« 鉄人 | トップページ | フランスへ(1)コートダジュール »

2009年6月27日 (土)

八ヶ岳のツクモグサ

Photo

贅金カット
税金で贅沢許さない!ムダゼロやります!

ずいぶん前から街角に貼ってあります。
うーーむ、無駄だらけじゃない。税金の無駄使いに怒ってばかりのこの頃だ。この間ついに2万円をもらったばかり。

南八ヶ岳へ今咲く「ツクモグサ」を見に行ってきました。本州ではここ八ヶ岳と白馬岳だけに分布するだけという。
硫黄岳(2760m)・横岳(2829m)・赤岳(2899m)の縦走で9時間半の行程です。
岩場や鎖、垂直の梯子ありで、お尻をつけて降りたり、這い蹲って登ったりと、結構あられもない姿でありました。
苦労の甲斐あって、横岳の風を受ける過酷な場所に咲いている↓ツクモグサ(キンポウゲ科)に会えました。
Photo_2 Photo_3

Photo_4 Photo_5

↓富士山も雲の中に見えました。

Photo_6

↓後方の富士山型の山が蓼科山  ↓遠くには北・中央アルプスもまだ雪を頂いて見えた

Photo_7 Photo_8

Photo_9 Photo_10

泊まった宿の前にNHK撮影隊が早朝到着しました。
「アナウンサーですね。拝見したことがあります」なんて話しかけてしまった↓アナウンサー。
29日(月)NHK総合の夕方5時過ぎからの「夕どきネットワーク」で「初夏の八ヶ岳をゆく」の特集で放送するのだとテレビを観ていて知りました。
同じ日にNHKも登っていたのですね。

Photo_12

高山植物がいろいろ咲いていました。
↓ウルップソウ(ウルップソウ科)これも本州では八ヶ岳と白馬岳のみ分布。

Photo_13

↓オヤマノエンドウ(マメ科)

Photo_14

↓イワウメ(イワウメ科)互いに重なってマット状になっている

Photo_15

↓ハクサンイチゲ(キンポウゲ科)

Photo_16

↓ミヤマキンバイ(バラ科)イチゴの葉にそっくりの3小葉

Photo_17

↓ヒメイチゲ(キンポウゲ科)小葉3枚が3個輪生する

Photo_18

↓コメバツガザクラ(ツツジ科)

Photo_19

↓ミネズオウ(ツツジ科)

Photo_20

↓キバナシャクナゲ(ツツジ科)薄い黄色ですが、白く見えます。最も高いところで咲く。

Photo_21

↓イワヒゲ(ツツジ科)

Photo_22

↓少し下ったところにある「醤油樽の滝」落差35m 醤油樽に似ているわけでなく、醤油に色に似ている。

Photo_23

少し高度の下がったところの花たち
↓クリンソウ(サクラソウ科)

Photo_24

↓イワカガミ(イワウメ科)

Photo_25

↓カラマツソウ(キンポウゲ科)

Photo_26

↓キバナノコマノツメ(スミレ科)高山に咲く黄色のスミレで葉が円形。低山や丘に咲くのがキスミレで葉はややとがる。

Photo_27

↓オサバグサ(ケシ科)葉を見ると、機織の筬に似ている。

Photo_28

↓スダヤクシュ(ユキノシタ科)

Photo_29

↓ツバメオモト(ユリ科)

Photo_30

↓イオウゴケ(ハナゴケ科)赤い唇のような花でマリリンモンローの唇という人もいるそうだ。

Photo_31

↓ヤマハンショウヅルの蕾(キンポウゲ科)
Photo_32

↓ホテイラン(ラン科)

Photo_33

山の花は小さいので撮るのが難しく、へたでピンボケばかりで見苦しかったですね。

7月1日から15日までフランスに出かけてきますので暫くお休みします。

|

« 鉄人 | トップページ | フランスへ(1)コートダジュール »

コメント

なんとも凄い行動力にただただ敬服!
こうしてたくさん写真を撮っているから結果的に一休みが出来るのかもしれませんね^^。
アナウンサーの表情もいいです。

投稿: saheizi-inokori | 2009年6月28日 (日) 08:54

うわぁ~すごい行程を、それも長時間にわたって歩かれたのですね!
何だか足がすくんで震えてしまいそうな場所まで…
でも、おかげさまでこんな珍しい植物を私まで見せていただけて、
ありがとうございます。高い場所のものはやはりみな背が低く
張り付くようにして生えているのですね。
TVで見せてもらう美しい自然の光景や花なども、苦労して撮影
されたものなのだと改めてありがたさを感じました。

明後日からはフランスへ行かれるのですね。
またご帰国後に旅紀行を拝見できるのを楽しみにしています。
どうぞお気をつけて、大いに楽しんでいらしてください♪

投稿: ポージィ | 2009年6月29日 (月) 11:34

★saheizi-inokoriさま

確かにそうです。フラワーウォッチングは花を観察しながらですので、写真を撮ったりでゆったり登りますので、とても楽です。
しかし個人旅行と違って、1つの花を撮影する人が列をなすので、慌てて撮りますから、ほとんど得心のいくのが撮れません。

松村アナはファッションも決まっていて、愛想の良い方でした。
昨日お返事、失敗していて、コメントされてなくてびっくりです。
すみませんでした。

投稿: tona | 2009年6月29日 (月) 15:09

★ポージィさま

高山植物はこのツクモグサのようにわざわざ風が強く吹き付ける側のガレ場に咲いています。栄養もなく、温室育ちと全く逆の環境です。
偉い、逞しいねと声をかけたくなります。
テレビで高山植物を観ていて、同じのに出会えた時は嬉しかったです。
高い所はツツジ科というのも多いです。
そうですね。テレビで撮影されている美しい花もあの重いカメラを提げて登って撮られているのだなあと、有難いことなんですね。

では行って参ります。何事もなく、無事に帰
れるといいのですが。
有難うございました。

投稿: tona | 2009年6月29日 (月) 15:18

9時間もかけて八ヶ岳の縦走、厳しいコースをよくもやり遂げましたね。
第二の鉄人現るです。
山がそこにあるから登る。自然がいっぱい。未知の世界がある。
頂上を極めた時の感激。山頂からの大パノラマ。登った者でなければ味わえない感慨。
それを求めて人は山に登る。
すばらしい眺めと、自然の中に咲く花々を満喫されましたね。
そこにしかない固有種、みなすばらしいですね。
厳しい環境に逞しく生きてこそ、美しく可憐に高山植物は咲くのですね。
たくさんの珍しい高山植物の花々を見せていただき感激です。
ツクモグサ、勿論初めてです。
イワカガミも是非見たかったものの一つでした。満足です。

若い頃は、暇さえあれば山に登った。
中でも印象に残っているのは、九重連山です。
春、夏、秋とよく行った。
春の山ろくの新緑、初夏に咲く、大船山頂付近の一面のミヤマキリシマの景観は今でも忘れられない。
秋の紅葉もまたすばらしい。
だから山に登るのです。
あの頃は、撮った写真を自分で現像、焼付け、引き延ばしまでやっていた。
勿論、モノクロです。その道具は今でも捨てられずに物置に眠っている。
アルバム一冊に残る昔の記録を、時々眺めては若い頃を懐かしんでいる我輩です。

フランス旅行記、また拝見できるのを楽しみにしてます。

投稿: 夢閑人 | 2009年7月 2日 (木) 11:22

賃金カット…まさに我が家の息子の会社も賃金カットの真っ最中です。
この不景気で、ひょっとするとリストラの文字が…。
まだ若いのでリストラにあっても、何とかなるのではないかと思うんですけど
市内に何千人の職探しの人があふれるわけで
なんだか破綻の二文字が見え隠れしそうな気がします。
そんな中で、tonaさんの野草や山の景色に…かなり癒されています。

投稿: pochiko | 2009年7月 2日 (木) 23:18

あやっ!消えてしまいました…(>_<)
取り敢えず投稿出来るかどうか(・・?)…テストです…ごめんなさいm(_ _)m

投稿: orangepeko | 2009年7月 8日 (水) 13:43

tonaさん、こんにちは。
久しぶりに書き込んだら…表示されず(・・?)消えてしまいました・゚・(ノД`)・゚・
何を書いたのか覚えていなくて(>_<)覚えている部分のみ(^^;

今日は雨で…漸く時間が出来て伺ったらtonaさんはフランスでしたか(^^;
本当にお元気で羨ましいです~♪最近は体力がなく、こなしきれていません(>_<)

八ヶ岳も良いですね~♪自然生態系が豊かで…憧れます!
どうぞお元気で楽しいお土産話を楽しみにしていますね~♪(^-^)V

※表示されず消えたのは…
書きこみの途中で荷物を取りに来たので中断しました…多分それが原因かと(・・?)

投稿: orangepeko | 2009年7月 8日 (水) 13:53

 こんにちは。
 梅雨もそろそろ空けるかなと思ったら、急にムシムシしてきて、東京は何かと過ごしにくいです。フランスの空の下にいらっしゃるtonaさんがうらやましいです。
(行ったことないのでどんなだか知りませんが・笑)
 朝、蒸し暑さに目覚めて、この前の北海道やこの八ヶ岳などの、なかなか普段見られないような風景や、花々の写真を見ると、それだけで少しさわやかな気分になれます。
 水辺の花の写真が多いのも涼しげでいいす。
 それにしても、今回の富士山の写真もすごいですね。まるで、飛行機から撮ったみたい。こんなところを歩いてらっしゃるのだから、驚きです。
 元気に帰国されて、またいろいろお話を聞かせていただくのを楽しみにしています。

投稿: Nora | 2009年7月13日 (月) 11:02

★夢閑人さま

今日帰ってきました。
コメントありがとうございました。
夢閑人さんも山男だったのですね。
憧れの山男さんには縁がありませんでしたが、その山男が経験していることを後年になって味わっております。
山ツアーに一面のミヤマキリシマを見るのや利尻島礼文島の花を見るとか大雪山、北岳などがありまして、いつか行ってみたいと思っている山です。九州や北海道は遠いですが想像しただけでも胸が躍ります。
まずはミヤマキリシマからですね。
ご自分で現像や焼き付けや引きのばしまでなさってしかもそのアルバムを今でも手元で眺められるとは、素晴らしいですね。
若返るのではありませんか。
北海道の時とは違って今回は頂上が晴れて360度の絶景を眺められたことは登った甲斐があるというものです。それにプラス花ですから、また登りたくなります。もう少し頑張ります。
ここにはイワカガミがあちこちに群生していました。
ツクモグサなど高山植物のたくましさを見ることができました。
フランス旅行のこと、また見ていただけるそうで嬉しいです。

投稿: tona | 2009年7月15日 (水) 21:06

★pochikoさま

コメントありがとうございました。
お返事遅くなってすみません。
都議選の結果は無駄遣い専門の党をもう支持しなくなった現れですね。
少しでもましな政治をして、若き働く人々を押していただきたいものですね。

少し高度を上げると咲いている花がどんどん変わっていきます。
風雪に耐えて可憐に咲く花をこの目で、こんな年になってから見られて、元気でいられることに感謝です。気は弱いのですが。

投稿: tona | 2009年7月15日 (水) 21:15

★orangepekoさま、こんばんは。

今日帰って来ました。
コメントを2度まですみませんでした。ありがとうございました。
私などはこんなことが日常茶飯事でいつも泣きっ面です。中断というのもなかなかなどれないものですね。

今回は日数が長く、暑かったので体力を試されましたが無事家に辿りつけました。

八ヶ岳の固有種というのもあって感動しました。高い所にけなげに咲いている姿はただ可愛いとばかり言ってはいられません。環境の激変にも負けずに咲き続けてほしいと願わずにはいられませんでした。
またバカ旅行記を見ていただけるのですね。
簡単にと思っていますのでよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2009年7月15日 (水) 21:24

★Noraさま、こんばんは。

今日帰ってきたのですが、暑くて暑くてたまりません。これから2か月も続くのですね。
コメントをありがとうございました。
ヨーロッパは日差しは強いのですが、木陰に入ると涼しく、熱帯夜というのもなくて羨ましいです。
もっと暑い国々もあることですから愚痴ばかりも言っていられませんが。

富士山も3000m近くの高さの山からだとこんな風に見えるのですね。
クリンソウのお花も水辺でばかり見ました。湿地帯の花は志賀高原や八島湿原などでも見ましたが、ミズバショウばかりではなく、いろいろあるのですね。

無事帰り着きましたので、紀行の方もまた見ていただけたら嬉しいです。

投稿: tona | 2009年7月15日 (水) 21:43

はじめまして!

八ヶ岳ですか。富士山きれいですね(^^♪
コマクサは咲いてませんでしたか?
私は、20年以上前に登りました。
途中、霧の中で、やっとこさわたった
ところが、帰路で、えーこんな絶壁だ
ったの~。また、山小屋では、荒天気
なのに、屋根の直下で風の音ですごく
怖かったですよ。このあと、お風呂
ができたそうで、また行ってみたい
です。

投稿: Tommy | 2009年7月17日 (金) 21:12

★Tommyさま

初めまして。
コメントをありがとうございました。

もう20年も前に登られたのですね。
こんな素晴らしい山にもっと早くにあっていたらと思いました。
下山の日は雨でしたが、この日は素晴らしいお天気に恵まれました。
コマクサは見られませんでした。もう少し後に咲くのでしょうか。

まあ、霧の中を歩かれたのですか。恐ろしいですね。いろいろ体験されたご様子が伝わってきました。
お風呂ですが、五右衛門風呂だそうで、時間がなくて私は入れませんでした。残念です。

Tommyさんの所にもまた伺わせていただきます。ありがとうございました。


投稿: tona | 2009年7月17日 (金) 22:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/45470905

この記事へのトラックバック一覧です: 八ヶ岳のツクモグサ:

« 鉄人 | トップページ | フランスへ(1)コートダジュール »