« 水沢観音・水沢山・伊香保温泉 | トップページ | 快活に生きる子たち »

2009年5月25日 (月)

春の文学散歩(その2)

<代々木・原宿コース>

降りた原宿駅はイギリスのハーフティンバー方式による建築で保存駅の1つという。
ちなみに素敵な駅は琵琶湖の長浜駅で、今はなくて素敵だった駅は福島県の安達駅とのこと。近くの中央線国立駅舎が解体されてしまったがあと2年後には復元されるというが果たしてどうなるでしょう。
原宿駅に隣接して地下鉄千代田線・明治神宮駅がありますが、その地下20mの工事中に象の化石1頭が出てきたそうで、上野の科学博物館に保存されています。

●最初は明治神宮です。
明治天皇・昭憲皇太后を祭神として大正9年11月に竣工している。
江戸時代には一帯は彦根藩井伊家の下屋敷だったのが、政府に買い上げられ、植樹された12万本樹木の87%は献木だそうだ。
参道を進むと左手に「代々木」がある。柵に囲まれた樅の木で、この地は代々「樅」の大木が育つので「代々木」という地名が生まれました。
↓代々木

Photo_3

Photo_4

本殿は昭和20年焼夷弾で焼け落ち、昭和33年の再建されたもの。正面からの撮影はお参りに差し支えるので禁止されている。↑

↓日本一の大鳥居 高さ12mで檜造り、樹木のほうが高くなってその大きさを実感できません。

Photo_5

●浮世絵が好きならこちらへ 原宿の駅のそば
 「浮世絵 太田記念美術館」故・五代太田清蔵が浮世絵の海外流失を嘆き、浮世絵の蒐集を始め、収蔵品は12万点。月ごとに展示を変えていく。

●代々木公園 いつもNHKテレビ屋上からの眺めで見て、行ったことがありませんでした。
 陸軍代々木練兵場から戦後米軍の宿舎のワシントン・ハイツ、その後東京オリンピック選手村となり昭和42年10月開園。今バラが満開。

Photo_6 Photo_7

●二・二六事件慰霊像 NHKは有料になったので入らず、その近くの慰霊像へ。二・二六事件の首謀者がここで処刑された。昭和40年に有志の手で建立。

226 226_2

●さらに渋谷方面に歩くと「たばこと塩の博物館」がある。 懐かしいたばこ・ピースや新生などを見る。塩についても学ぶ。
↓博物館前の像

Photo_8 Photo_9

●愛妻信子に去られて悲しみを抱いてこの辺りに住んだという、国木田独歩を記念する「牧羊神の像」 ↑
 西武百貨店渋谷店にあって、反対側には与謝野寛・晶子を記念する人魚のブロンズ像がある。
 渋谷界隈に住んだり関係した文人は他に大岡昇平、宇野浩二、折口信夫、吉井勇、林芙美子、丹羽文雄などがいる。

いつも電車で通っているこの辺りを歩くのは久しぶりで、文京区とはまた違った文人が活躍していた感を深くしました。

|

« 水沢観音・水沢山・伊香保温泉 | トップページ | 快活に生きる子たち »

コメント

明治神宮も代々木公園も行ったことがありませんが、
いつか一度は訪れてみたいと思っている場所です。
そもそも、東京へ行くときは、目的の場所へ直行直帰ばかりで
ゆっくり歩いたためしがないのですが。
今日、明治神宮の日本一の大鳥居とその周りを囲む大木のお写真を
拝見して、ますます行ってみたくなりました。
一緒に写っている人間の小ささから、いかに大きいか分かりますよ。

たくさんの文人の方々の記念碑等あるのですね。
名前を挙げられていた人たちの名前は見知っていても、
読んだことのある作品がほとんどないことにわれながら驚いています。
 

投稿: ポージィ | 2009年5月25日 (月) 11:26

お世話になりました。

投稿: YUKI-arch | 2009年5月25日 (月) 15:29

★ポージィさま

私もそうです。神奈川県に行っても目的場所だけ、ゆっくり会いたい人にも会わずじまいです。

明治神宮のお正月の初詣は4時間も並ぶそうです。それでも徹夜してまでお参りする人が多いのですね。
所々に明治天皇の御製(お歌)が刻まれています。
6月は菖蒲が見事ですがこの時だけ入場料500円(今年はいくら?)取ります。
行かれたらこの大きな鳥居を良く見て来てくださいね。

これらの有名な作家の小説を少し読みましたが、全然覚えていません。林芙美子の「放浪記」だけ、お芝居もテレビで観たので記憶にあるだけです。この頃文豪の小説から遠ざかっています。いつかいつかと思っているうちに人生が終わりそうです。
ありがとうござました。

投稿: tona | 2009年5月25日 (月) 17:43

★YUKI-archさま

びっくりしました。
まさかとお伺いしたら・・・・
とても寂しいです。。。
まだまだ教えを乞いたいことがいっぱいですのに、残念な思いです。
こちらこそ、いつも刺激をありがとうございました。
またいつか再開できますように。

投稿: tona | 2009年5月25日 (月) 17:47

義兄が恵比寿駅の近くに住んでいましたので、昭和30~40年台の初め頃まで、九州から出張の時によく泊まっていました。休みの日は渋谷、原宿にはよく出かけていました。

明治神宮にも何度か行きました。
玉砂利の参道の両側は大きな木の森があり、とても東京の中とは思えない感じでした。
あの鳥居の大きいのには驚きました。
日本一だったのですね。

こちらに来てからは初詣には2回しか行っていません。人の多いのに圧倒されました。
大変な思いをして、人に押されながら本殿前にやっとたどり着いても、ゆっくりお参りも出来ない。人の流れに押し流されてお終い。
これじゃ何のための初詣かもわからない。
それからは行っていません。
明治神宮での初詣の思い出です。
年をとった今、とてもじゃないけど駄目です。

代々木公園は開園してから行ったことはありません。

NHKは中学の先輩が会長(川口会長)をしていた時代、一般の人の入れないようなところまで見学できました。
地下のスタジオでドラマの収録をしている現場も目の当たりで見ました。
貴重な体験でした。
今は随分と見るものも変わってきてると思います。
昔の渋谷、原宿は思い出多いところです。

投稿: 夢閑人 | 2009年5月25日 (月) 20:31

★夢閑人さま

コーラス兼麻雀の先生が恵比寿駅のそばに住んでいますので、月に1回以上出かけます。
便利で1等地ですね。
確かに渋谷まで歩いて行かれます。
昔原宿の方まで出かけられたのですね。
学生時代に1度行ったきりで随分久しぶり、全然覚えていませんでした。
木が高すぎて鳥居の大きさに気が付きませんでした。本当に大きいですね。

初詣はとても大変だそうで、大晦日から元旦までかかってしまうそうですね。
尾籠な話ですが、トイレも同行の人に番をしてもらって行くそうです。
そんな思いをしてまで出かけられません。

恵比寿に行くのに通っているのに気は付かなかったのが代々木公園です。
選手村の跡地に作られたというのも初耳です。広い公園ですね。

愛宕のNHK博物館には行きましたが、ここのNHKには初めて行き、売店などを覗きました。まだ1度も公開録画は見ていません。友人は紅白歌合戦に当選して兵庫から出てきたそうです。
たった一駅ですが、散歩は面白かったです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月25日 (月) 21:19

気分次第足任せの私の散歩と違ってみるところを全部押さえていらっしゃますね。
今度再チャレンジだ^^。

投稿: saheizi-inokori | 2009年5月27日 (水) 10:29

tonaさん、こんにちは。
文学散歩…良いですね~♪
かって(一時的に)原宿に勤務していましたが…そちら方面には足は伸びませんでした(>_<)
表参道から青山方面が多かったですが…遊びとショッピングが目的ですから(*^m^*)
「代々木公園」には子どもが生まれて…遊びに連れていきましたヽ('-'*)~♪…(^^;

原宿も何度も連れて行っているのですが…娘は記憶がないとか…(^^;
長く居ても…知らないことがたくさんありそうで…(^^;
今度行く時には、私も違う眼で見られそうですヽ('-'*)~♪有り難うございます…

投稿: orangepeko | 2009年5月27日 (水) 10:51

★saheizi-inokoriさま

再度チャレンジとは有り難いことです。
私もsaheiziさんの違う発見が楽しみです。
暑いのでそろそろ限界です。我ながらやわです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月27日 (水) 15:09

★orangepekoさま、こんにちは。

1時的とはいえ、原宿に勤務されていたとは!
私は原宿の神宮側とは反対の竹下通りなどまだ1度も歩いたことがないのですよ。
今は表参道も様変わりしました。
いつかこちらへお出かけのの時はミッドタウンなどと合わせて是非歩いてみてください。

代々木公園って広いですね。
お嬢さんも小さい頃だったのでしょう。覚えてないのが普通でしょうね。
隅々まで回れませんでした。明治神宮や代々木の原宿駅の反対側はもう小田急の参宮橋や代々木八幡の駅なのですね。
駅との関係も全然わかっていませんでした。
東京もなかなか広いです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月27日 (水) 15:24

文学の散歩道、明治神宮も代々木公園もどちらも行った事ないんですよ。
こうして写真で見ただけでも、とても素晴らしい場所ですね。
代々木のいわれも良く分かりました。
ちょっと霧っぽい霞がかかっているようですね。
日本一の大鳥居は、人間があんなに小さく…対比があれば大きさが良く分かります。

投稿: pochiko | 2009年5月27日 (水) 22:19

★pochikoさま

東京ではあまりにも有名なこの場所は隣り合っていました。
私も初めてと言っていいくらいの場所でした。
駅名や地名で有名な代々木ですが、こんな謂れがあったのですね。
この日は薄日でとても写真が撮りにくい日で、全部ぼやけていました。お見苦しかったですね。
鳥居が日本一というのも明治神宮にふさわしいですね。
ここで「5箇条の御誓文」や「教育勅語」は明治天皇によって発令されたこと、それによって日本はいち早く文盲率0になったことを知りました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年5月28日 (木) 08:30

 明治神宮の鳥居は、こうして写真で見るとそれほどでもないですが、実際に近くに寄るとものすごい太さで、びっくりした記憶があります。いったいどんな木を使ったんだ、と思ってしまいますね。

 「代々木」という木がほんとにあるとは、気がつきませんでした。
 これもりっぱな巨樹ですね。
 その他、渋谷近辺の銅像など。このあたりは、普段ウロウロしているのですが、まったく気がつきませんでした。
 今度行った時が楽しみです。 

投稿: Nora | 2009年6月 9日 (火) 13:06

★Noraさま

こちらにもコメントありがとうございました。
古いお屋敷の大黒柱も凄いと思いますが、この神宮の大鳥居の太いこと、そして曲ってない木を選んだわけですから驚いてしまいます。
代々木の地名の由来になった木が神宮にあったことにも驚きました。
ここもそうですが昔の大名屋敷の敷地の広いこと、管理も大変だったのでしょうね。

銅像の場所見当がおつきでしょうから、是非見て来てくださいね。
人魚のブロンズ像も。

投稿: tona | 2009年6月 9日 (火) 19:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/45123102

この記事へのトラックバック一覧です: 春の文学散歩(その2):

« 水沢観音・水沢山・伊香保温泉 | トップページ | 快活に生きる子たち »