« 花祭と阿修羅展 | トップページ | 『びっくり先進国ドイツ』熊谷徹著 »

2009年4月12日 (日)

タツタソウの花

5月末にやっと給付金の申請書を送付と市報にちらっと出ていました。
実際に手にするのは早くて6月末でしょうか。使い道はもう決めてあるのですが。

4月6日~8日の近くの公園と寺(国分寺)の花です。公園も庭もあっという間に一面緑に覆われました。

↓モクレンとハクモクレンの雑種のサラサモクレンでしょうか。薄いピンクの花がびっしり咲いていました。
               Photo_3

↓ユキヤナギとレンギョウ、アセビがまだまだ真っ盛りでした。

Photo_4

↓ユキヤナギ (バラ科)          ↓アセビ(ツツジ科)

Photo_5 Photo_6

↓カキドオシ(シソ科) ムラサキサギゴケとトキワハゼに花がそっくりです。
       Photo_7

お寺に入っていくと
↓イカリソウ(メギ科)は毎年よく咲いています。

       Photo_8

↓タツタソウ(竜田草・メギ科)別名糸巻草 サイトの友人たちに教えていただきました。
 朝鮮半島北部、中国北東部、アムール地方が原産の多年草。日露戦争のとき軍艦「竜田」の乗組員が1904年に黄河流域で採集したのが名前の由来とのこと。
薄紫の花は6弁で美しい。1枚がめくれあがってしまっています。

       Photo_11  

 ↓イワヤツデ(ユキノシタ科)
 中国から朝鮮半島原産の多年草で、岩地に生えて葉が八手に似る。

       Photo_12

       ↓ヒトリシズカ(一人静・センリョウ科)4枚の葉が輪生。

       Photo_13

 

|

« 花祭と阿修羅展 | トップページ | 『びっくり先進国ドイツ』熊谷徹著 »

コメント

tonaさん、こんばんは。
タツタソウのお花、我が家にもあるんですよ。
2年前に咲いたのですが去年は葉っぱだけで咲かず。。。
今年もハスの葉っぱみたいな可愛い葉はたくさん。
お花が咲く気配がありません(涙)
でも期待して待つ事にします。

甘茶、私、先日生まれて初めて飲みましたよ。
飲みにくかったって言ったらバチが当たるかな?

投稿: ちょびママ | 2009年4月12日 (日) 23:06

tonaさんこんばんわ。
いつもエ~ルをありがとうございます

花が沢山の季節になりましたね。
いつも見逃しているような小さな花にも、誰かが付けた名前があって、坦々とそこで咲いていて。
もしかしたら、誰にも気が付かれないかもしれないのに・・。
綺麗に咲こうとか、長く咲こうとか・・そんなこと考えてるわけじゃなく。

な~んて考えるのも、人だけですね。

考えること、動くことが出来るのだから、楽しく生きられる方法を、これからも頑張って考えて行こうと思います。ナンテcoldsweats01

投稿: 久美子。 | 2009年4月12日 (日) 23:16

タツタソウなど始めてお目にかかる
花のオンパレードに陶酔しております。
花って綺麗で心身が洗われます。
花便り何時もありがとうございます。
嬉しいです。

投稿: 老春 | 2009年4月13日 (月) 06:20

★ちょびママさま

おはようございます。
ちょびママさんのところのタツタソウがあるのですか。
そういえば、いつも珍しいお花があって、名前をしっかり頭に入れているつもりが、実際に見ないと頭を通り抜けています。
そうそう、葉が何かに似ていると思ったらハスの葉ですね。納得。
このお寺にもあったのでしょうけれども、今年初めて咲いたのを見たので、毎年咲くわけではないのですね。
咲いたらまた見せてくださいね。

甘茶初めて飲まれたそうで、いまいちでしたか。そんなものでしょうね。
それが、私の小さい時は御馳走に近い飲み物でしたから(砂糖が乏しかった)、貧しい時代の話です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月13日 (月) 06:26

★久美子さま

おはようございます。
百花繚乱の季節がやってまいります。
春は人間より植物の生命力に感嘆する季節ですね。
久美子家もずいぶんたくさんのお花が、久美子さんの愛情をいただいて、咲き誇っていますね。
綱渡りのような生活が続いていても、この花たちに癒されていることでしょう。
どんな環境にあっても楽しく生きる方法を見つけていらっしゃいます。
私もいつか自分の体が動けなくなったときにおすがりしてしまうかもしれません。結構もろいですので。
というわけで、頑張っていただきたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月13日 (月) 06:37

★老春さま

おはようございます。
私はなぜか新聞休刊日に5時に起きました。
引っ越してきたときは、都立の公園がなかったのですが、最近出来て、だんだん整備されて美しい公園になってきました。
ボランティアの方たちが、かがんで苗の植え替えをしています。誘われたのですが、腰痛があるためできません。
お寺や都立の庭園(こちらは有料)には珍しい山野草があるのです。恵まれていますよね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月13日 (月) 06:44

見上げても見下ろしてもお花がいっぱい。
春はほんとにたくさんの花が咲いて嬉しい季節ですね!!
ユキヤナギもアセビも早くから咲き始めたのをみていましたが、
まだまだ頑張っていますね。

タツタソウは綺麗な花ですね。会ったことありません。
タツタにはそんな由来があるのですね。
イワヤツデ、ヒトリシズカの花も実物を見た事がないのですが、
派手さはないけれど白い花たちが心に染みとおってくるようです。

投稿: ポージィ | 2009年4月13日 (月) 09:52

外へ出かけ、歩いてみなければ
花たちには出会いませんね。
ここのところ無精をしていて、
写真で楽しませてもらっています。
今日はとりわけ暑いぐらいで、
午後から出かけてみます。

投稿: YUKI-arch | 2009年4月13日 (月) 10:44

毎日の散歩が楽しいですね。草花の名前を覚えたら一層楽しいだろうと思いながらこればっかりは、、。写真を撮るばかり^^。

投稿: saheizi-inokori | 2009年4月13日 (月) 11:19

当地では「給付金」の話、どこからも聞こえ
てこないです。忘れたころ、支給されるので
しょうか?
「サラサモクレン」というのですか?そば
で見たいものです。「ユキヤナギ」「レンギョウ」
「アセビ」などは、やはりまとまて咲いて
いるのを眺めるのがいいですね。我が家にも
「ユキヤナギ」はありますが、ほんの少しでは
さっぱり見栄えがしません。
皆さんのブログを拝見しているおかげで、
少しづつではありますが、花の名前も
覚えてきました。いろいろな花や草木を
紹介していただくのは、とてもためになります。

投稿: 茂彦 | 2009年4月13日 (月) 18:03

★ポージィさま

本当に嬉しくて胸が弾む季節になりましたね。
日に日に、次々と別の花が咲いていきます。
この公園のユキヤナギやアセビは遅いです。これを知ったら毎年いつまでも楽しめます。

タツタソウの花の色がそばで見ていてとても素敵です。葉の淵が赤いのが印象的です。

今年はイワヤツデを3か所で見ることができました。花はユキノシタ科らしい花で小さいですが、葉はやわらかで若葉色でなでたくなります。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月13日 (月) 20:35

★YUKI-archさま

午後の散歩はいかがでしたでしょうね。
公園ができましたので、春はことのほか楽しいです。
雑草本と首っ引きで主なのだけわかるようになってきました。
もう5月頃の午後はかなり暑くて出かけたくありません。
つたない写真を見ていただいて感謝しています。


投稿: tona | 2009年4月13日 (月) 20:39

★saheizi-inokoriさま

散歩は植物とワンちゃんの種類が楽しみです。
山で、鳥の鳴き声を聞いても、さっぱりわからないのであきらめました。
植物も1年経つとすっかり忘れています。昨年のメモを引っ張り出してはいるのですが。
さらに努力しようと思います。
saheiziさんが写されていらっしゃるのも、分からないのが多いです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月13日 (月) 20:44

★茂彦さま

まだ、申請書が送付される知らせがありませんか。わが市より遅くなるのでしょうか。

サラサモクレンはあまり見かけないので、このモクレンを見に行くのが毎年楽しみです。
たしかにレンギョウとユキヤナギの群生は見ごたえがありますね。
アセビはあまりまとまって咲いているところがなくて、この場所はお気に入りです。
植物の世界も奥が深いのでともに勉強していきましょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月13日 (月) 20:50

すっかり花盛りですね。
こちらよりも一足も二足も早い花の開花。
ユキヤナギは、ばぁちゃんの好きだった花なんですけど
今回シジミソウを求めて庭の隅に植えました。
タツタソウは初めてです。
スミレのような花ですね、葉の形も面白いです。
こちらにも生えてるのかしら?

投稿: pochiko | 2009年4月14日 (火) 01:14

★pochikoさま

はい、日に日に花が咲いていきます。
1昨日はモッコウバラやハナミズキが咲きだしました。
今年は早いのかしらと思ったりしています。

シジミソウは遠目にはユキヤナギかと思うほどに似ていますね。お義母さん、わかられたでしょうか。

タツタソウ、素敵でしょう。中国北東部た北朝鮮が原産だそうで寒いところですから、pochikoさんの方にもきっとあるのでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月14日 (火) 08:01

桜も葉桜になり、花の春の第一弾は終わりました。
外を歩けば、沢山の花が目に付きます。
名前も良く解らない花も沢山出会います。
足元を見れば、小さな草花も人知れず咲いています。

タツタソウ、初めて見ました。
薄紫の美しい花ですね。
家のカキドウシも初めて花をつけました。


投稿: 夢閑人 | 2009年4月16日 (木) 21:15

★夢閑人さま

本当にあっという間に終わってしまいましたね。
今度は八重桜が満開になってきましたね。
次から次へと目まぐるしく咲く花々、今日初めてタチイヌノフグリに会えました。
この花やキュウリグサやハナイグサは小さくて可愛いです。でも写真に撮れません。

タツタソウは美しいです。夢閑人さんの家にふさわしいかと!
カキドオシがお庭に咲いているのですか。いいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年4月16日 (木) 21:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/44650239

この記事へのトラックバック一覧です: タツタソウの花:

« 花祭と阿修羅展 | トップページ | 『びっくり先進国ドイツ』熊谷徹著 »