« 『びっくり先進国ドイツ』熊谷徹著 | トップページ | 春の文学散歩(その1) 小石川・本郷 »

2009年4月18日 (土)

イチリンソウ

4月16日の植物観察会はまた所沢でした。

ちょっとした林内のイチリンソウ(キンポウゲ科)の群落です。
ニリンソウより大きく直径4cmくらいあるでしょうか。夏の終わりに咲くキツネノカミソリの葉とまざって咲いていました。
1

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

茎葉の間から3本柄を出して3つの花を咲かせているニリンソウ(ピンボケで見にくいですね)
別にサンリンソウというのもあるそうです。
イチリンソウとニリンソウの葉の違いがやっとわかりました。

3

フデリンドウ(リンドウ科)、春に咲くリンドウで花が筆の穂先に似ているとか。美しい色と形をした花です。
Photo_6

セリバヒエンソウの群落もありました。
Photo_7

ウワミズザクラ(バラ科)も満開です。

Photo_8

ハナズオウ(マメ科)の畑。濃淡2種類のハナズオウとシロバナハナズオウ

Photo_9

|

« 『びっくり先進国ドイツ』熊谷徹著 | トップページ | 春の文学散歩(その1) 小石川・本郷 »

コメント

植物の観察会で、tonaさんは、いろんな花のご紹介をしていただき嬉しいです。

今日の花の中で、私も、今日見てきたのがありました。
「ウワズミザクラ」です。
サクラとついているので、最初「ウスズミ」と早とちりして、「えっ!」って思いおかしいなぁと、名札を見て、自分の慌て者に、呆れてしまいました。
バラ科って書いてありました。
初めて見た花木でした。近くUPしたいと思っています。
ありがとうございました。

投稿: anikobe | 2009年4月18日 (土) 21:50

おはようございます。
「イチリンソウ」と「ニリンソウ」同時に見られて良かったですね~♪

「セリバヒエンソウ」も群生していて羨ましいです~♪ある処にはあるのですね(^^;
こちらでは見かけるとがありません…尤も私の行動半径ではですが(*^m^*)

いろんなお花たちが咲きだして…良い季節になりましたね~♪

投稿: orangepeko | 2009年4月19日 (日) 08:12

ウワズミ桜、まもなく小渕沢で観られる、楽しみです。
ハナズオウは昨日散歩していてみつけました。
奈良で見ていいなと思っていたので嬉しかったですよ。

投稿: saheizi-inokori | 2009年4月19日 (日) 08:56

★anikobeさま

もう3年目になりますが、まだまだ知らない花が多くてそれだけ興味津々で出かけます。

ウワミズとウスズミはよく似ていますね。
岐阜のウスズミザクラが有名ですね。
ウワズミザクラに花が似ているのにイヌザクラがあるそうですが、まだ見ておりません。
anikobeさんのウワズミザクラを楽しみにしています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月19日 (日) 20:27

★orangepekoさま、こんばんは。

はい、同時に見られて、葉の違い、花の大きさの違いがわかりました。

セリバヒエンソウは近所にもありますが、こうした群生は力強いものがあります。

orangepekoさんのお庭は輝かしいばかりに咲き誇っていることでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月19日 (日) 20:35

★saheizi-inokoriさま

小淵沢はこちらより寒く、時期がずれるのですね。
これからお出かけでしょうか。

ハナズオウは今盛りですね。奈良でご覧になってこちらで見る感激はよくわかります。
そういう花って一入です。
我が家ではシロバナハナズオウが咲いています。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月19日 (日) 20:40

イチリンソウの群落、すてきですね。
ニリンソウより花が大きいだけに林床もより華やかに
感じられそうです。かわいいですねぇ(^^)
白い花のイチリンソウやニリンソウたちの中で、
青紫のフデリンドウがこれまたステキ。
自然の中でのイチリンソウの群落もフデリンドウ、ウワミズザクラ、
どれもまだ会ったことがありません。素適な様子をご覧になれて
良かったですね♪
セリバヒエンソウも好きなのですが、うちの近所では
全然見ることができません。勢力範囲広げてこないかなーと
待っているのですけれど(笑)

投稿: ポージィ | 2009年4月20日 (月) 10:34

★ポージィさま、こんばんは。

イチリンソウはニリンソウの直径が2倍近くもあるのですね。
こうしたイチリンソウの群落は宝物のように思えます。どうか盗掘されないでずっと咲いていてほしいです。
フデリンドウの色がなんとも言えずいい色です。花びらの形も独特で素敵です。2か所しか咲いてなくて、数か所会ったそうですから盗掘にあったようです。土がむき出しになっていました。悲しいです。
ウワミズザクラはサクラと名が付くのに、全然違うのですね。
セリバヒエンソウですが、近所の去年咲いていたところのがなくなって、他のところでたくさん咲いていました。種ができるそうで、友人が今度種を下さると言っているのですが、ちょっと自信がないです。増えたときは差し上げますから。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月20日 (月) 20:40

イチリンソウ、ニリンソウの名前は知ってましたが、tonaさんのところでよくわかりました。
ニリンソウは、歌にもありますものね。

私の知らない植物ばかりで、よかったです。

投稿: もみじママ | 2009年4月20日 (月) 21:09

★もみじママさま、こんばんは。

私も名前は知っていても、葉など全然区別がつきませんで、今年初めてわかったところです。
ニリンソウの歌、知らなかったです。
聞いてみたいものですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月20日 (月) 21:43

イチリンソウとニリンソウの葉の違い。
こうして並べてみると、私にも分かりましたよ^^
花もよく見れば微妙に違うんですね。
でも、ちょっと見、すごく似ているようです。
フデリンドウは初めてみましたが、確かにリンドウに似ているようです。
紫色のきれいな花ですね。

投稿: pochiko | 2009年4月21日 (火) 00:05

さすが「植物観察会」ですね。
一輪草に二輪草の美に差あり、
しっかりと見させていただきました。
どちらも「歌」になる花でした。
ウワズミザクラは始めてでした。
色々なさくらがあるものですね。
濃淡2種類のハナズオウにも魅せられ
ました。いつもありがとうございます。

投稿: 老春 | 2009年4月21日 (火) 05:21

★pochikoさま、おはようございます。

イチリンソウとニリンソウの葉は良く見れば、かなり違うのですが、また今度見たときに、果たしてどちらだったっけ、ということになりかねません。花の大きさに違いがあります。
菊型とかハート型とか、ヤマブキ風など葉には似ているものがあって、ますます分からなくなっています。
フデリンドウはかなり小さいのですが、とても美しい色合いですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月21日 (火) 08:17

★老春さま、おはようございます。

植物観察会は初心者にもちゃんと教えてくださるので、ありがたいです。
今年の春の収穫はイチリンソウとニリンソウの違いがわかったことですね。

 はかなげに 風に揺れて イチリンソウ
歌を作るのも難しいです。

サクラがあまりにたくさんあるので1年に1つ覚えられたら御の字です。
ありがとうございました。 

投稿: tona | 2009年4月21日 (火) 08:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/44712781

この記事へのトラックバック一覧です: イチリンソウ:

« 『びっくり先進国ドイツ』熊谷徹著 | トップページ | 春の文学散歩(その1) 小石川・本郷 »