« 富士塚 | トップページ | 小学生に声かけられて »

2009年3月31日 (火)

『十六夜日記』の著者・阿佛尼 

近所にキブシを見つけました。かなり長い間咲き続けています。

Photo

↓テッセンの1種アーマンディー  ↓園芸種の小さいテッセン 近くの家のです

Photo_2 Photo_3

『十六夜日記』 阿佛尼著 玉井幸助校訂

ネットの友人が紹介してくださったのを読んでみました。
京から鎌倉へ下るに至った事情や、実際の旅を歌で綴り、到着してから京都の知人との贈答の和歌を綴った日記で、下った目的やそうさせた彼女の性格がとても興味深い。
道中の景色より、離れた都を偲んでいる歌が印象的で、とてもいい歌です。

阿佛尼は父が伝わっていない子供3人を生み、その後、俊成・定家・為家と続いた歌学の伝統ある家の、為家の後妻(同棲)になって2児為相、為守を生んだ人である。
その子供為相が冷泉家の祖となった人である。夫為家はすでに70歳くらいだった。
阿佛尼は為家の正妻の子、為氏と対抗して、老夫為家を操って自家の名声を挙げることに腐心した、と為氏の弟が伝えている。
為家が亡くなると、13歳と11歳を抱えて寡婦となった阿佛尼は歌の家を為相に伝えたいと焦慮した。
一方経済的なことから、播磨の国細川の荘は、為家が生前に我が子為相に与えると遺言したとして為氏の押領を朝廷に訴えた。しかし解決がつかず、鎌倉の裁きを受けようとして弘安2年(1279)に鎌倉に下った。しかし鎌倉においても解決はつかなくて、滞在中に没したと鎌倉英勝寺に阿佛卵塔と称する墓があるが、実際は京都に帰って亡くなった。

玉井幸助氏の解説によれば
彼女は頗る頭のよい学者的な人であり、自信の強い人であり、名誉心の強い人であり、見識ぶった人であった事が知られる。冷静な理知と強い感情と執拗な意地とを併せ備えたしっかりものであったように思われる。母として子女の教育を托するに足るしっかりした婦人であったと。

平安朝の女流歌人とは違った、強いとも言える鎌倉時代のこの女性の生き方が伝わってきて解説が面白い本でした。
それにしてもあんな昔、東海道を旅する費用、鎌倉に滞在する費用、正式結婚をしないで出来た5人の子供を育てる費用の捻出にはどのようなからくりがあったのでしょうか。現代から考えるとどうも想像も及びません。
クリントンやサッチャーのような強い女性は今なればこそ出現というのは偏った考えで、古今東西、政治に口を挟んだ女性も数知れず、室町・鎌倉にも日野富子や北条正子がいました。
阿佛尼のような女性がいても不思議ではなく、こんな形で私の前に現われたことがとても得した気分でした。

|

« 富士塚 | トップページ | 小学生に声かけられて »

コメント

キブシ、アーマンディー、テッセン・・
いずれも白亜色で、清楚なおもむきがありますね。

阿佛尼を重ねて思い浮かべるとき、
孤高の人の存在感も花を通して伝わってきます。

投稿: YUKI-arch | 2009年3月31日 (火) 22:54

「十六夜日記」老春には遠い存在ですが、
ブログを良く読んでみると、なるほどと
頷き知識を広めることが出来ました。
ありがとうございました。
キブシ始めて見ました。アーマンディー
の花も綺麗でした。

投稿: 老春 | 2009年4月 1日 (水) 05:37

★YUKI-archさま

普通のテッセンに先駆けて咲くこの種は、本当に清楚な感じですね。
阿佛尼の孤高の存在をこの花に重ねてご覧くださったこと、ありがたく、また、古典を読みこなしていらっしゃるが故と、私も折に触れ、踏み込んでいきたいと思いました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月 1日 (水) 08:13

★老春さま

私も「十六夜日記」は文学史の教科書でタイトルを覚えた以来です。50年以上の歳月が流れました。

キブシは北海道にもあるそうです。咲いてもまだ先のことなのでしょうね。
アーマンディーはつる性のようで、垣根をどこまでも這い上がってきれいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月 1日 (水) 08:21

夕べも落語を聴いた後のカフエ談義で紫式部の実像について花が咲きました。ミステリーですね。

投稿: saheizi-inokori | 2009年4月 1日 (水) 09:28

見事なキブシですね。地味な幹事の花なのに、
どこか華やかさも秘めているように感じられるのは、
この花の形がかんざしを思い起こさせるからでしょうか。
アーマンディーは常緑でいい香りがするのでしたっけ??
真っ白な花が清楚で素適ですね。園芸種の小さなテッセン
というのも見たことがありませんが可愛いですね。

さてさて、今日の「十六夜日記」。このタイトルも知りませんし
登場する人物という人物、恥ずかしながら全然しりませんでした。
歌は目にしたことがあるのかしら???
こうしてその人の歩んだ人生を知ると、ただ詠まれた歌を
読むだけよりも、ずっと深みを増し、人物が生き始める気がしますね。
 

投稿: ポージィ | 2009年4月 1日 (水) 15:04

★saheizi-inokoriさま

昨年は源氏物語1000年紀で、紫式部も脚光を浴びましたね。
さて、花が咲いたという紫式部の実像はどんなだったのでしょう!
小さい頃読んだ紫式部の伝記では凄く記憶力が良くて兄を追い越したというもの、最近は宮中で最初みなと同調できず、引きこもりで休んでしまったことぐらいしかわかりません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月 1日 (水) 15:37

★ポージィさま

言われてみますと、かんざしのようですね。
後から出てくる葉が桜の葉に似ているそうで、この後ちゃんと確かめたいです。こんなこともメモしておかないと忘れそうです。
アーマンディ、そうです。いい香りがします。とても強く、越冬もし、繁殖力旺盛です。
園芸種のは最近買ったそうで、言われても、テッセンとはわかりませんでした。

「十六夜日記」は日本文学史に昔はほんのちょっと出てくる本でした。
全部で306首和歌が伝わっているそうですが、私は1首も目にしたことはありません。
こんな気丈な人が旅の途中、心細さも手伝って、京都を想ったり、子供を想ったりしている歌がなかなかいいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月 1日 (水) 15:59

キブシやアーマンディーは、初めて見た様な気がします。
でもキブシはどこかで見かけてるようなんですけど
思い違いかもしれませんね^^;
今回は白で揃えましたね。
同じ白でも、微妙に色が違っててとてもきれいです。
特にアーマンディーはテッセンの仲間とは思えないような花ですね。

投稿: pochiko | 2009年4月 2日 (木) 22:48

★pochikoさま、おはようございます。

キブシはご覧になっていると思います。
北海道から九州まで自生しているそうですから、きっとちょっと山に踏み込んだあたりで見かけたのではありませんか。
淡黄色の花序をたらしていますが、木によって長短があるようです。

アーマンデーはこれがテッセンと思わせるのは垣根にからみついていくところですね。
私もわからなくて教えていただいたのですが、でもとてもテッセンとは思えません。この白は際立っています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月 3日 (金) 07:59

こんにちは(^-^)
今日も良いお花日和~♪
買い物ついでに「サクラ」を眺めてきましたヽ('-'*)~♪

「キブシ」も先日見てきました~♪小さくて可愛いお花ですね~♪

「アーマンディ」は「クレマチス」の原種系ですね~♪
わが家の「「カトルマニー‘ジョー’」と葉以外は良く似ています~♪
まだ見たことがないのですよ(^^;「カトルマニー‘ジョー’」も原種系です…
わが家の子はもう少ししたら咲くようですヽ('-'*)~♪

投稿: orangepeko | 2009年4月 3日 (金) 12:19

★orangepekoさん、こんにちは。

今日は本当に良いお天気で、風もなく穏やかな1日でした。
私も桜を見に往復1時間半歩きました。川沿いの道は結構咲いているのに、近所はまだ全然咲いてないで、こんな調子で、都内でも満開に近いところと隅田川沿いのように全然咲いてないところと、不思議な咲き方の今年です。

キブシですが昨年までなぜ気がつかなかったのかと思うところに咲いているのでした。可愛いですね。

「アーマンディ」はorangepoekoさんの教えていただいたのです。クレマチスの原種系なのですか。もう1つの原種系「カトルマニー‘ジョー’」がもうすぐ咲くのですね。
どんなでしょうかと、今orangepekoさんのガーデンで見てきました。似ていますね。咲いたら素敵ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月 3日 (金) 16:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/44525031

この記事へのトラックバック一覧です: 『十六夜日記』の著者・阿佛尼 :

« 富士塚 | トップページ | 小学生に声かけられて »