« あと何食 | トップページ | 『李明博自伝』 »

2008年11月13日 (木)

2年後ダムに沈む吾妻渓谷

群馬県渋川駅から吾妻郡妻恋村の大前駅まで約55kmを吾妻川に沿って、東西に吾妻線が走っています。
渋川駅から3分の2くらい行ったところに川原湯温泉駅があります。
ここに3.5kmにわたって吾妻渓谷(あがつまけいこく)があります。今丁度、美しい紅葉の真っ盛りでした。「関東の耶馬溪」とも呼ばれているそう昭和10年に国の名勝に指定されました。

1

3 4

2

5 6

この渓谷が川原湯温泉駅と温泉町と一緒に八ツ場ダムの底に沈んでしまうのです。
利根川水系には八木沢ダムを始めとして6つも建設されていますが、まだ作るのです。
その目的は
①利根川下流部の洪水調節
②流水の正常な機能の維持
③水道水・工業用水など都市用水の補給
④発電
だそうです。
中国の長江の三峡ダムも来年完成ですが、6月の四川大地震が、一説にはこのダムの影響で起こったとも言われています。
又、大阪周辺の4県でダム建設の見直しが迫られているところですが、ダムに沈む村や景色が失われたかわりに、私たちに電気、水を供給してもらっているのですから複雑な気持ちです。
果たして本当に必要なのでしょうか。
こんな美しい渓谷が沈んでいくのは悲しいことです。

|

« あと何食 | トップページ | 『李明博自伝』 »

コメント

去年だったかな、行ってきました。渓谷沿いに歩くのが楽しかったなあ。

投稿: saheizi-inokori | 2008年11月14日 (金) 08:15

★saheizi-inokoriさま

TBしていただきありがとうございました。
今改めて又、1昨年の同じ頃の吾妻渓谷近辺の写真もしっかり拝見しました。1度私も拝見していたのですが、部分的にしか覚えていませんでした。
私は9日でしたが、もうすっかり紅葉していました。
渓谷沿いの散策素晴らしいですね。
道祖神や美味しい食べ物など、同じような所を歩いていても発見が違っていて面白かったです。
帰り道、名水百選の箱島湧水で水を汲んできました。

投稿: tona | 2008年11月14日 (金) 08:45

なんて美しい紅葉、そして自然の作り出したままの渓谷の姿でしょう。
え… ここが水没してしまうのですか?駅も温泉町も?なんてもったいない。
最近はダム建設計画の見直しがよく言われますが、
計画がずっと以前のものでも、一旦決まったものは
そのまま実行しようというのが国側。今でも絶対必要なのか、
作ることで本当に目的が適えられるのか、見直すことは
大切だと思います。
また、公的事業で潤うことを考えているとしたら、それは
一時的なものですぐに終わること、失われる自然などは
2度と戻ってはこないものであること、もよく考えてほしいものです。
その上で、やっぱり絶対に必要なものであるならば仕方ないかも
しれませんが、悲しいことに変わりはありませんね。

投稿: ポージィ | 2008年11月14日 (金) 11:31

渓谷の美しいさ、
紅葉のみごとさは日本に限られてものでしょうか。

僕はこれだけで日本の国が大好きです。

投稿: YUKI-arch | 2008年11月14日 (金) 14:20

★ポージィさま

どこもかしこも紅葉です。
渓谷も道から覗くとかなり深いです。

>計画がずっと以前のものでも、一旦決まったものはそのまま実行しようというのが国側。・・・そうなのですね。
利根川改修計画の一環として調査に着手したのが昭和27年で、実施計画調査を開始したのが昭和42年だそうですから、この時点からも41年もたってしまったのですね。この間ダムに対して見直しが叫ばれているのに、仰るように決めたものは白紙に戻さない強引さが感じられます。
決して100%必要でもないのに、どんどん開発して貴重な自然を破壊していくのは、けっして開発途上国でもすべきことではないです。
本当に残念でなりません。 
ありがとうございました。 

投稿: tona | 2008年11月14日 (金) 15:22

★YUKI-archさま

そうですね。
日本の渓谷は川の流れと滝、両側には新緑や紅葉が見事です。
ヨーロッパの渓谷は同じでなく、渓谷なのになだらかな丘陵で川が見当たりません。
アメリカのグランドキャニオンを映像で見ても、青々とした植物が見当たりません。
日本の渓谷美、いろいろな紅葉はかけがえのない財産、秋になっても、日本に生まれてよかったと思います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月14日 (金) 15:29

一番、いい時期にお出かけだっとようですね。
こちらから見える山々も寒さが増してきてから、少しずつ、色がつき始めましたから、
少し奥に入ると、美しく紅葉してるのですね。
こんなに美しい自然がいつか沈んでしまうと思うと、もったいないですし、本当にそれがいいことなのでしょうか?

大きな事業も最近では途中からほかったままになったり、よくわからないことばかりです。
今からこの社会はあまりよくない状況ですし、政治も誰のためにやってるのか?日本はどうなっていくのでしょうかね。

投稿: もみじママ | 2008年11月14日 (金) 23:41

なんだか、こんなきれいな紅葉が見られるのに、ダムの底に沈んでしまうなんて。
うちのばぁちゃんの行ってる施設の近くにあるダムもダムの底には民家なんかもあるんですよ。
住んでいた人たちは、あちこちに分散されたようです。
ダムが出来るのは、私達の生活を守ってくれたり潤してくれたりするんですけど
その影には、こんな美しい景色などの犠牲の上にあるのかなぁ~なんて思いました。

投稿: pochiko | 2008年11月15日 (土) 00:02

★もみじママさま

下のほうでも少しずつ紅葉が始まりましたね。
少し山に入るともう全山紅葉なのですね。

計画の最初が昭和27年ですから、その後原始力発電で供給されているので、あとは首都圏の水問題でしょうね。この数年雨がよく降るので水不足は起こっていませんが。
でもよくわかりません。どうにでも数字って合わせられるのですよね。
空港の計画などこの不況で頓挫するようになりました。
本当に無駄だけはして欲しくないのに、今の政治に絶望です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月15日 (土) 06:16

★pochikoさま

そちらにもたくさん有名なダムがあるのですね。
お義母さんのいらしてる施設の近くにもですか。
住んでいた家が水の底に沈むときは、悲しみを通り越すような思いでしょうね。
今までそんな方たちの犠牲のもと、電気や水をたくさん消費している私です。
そのようなことに感謝することもなかったので、丁度よい機会でした。
日本中を駆け巡っていた、美しい自然の破壊をもうこの辺で、何とか止めていかないと、私たちの子孫に申し訳ない気分です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月15日 (土) 06:24

「吾妻渓谷」の紅葉綺麗ですね。
素晴らしい展望です。
6枚の写真に見惚れています。
この渓谷が2年後に沈んでしまう
なんて考えられません。自然の
美を大事にして欲しいです。
「ダム」「ダム」って国土交通省
はいうけれど、毎度反対されてい
ます。無駄遣いしたがりますね。
許せません。

投稿: 老春 | 2008年11月15日 (土) 06:49

★老春さま

日本の渓谷はどこも紅葉がきれいのようですが、ここ吾妻渓谷も周囲全部紅葉で埋まっていました。
もうこの景色も来年だけです。
ダムを作る所は渓谷の最も深いところらしく、したがって景色が美しい所が消えていくのですね。
とても残念です。
もうダムを作らなくても日本はやっていけるのでしょう。やはり無駄遣いしたがるのですね。
景観を大切にする政治家が出ないものでしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月15日 (土) 07:44

おはようございます。
川原湯温泉と吾妻渓谷、平成の初めに職場旅行で行きました。20年経っても当時の紅葉風景は全く変わっていませんね。

不要なダム建設のために工事を強行するのは、有明干潟の締め切りと同じです。
基本方針を見直す必要がありますが、利権が優先する我が国の特性は困ったものです。
近畿圏のダム凍結、長野県や熊本県のダム凍結など勇断されている事例もありますが・・

相模川のタコノアシは、社家ではビオトープで保護育成しているだけですが、上流の小倉橋付近でも見られるようです。

投稿: wakasama | 2008年11月15日 (土) 08:06

tonaさん、おはようございます(^-^)
どこまでも美しい紅葉ですね~♪なくなるのはとても残念!(>_<)

目的は色々あるかも知れませんが…見直す勇気が必要な時ではないかしらね…
コンクリートで固めた自然がどうなるか…今、思い知らされているのにね(;-_-) =3

最近…景観が変わる話ばかりで…自然が失われて行くのが分かっても何も出来ない(>_<)
本当に情けないですね・゚・(ノД`)・゚・せめてささやかな自然を見つけて愉しんでいます…

※「クレオメ」…咲くのが遅くて心配しましたが、漸く最後の蕾が1つになり…
随分長く愉しませてくれましたヽ('-'*)~♪種子もたくさん出来て~♪有り難うございました

投稿: orangepeko | 2008年11月16日 (日) 08:25

★wakasamaさま

こんばんは。お返事遅くなってすみませんでした。昨日より葉山に行っておりました。友人の庭にトンビが来て鳴いていました。

wakasamaさんは20年も前にいらっしゃったのですか。変わってないそうで凄いことです。それなのにダムの底に沈んでしまうなんて。
有明も失敗のようですね。
近畿圏だけでなく、長野、熊本もダム凍結があったのが救いのような気がします。
本当に利権優先なのですね。

社家といいますと、実家に帰るときの相模線の駅にあります。降りたことはないのですが、ビオトープでタコノアシが育成されてるなんて、とても素敵なことです。
上流の小倉橋は知りませんが、見られたらいいなあと密かにおもったりしています。

いつも貴重な情報をありがとうございます。これからも宜しくお願いいたします。

投稿: tona | 2008年11月16日 (日) 20:22

★orangepekoさま

こんばんは。遅くなってすみませんでした。
この美しい紅葉の1本1本が全部水の中に沈んでしまいます。青い渓流も。残念です。

コンクリートで固められた自然は、破壊されていく日本の象徴でもあります。
海岸にはテトラポッドで美しい海岸線が消えていっています。
そうですね。まだまだささやかな自然がある限り慰められます。

orangepekoさんのクレオメは私たちより随分長く愉しまれましたね。ちょっと遅かっただけで種もたくさん採れた良かったです。
又来年愉しみましょうね。
ありがとうござました。

投稿: tona | 2008年11月16日 (日) 20:37

 またすばらしい写真を拝見させていただきました。山全体が、鮮やかに染まっているかのようです。しかもよく見ると、同じ赤や黄でも無数のバリエーションがあるんですね。
 公園やお寺などの紅葉もいいですが、やはり自然そのままの迫力にはかないません。

 澄んだ水も、切り立った崖も、かけがえのないものです。
 さらに、この山の中では、数え切れないほどの生き物たちが、こつこつと冬支度をしていることでしょう。

 写真が美しい分、環境の問題が胸に迫ってきました。

投稿: Nora | 2008年11月19日 (水) 15:07

★Noraさま

そうですね。木によって微妙に色が異なるでしょうし、同じ木が並んでいないのでこんないろいろな色に染まるのでしょうね。
それに常緑が少ないのでしょう。

切り立った崖があるので「関東の耶馬溪」と呼ばれています。
耶馬溪は紅葉はあまりきれいではありませんでした。九州は暖かいのであまり紅葉が美しくなかったのです。
おっしゃるように生き物はどうなるのでしょうか?一瞬に水が流れ込んだら溺れてしまいます。
美しいものが消えるのは悲しいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月19日 (水) 19:03

吾妻渓谷、なんとも見事な紅葉ですね。こんな美しい景観もダムの底に沈んでしまうとは!本当に必要なダムなのか?素人の私には分かりません。
人間が自然を破壊し続ける結果、将来どのような異変が起こるのか、多分誰も予測できないでしょうね。因果応報、いつか鉄槌が下るような気がしてなりません。思いすごしならいいのですが・・・
それにしてもtonaさん素晴らしい景観を堪能されましたね。

投稿: 茂彦 | 2008年11月22日 (土) 18:23

★茂彦さま

紅葉も美しければ、新緑もきれいなのでしょうね。
渓谷も素晴らしいですし、本当になくなってしまうのでしょうね。残念です。
利根川水系は首都圏を抱えるので仕方ないかのかとも、かなり前の計画はどこまでも完成させる国の意地も見えて、複雑な気持ちです。
自然破壊の報いは世界各国に出ていますね。特に中国では諸に今年いろいろありました。
これから先、本当に心配です。狭い資源のない日本は大切にしなければなりません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月22日 (土) 19:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/43104637

この記事へのトラックバック一覧です: 2年後ダムに沈む吾妻渓谷:

» 地震保険ランキング [地震保険ランキング]
地震保険ランキングを見てみると、今人気の地震保険がわかります。地震の多い日本では、いつ家屋が倒壊するような大きな地震がきてもおかしくありません。地震保険は保険料控除の対象にもなっているので、新築のお家などはランキングなどでいろいろ調べて加入しておきたいですね。... [続きを読む]

受信: 2008年11月14日 (金) 00:26

» ダムの底に消え行く川原湯温泉 上州・紅葉狩りの旅 (3) [梟通信~ホンの戯言]
高崎駅集合の予定が千葉から車で来る組が渋滞で遅れているというので電車先行組の俺たちは駅前にある「高崎市タワー美術館」に。 開館5周年特別企画「日本画・現代への歩みー東京都現代美術館所蔵名品展」。 例によって俺は介護者(誰でも一緒に入ればよいのです)ともども無料。65歳以上も無料。一緒に入った4人のうち3人が無料。 それなのに、池上秀畝「片時雨」、奥村土牛「蓮池」、小野竹喬「奥入瀬の渓流」、小倉遊亀「越(こー)ちゃんの休日」(越路吹雪が素敵な柄の浴衣を来てデッキチエアに横になっている)、伊藤彬「... [続きを読む]

受信: 2008年11月14日 (金) 08:18

» 崖っぷちで食った美味しいもの 上州・紅葉狩りの旅 (5) [梟通信~ホンの戯言]
今度の旅で美味しかったベスト5(順不同) ① 野山葵の葉っぱ 俺は野山を歩いていると道端に生えているものを直ぐ口に入れてしまう キノコも毒かどうか分らないときは端っこをちょっと齧ってみる 野山葵は毒でもないし、本山葵とは違うほのかな辛さとすっきりした青味が旨いのだ (写真・大根を運んでくれた軽自動車、蕎麦屋のオバサンが運転していた) ② 清水 自販機で売ってない自然の清水、甘露甘露 ③ 大根 前に書いた大根。上記の清水で洗って冷たくなったのを3センチ... [続きを読む]

受信: 2008年11月14日 (金) 08:21

« あと何食 | トップページ | 『李明博自伝』 »