« 女性専用車両 | トップページ | 2008年の終わりに »

2008年12月27日 (土)

神社と寺

恵比寿の駅に着いて、恵比寿神社の傍らを歩いていたら、青年がお賽銭を入れて、なにやら熱心にお祈りしているではありませんか。普通はお年寄り、それもおばあさんが多いので、若者の真摯な姿に驚きました。

先日は近所のお地蔵さんが何処かへ引っ越して行きました。その時お坊さんが読経して立ち会っていました。
「美の壷」でやっていたのですが、釣鐘工房では釣鐘が1つ出来上がるとき、僧侶が入魂式に立ち会うのです。
寺は主に私たちの死から始まって、法事、お墓と悲しい方を担当しています。
一方神社は、神式の葬儀はあるものの、結婚式、お宮参り、七五三、お正月など御目出度い方が主です。

Photo クリスマスも終わったのに、まぬけですが・・・
これは戴いたクリスマスの切手です。12月8日発売。可愛くて、もったいなくて暫くは眺めるために使えません。

Photo_2 放庵作 雪深い山道を里の家に向ってサンタさんが袋を背負って歩いています。蕪村風、あるいは墨絵のような印象です。
それも道理、画家はパリで勉強中にピカソなどに衝撃を受けながら、池大雅「十便図」にパリで出あって、大きな影響を受けたのです。最晩年は独自の水墨画を描いていたのですから。
小杉放庵は1981年に日光二荒山神社の神官の子として生まれ、国木田独歩の挿絵や東大の安田講堂の壁画を描いたことでも有名です。2004年「美の巨人」で放映されました。

今年は自作のクリスマスケーキに飽きてしまったので、サンタさんの足跡つきのケーキを買って祝いました。

Photo_3

|

« 女性専用車両 | トップページ | 2008年の終わりに »

コメント

神社と寺ね。ここ何年もお参り
に行ったことがないので、反省
しております。年末年始も足が
遠くなりました。
13年前にお墓を建ててもらい
ご先祖様をお参りしております。
新年からお寺も神社もお参りに
行ってきます。
神社と寺の記事ありがとうござ
いました。

投稿: 老春 | 2008年12月28日 (日) 05:25

★老春さま、おはようございます。

そちらはますますね。寒くなったでしょうね。
雪の道や氷の張った道はこわくて、私ならお参りにも行けそうもありません。
私も神社はお正月だけですが、関係のないよそのお寺や神社はあちこち歩いている時にお参りしたりします。今年は関西でたくさんお参りできました。
お墓は3時間近くかかってしまうので、ついつい秋分、春分の日だけになってしまいます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年12月28日 (日) 08:12

若者の柏手を打つのは私は結構目撃します。
一人で、とても真剣な表情で拝礼していることが多いです。
方庵のサンタさん、欲しいなあその絵、とても買えないけれど。

投稿: saheizi-inokori | 2008年12月28日 (日) 10:58

★saheizi-inokoriさま

おはようございます。
あららら・・昨日お返事しましたのに、今見ましたらどこかへ飛んでいっていました。失礼しました。

佐平次さんは若者の祈る姿を度々ご覧になっていらっしゃっるのですね。
私は大晦日、お正月以外は全く初めてだったのです。とてもよい後姿でした。
お願い事が成就すればいいのにと側を通り過ぎながら思ったものでした。

絵葉書ですけれど、サンタさんの絵いいですね。日光に放庵さんの美術館があるそうです。なかなか行かれませんが見てみたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年12月29日 (月) 09:23

お寺と神社、それぞれの役割があったのですね。
納得できましたよ。

それにしてもかわいい切手、思わずにっこりしてしまいました。
にゃんこのかわいいことheart02

ケーキも、素敵ですね。
毎年ご自分で焼いていらっしゃったのですか?
さすがです。

今年もあとわずかですね。
色々ありがとうございました。
来年も仲良くしてくださいね。

投稿: もみじママ | 2008年12月29日 (月) 19:16

★もみじママさま(._.)

お忙しいのにありがとうございました。
お寺に御用はあまり歓迎しませんが、お寺の庭や仏像鑑賞はなかなかいいですよね。
その点神社はお参りが多いような気がします。

切手の猫ちゃん、本当に可愛い顔しています。子猫ちゃんですね。
雪の上の足跡とか好きですが、これも見れば見るほど足跡が気に入りました。

あと2日で今年もおしまいです。
こちらこそ本当にいろいろお世話になり、教えていただきました。感謝しております。
また来る年もお友達としてよろしくお付き合いくださいませ。

投稿: tona | 2008年12月29日 (月) 19:52

今年は例年のなく神社仏閣を回ったような気がします。
若い時には興味もなかったような場所がとっても神聖に思えたり
仏像などに思いを馳せてみたり、そういう年代なんでしょうかね~^^;
別に信仰とは関係なく
時代の歴史を刻んだようなものに魅せられるようになったみたいです。

投稿: pochiko | 2008年12月29日 (月) 22:48

tonaさん、おはようございます(^-^)
切手可愛いですね~♪チェックを怠っていましたので(>_<)知りませんでした(^^;
記念切手を貼って出すのが好きなのですが…手紙を書く事が少なくなった事が大きいです(^^;
確かに同じ図柄でないのが10枚だと…使えませんね(^O^)貯まる一方です(^^;

ケーキもシンプルで良いですね~♪私もパパのお付き合いで購入しなくてはいけないのを
良い事に(^^;子どもたちも大きくなりましたので、焼かなくなりました(;-_-) =3
今年は実家のも含めて3個(^^;…体重に影響したかもです(^O^)
でも今でも手作りが良い!と思ってはいます…

今年もいろんな事を共有させていただいて有り難うございました…m(_ _)m
とても楽しかったです~♪…どうぞ良いお年をお迎えくださいね…

投稿: orangepeko | 2008年12月30日 (火) 08:11

★pochikoさま

神社もそうですが、お寺も山の麓などにあって、山と一体化しているのがありますね。
山を神聖なところとして崇拝してきた証しとでも言えましょうか。
おっしゃるように信仰と関係なく見て回るのが楽しみですね。
植物と同じく、仏像や建築に年齢とともに興味が湧いてきますね。
若い頃はなに考えていたのだろうと思うくらいに。
そちらのお寺などを見せていただいて有難かったです。ありがとうございました。

投稿: tona | 2008年12月30日 (火) 08:43

★orangepekoさま、おはようございます。

本当に手紙を書くことが少なくなりましたね。達筆なorangepekoはもったいない気がします。
記念切手をたくさん手元に集められたのですね。思い出に残る懐かしい、あるいは素敵な切手がたくさんあるのでしょうね。
サンタさんの切手で猫ちゃんが1番気に入ってしまいました。

ケーキ3種類も!美味しかったでしょうね。
ケーキならご主人様のお付き合いとはいえ、大歓迎です。

こちらこそ、今年もたくさんのお花を教えていただきありがとうございました。
ご両親様お大事に。
どうぞよいお年を!千楽ちゃんによろしく。

投稿: tona | 2008年12月30日 (火) 08:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/43544065

この記事へのトラックバック一覧です: 神社と寺:

» 七五三 [七五三]
七五三は、3歳と5歳の男の子、3歳と7歳の女の子の健やかな成長をお祝いし、これからの成長を願い神社に参拝する行事です。 [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 17:04

« 女性専用車両 | トップページ | 2008年の終わりに »