« イチリンソウ | トップページ | 映画『スラムドッグ$ミリオネア』 »

2009年4月22日 (水)

春の文学散歩(その1) 小石川・本郷

文京区は港区についで坂の多い区で、ゆかりの文学者も多い町です。

菊坂の家に咲いていたヤマボウシの花、まだ開ききってないのか

Photo_9

地下鉄後楽園駅を降りると、すぐ礫川(れきせん)公園と砲兵工廠と諸工伝習所跡があります。
東京は明治時代から軍隊の町だったわけで、小石川だけでなく、代々木、神宮、青山、北の丸などにも練兵場や秘密の軍事工場などがありました。
さらにこの裏手には東京都戦没者霊苑と戦没者記念会館があります。
この記念会館で見た、若き特攻が書いた遺書などに涙を誘われました。

↓礫川公園は八重桜が満開     ↓文京区役所展望台からの公園一帯

1 Photo

↓砲兵工廠・諸工伝習所跡           ↓東京都戦没者霊苑
Photo_2 Photo_3

またまた「こんにゃくえんま」の源覚寺です。
眼病の老婆が閻魔大王に祈願したところ、閻魔大王が自分の目をあげて老婆は治った。閻魔の右目がその後ひび割れていたとか。それから老婆は好物のこんにゃくを断って、お礼にこんにゃくを供えたそうで、現在もお参りの人がお供えにも持ってくるこんにゃくが積まれている。
 ↓お供えのこんにゃく             ↓閻魔大王の絵馬
Photo_4 Photo_5

↓塩地蔵尊(清い塩、参詣者は自分の悪いところを触って祈願する)も閻魔堂の隣にあります。
↓汎太平洋の鐘(1690年元禄時代に鋳造された鐘で、1937年にサイパン島に転出、南太平洋にひびきわたる。その後消息不明になっていたが、1949年アメリカよりこの源覚寺に寄贈された)     

Photo_6 Photo_7

↓本郷通りと春日通りに囲まれた一角に、今は世田谷給田に引っ越してしまった、藤堂高虎によって再建された真光寺跡がある。取り残されてしまったのがこの露座の十一面観音菩薩像です。都内で露座の仏像は珍しいとのこと。

Photo_8

「文京ふるさと歴史館」では弥生土器が発見の地とかで土器片など展示されています。五千円札に載っている樋口一葉、石川啄木、幸田露伴、森鴎外、島木赤彦など100人に及ぶ文豪がこの地に関係して展示されています。
気象予報士の半井さんが、樋口一葉の師であり、思慕の人であった半井桃水のお孫さんであったとは。
↓石川啄木が家族と住んだ床屋さんの家は、まだ同じ床屋さんが営業しています。
↓都心はタチアオイやシランなど満開で花が何でも早いです。
Photo_10 Photo_11

↓菅原道真が祭神の桜木神社  絵馬は桜

Photo_12 Photo_13

最後は麟祥院です。有名な家光の乳母春日局が引退したときに、仏門に帰依して創建した庵で死後菩提寺とした。当時、周囲をからたちの木で垣をめぐらしていたので「からたち寺」と呼ばれていた。
京都花園妙心寺の末寺で、麟祥院は春日局の法名で呼称されるようになった。
春日局の墓は穴が2つ開いている実にユニークで忘れられません。

Photo_14

↓麟祥禅院        ↓タイツリソウやヤマシャクヤクなどが咲いていた

Photo_15 Photo_16

|

« イチリンソウ | トップページ | 映画『スラムドッグ$ミリオネア』 »

コメント

「びっくり先進国ドイツ」面白そうですね。
理髪店で洋服まで脱がされるとは・・・
そして、日本人向けの理髪店には、遠くから
やってくる日本人がいるとか。
国分寺薬師堂、行ってみたい場所ですね。
「春の文学散歩」(その一)の記事も
プリントさせてもらったので、ガイドブックにして
歩いてみたいと思っています。

投稿: 茂彦 | 2009年4月22日 (水) 21:11

春の文学散歩(その1)
タイトルからして素晴らしい!
ヤマボウシの白い花、清楚さに魅せられ
ました。磯川公園の八重桜も綺麗。
こんにゃくえんまの源覚寺おそなえの
こんにゃく、絵馬と東京周辺は見所満載
ですね。
菅原道真の桜木神社の「必勝成就」の
絵馬がいいですね。思わず頭下げていま
した。
タイリツソウヤヤマシャクヤのけなげな
姿から目が離せませんでした。
「その2」が楽しみです。
ありがとうございました。

投稿: 老春 | 2009年4月23日 (木) 07:07

★茂彦さま

お国柄、本当に先進国と言われている国にもいろいろあるものです。
日本はサービス面では凄い先進国だと思います。それに慣れて、結構文句を言ったりしている日常です。

国分寺薬師堂はひっそりと人もいない静かなところです。ご案内しますよ。

文学散歩をプリントくださったそうで恐縮です。写真も前後して、順序があやしい部分もありますし、私自身もう1度行ってみなさいと言われても、人の後にくっついて行くと全然覚えていません。
最後に東大の資料館に入りました。ここは展示が数か月おきに代わるそうです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月23日 (木) 08:30

★老春さま

春の文学散歩(その2)は来月にあります。次は秋に2回あります。気候の良いときに年4回です。
都内は江戸時代に栄えた文化やその後の明治大正とお寺関係でも結構あるものです。まだまだ回ってみたいところもいっぱいです。
こうしてみますと私は殆どどこも歩いていないと気付きました。
我が家のヤマボウシはやっと葉が出ました。花の蕾は出ていません。ちょっと違って見えるこの花は素敵です。

閻魔堂に供えられたこんにゃくを見て、こんんなにたくさんのメーカーがあるものと驚きました。
東京に菅原道真を祀る神社では湯島天神と亀戸天神があまりにも有名ですが、この神社でも勉強をするように祈りました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月23日 (木) 08:45

その辺りは私もぶらぶら一人気の向くまま歩くことがありますが,tonaさんのように系統だって、というのかなちゃんと勉強しながら歩かないから見落としがたくさんあります。
今度行った時にこの記事を思い出して寄り道してみよう。ありがとう!

投稿: saheizi-inokori | 2009年4月23日 (木) 10:07

それぞれ、それほど規模は大きくなくても、歴史やいわれを知って巡ると
興味深そうな由緒あるお寺などがたくさんあるのですね。

こんにゃくえんま のお話は面白かったです。
閻魔様と言えば地獄の入り口にいて生前の罪状を厳しく誰何する、
という怖いイメージですが、おばあさんはそんな閻魔様に
眼病治癒を願ったのですねぇ。そしてまた、閻魔様もその願いを
聞き届けて。そんな優しい閻魔様は初めて聞きました。
たくさんのコンニャクにびっくり。でもでも、眼病を治してもらった
おばあさんは、自分が大好きだったコンニャクを断って供えたわけですから…
今現在お参りに来る方たちもコンニャク大好物なんでしょか?
意地悪なこと考えてしまいました(^^;)

ヤマボウシ、まだ開ききっていないのですね。
小鳥か蝶の舞いのようにも見えます。
うちのほうではまだのようです。タチアオイまで咲いて
すごく早いですね!

投稿: ポージィ | 2009年4月23日 (木) 11:11

★saheizi-inokoriさま

私が勉強していったら凄いのですが、大学の先生に連れていっていただきました。
復習すればかなりいろいろわかって面白いのです。
東京の戦没者霊苑には6万も?だったか慰霊されているとか、記念館があったなど知りませんでしたから、深く印象に残りました。
本郷薬師や「本郷もかねやすまでは江戸の内」の老舗かねやすは地下鉄本郷三丁目の駅のそばでした。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月23日 (木) 19:45

★ポージィさま

都内でも随分いわれのある神社仏閣があります。
春日局の菩提寺となった麟祥院は局の願いで二代将軍秀忠が建立させた臨済宗のお寺だそうです。局がこの寺の中に写真のような庵を創建して余生を送ったのですね。

閻魔大王とこんにゃくの関係も、ここへ二度行ってやっと頭に入ったというお粗末さです。
なるほど閻魔さまって怖い存在で舌を抜かれるなんて脅されましたが、そう言われてみますとこの閻魔様、自分の右目をあげてしまったのですから優しいですね。イメージが違った閻魔様です。
堂内が暗くて、閻魔様の右目がどうなっているかわかりませんでした。
こんにゃくをお供えに持ってくる方たちはどうなのでしょうね。あいにく持ってこられた方に会わなかったので残念な気がします。

ヤマボウシ、開ききらないのは初めてです。いつも気が付くと開いていますから。
蝶の舞、ホントそのように見えますねー。
都心の花が咲くのが早いということは、いかに冬からずっと暖かいかですね。こちらとは何週間も違います。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月23日 (木) 20:03

いつも写真楽しんでいます。
タチアオイ、シラン、タイツリソウ、ヤマシャクヤク・・・。
ところでどんなデジカメを使っているのでしょうか。
教えてください。

投稿: YUKI-arch | 2009年4月24日 (金) 07:10

★YUKI-archさま

カメラはFUJIFILM FINEPIX F100です。
最高感度iso12800 
有効画素数1200万
光学ズーム5倍
その他いろいろな機能がありますが、全然使いこなしていません。
こうして問われて気がつきましたが、あらゆる電気製品やいろいろな機器をちゃんと100%とはいかなくても、使うことができたら、もっと豊かになるでしょうね。
パソコンとカメラは最も不得意です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月24日 (金) 08:02

白山のお寺に姉の家の墓がありますので、後楽園で降りて、てくてく歩いてお参りをします。
礫川公園も、一度だけ入り口あたりをぶらついたことはありますが、おくまでは行っていません。結構奥があるのですね。

東京も昔は江戸。幕政の中心だっただけにいろんな史跡がありますね。
暇に任せて、気候のいいときに歴史探訪と、しゃれ込むのもいいかもしれません。

投稿: 夢閑人 | 2009年4月26日 (日) 11:14

★夢閑人さま

後楽園駅を降りて白山通りを歩かれるのですね。
お姉さんご一家のお墓が白山とは、いい所で便利ですね。
近くに東大の植物園がありますね。
東京には本当にいろいろ史跡などがあるのです。
知らなくて驚いたのが軍隊関係の施設が23区内にたくさんあったということです。
歩くのも5月まででしょうか。暑いともう歩く元気が出ません。次は秋ですね。チャンスを逃さず歩きたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月26日 (日) 20:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/44753673

この記事へのトラックバック一覧です: 春の文学散歩(その1) 小石川・本郷:

« イチリンソウ | トップページ | 映画『スラムドッグ$ミリオネア』 »