« 晴海インフィオラータ(花の絨毯) | トップページ | 2年後ダムに沈む吾妻渓谷 »

2008年11月11日 (火)

あと何食

   Photo

ホウキギ(ホウキグサ)・アカザ科
ここ1週間で随分ピンクになりました。紅葉という人がいましたが、小さな小さな花が咲いているからのようです。
このあと、トンブリと呼ばれる実が出来て、秋田では「畑のキャビア」として珍重されています。

私はあと何回食事をするのでしょう?
女性の平均寿命(86歳)まで生きるとして、約31400日で、一生に約94200回食事をすることになります。
最大あと2万回くらいです。あまりいい加減にしないで、なるべく美味しく、丁寧に食べていきたいものです。
が、これはかなり大変なことです。
というのも、一人になるときがありますが、結構いい加減で手抜きです。3回も同じのを食べたり、1品は減らしたりで自己嫌悪に陥ることもしばしばです。

美味しい黒糖が残っていたので、かりんとうを作りました。レシピは友人が送ってくれました。
結構かりんとうらしい味でした。
娘が天橋立の方で「黒豆餅」を買ってきてくれました。
餅が軟らかく、丹波の黒豆の餡がとても美味しいお菓子です。

Photo_2 Photo_3

|

« 晴海インフィオラータ(花の絨毯) | トップページ | 2年後ダムに沈む吾妻渓谷 »

コメント

tonaさんこんばんは。
トンブリは我が家の好物で、納豆に混ぜて良く食べます。
ご自宅のお庭で咲いているのですか?
実はプチプチと美味しいです。

お手製カリントも美味しそうです♪

昭和記念公園も花はほとんど無くなってしまいました。

投稿: wakasama | 2008年11月11日 (火) 21:37

「あと何回食事」?
老春考えたことは一度もありません。
今後を生き抜くためには「食事」は
大切なものです。
何にも考えていない老春とtonaさん
の生きる違いを痛感させられました。
「ホウキギ」珍しいもの見せていた
だき、ありがとうございました。
黒豆餅にかりんとう、美味しそうで
すね。

投稿: 老春 | 2008年11月12日 (水) 05:55

★wakasamaさま

まあ、とんぶりを納豆に入れて召し上がっているのですか。
私は家では食べたことがありません。キャビアに匹敵すると言われているくらいですから、プチプチと美味しいことでしょう。
これは近くの畑に植えられているのですが、この畑の持ち主は収穫するのでしょうか。興味があります。

カリントウなんですが、黒砂糖がなくても白砂糖でも溶かしてまぶしてもよさそうですね。

昭和記念公園も、コスモスが終わってもう、淋しい風景になったのですね。
クリスマスのツリーのイルミネーションが毎年ありますが、まだ行っていません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月12日 (水) 08:39

★老春さま

身体のあらゆるところが老化していますので、骨にも血管にも筋肉にもそれぞれ栄養を行き渡らせないと、ますますぼろぼろになってしまいますね。
若いときはいい加減でもその時は現れませんが、今はその時のつけが出ていることもあります。現状維持だけでも大変、暇なのですからきちんと食べたいと思います。

ホウキギからトンブリを収穫するのは、胡麻などの収穫と同じなのでしょうか。細かいのでどんななのかと興味があります。

かりんとうは比較的簡単に出来ますので、作られる場合はおっしゃってください。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月12日 (水) 08:47

どうしてもいい加減なものを食べて済ますことが多いです。
せめて味わって感謝して食べたいとは思うのですがそういうものに限って味わいたくない、シャシャッと食べてしまいます。
罰当たりメが!です。

投稿: saheizi-inokori | 2008年11月12日 (水) 11:20

 
私の父は「人間何で食べにゃぁいかんだなぁ。面倒だ。」と
言っていましたが、食べることにあまり興味を持てない生涯だった
のでしょうか。大きな楽しみを自ら放棄しているようなものですよね。
私は普段はご馳走や美食?へのこだわりはあまりありませんが、
自分の作る拙い料理でも美味しいと思って食べられることに
感謝しています。
 
生涯にどのくらい食べられるのか、回数を意識したことも
ありませんでしたが、もう半分以上の回数食べてしまったかも
しれないのですねぇ。
私も一人だと手抜きもいいとこになります。一人分をあれこれ
種類多く作るのは億劫で。でも健康を考えたらそんなこと
言っていられないのですね。でも…やっぱりメンドクサイです。

投稿: ポージィ | 2008年11月12日 (水) 11:27

母は51歳でなくなりました。私もあと2年でその年になります。
夫の父は夫が幼稚園の時になくなったそうです。
そう思うと、明日の命もわからないのに、だらだらと過ごしていること。
一人のお昼は、昨日の残りの「焼きビーフン」と朝の残りのリンゴと、やはり朝に食べなかったリンゴジャム入りヨーグルトでした。
それにしても、明日死ぬわけにはいきません。押し入れの中とかとっちらかっているのデス!

投稿: otayori | 2008年11月12日 (水) 12:41

★saheizi-inokoriさま

お腹がすいていて、美味しいものの時は噛むのももどかしく食べてしまいますね。
ゆっくり噛んだ方が良いとはいつも聞く話です。
でもだめです。その方が美味しいのだから、「いいや」でなおそうとはしません。
健康のため、こういうことのほかいろいろ犠牲にしている意志の強い人がいますが、それはそれで尊敬するだけです。
佐平次さんのことを罰当たりとは言えません。私もです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月12日 (水) 16:34

★ポージィさま

お父様は食べることにあまり意欲がなかったのですね。それほどにお仕事や他のことにお忙しかったのでしょうかね。
毎日作って食べていると、やれご馳走などと言っていられませんね。
旬のものを自分の好きな味に仕上げれば、美味しいものです。
胃が元気ですと美味しくて幸せです。やめてから飲んでいるアロエ野菜ジュースが効いて凄く調子がよいです。

今まだ作ってあげる相手がいらっしゃるので、たまに面倒に思うのも息抜きでいいですね。問題は全く一人になったときです。
よほど心しないと変な倒れ方をしたら困りますものね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月12日 (水) 16:46

★otayoriさま

お母様、随分若くして亡くなられたのですね。
そして義父さんもそんなに早く。
私もなんとなくだらだらと過ごしてきてしまいましたが、最近は友人もみなそうなのですが、いつ突然逝くかわからないから、やれるときに何でもしておこうと言っております。
死んだらしがらみも一切なくなると同時に、自分がもったいながってしがみついているものも、全部目の前からなくなるのですからと心を入れ替える年になりました。
年取ってやっと見えてくるものがあります。
私は何でも遅いですね。
毎日1つずつでも片付けていきましょう。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月12日 (水) 16:56

ホウキグサの実がトンブリなのですか?
こちらでは、あまり見かけませんね。

自分が何回食事をしてきたか、
これから何回食事をするのか、考えたことなかったですね。
ほぼ、必ず1日3回は食べ続けています。

食生活って大事なんでしょうね。
今から始めるEM菌のぼかしから作る肥料で、おいしい野菜ができたら嬉しいですよね。

tonaさんのかりんとう、おいしそうですね。
何でも、挑戦されて、その好奇心はうらやましいと思います。
見習いたいと思っています。

投稿: もみじママ | 2008年11月12日 (水) 19:25

★もみじママさま

こちらではホウキグサがだんだん増えてきました。
一生に9万食、そんなにと思う一方そんなものかとも思います。
もみじママさんは無農薬の栄養一杯つまったお野菜と、新鮮なお魚で、きっと元気で過ごせるでしょう。
それに面倒がらずにたくさんの食品で変化に富んだおかずを何種類も召し上がっているので、これまた絶対に身体にいいです。

かりんとう美味しいです。これは添加物が何も入らないので立派なおやつになります。
そういえば、ハスも出回ってきたので、福神漬けの季節ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月12日 (水) 19:44

たぶん一食のもつ価値観でしょうね。

至高の経験ができれば、
一食で万食かもしれません。

そんな思いで、
9万食したら、
どんなにかぜいたくなことか知れません。

投稿: YUKI-arch | 2008年11月13日 (木) 14:41

★YUKI-archさま

一食で万食の思い、何回今まであったでしょうか。
特に数年前までは、忙しさにかまけてあまりなかったです。
また、やはりコックさんや板前さんのお料理にそんな贅沢を味わいました。
これからは1日に1回、素材、あるいは味付け、珍しさなどで味わいたいのが夢です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年11月13日 (木) 18:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/43083618

この記事へのトラックバック一覧です: あと何食:

» おせち料理黒豆レシピ [お料理レシピ〜お正月料理レシピ]
お正月料理と言えばおせち料理ですよね。おせち料理でも一番といってもおかしくない"祝い肴"と言えば黒豆じゃないでしょうか。黒豆は「一年中まめに働いて、まめに生きる」という意がこめられていて、1年間健康に生活できるようにと願いを込め、作られています。でも黒豆って難しいじゃないと思って、いつもスーパーで売られている黒豆をおせち料理に入れる人もいると思います。でも黒豆のレシピを見てみると、案外作り方は難しく... [続きを読む]

受信: 2008年12月 8日 (月) 19:14

« 晴海インフィオラータ(花の絨毯) | トップページ | 2年後ダムに沈む吾妻渓谷 »