« 平湯大滝(日本の滝百選)・飛騨大鍾乳洞 | トップページ | タコノアシ »

2008年10月23日 (木)

乗鞍山麓・五色ヶ原

長野県と岐阜県の境の安房トンネルが出来たお陰で、大回りに迂回していた道路を通らずあっという間に奥飛騨、乗鞍岳北西山麓に到着しました。民宿のお食事の自家製のほうれんそうの甘さが今も忘れられません。

Photo_122日目に五色ヶ原の全長7.3km、標高差230mのシラビソコースを7時間半位かけてトレッキングしました。ガイドさんと一緒でないと入山できません。コース内の花は全て終わり、紅葉まで落ちてしまっているし、池も枯れているが、滝、渓流でマイナスイオンを、木々からフィトンチッドをたっぷり吸うことができました。いろいろガイドさんから教えていただき、勉強にもなりました。桂の木は側によるとカラメルソースのような甘い匂いがします。

↓夏あの美しい白い花を咲かせていたゴゼンタチバナの実がきれいです。
                         ↓唯一咲いていた最期のアザミ
Photo_14 Photo_15

↓倒木更新です。地上に生じた幼樹は雪腐病菌によって枯れてしまうことが多いが、倒木上は風通しがよく、病原菌も少なく成長しやすい環境なのだそうです。
↓乗鞍岳の噴火によって、到る所「ゴスワラ」と呼ばれる大きな岩塊が見られます。

Photo_16 Photo_17

コシアブラ(ウコギ科)は樹脂を漉して漆に用いていた。新芽はタラノキに次ぐ人気とか。
↓コシアブラの黄葉  ↓コシアブラの実は熊が大好きで幹に熊の爪あとが。熊がいるんですね。

Photo_18 Photo_19

森は多種類の苔で覆われています。
↓スギゴケの胞子  ↓黄色のタイマツゴケ(ネットで調べても出てこない) キノコのように見えます。

Photo_21 Photo_22

↓川の中にある石にはすべて苔が生えていて、この景色を案内された外人はwondaful viewととても喜ぶそうです。

Photo_23

↓カエデ                      ↓カラマツの黄葉  

Photo_24 Photo_25

↓眺望が開けて乗鞍岳の連なりが見えました。全部で17座あって馬の鞍の形に似ているので名付けられた。

Photo_26

↓コースのフィナーレを飾る布引滝       ↓横手鳴る滝   
Photo_27 Photo_28

↓ゴールに到着すると、ネズの木を刳り貫いた中の冷えたトマトを戴きました。

Photo_29

|

« 平湯大滝(日本の滝百選)・飛騨大鍾乳洞 | トップページ | タコノアシ »

コメント

ガイドつきのトレッキングは、教えていただくことも沢山あっていいですね。

安房峠を越えて乗鞍に行ったのは、もうずっと昔のことになってしまいました。

冬支度の装いに近くなった五色が原の、美しい自然を拝見できました。
有り難うございます。

投稿: anikobe | 2008年10月23日 (木) 22:44

ほんとに凄い行動力ですね。
こしあぶらは東北に行くとよく出してくれました。
私も山歩きをしたくなりました。

投稿: saheizi-inokori | 2008年10月24日 (金) 06:46

★anikobeさま

もう以前に安房トンネルを通られたのですね。
行ってみて地図を眺めるとあの高山が近いので驚きました。白川郷方面から、あるいは名古屋方面から行きましたが、こんな近いルートもあったのでした。
近辺の山は紅葉が真っ盛りでどちらかというと、黄色が勝っています。京都奈良や東北とはまた違った紅葉を楽しめました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年10月24日 (金) 08:08

★saheizi-inokoriさま

コシアブラを召し上がったのですね。
私はまだですが、美味しいと聞きました。いつか機会があるといいのですが。
実が出来る頃は熊が出没して恐いですね。

行く前は乗鞍は長野県にあるのかと思っていました。山に登らなくても麓から眺められると、嬉しくなります。
是非山歩きをなさってみてください。

投稿: tona | 2008年10月24日 (金) 08:14

tonaさんは本物の山をトレッキングしていらっしゃいましたね。
私たちの森林公園ちょこっと歩きとは大違いです(^^;)
木の幹には熊の爪痕が~ それほどに自然の山の中。
ガイドさんがいればこそですが、素晴らしい自然と山の空気を
満喫なさったことでしょうね。気持ち良さそう。
桂の木はカラメルソースのような香りがするのですか?
先日隣市の公園で黄葉した桂の木に会ったのですが…近寄ってみればよかった。
苔むした岩がゴロゴロの川のある景色、外国の方がwondaful viewと
叫ばれるというの、納得の美しさですね。

投稿: ポージィ | 2008年10月24日 (金) 11:53

まだ見ぬ日本にも素晴らしい絶景が散りばめ
られているのですね。
「乗鞍山麓に五色ケ原」雄大なパノラマに
圧倒されました。
tona様のトレッキングのお陰で日本の未知
の世界を堪能させていただきました。
数々のお写真が更なる感動を盛り立ててくれ
ます。
岩の塊にも魅せられました。川の中にある
苔この目で確かめたい衝動にかられました。
布引ノ滝!横手鳴る滝のダイナミックさに
目は耀くばかりでした。
何時も、ありがたく未知の日本探索に感謝
している老春です。
ありがとうございました。

投稿: 老春 | 2008年10月24日 (金) 12:18

★ポージィさま

ガイドさんつきのトレッキングは初めてです。外国にはたくさんあるそうですね。
国立公園になっていて、落ち葉1つ拾って持って帰ってもいけないそうです。
山でのマナーも身につくことだし、一人でも多くの子ども達にも、休みに参加してもらいたいと思いました。

桂の木ですがそばに行ってクンクンかいでしまいました。言われなければ気がつかなかったです。微かですから。
そもそも桂の木さえ、もしその辺にあったとしても特定できません。
木も本当にわからないです。
コシアブラの葉だけは独特なのでわかりましたが、これがもっと緑濃いとわからないかもしれません。
外国の方は京都の苔寺などと同じように考えるのだそうです。こんなこと、私達の方が良さがわからなかったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年10月24日 (金) 15:58

★老春さま

五色ヶ原は渓流や滝、池など水辺も美しく、晴れると麓から眺める乗鞍岳の眺めがいいです。
いつも丹念に写真を見ていただき、雰囲気を味わっていただき感謝しています。ありがとうございます。

岩塊だらけで、地面は溶岩で覆われているのに、土ができて、こんな原始林になったかと思うと、自然って素晴らしいと思います。
北海道もこんな地がいっぱいですね。
まだ始めたばかりですが、歩ける間もう少し探索していきたいです。
老春さまも如何でしょうか。

投稿: tona | 2008年10月24日 (金) 16:05

トレッキングにお出かけでしたか?

どの画像も秋一色で、気持ちいいですね。

もう寒いくらいでしたか?

こちらは10月も残り少なくなってきたのに、毎日夏日で、出会う人も夏の服装に人が多いこと。

温度が下がらないためか去年あんなにきれいだったアメリカフーの葉の色が汚くてどんどん落葉してます。

クマに遭遇しなくてよかったですね。
滝も美しいですね。
自然の中を歩かれて、元気になって帰られたことでしょう。

投稿: もみじママ | 2008年10月24日 (金) 23:41

★もみじママさま

こちらも見ていただきありがとうございました。
寒さですが、全然寒くなかったです。温暖化でしょうか。この日東京に近づいたらもっと暑かったです。
まだ半袖が多いですものね。今年は早々と衣替えしてしまったと思いましたね。だんだんとずらしていかなければならなくなりそうですね。
アメリカフウの葉の色にまで影響していたのですね。

熊はもう美味しい実が1つもないので出てこないのでしょうか。まだ冬眠していないでしょうにね。
滝の水量は多いのに、枯れている池が2,3ありました。今年の夏は乗鞍は雨量が少なかったそうです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年10月25日 (土) 09:02

この時期は野草も少なくなりますね。
噴火で大きな岩がゴロゴロなのは、磐梯山近辺の山も同じ様なものでした。
自然の力とは言え凄いものですね。
コシアブラの萌はこちらでも人気の的です。
そうですかぁ 熊の好物とは。
幹に熊の爪あと、遭遇しなくて良かったですね。
こちらでは熊と遭遇して怪我を負った人がすでに出ています。

投稿: pochiko | 2008年10月25日 (土) 23:32

★pochikoさま

磐梯山の番組をやっていましたので見ました。
大きな結構複雑な形をしていました。
バンダイクワガタなるそこしかいないクワガタがいるそうですね。
噴火で岩がやはりゴロゴロあるのですね。
その間を縫って植物が逞しく育っています。

コシアブラの新芽が食べられるということを初めて知りました。食べてみたいです。
ネットで見ても実の画像がありません。熊が急いで食べて写せないのかしら。
えっ!熊に襲われた人が出たのですか。怖いですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年10月26日 (日) 08:36

 こんにちは。
 秋深い山の様子をたっぷりと楽しませていただきました。
 倒木更新や、クマの爪あと!など、興味深いものばかりです。

 谷川の写真や、乗鞍岳の写真など、
 外国人でなくても、
 wonderful!
 と叫びたくなってしまいます。

 また、わたしとしては、甘いほうれんそうというのが、ものすごく気になります。

投稿: Nora | 2008年10月30日 (木) 15:12

★Noraさま

森や林、草原とガイドさんからいろいろ教えてもらいました。
山も知識の宝庫ですね。
熊はあんなに鋭い爪を立てて登るのですね。

ここのせせらぎはミニ奥入瀬といった感じでした。川の流れが見えたり、音が聞こえるとほっとしますね。

山の美味しい空気を吸った、無農薬のホウレンソウの美味しさは甘さが勝っていました。
それに採り立てですしね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年10月30日 (木) 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/42884033

この記事へのトラックバック一覧です: 乗鞍山麓・五色ヶ原:

» こんにちは [spice]
フレッシュハーブで健康な生活を!ピリッと辛いスパイスで刺激的な毎日を! おいしいカレー情報をご紹介致しております♪ [続きを読む]

受信: 2008年11月 3日 (月) 16:17

« 平湯大滝(日本の滝百選)・飛騨大鍾乳洞 | トップページ | タコノアシ »