« ニュージーランド紀行(5) | トップページ | ジョウビタキ  三井寺展 »

2009年2月26日 (木)

ニュージーランド紀行(6)

Photo_32 [8日目] 飛行機で北島のマオリの聖地「ロトルア」へ

ロトルアは北島の中央部にある。大地熱地帯にあるため、ロトルア湖をはじめとする火山湖や間欠泉があって、別府温泉と姉妹都市です。
地熱地帯ですから、暑い!暑い!紫外線も日本の6倍とのこと、2日間の滞在で日焼け止めを塗らなかった夫はメガネザルと化して、半月たった今も皮が剥けて目も当てられません。ホテルには冷房がなく、プロペラ扇風機も涼しくなく、網戸のない窓を開けっ放しで寝たら、天井に虫がびっしりで大いに驚きました。

まずスカイゴンドラで展望台へ、昼食はご飯・味噌汁・豚カツでした。
↓ロトルア湖の眺め、ニュージーランドで1番多いのではないかと思われるアガパンサス
Photo_34

「テ・プイア」は、間欠泉とマオリ文化の伝承目的の施設
↓1時間おきに30mも吹き上げる間欠泉のポフツ・ガイザー 
Photo_35

↓90℃の粘土状の鉱泥泉  ↓客を招き入れるマオリの儀式が行われていた
Photo_36Photo_37

↓初期マオリの家、彫刻が施されている 

Photo_38

↓彫刻専門学校                     ↓織物工房

Photo_39Photo_40

↓夜はハンギ(地熱を利用したマオリの料理)とマオリのダンスショー

Photo_41先住民のマオリは13世紀頃太平洋ポリネシア方面からカヌーでやってきた。焼畑農業と狩猟と石細工の生活で、ヨーロッパ人と出会うまで、文字を知らなかった。
18世紀の終わりに西欧人が来て、1840年にイギリスの植民地になった。しかしその後土地をめぐる紛争でマオリ戦争が起こりマオリは負け、マオリ人口も減ってしまった。現在全人口の約15%である。

[9日目]ロトルア滞在

午前は「ワイマング地熱地帯」のハイキング
ワイマング渓谷にはタラウェラ火山の噴火によって多数の火口が出来ています。
ガイドさんが時折、地面に温度計を差し込むと50度以上もあり、川に差し込むと90度もあるという地熱地帯です。
そんなに熱いのに、植物は枯れることなく生え、75度位なら藻類も生えています。
大きなシダ類がめだちますが、いろいろな木をマオリの人々は薬として使いました。
↓ワイマング渓谷

Photo_42

↓眠っている火口湖           ↓湯気を出している火口湖

Photo_44Photo_45

↓藻類               ↓二酸化ケイ素によって形成されたテラス  
Photo_46Photo_47

↓昼食の牧場にはブドウがなっている    ↓古いミシンが置いてある 
Photo_48Photo_49

午後はロトルア博物館見学の後、水陸両用車(愛称ダックボート)に乗って2つの湖へ
↓博物館             ↓乗ったダックボートは陸を走るときは超遅い

Photo_50Photo_51

↓ドライバーさんは2時間ずっとしゃべりっ放しだが、英語が何もわからなかった
↓湖に入って浮かんで走ったが、湖岸で珍しそうに皆が見ていても、自分には見えないのが残念。

Photo_52Photo_53

↓バックミラーからちょっとだけ見えた

2

↓二つ目の湖              ↓マオリの人たちが泳いでいた

2_2Photo_54

[10日目・最終日] オークランドへ
オークランドはニュージーランドの人口の約1/3の130万人が住んでいます。

↓途中休憩したハントリーにはおおきな火力発電所がある。

Photo_55

↓市街地に50も残る死火山の1つ、マウント・イーデン(標高196m)の頂上から太平洋側とタスマン海側(オーストラリア側)が見えた。

Photo_57

スカイタワー(328m、東京タワーより5m低い)に夕方上った頃から霧雨が降り始めて、残念ながら視界が悪くなりました。
↓しかしながら192mからのバンジージャンプに挑戦した人を見ることが出来ました。
Photo_58

↓茶色の正方形が着地点

Photo_59

↓シドニーと同じ名前のハーバーブリッジ                                   ↓最後の晩餐はシーフード、豪華で美味しい

Photo_60 Photo_61

まあ、本当に長い紀行文?(紀行写真)になってしまいました。
食べ物はとても美味しかったのですが、私は鹿肉とラムは癖があってなじめませんでした。
バーベキューの牛肉は結構やわらかくて、しかも薄切りのサービスもあってなかなかです。野菜・果物が豊富なのもよかったです。

最後に宿泊したホテルがピンク色っぽく、その名もランデブー、しかしなかなか格式も高く、私にはそぐわないような感じもしました。

この会社を利用したのは3度目ですが、どれも添乗員さんが素晴らしかった。
添乗員さんの仕事は、かねがね凄い仕事と思っていましたが、24時間体制で(私の部屋で、天井から水が漏れ出して部屋を変わるために夜中に電話しました。今回はなかったけれど、病人が出て入院させていたこともあり))8~15日間働くわけです。年に海外に200日出ているという人もいます。
その体力に敬服。力もあります(13人分の600mlペットボトルをいつも担いでいましたし、飛行場では13人分のスーツケースを取り出してくれたのです)。
またどんななまりのある英語でも同時通訳でき(皆さん、語学の才能あり)、今回のように動植物・鉱物の専門用語も事前にたくさん勉強しています。電子辞書ですぐ調べて答えてくれます。
全員わけへだてなく、どんな人とも話ができ、遅れがちな人やいろいろな癖のある人でも決していやな顔をせず対応。自由時間は最も面白いところへ一緒に案内してくださる。
ホテル、レストラン、アクティビティの予約など煩雑な事務も速やかに携帯ですませる。地理、歴史の勉強はかなりのもの。体が丈夫が取り柄と皆さんおっしゃる。今回の方は3年目だとのことですが、もうベテランです。おまけにユーモアがあったのが楽しかった。
添乗員さんの支えでどうやら老体も元気に旅行できました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

|

« ニュージーランド紀行(5) | トップページ | ジョウビタキ  三井寺展 »

コメント

先住民のマオリはカヌーで
太平洋ポリネシア方面からやってきたそうですが、
日本人の源流の一つがポリネシアだという説もあります。

シーフードかなにかにそんな面影がありはしないか。
なんて考えると楽しいですね。

投稿: YUKI-arch | 2009年2月27日 (金) 07:14

★YUKI-archさま

マオリの航海術はとても優れていたそうですね。
日本の源流がポリネシアとすれば、マオリと親せきのような関係ですね。
航海術に関してはよくわからないですが、海に囲まれて、魚を多食するわが民族とポリネシア系の人々の共通点など調べていったら面白そうです。
わが民族のルーツは一体どうなのでしょうか?まだ決定打は出ていないのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年2月27日 (金) 08:19

旅行ガイドの仕事はホントに大変ですね。
お客様のことを考えると気の休まるときがない。
それだけにいいガイドと悪い?ガイドの差が大きい。tonaさんは大当たりでしたね。
そのせいか楽しい旅行記をありがとう。
私はもう行けないと思ってますが行った気分で拝見しました。

投稿: saheizi-inokori | 2009年2月27日 (金) 09:58

最終回と思うと名残惜しいです。

ロトルアはクイーンズ・タウンとはがらりと違う環境の地なのですね。
マオリの聖地ですか。日本のアイヌ民族もそうですが、
近年やっと先住民族の方々や文化が認められるようになってきて
よかったとつくづく思います。差別等まだまだあるのでしょうけれど。
地熱地帯で地上もそんなに暑いとはびっくり。
植物たちも当然違ってきますね。
寒さ知らずの土地は魅力的ですが、網戸もない部屋で
朝起きたら虫だらけというのはいやだなぁ…(笑)
蚊はいませんでしたか?(私にとっては大いなる問題)

最後のオークランドは大きな都市ですね。

いやぁ、決して大きな国ではないのに実に様々な表情を持つ国で
大いに楽しませていただきました。
添乗員さんにも恵まれてよかったですね。ほんと、添乗員さんは
すばらしい才能の固まりのような方々だと思います。
 
旅紀行、ありがとうございました。
 

投稿: ポージィ | 2009年2月27日 (金) 11:51

大自然とグルメを満喫した12日間の旅も、終わってみればあっという間ではなかったでしょうか。
きっと行ってよかったと思われたことと思います。
昔を思い出しながら旅行記を拝見さして頂きました。

木のない岩肌むきだしの岩山、スカイブルーの氷河湖、茶色っぽい草原、たまに見かける緑の牧草地はあるけど、男性的な南島に対して、緑も豊かな、何か日本の田園風景にも似観劇bた穏やかな景色のある北島。そう私は感じました。

Working Stayでホテルなどで働きながら、語学の勉強に来ている20台の若い日本人の男女にも沢山出会いました。感心!感激!
オークランドでは、日本とホームステイしながらお互いに交換留学している高校もありました。
土地の方たちと話をしていると、何か親日的な感じも受けました。
私にはそう感じられた旅でした。


投稿: 夢閑人 | 2009年2月27日 (金) 16:05

★saheizi-inokoriさま

この会社は添乗員さんがお醤油やドレッシングを持ってきてくれるのです。
1滴でもたらすと、日本人なので食欲が出ます。お料理がより美味しくなりました。
他でも時にありますが、ウェットテッシュも必ず配ってくれます。
ホテルに入るとすぐ部屋の点検に来てくれるし、これまたこの会社のやり方ですが、モーニングコールも添乗員さんがかけてくれます。
克明な旅の記録も翌日には絵入りで配ってくれます。写真は撮っても、植物の名前がわからなくなってしまったのに、彼女の絵でわかりました。
そう、大当たりでしたね。
旅行記全部読んでいただきありがとうございました。

投稿: tona | 2009年2月27日 (金) 20:21

★ポージィさま

名残まで惜しんでいただいて、長々と続けていたので飽き飽きされたのでは思っていましたところでしたので、とても嬉しいです。

マオリを私もアイヌ民族と重ね合わせました。歴史をみますと、オーストラリアのアヴォリジニはもっと悲惨だったと思いました。
マオリのトーテンポールのような彫刻が、アイヌの彫刻に似ているんです。
マオリの織物がアイヌ織のように女性たちによってずっと続けられてきたのも似ています。
蚊はいませんでした。レースのカーテン越しでも虫が入ってきたのにはまいりました。天井に張りついていて、顔には降ってこなかったのでよかったのですが。
またホテルの部屋を開けると、硫黄のにおいがして、箱根の大涌谷にいるようでした。
前が競馬場だったのですが、辺りに温泉が湧いているようでした。
この地帯一帯が地熱なので一層暑かったわけです。
添乗員さんはいろいろな才能と体力を持ち合わせないと出来ない、普通の人には出来ない仕事です。感動しました。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2009年2月27日 (金) 20:41

★夢閑人さま

ニュージーランドは夢閑人さんがいらっしゃったときと何も変わっていないことでしょうね。
そうなんです。もう帰るのと最後には言っていました。
自然の中に入って、そこでいろいろ楽しむやり方は鉄道が発達したスイスとはまた一味違ったものでした。
北島は残念ながら2つの都市の滞在にとどまりましたので、夢閑人さんがご覧になった風景はロトルア~オークランド間だけでした。
ウェリントンから国立公園をめぐって順番に旅するとまたいろいろな発見があったことでしょう。

行きの飛行機で隣に座った大学生は1ヵ月、ボランティア活動をすると言っていました。不安な英語の勉強を機内でも一所懸命やっていました。
そうそう、親日といえば、マウント・クックのハーミテッジホテルのオーナーは大の親日家で、納豆も大好きだということで、ご飯、味噌汁、漬物だけでなく納豆まで、バイキングのメニューに加えていました。
和食の店も他国より多く、美味しいです。
毎回丁寧にご拝読いただきありがとうございました。

投稿: tona | 2009年2月27日 (金) 20:56

tonaさん、おはようございます(^-^)
昨日は雨でしたので…じっくりと拝見させていただき…一日遊べました~♪(^-^)V
以前から「ポリネシア人」と「縄文人」の関係が気になっていました…

>日本の源流がポリネシアとすれば、マオリと親せきのような関係ですね…
人類は元を辿ると一つの種に行きつくと言いますから…可能性はありますね~♪

また「縄文人」が海流に乗って移動した(・・?)という説もあり、興味は尽きません…
卵が先かニワトリが先か(*^m^*)確証がありませんので解答もないのですが(^O^)
空想が膨らんで楽しい一日でした(*^m^*)有り難うございます…

「アガバンサス」も実家の庭で群生していましたが…みんな抜かれてしまいました…
母とは趣味が違いすぎます・゚・(ノД`)・゚・実家の庭は真冬状態です(;-_-) =3

私は南半球のお花たちが好きなので…大自然の中で会ってみたいと思っていました…
こんな環境の中で自然に還りたいと改めて思いました(*^m^*)有り難うございます…

投稿: orangepeko | 2009年2月28日 (土) 09:21

★orengepekoさま、おはようございます。

昨日は昼間だけ雪が降りました。初雪です。
今週はずっと雨で、梅雨のようでした。

昨日は日本人のルーツなどについて思いを馳せ、勉強された由、orangepekoさんの趣味の広さに敬服いたします。

アガパンサスは植える場所が広くないと植えられません。あの青がなんとも言えない色で、本当は庭にほしいところです。
お母様のお庭、広そうで咲いていたら素敵ですね。

南半球がお好きだそうで、ニュージーランドのお花もとてもよくご存じで、行かれたときのorngepekoさんの嬉しそうなお顔まで想像できます。チャンスが廻ってきたときに、オーストラリアとニュージーランドにまず行かれるんでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年2月28日 (土) 09:43

ニュージーランド紀行,楽しく読ませていただきました。何よりも自然がうつくしいと思いました。
いつも楽しく拝見しながら,最後に短いコメントだけでごめんなさい。
私まで旅行気分を満喫しました。ありがとうございます。

投稿: gaki | 2009年3月 1日 (日) 11:43

★gakiさま

長くなってしまって、恐縮です。
日本の歴史よりずっと浅いニュージーランドは、自然を満喫できるようにさまざまなアクティビティが用意されていて、老若男女それぞれが楽しむようにできています。
そのおかげで、日本ではしなかった数々の体験を自然の中でできました。
読んでいただきどうもありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月 1日 (日) 19:26

ニュージーランド紀行記
ありがとうございまいた。
各地の素晴らしい写真に
感動しました。
76歳まで生かされて海
外旅行に行ったのは、ハ
ワイ2回、グアム、台湾
北京だけです。
世界各地を紀行された
tonaさんの素晴らしい
生き方人生に敬意を表し
ています。

投稿: 老春 | 2009年3月 2日 (月) 10:40

★老春さま、こんばんは。

こちらにもコメントありがとうございました。
老春さまはグアムへいらっしゃったのですね。どんなところか想像がつきませんが、太平洋の光が燦々と輝いている島、昔戦争があったところかなという程度で未知の島です。
いつか聞かせてくださいね。

ほとんどヨーロッパしか行っていませんが、ニュージーランドは時差が少ないのでとても楽でした。古希までが限度でしょうね。

投稿: tona | 2009年3月 2日 (月) 20:34

ニュージーランドの旅紀行。
tonaさんの丁寧な説明や、画像で、未知の世界を見させていただきました。
驚くこと、珍しいことばかりです。

こうして、長期の海外旅行に出られるお元気さにも、感心しています。

読者への配慮がそこここに見え、tonaさんの几帳面さには、頭が下がります。
ありがとうございました。

投稿: anikobe | 2009年3月 3日 (火) 19:43

★anikobeさま

こんばんは。
旅行記を読んでいただきありがとうございました。
驚かれること、珍しいことがおありでしたか。
古い歴史のある国々とは違ったニュージーランドは自然は本当に美しかったです。
これこそ桃源郷とも言えるかもしれませんね。
振り返って日本を眺めますと、神社仏閣、茶道、華道、書道などの~道、古来の伝統などとても豊かで、子孫のためにも大切にしていかなくてはの思いを強くしました。
また食べ物は世界1美味しいですね。ありがたくその恵みをかみしめて一生を終えたいなどと考えたりした旅でした。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月 3日 (火) 20:29

ニュージランド紀行(6)拝見しました。日焼け止め塗らないとメガネザルとは面白いですね。こういう土地に住んでいる方たちはどうなのでしょうね。天井にびっしり虫とは驚きです。
この土地にもやはり先住民がいて、戦争があったとか。地球上どこでも似たようなことがあったのですね。
地熱90度ですか?いやはや!
バンジージャンプ、お話聞いたり写真を見ただけでぞーっとしてしまいます。
をれにしても、いい添乗員さんに恵まれよかったですね。旅行が楽しくなるかどうかは、いつにかかって添乗員さん次第ですから。
楽しいニュージランド紀行を拝見して、行ってみたくなりました。

投稿: 茂彦 | 2009年3月 5日 (木) 17:56

★茂彦さま

眼鏡をかけているところだけ焼けないのです。サングラスではないのに、不思議ですね。眼鏡は紫外線を通さないのでしょうか。

朝になって目が覚めたら、虫が顔に落ちないか心配でしたが、そんこともなかったです。

今はマオリの人々の一部は自分たちの文化を伝えようと、そのような仕事に従事しています。
バンジージャンプは見ている方も恐いすが、挑戦する人は気持ちいいものなのでしょうか。
おっしゃる通り、旅の良し悪しは添乗員次第です。
チャンスがありましたら是非お出かけになってください。時差が少ないし、ゆったりコースでしたら、全然疲れません。夏とはいえ、ロトルア以外は涼しいです。
ずっと丁寧に読んでいただき、それぞれにコメントをいただきありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月 5日 (木) 19:44

 こんにちは。
 遅くなってしまいましたが、ニュージーランド旅行記、じっくりと楽しませていただきました。
 何しろ、写真がどれもこれもステキで、あこがれの国、でも遠い国、ニュージーランドを、tonaさんの目を通して、身近に感じることができました。

 それにしても、最高のコンデションで絶景や星空を見られたり、いろいろめずらしいことに遭遇したり、tonaさんはとても運がいいですね。
 tonaさんの、何でも見てやろう、体験してやろう、という気持ちが通じるのだと思います。

 どれもこれも印象深いですが、個人的には、やはりテカポ湖の教会、ツチボタルや飛べない鳥などのめずらしい動植物が心に残りました。

 すばらしい旅行記、ありがとうございます。

投稿: Nora | 2009年3月16日 (月) 12:58

★Noraさま

全部読んでいただきありがとうございました。
今回はこのツアーを選んだのと、お天気に恵まれたこと、添乗員さんがよかったことと、とても運がよかったです。
2度と行けないですからね。

デカポ湖の「善き羊飼いの教会」なのですが、内側から撮った写真が夫の中に見つかりまして、Noraさんにお見せしたいのですが、写真なのでURLに貼り付けられなくて残念です。
小さな十字架が外の景色と一体化して。

私もニュージーランド固有の動植物に目が行ってしまいました。
いつか行かれる時にニュージーランドの雰囲気を思い出していただければ嬉しいです。

投稿: tona | 2009年3月16日 (月) 18:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/44184559

この記事へのトラックバック一覧です: ニュージーランド紀行(6):

« ニュージーランド紀行(5) | トップページ | ジョウビタキ  三井寺展 »