« 関裕二著 『藤原氏の正体』 | トップページ | 巨樹探訪 »

2009年3月22日 (日)

過剰広告

↓こんな可愛い立て看板ならいいけれど

Photo 天草下島の五和町には「屋外広告物禁止地域」の標識が立っていて、全然このあたりには広告物が見当たらないと椎名誠が『大漁旗ぶるぶる乱風編』に書いています。

●道路沿いのやたらと広告が並んでいる。
●建物を利用した看板広告
●野立ての看板広告(立て看板)
●旗指し物風の広告
●家の壁などに打ち付けてある小さな金物で作られた広告などなど。
欧米のいろんな国と比べると、無統制、無規制に近い状態類が乱立している。
それらの集積が町や田舎に風景をものすごく汚いものに見せている。

日本の街並みもそうです。全国各地の家並みがそれぞれの地域の特徴で統一されていたら・・・
電線が全部地中に潜っていたら・・・
どれもこれも絶望的だけれども、せめて広告だけは五和町のようになっていかないものでしょうか。
安倍元総理の美しい日本の国造りは殆ど実績がないまま沈没してしまいました。

Photo_2 Photo_3
JR相模線の寒川駅の改札入った所の椅子8脚にはふかふかの座布団が置かれていました。
トイレには暖簾がかけられて、時々変えられています。駅長さんの心入れでしょうか。温かみを感じました。
この駅から墓所までは25分、ハボタンや菜の花畑はあるものの、とてもきれいとは言えない道筋です。東京より近い富士山の眺望も鉄塔が邪魔をしていました。

Photo_4 Photo_5

茅ヶ崎の親戚にはこの頃タヌキが庭に出没して怖いそうです。お正月の大学駅伝のコースの海岸道路には、最近鹿が出るので、注意の看板が立っているそうです。

|

« 関裕二著 『藤原氏の正体』 | トップページ | 巨樹探訪 »

コメント

「もういいかい」「まあだだよ」
の可愛い広告に笑みがこぼれまし
た。過剰広告も目につく今日この
頃です。迷惑広告もあります。
何事にも「迷惑」は避けたいもの
です。

投稿: 老春 | 2009年3月23日 (月) 05:30

JR相模線沿線は、「眺望を鉄塔が邪魔した」とか、景観を壊すムキ出しの建造物が多くありますね。
残念なことです。
寒川神社へ行かれると、整然とした空間が広がり、
きっと気に入られると思います。

投稿: YUKI-arch | 2009年3月23日 (月) 07:34

★老春さま

この広告は居酒屋の前で時刻は午後4時半ごろ通った時です。
手書きのような丸い柔らかな文字もいいですね。
過剰、そして迷惑な広告も多いですね。
景観、美観を全然考えない、自分のことだけ考える利己的な現れです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月23日 (月) 08:43

★YUKI-archさま

相模線は丹沢山系や大山、やがて富士山が見えてくる開けた眺望がなかなかなのですが、駅周辺などの建造物がとても目障りです。

寒川神社は茅ヶ崎に住んでいたころはお正月にお参りしていました。
とても混雑していました。子供の七五三もここでした。今も変わらないことでしょうね。

ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月23日 (月) 08:46

ハワイなんて随分ご無沙汰ですが、あそこの気持ちの良さには広告が見当たらないということもありますね。
千葉にいる頃、森と言う今法務大臣をやってる男(千葉出身)に房総南端を広告のない半島にしたらどうかと提案したことがあります。
代議士にどうこう出来ることでもないのは承知でしたが。

投稿: saheizi-inokori | 2009年3月23日 (月) 14:07

ただ「準備中」より、木製で「もういいかい まあだだよ」なんて、
こんな看板があったら心が和んで待つのも苦にならなくなりそうですね。
それぞれが、調和や景観とのバランスなどを考えた看板にしたら、
もう少し見栄えもよくなるかもしれませんね。
現在の看板は、とにかく自分とこをいちばん
目立たせ
なくっちゃ!という目的のものが多いですものね。

これから、電線の地中化が推進されるのでしたっけ?
せめて電線・電柱がなくなるだけでも相当すっきりするでしょう
けれど、日本中の電線が地中化されるのは彫るか遠い将来ですね。
 

投稿: ポージィ | 2009年3月23日 (月) 14:20

★saheizi-inokoriさま

ハワイもそうでした。広告が見当たりませんでした。成田に到着して乗り換えると、うんざりしますね。
そのうちあきらめて慣れてしまうのですけれど。
森法務大臣が凄い提案をしたのですね。
せめて新幹線など東京圏から離れていく路線の畑などの中から撤去されるといいなあと願います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月23日 (月) 16:19

★ポージィさま

この看板を見ると思わずにこにこしてしまい、気に入っています。
景観を考えて、見過ごしてしまいそうな控えめの看板にして欲しいです。
大体は目に不自由しなくて、字が読めるのですから、少なめの看板に一所懸命目を凝らすことがあってもいいのではと思ってしまいます。
日本人の資質の問題でしょうか。
外国の見事なまでの徹底した美化感覚は、日本と差がありすぎて、ショックを受けた最大のものでした。
電線の地中化はもう絶望的でしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月23日 (月) 16:30

tonaさん、今晩は。

この看板、暖かいですね。

町全体を美しいものにしようとするには、今からでは難しいでしょうね。
ここ広島では、街中のひと区画が、すごい年数をかけて、再開発したようです。
住民を移転させておいて、皆さんの土地を少しずつ出してもらって、歩道や何かを作って、高さや色も統一して、広島へ来た時の2年間広島女性トォーキングという活動を市からの募集でした時に見学しました。
中には数件最後まで反対して、結局家ごと引っ張ってずらしたり、それはそれは年月やらお金やらすごいものがかかってるようですが、きれいな街並みです。
新しい感じの美しさです。
古い街並みが好きですが。

投稿: もみじママ | 2009年3月23日 (月) 22:52

お久しぶりです。
松山の町のある道を通ると、何かごちゃごちゃしてるな~っていつも感じてたんだけど、やっと分かりました。
広告が多いのですよ!
建物を利用したでっかい看板広告です。
あれは逆効果じゃなかろうか?(笑)
でもね~、古い建物によく打ち付けられてる金物で作られた広告、これは好きです。
レトロ感漂ってて、あればっか集めたいくらい。
それと幟旗っていうんですかね
商店が集まってる場所によくあるやつ。
あれ、苦手です。
風の強い日、ボンヤリ歩いてると何度もまとわりつかれます(涙)
あぁ、またとりとめのない話をしてしまいました。

投稿: ちょびママ | 2009年3月23日 (月) 23:07

森さんが、じゃないのです。私が森に、です^^。

投稿: saheizi-inokori | 2009年3月24日 (火) 07:40

★もみじママさま、おはようございます。

そんな凄い街並みを作ったのですか。
まずは住民を引っ越しさせてというのにはびっくりです。
その意気込み、情熱が並みではありませんね。
今でも見学に来る方もいらっしゃるのでしょうね。
古い街並み保存もすごくお金がかかるそうですが、それがないときは、そのお金をこのように使うのは有意義ですね。
こんな町がこれから出てきそうもないような気がします。
とてもよいお話をありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月24日 (火) 08:04

★ちょびママさま

東京も広告のひしめく汚い街ががいっぱいです。こんなのまで広告しなくてもいいのではないかと思うのまでびっしりです。
建物全体のも最悪ですね。
道路に出っ張った立看や幟旗は歩行に迷惑ですね。
意識改革でこんなのをなくしたいですが、自治体の規制を期待するしかないでしょうか。

古い建物に打ち込まれたのは私も好きです。老舗の看板では1番ですね。ますますレトロ嗜好になっていきそうです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月24日 (火) 08:21

★saheizi-inokoriさま

間違えて失礼しました。
思わず自分の頭を叩いたのですが・・おちょこちょいなんていうものではありませんね。
不愉快な思いをさせてすみませんでした。
佐平次さんが森さんに提言されたなんて!!

投稿: tona | 2009年3月24日 (火) 08:27

tonaさん、おはようございます(^-^)
「広告」で最近気になるのは…公共の「バス」全面に施されたもの…(>_<)
汚い!なんてものではありません(;-_-) =3
金さえ入れば何でもOK!なのか!と怒りさえ感じます(^O^)
ポリシーなさ過ぎ!個人の車両にも時々見られます…
以前知り合いから声をかけられましたが…断りました(*^m^*)

電線も邪魔ですね(^^;…良い景色に入り込まれると…ガッカリしますね…

「看板」は「広告」とは違うのでは(・・?)
江戸時代のは木彫りだったり彫金だったり、シックで手がかかっていますね…
カラーも今のように様々入っていなくて…カラートーンも景観に併せてあるように
感じますので違和感がないのかも(・・?)
自然も景観も昔には返りませんね…(^^;

投稿: orangepeko | 2009年3月24日 (火) 09:07

★orangepekoさま、こんばんは。

看板と広告を引いてみますと、
広告は宣伝のためにマスメディアや乗り物やネット上を使い、看板は宣伝広告のために使われる板状の物体とありました。
椎名さんはちゃんと看板広告と書いていますね。
野立ての看板(立て看板)はその手段の1つですね。
お陰様で認識いたしました。ありがとうございます。
江戸時代のは絵などで見られます。明治以後のも、この辺では江戸建物園や博物館しかお目にかかれなくなってきました。
欧州の鋳物の看板も古いのがそのまま使われていて、職業がわかり素敵です。
電線もせっかくの美しい景色を台無しにします。時代劇は美しいです。

バスや電車のには驚きますね。広告に関してはお金の問題で、どんなに景観を乱そうがおかまいなしでさらに拍車をかけて、当たり前になって美観にはもう無関心になっているのが、情けないというか、悲しくなるほどです。
おっしゃるようにもう絶対に昔には帰らないのでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月24日 (火) 19:58

木の板に、温かみのある丸っこい字。
なかなかユーモア溢れる看板。心が和みます。
こんな店ならちょいと覗きたくなります。

昔、砂利道の横の家の板壁に、埃にまみれた琺瑯びきの看板が打ち付けてある。
「たばこ」と書いた看板が店の軒先にぶら下がっている。
こんなレトロな看板は、郷愁を感じる。

でも、街中は、種々雑多な看板が、無秩序に
並べられ、景観を害している。中でも広告看板となると、派手なものも多く、夜ともなればネオンで人目を引く。
必要以外のものがなくなれば、どんなにスッキリすることだろう。
電柱にはぶらさげたもの、貼り付けたものなど、放置されたものも多い。
人間の良識は何処へ行ったのでしょう

この頃、家の周りの空き地には、次々と家が建てられ、電柱が無秩序に立てられ、電線が
空中を這い周る。
地中に埋めればスッキリするのは間違いないだろうが、かなりのコストがかかり、そう簡単にはいかないだろうと思います。
確かに自然の景観の中の電線は邪魔です。

神戸でもタヌキが住宅地に出没するニュースを見ました。結局は心無い人間の餌付けとか、開発などが招いた結果でもある。
彼らも生きるのに必死なのだ。
何処でも共存を模索している。お互いに楽しく生きられるようにするのが、人間の務めでもあると思います。

投稿: 夢閑人 | 2009年3月24日 (火) 21:11

「もういいかい」「まあだだよ」って、開店準備中なんでしょうね。
ちょっと気が利いてますよね^^
こちらで笑えたのは、ゴミを捨てるヤツは天罰がくだる。ってのがありましたよ。
普通と違うロゴだったりすると目につきやすいですね。
でも過剰なのは困りものですよね。

投稿: pochiko | 2009年3月25日 (水) 00:50

★夢閑人さま

この看板のお店は居酒屋さんで、私ひとりでは入れませんが、1度覗きたくなりますね。

琺瑯びきの「たばこ」の看板、なかなかですね。銅板とか鋳物などもレトロでいいです。日本も西欧のように、固有の古きよきものを捨てないで残してほしいです。

夜のネオンもありましたね。昼間つかないネオンもきれいとは言えず、夜輝いても全然美しくありませんし、資源の無駄遣いですね。
そうそう、電柱も汚らしいですね。そこまで広告しなくてもと言いたいです。

今朝テレビで名古屋は地震対策で密集している駅付近の電線の地中化をしたいのに、国はかけ離れた1区域をしていて、その負担金を求められているとのレポートがありました。
膨大なお金がかかるようで、私が生きているうちは電線を眺めて暮すようです。
せめて美しいと言われる景観地だけでも地中化されればと願います。

タヌキってとても獣臭くて飼うことはできませんね。そんな人がいたのでしょうか、それとも丹沢や箱根の山辺りからだんだん降りてきたのでしょうか。以前その庭にアライグマが出ましたがこれは完全に飼育放棄のようでした。凶暴で怖かったと亡母が言っていました。人間は田畑や果物畑も持っていて、鹿や猿との争いもあって、難しい問題ですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月25日 (水) 08:38

★pochikoさま

居酒屋さんの開店準備中の看板です。
この丸っこい文字と木の板に緊張して歩いている時も、心がほっとします。
お店のご主人がどんな人か覗いてみたくなります。
>「ゴミを捨てるヤツは天罰がくだる」
捨てる時ぎょっとしますね。
それでも平気な人はいるでしょうし、きっとどこかで天罰を受けているでしょう。
とても気に入りました。世の中ユーモアや温かみのあるロゴがちらちらとある程度でいいと思うのですが、ますます看板広告は増え、もう耐えられないような汚さですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月25日 (水) 08:45

お久しぶりです^^
ず~っと以前に、落書きをしないで下さい、というお願いの紙が通勤路にあったのですが、数日たつと、「ボクもそう思う」ということばが書き加えられていました。
思わず笑ってしまいました。

投稿: otayori | 2009年3月28日 (土) 00:04

★otayoriさま、おはようございます。

面白いエピソードに朝から楽しくなりました。ユーモアのある行為といえましょうか。
心なき人の落書きが、地下道やガード下や渋谷近くの電車沿線などに汚らしい光景をつくっています。街が貧相な様相を呈していやですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年3月28日 (土) 08:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/44432771

この記事へのトラックバック一覧です: 過剰広告:

« 関裕二著 『藤原氏の正体』 | トップページ | 巨樹探訪 »