« 植物観察会(乳頭温泉郷・鞍掛山・抱返り渓谷) | トップページ | 春の文学散歩(その2) »

2009年5月21日 (木)

水沢観音・水沢山・伊香保温泉

Photo_2

白のマツバギク(ツルナ科)初めて見ました。家のキンポウジュ(フトモモ科)にやっと上半分が欠けたような花が1つだけ咲きました。

Photo_3 Photo_4

Photo_5 上野の国立西洋美術館(ル・コルビュジェ設計)を含む、各国のル・コルビュジェの設計建築物を一括して世界遺産暫定リストの登録とか、まだだとか報道がありました。そのことを踏まえて建物の外観と中を見たものの、世界遺産としての価値がよくわかりませんでした。
昨日2つの『ルーブル美術館展』のはしごをしたのですが、ここともう1つは六本木の国立新美術館です。こちらは日本の著名な建築家・亡き黒川紀章氏設計ですっかり見慣れ、いつもその大きな空間に圧倒されます。
上野の超激混み(長い行列で30分以上は待つ)に対して、六本木は閑散とまではいかないものの、かなり空いています。
上野は「阿修羅」がまだあるので、それこそ駅構内から歩けないくらいです。5年前はこんなでなかったのに、この頃の都内の繁華街だけでなく、観光地は人・人・人だらけで異常です。自分もその一人で何とも文句の言えない身ですが、一体どうなってしまったのでしょう。
まだまだ不況の影響は全然見られないですね。私も年金は目減りしているだけで、まだ減らされていません。

水沢観音・水沢山・伊香保温泉へ一人参加で行ってきました。

水沢観音お参り 水沢うどんも有名です。
  ↓
水沢山登山 榛名山の並びにある山で、水沢観音の境内に登山口があります。
  ↓
伊香保温泉 山を降りると天下の名湯・伊香保温泉でいい湯でした。

↓水沢観音本堂 ご本尊は十一面千手観音菩薩で祈願成就・厄除け・幸運とのご縁を伝えるとのこと、お参りしました。今年は御利益期待で方々にお参りしました。

Photo_6

↓六角二重塔 六体の地蔵尊が安置され、回転式になっていて、真心を込めて左に3回回すと願いが叶うという。
Photo_7 Photo_8

↓水沢山
↓頂上からは榛名山群、赤城山、関東平野や浅間山、新潟方面なども見渡せました。

Photo_9 Photo_10

↓頂上付近の石仏群があって全部で12体ありました。

Photo_11

↓ハシリドコロ(科)食べると苦しくて走り回るからという。
Photo_12

伊香保温泉の有名な石段は221段ありました。

Photo_13 Photo_14

|

« 植物観察会(乳頭温泉郷・鞍掛山・抱返り渓谷) | トップページ | 春の文学散歩(その2) »

コメント

ごぶさたしました。またぼちぼちコメントも残させていただこうと
思います。

前記事の観察会では東北の山の美しい春を堪能させていただきました。
もう生活の場はすっかり初夏や夏ですから、雪の残る景色や
水芭蕉がとても新鮮に感じられました。一本桜も素適ですね。
 
今日の記事は北関東、伊香保温泉は群馬県でしょうか?
地理にも疎く地名等、聞いたことはあるという有名どころの名前も
どこなのかさっぱり知らない恥ずかしい私です。
この頃のtonaさんは石仏をご覧になる機会が増えていらっしゃいますね。
 
真っ白のマツバギクの花も見事ですね。私もピンクのものしか
見た事がないような気がします。
お庭のキンポウジュがついに花をつけたのですね。きっとこれからは
もっともっと咲きますね。
 

投稿: ポージィ | 2009年5月22日 (金) 11:30

★ポージィさま

少し落ち着かれたようで安心しました。

この季節、雪の中はもう寒くないのですね。
融けかかった雪の中は滑らずに歩けます。
ここのミズバショウは赤ちゃんのが多くてまだ葉が小さいのです。大きいのは葉がお化けのようでした。

伊香保温泉は群馬県で、他に四万、草津、水上温泉など有名なのがたくさんあります。私も初めてですし、地図でやっと確かめたところです。
石仏、そうなんです。今年は本当に石仏にたくさん会っています。

ポージィさんも白いマツバギクはご覧になってないようなのですね。遠くから見たとき、あまりの豪華さにびっくりでした。
キンポウジュは高さは1mを越えているのですが、まだ未熟なのですね。たくさん咲くのを夢見ていますが、何でもじっと待たなくてはなりません。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月22日 (金) 16:29

年金の減額など不安を感じながらも日々活動できるのはありがたいことですね。
伊香保も何度か行きました。あの階段をぶらぶらするのは楽しいですね。

投稿: saheizi-inokori | 2009年5月23日 (土) 07:17

★saheizi-inokoriさま

上野もどこも年金生活者が大半を占めているように感じます。
まだ直撃を受けているような感じはありませんものね。
伊香保温泉の階段、たくさんありますがゆったりしていて散策にぴったり。
1番下の温泉に浸かりました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月23日 (土) 08:12

白の松葉菊なんてあったのですね。
勿論初めてです。ピンクとばかり思っていました。

伊香保温泉、家からは関越道で便利ですので、草津、四万温泉と共に昔からよく出かけたと所です。
水沢観音、行きました。
水沢うどんもよく食べました。
水沢山、確か浅間山と言ったと思います。
あの白根浅間じゃなくて。
水沢観音から登山口がありました。
登ったことはありません。

TVでも良く出てくるあの石段、221段もあるのですか。
夢ニ記念館にも行きました。
もう何年も行っていません。
変わっていると思います。

投稿: 夢閑人(ricky) | 2009年5月23日 (土) 19:32

★夢閑人(ricky)さま

夢閑人さんも白のマツバギクはご覧になったことがないのですね。
珍しく、初めてです。写真の下に少し見えるのがピンクのです。

草津は1度出かけましたが、温泉には入りませんでした。他の温泉も入っていないので、伊香保温泉が群馬県で初めてです。
夢閑人さんは温泉には何度もいらっしゃっているのですね。鄙びた感じでいい所でした。
水沢山を浅間山とも言うのですね。この観音様から登山口がありますから。
水沢うどんはここではいただきませんでしたが、すごく美味しいうどんです。水が美味しいからでしょうか。
徳富蘆花記念文学館はありましたが、夢二記念館は知りませんでした。
数えるのが好きなので、有名な石段を上から数えて降りてきました。
まわりは前と変わったのでしょうかしらね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月23日 (土) 21:22

伊香保温泉、行った事はないんですけど、とても良さそうな所ですね。
美味しいものもたくさんありそうで…しかも、あの景色がたまりません!
山の風景と石仏が良いですね。

白い松葉菊、とっても清楚な感じできれいです。
ブラシの木、我が家でも去年植えましたけど
あれは多年草ではないのですか?
それとも東北じゃ冬は越せないのでしょうか。
春を待たずに枯れてしまいました…。

投稿: pochiko | 2009年5月24日 (日) 01:08

★pochikoさま

榛名山は複数の山を抱いた山の総称だそうで、その麓の方に伊香保温泉があるらしいですが、山に囲まれて、鄙びていていいですよ。
山の上の石仏が、一体一体違う顔で、風雪に耐えて坐っているのが微笑ましかったです。

白のマツバギクは遠くから見たら凄く見栄えして素敵でした。
ブラシノキは花木ですから私たちの身長を越えて大きくなりますよ。
枯れてしまったのですか。
オーストラリアが原産のようですが、pochikoさんの方の寒さには耐えられなかったのでしょうか。残念なことをしましたね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月24日 (日) 08:49

一人参加も気楽でいいでしょうね。
上野の超激混みよりも、清々している感じが伝わってきます。

投稿: YUKI-arch | 2009年5月24日 (日) 11:49

★YUKI-archさま

仲間と一緒、一人だけ、それぞれにいいですね。一人は気ままで自分の好みのものを見たいように見られます。
上野とあまりにも対照的です。
空いているところほっとします。また、そういう所は宝ものような感じさえしてきました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月24日 (日) 16:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/45085262

この記事へのトラックバック一覧です: 水沢観音・水沢山・伊香保温泉:

« 植物観察会(乳頭温泉郷・鞍掛山・抱返り渓谷) | トップページ | 春の文学散歩(その2) »