« 鹿野山 | トップページ | ニュージーランド紀行(1) »

2009年1月27日 (火)

山本淳子著『源氏物語の時代』

先週の金曜日に買ってきた『数独 初級編』にちょっとはまってしまいました。初級なのに時間がかかること、何も手に付かず困ったものです。中級や上級にはとてもいかれそうにありません。

Photo この年賀状はご一緒している太極拳の友人のご親戚の方が作ったものです。(クリックすると大きくなります)
全部自宅で咲かせた花を押し花にして貼っています。バスケットは枯れ葉です。Photo_2 1枚の葉書になるまでの作業を想像すると、最初は種まきから始めて、摘み取って、押し花にし、レイアウトして貼るという手間がかかっていることが伺えて見入ってしまいます。

右は知人が枯れ葉や花などで景色を描いたものですが、これも同じような感想を持ちました。

山本淳子著『源氏物語の時代』(一条天皇と后たちのものがたり)

千年前の平安朝
藤原兼家(道綱の母の夫でもある)の長男道隆の系譜と末っ子道長の系譜の権力争い、皇位継承の熾烈な争いと世界が書かれている。

先に道隆の娘の定子が一条の后に、道長も娘の彰子を一条の后にした。
しかし定子の兄弟が失策をおかして、定子は不幸のどん底に突き落とされたが一条はどこまでもこの定子を愛した。出家してしまった定子に子供3人生ませて最後のお産で定子は亡くなる。
その後の后彰子にも男子が2人生まれ、定子の男子は天皇になれず、彰子の男子二人が天皇に。一条は苦悩のうちに亡くなる。
道長は3人の天皇に自分の娘を后として入内させ、外戚として権力をふるい
「この世をば わが世とぞ思う 望月の 欠けたることも なしと思えば」
と歌ったのでした。

后・定子に仕えたのが清少納言
后・彰子に仕えたのが紫式部だった。
清少納言は漢文の好きだった定子に気に入られて、定子がどんな境遇に陥ってもずっと付き添っていたようである。
紫式部は清少納言よりずっと漢籍、和歌など教養が高かったので、漢文を知らない彰子に陰ながらずっと講義を続けた。

この二人がともに引きこもって(休職)いた時があったのだ。
清少納言は女房勤めが大好きだったのに、同僚たちのいじめにあったのが原因だったようである。
一方紫式部は勤め始めた時、すでに源氏物語の作者として名が知られていたので、同僚たちから避けられ、無視されてかなり長い間引きこもってしまった。あるきっかけから出仕するようになり彰子から絶大な信頼を得るようになったわけである。

源氏物語と一条朝の世界にいざなってくれる1冊です。

神田小川町の喫茶店ではカウンターに座ると、目の前に300種位あるコーヒーカップの中から自分の好きなのに入れてもらえます。
店名が「古瀬戸」と言うだけあって、花瓶など素晴らしい瀬戸物がたくさん飾ってあって、渋く大人の雰囲気で、お客さんもそのような方たちがくつろいでいました。

Photo_3

Photo_6 Photo_7

1/30~2/10  までニュージーランドに出かけますので2月半ばまでお休みいたします。

|

« 鹿野山 | トップページ | ニュージーランド紀行(1) »

コメント

この1枚の年賀状にどれだけの時間がかかってるのでしょうか?
素晴らしいですね。
いただかれた人は、嬉しいですよね。

押し花の作品は、見るのは大好きですが、作ることは無理だと思います。

tonaさんは源氏物語をよく理解されてますね。

古瀬戸という喫茶店、いろんな瀬戸物が並んでいるのですね。
器を見てるだけでも楽しそうです。

コーヒーの味もまたおいしいことでしょう。


投稿: もみじママ | 2009年1月27日 (火) 21:26

その本は借りてあるのですがまだ読んでなかったのです。
早くも海外ですね。
お気をつけて!

投稿: saheizi-inokori | 2009年1月28日 (水) 07:09

★もみじママさま、ありがとうございます。

こんなのを戴いたら、捨てられませんね。
時間と心に余裕があるなら作りたいですが、私にも細かな作業は無理です。
鑑賞だけでもとても楽しいですね。

この本は清少納言と紫式部も引きこもりをしたということが驚きでした。

陶芸の極地とでも言いましょうか、個展を開いているようなお店でした。
壁と机に繋がっている植物を植える陶器、凄いでしょう。

投稿: tona | 2009年1月28日 (水) 08:45

★saheizi-inokoriさま、ありがとうございます。

この本1000年の昔に返って、文学と歴史ではっきりしなかった系譜がわかって、また天皇の哀れを誘う本でした。
作者は友人のお父さんの教え子だということで、クラス会と新聞で知りました。

晩夏のニュージーランドを見てきます。

投稿: tona | 2009年1月28日 (水) 08:50

神田には、
老舗の喫茶店が数多く残っていますね。

学生の頃通った店が、
いまだにおいしいコーヒーを出してるのに
出会うとうれしくなります。

コーヒーブレイクの後、
ゆっくり古典はぜいたくです。

投稿: YUKI-arch | 2009年1月28日 (水) 09:45

「トイレ博物館」「小さいお子さんやお孫さんに」「鹿野山」の記事、まとめて拝見しました。いつものことながら、内容のあるブログに感心しています。
「押し花」の作品、手がこんでいてすごいですね。そういえば、妻も「ポケット数独」という本に夢中になっています。
ニュージランドへ行かれるそうで羨ましい。気をつけて行ってらっしゃい。

投稿: 茂彦 | 2009年1月28日 (水) 09:55

すばらしいものをたくさんご紹介いただいて、その一つ一つに
とても感動しました。

押し花の年賀状もすばらしいですね。
気が遠くなりそうな手間隙がかかっている作品… 頭が下がります。

山本淳子氏の『源氏物語の時代』も、分かり易くまとめて下さって、
道長が栄華を極めた時代がぐっと身近に引き寄せられた気がしました。

そしてまた、味な喫茶店を見つけられましたね。
個性的な面白い作品もありますね!
落ち着ける場所でいただくコーヒーの一服は身も心もほぐして
くれそうです。

ほぐれるといえば、ニュージーランドの旅も大いに
心身をほぐしてくれるものとなるでしょうね!
行ってみたい国の上位に入っている国です。
楽しんでいらしてください。お気をつけて!

投稿: ポージィ | 2009年1月28日 (水) 11:18

自宅で咲かせた花を押し花に
して貼り付けた「年賀状」素晴らしい
ですね。価値があります。
枯れ葉や花などで描かれた絵画素敵で
すね。
いつもながらですが、「源氏物語」も
お詳しいですね。じっくり読ませてい
ただきました。
ありがとうございました。

投稿: 老春 | 2009年1月28日 (水) 15:05

★YUKI-archさま

この頃喫茶店が少なくなりましたね。
学生時代の喫茶店がまだ健在ですか。
懐かしい味でもあるでしょうね。
中年のカップルさんもとても洗練されていて素敵な雰囲気でした。
このお店の気品が感じられました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年1月28日 (水) 19:33

★茂彦さま

前のも見ていただきありがとうございました。
そういえば、奥様にも素敵な作品がたくさんありましたね。
「ポケット数独」をされているそうで、夢中とか。この本だけでも105題あります。初級が3冊、まだまだずっと楽しめそうです。

ニュージーランドはまだ夏です。
時差が4時間ですし、ゆったり旅です。
行ってまいります。

投稿: tona | 2009年1月28日 (水) 19:47

★ポージィさま

押し花は本を買って、道具を買ってやってみたことがありますが、赤や青など花の色をなかなか残せませんでした。
この細かい仕事はとても出来そうにありません。

この本は丁度、天皇の后と女流作家と道長の周りが上手に紹介されて、源氏物語が影響を受けたことがわかりました。

とても心癒される、心和む素敵な喫茶店でした。友達との会話もはずんでしまいます。
コデマリがあちこち活けられていました。
温室ものなのでしょうね。
瀬戸物も奥が深いです。
そうそう、河童と蛙を間違えて失礼しました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年1月28日 (水) 20:01

★老春さま

こんな手のこんだ素敵なのを頂戴すると、大切にして時々眺めたくなりますね。
額に入っている作品も女性の作った作品です。これもかなり手がこんでいます。
作り方たちはとても色彩感覚が優れています。
よその人に感心されて、大事にしていただけるような作品ができることは素晴らしいですね。

この本は藤原の絶頂期が良く分かります。
改めて勉強になりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年1月28日 (水) 20:09

二つの素晴らしい作品、ホントに芸術ですよね。

一条天皇と后たちのものがたり、とても興味深く拝見しました。
源氏物語の背景に、このように迫っていくと、さらに面白く読めることが分かりました。
ありがとうございます。

明日からご旅行、お体に気をつけて、十分お楽しみください。

投稿: anikobe | 2009年1月29日 (木) 16:58

★anikobeさま

私もこんな押し花の作品を作ってみたい気持ちがあるのですが、細かすぎて出来そうにありません。でも鑑賞は大好きです。

一条天皇の時代に藤原の栄華、才女の出現など1度に花開いた時代であることがわかりました。
清少納言についても、少しイメージと違うことを知りました。
この本を読むに到ったのも昨年の琵琶湖訪問がきっかけでした。こんなことでどんどん広がっていくのは楽しいです。
では行って参ります。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年1月29日 (木) 19:04

すっごぉ~い!
押し花、きれいな色が出てますね~
バスケットも枯れ葉ですかぁ
はぁ~、賀状にこれだけの時間と手間。。。
私など、四葉のクローバーを見つけては電話帳にはさんで押し花もどきにするくらいで、そしてはさんでた事すら忘れて電話帳をくる時にはらりと落ちたカリカリになった四葉のクローバーを見てやっと思い出すという情緒のないやつです。
手つくりの作品を作れる方々を尊敬します。

ニュージーランドにご旅行ですか。
もうきっとお休みですね。
お気をつけて。
寒い時期に夏のニュージーランドの様子を拝見できる事、楽しみにしてますね。

投稿: ちょびママ | 2009年1月29日 (木) 23:15

★ちょびママさま、おはようございます。

押し花にすると花の色が退色してしまいます。この方のは全ての花色が鮮やかに出ていて上手ですね。
ちょびママさんのお話ではありませんが、きれいな落ち葉をあちこちよく挟みますが、覚えていたためしがありません。何時何処のかさえ忘れて結局あとで捨てたりで、この頃やたら採集しないことに決めました。
丁寧な作品作り、尊敬します。

夏の国へ行ってまいります。昼頃出かけます。写真をバカみたいに撮ってきますので、見てくださいね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年1月30日 (金) 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/43872676

この記事へのトラックバック一覧です: 山本淳子著『源氏物語の時代』:

« 鹿野山 | トップページ | ニュージーランド紀行(1) »