫色は山でとてもしっくりくる色です。
爽やかな風で清涼感が一層増します。

9月は観察会はお休みですが、園芸同好会と称するハイキングには出かけます。
暑い日でも駅ビル8階まで相も変わらず上って鍛えているのです。
でも上って気がついたのですが、足も体もかなり重く感じて持ち上げるのが大変、これが加齢なのですね。
最低30分、1時間くらいは歩くようにしています。
お陰さまで目はやはり使わないと少し調子よいです。
いつもお庭のお花の手入れをよくされていて、きれいに咲かせていらっしゃいますね。

投稿: tona | 2008年8月24日 (日) 08:52

★ちょびママさま、ありがとうございます。

ちょびママさんの庭には珍しい山野草がいっぱいありますね。
サワギキョウ、ウメバチソウを拝見したことがあったのでしたよね。
でも実際に自分が見て初めて覚えられるというか認識できるものと改めて思いました。
サワギキョウは園芸種となると少し違っているのでしょうか。
ウメバチソウが消えてしまったとか、環境に敏感なのでしょうね。
クジャクチョウも美しいチョウですね。ちゃんと羽根を開いた所が撮れたらよかったのですが、見られただけでもラッキーでした。山でせっかく珍しいチョウを見てカメラで捉えても、名前も特定できません。動くのでお花よりさらに難しいです。
落ち着かれて早く山に行かれるといいですね。

投稿: tona | 2008年8月24日 (日) 09:05

tonaさんこんばんは。
今回は入笠山に行かれたのですね。
クジャクチョウとヨツバヒヨドリ、似合っています。
私が湯の丸で見たアサギマダラもヨツバヒヨドリがお気に入りで多数居ましたが、入笠山にはいませんでしたか?

高校生当時、2年3年時に入笠山で生物部の合宿があり、植物班、動物班、等で学習しました(私は昆虫班でした)。乳牛の放牧地もまだありましたか?
懐かしい場所です。

投稿: wakasama | 2008年8月24日 (日) 17:52

★wakasamaさま、ありがとうございます。

この間wakasamaさんのところで拝見したクジャクチョウに出会えてとても嬉しかったです。きれいな蝶ですね。
残念ながらアサギマダラなんですが、見えませんでした。もしかして私の目が節穴かもし
れませんが。

まあ、高校の時に入笠山で合宿があったのですか!遠い所へ出かけたのですね。
とても素晴らしい所です。
乳牛の放牧地にちゃんといましたよ。

投稿: tona | 2008年8月24日 (日) 21:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/42230509

この記事へのトラックバック一覧です: 入笠山のサワギキョウ :

» りんごをもらった!! [長野のりんご]
長野のりんごをもらいました!長野のりんご・・・最高です!! [続きを読む]

受信: 2008年8月21日 (木) 18:51

« 初めてゴーヤを育てる | トップページ | 『姥ざかり』田辺聖子 »