« 西新井大師の牡丹 | トップページ | 立川フラメンコ »

2009年4月29日 (水)

甲斐武田の里(4/19)

Photo_16 童謡「花かげ」

十五夜お月様 一人ぼち
桜吹雪の 花かげに
花嫁姿の お姉さま
車にゆられて 行きました

十五夜お月様 見てたでしょう
桜吹雪の 花かげに
花嫁姿の 姉さまと
お別れ惜しんで 泣きました

十五夜お月様 一人ぼち
桜吹雪の 花かげに
遠いお里の お姉さま
私は一人 なりました

Photo_17 説明板にあるように、「花かげ」は山梨県の塩山駅から行く、塩ノ山南麓の向嶽寺の境内に関係があります。
郷土の詩人大村主計が少年の頃、このお寺の桜並木を通って姉が嫁入りする後姿を涙ながらに見送った体験を詩にした歌です。幼い妹が歌った女性の作かと勘違いしていました。「瀬戸の花嫁」とは時代の違いです。
その向嶽寺の桜がもう散っていたので取り忘れました。
↓お寺から登った塩ノ山の山頂からの眺め、富士山がうっすらっと。

Photo_18

↓山にはオトコヨウゾメ(スイカズラ科)とヤマツツジがあちこちに咲いています。
オトコヨウゾメを「男用済み」と話題にする人が多い。

Photo_19

Photo_20 Photo_21

↓サワフタギ(ハイノキ科)か?
Photo_22

↓吉祥寺の枝垂桜
↓雲峰寺のエドヒガンザクラ 樹齢700年 樹高21.5m 幹周り5m
Photo_24 Photo_25

↓乾徳公園

1

2 Photo_26

↓洞雲寺は石像だらけ

1_2

Photo_28

Photo_29 Photo_30

Photo_31 Photo_32

Photo_33 Photo_34

↓膝立の天王桜 県指定天然記念物

Photo_35

|

« 西新井大師の牡丹 | トップページ | 立川フラメンコ »

コメント

塩山は子どもの頃よく行った日下部(山梨市)の近くなのに一度も行ったことがないです。
昔は大人が連れて行ってくれない限り遠くには行けなかったのですね。だから身の周りのものが大きく見えたのかな。

投稿: saheizi-inokori | 2009年4月29日 (水) 08:59

★saheizi-inokoriさま、こんにちは。

地図で見ましたら、塩山と山梨市はすぐ近くですね。
塩山には温泉もありますね。
確かに子どもの頃は遠くへは、いえ、近くさえも行っていません。吉見の百穴の近くに疎開していたのに、未だに見るのが叶いません。今住んでいたところに行ったらこんな狭い範囲で動き回っていたんだと驚くことでしょう。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月29日 (水) 16:57

童謡「花かげ」懐かしく思い出しながら
味あわせていただきました。
「友情の石ふみ」に感動しました。
洞雲寺の石造の見事さに圧倒されました。
乾徳内の桜と吉祥寺枝たれ桜にそれぞれの
美しさがありました。
膝立の天王桜にも魅せられました。
塩の山山頂からの富士山の眺めは抜群の
眺望でした。
甲斐武田の里を一人旅しているような錯覚
でした。
ありがとうございました。

投稿: 老春 | 2009年4月30日 (木) 07:17

★老春さま、こんばんは。

童謡「花かげ」にもちゃんと実話があったなんて驚きました。
気が付くとこの歌を歌っています。いい歌ですね。
洞雲寺の石像にはいろいろあったので感心してしまいました。
富士山はもう春なので冬のようにすっきりとは見えませんが、甲斐から見るのもまた様子が変わっていていいものです。
この時期、最後の桜でした。もう咲き終わってしまったのもあってがっかりした所もあったのですよ。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月30日 (木) 21:45

「花かげ」、十五夜お月さんと習ったものと一緒なのでしょうか?

いろんな枝垂れ桜、きれいでしたね。

石像も、立ってるもの、座ってるもの、また、横になってるもの、本当にいろいろあるのですね。

富士さんも見えて、いいところですね。

投稿: もみじママ | 2009年5月 3日 (日) 22:54

サワフタギの花型は
鋭角な形をしながら、しなやかに感じますね。
発見の旅で
出会う花や文物を楽しませてもらっています。

行けない、行ってないところばかりですから、
参考にしますね。

投稿: YUKI-arch | 2009年5月 4日 (月) 07:52

tonaさん、おはようございます。
GW…といっても私は関係ないのですが(*^m^*)半分過ぎてしまいましたね…

高速はどこも渋滞で大変なようですね…後で利用料の差額が税金で補填されるようですが…
昔は新幹線が大変でしたが(^^;、今年は少しは緩和されたのでしょうか(・・?)

最後の春を甲斐路で楽しんで来られたのですね~♪
童謡「花かげ」はメロディを聞いたら…聞いたことがあるような気がします~♪(^-^)V
何処で聞いたのでしょうね(・・?)童謡だとは思っていませんでした(^^;

ところでNo.19・No.20は同じ花でしょうか(・・?)

投稿: orangepeko | 2009年5月 5日 (火) 08:13

★もみじママさま

そうですね。私も「十五夜お月さん」という題名と思いこんでいたら「花かげ」という題名でした。桜の咲く頃のお姉さんの嫁入りだったのですね。童謡はいくつになっても安らぎを与えてくれます。
このお寺は石像がトレードマークなのでしょうか、微笑ましいのまでいろいろ揃っていました。
さすが山梨県、富士山が近くにあちこち見られました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月 5日 (火) 09:03

★YUKI-arachさま

本当にそうです。サワフタギはふわふわっとしたやわらかさを感じました。白が山でとても目立ちます。
日本も広いものです。今までほとんど行っていませんでした。
毎日発見もいろいろあるのですが、怠けていて、全部通り抜けているこのごろです。
それも由とします。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月 5日 (火) 09:12

★orangepekoさま、おはようございます。

新幹線、GWでも少しは緩和されてされているのでしょうね。切符買いも当日でも大丈夫なことがあります。
私はいつも大渋滞の映像を観てお気の毒にとテレビの前で叫んでおります。

この古い童謡ご存知でしたか。
童謡も時代によって随分違いますからね。NHKで童謡をやっていまして懐かしいです。CDも少し買い込みました。

はい、No19 No20は同じです。私のカメラでは小さい花が撮れないので、見にくくてすみません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月 5日 (火) 09:24

こんにちは、ご無沙汰しました(^^)
映画のお話や、見頃の牡丹の花たちも楽しく拝見しました。
この記事の甲斐武田の里も見どころ満点ですね。

乾徳公園のごつい石と水車、茅葺屋根の家とピンクの花の
風景のお写真がとてもすてきです。郷愁のようでもあり、
それともちょっと違う別の心情のようでもあり、何か不思議な
温もりと寂しさが混じりあったような気持ちを掻き立てられました。
洞雲寺のたくさんの石像には圧倒されますね。
人々の思いがたくさん集まっていそうです。あばらが浮き上がったような座仏の像にはドッキリしました。
こんな痩身ガリガリの仏像は初めて拝見しました。 

投稿: ポージィ | 2009年5月 7日 (木) 10:51

★ポージィさま、こんばんは。

お返事遅くなってすみませんでした。
お読みくださってありがとうございました。
春休みゆっくりお休みできましたでしょうね。
乾徳公園は桜の季節が最高のようです。

洞雲寺のご住職は石像が好きなのでしょうか。どれもなかなかでした。
ガリガリの御釈迦さまは悟りを開くまで断食して修行したので痩せてしまったそうです。
水子地蔵もこのところあちこちで見かけますが、特に母親の悲しみがお地蔵さまに籠められているよで悲しげでもあります。
五百羅漢のような石像が好きです。

甲斐武田の地は枝垂れ桜が多くて、どこもそうでしょうが、桜の季節は桃と一緒に訪れる人が多いらしいです。


投稿: tona | 2009年5月 9日 (土) 21:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/44826638

この記事へのトラックバック一覧です: 甲斐武田の里(4/19):

« 西新井大師の牡丹 | トップページ | 立川フラメンコ »