« 青いケシ | トップページ | 塩野七生著 『ローマ亡き後の地中海世界』 »

2009年6月13日 (土)

三窪高原のレンゲツツジも

東京の外れ奥多摩湖から山梨県側に青梅街道を走ると大菩薩岳があります。その近くに柳沢峠があり、富士見百景の1つです。
この峠を降りると塩山に到達します。
この柳沢峠から登るのが「咲き乱れるレンゲツツジの三窪高原」と言われる高原で、標高1650mあり、富士山、南アルプス、奥秩父の山々など360度のパノラマが広がる絶景の場所です。
ところが雨で視界ゼロ、レンゲツツジは咲き乱れることはなく、どうしたわけか減ってしまってさびしい限りの高原に変貌していました。

今、日本では鹿、猿、熊などが増えて、山だけでなく農作物まで被害が及んでいます。
先ごろのニュースでは、蜂や雀に異変ありで、減ってきていると報道されています。それも温暖化による複雑な影響が及んだとも。
蜂は怖いけれども、花粉を運ぶから益虫であり、果物や農作物が実を結ばなくなる。稲作に害を与える雀がもし回りにいなくなったら、寂しいと感じるでしょうね。
山でも温暖化で植物が高いところへ移動していかねばならず、または絶滅への道を歩んでいます。
心ある人々によって、そうしたことを食い止めようと、里山を復活し、ビオトープを造ったり、山林を管理したり、あるいはナショナルトラスト活動などがなされています。
破壊者も多いけれども、守る人もいてこの世はまだ捨てたものではないの感を深くしますが、絶滅に追いつかないのが現状です。

↓ぽつんぽつんとあったレンゲツツジ

Photo_2

Photo_3

↓ヤマツツジは花がレンゲツツジに似ているが葉が違う

Photo_4 Photo_5

↓キレンゲツツジ(レンゲツツジと同じく花も蜜も有毒)

Photo_6 Photo_7

↓トウゴクミツバツツジ(東国三つ葉躑躅)がこの高原には多い

Photo_8 Photo_9

アジサイで有名な塩山の「放光寺」は周防正行監督、本木雅弘主演映画「ファンシイダンス」のロケ地。アジサイはまだでした。
↓風格のある本堂              ↓人形塚

Photo_10 Photo_11

↓庭園

Photo_12

↓見たことのない木の花がありました。

Photo_13

|

« 青いケシ | トップページ | 塩野七生著 『ローマ亡き後の地中海世界』 »

コメント

tonaさん、こんにちは。
とてもきれいな庭園ですね。
風格のある本堂、人形塚・・・
心が落ち着きますね。
わたしは写真のことがさっぱりですが、
みなさんきれいに配置されますね。
おかげさんで楽しませてもらっています。
昨日、外へ出たら、アガバンザスが咲きかけでした。

投稿: まほ | 2009年6月14日 (日) 08:17

バスで行ったのですか?
失われていく自然、人間たちのとくにリーダーたちの志、情けないです。

投稿: saheizi-inokori | 2009年6月14日 (日) 09:57

雨の中だったのですか。
でもツツジが綺麗です。
蜜に毒のあるツツジがあるなんて知らなかったです。

お寺の人形塚のお人形、とっても可愛いですね。
じっと見ていますと心が和んできます。

本当に最近、自然界に異変が起こっているのを良く耳にします。
また、梅雨に入ったのにその日から、晴天続きで、風も北よりで気温が高いのに、湿気が無く家の中では涼しいくらいです。
これはありがたいのですが、何かおかしい気候です。
だから自然界の生き物も、適応できないのかもしれませんね。

投稿: anikobe | 2009年6月14日 (日) 19:06

★まほさま

こんばんは。
まあ、もうアガパンサスが咲き始めましたか!私の家の方ではまだ1つも花を開いていません。
武田信玄の活躍した場所ですが、この放光寺はお庭も広いし、牡丹や菖蒲、躑躅そして紫陽花の名所でおっしゃる通り、心が落ち着くなかなかのお寺でした。
人形塚の石像も心和みますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年6月14日 (日) 21:16

★saheizi-inokoriさま

はい、マイクロバスで行きました。
こうしてだんだんと山の上まで自然生態系が崩れていくのを見ると、いずれはもっと私たちの身の周りにまでいろんな形で押し寄せてくるのでしょうね。
本当に日本のリーダーたち、世も末の状況です。少しは心ある人が出ないものでしょうか。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年6月14日 (日) 21:22

★anikobeさま

霧雨のような雨で合羽使用です。
そのためせっかくの眺望も視界がなくて残念な思いですが、一方登ることにも意義があるのでがっかりという感じは持たないことにしました。

武田の里にはこうした心静まるお寺が点在しています。

この頃の気象は世界中で異変が起きて、それが生物界まで及び、山だけでなく海の中もサンゴ礁など大変なことになっていますね。砂漠化もどんどん進み、熱帯雨林の減少によっても生態系が崩れ、氷河や両極の氷もどんどん融け、子孫はどうなるか心配です。
そうです。梅雨なのにからっとして変ですね。自分さえよければというのも許されなくなってきました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年6月14日 (日) 21:34

tonaさん、おはようございます。
いろんなところに移動されていますね~♪体力がおありなのが羨ましいorangepekoです(^^;
お陰で…いろんな処を見せていただけて有り難いです~♪

「レンゲツツジ」…スッキリしていてきれいですね~♪
「アジサイ」はご覧になれなくて残念でしたね…こちらでは見頃になっています~♪
「アジサイ」とお寺はあちこちにありますが…相性が良いですねヽ('-'*)~♪

白いお花は「バイカウツギ」の園芸種(?)のように見受けますが…如何でしょう…

投稿: orangepeko | 2009年6月15日 (月) 09:04

 
せっかくの名所にも異変が起きているとは残念ですね。
見せていただいた花たちはみなどれも綺麗でしたけれど…。
蜜蜂や雀の激減が言われていますね。何が原因しているのか…
原因は複数が絡まりあっているのかもしれません。
うちの近所でも、冬の間ほとんど雀を見かけなくて
これはおかしいと感じました。この頃やっともう少し多く
見かけてほっとしますが、それでもひところよりはうんと
少ないです。蜜蜂もあまり見かけないような気がします。
壊すときは一気に急速・大規模に壊され、里山復元などは
少しずつゆっくりしかできませんものね。
壊す前にたちどまらなくては…。
 
最後の白いお花、私もバイカウツギかなと思いました。
 

投稿: ポージィ | 2009年6月15日 (月) 11:05

★orangepekoさま、こんにちは。

この頃は体力が衰えずに維持されているような感じです。訓練しなければたちどころに下降線を辿ることになりそうなので、頑張ります。
本当にお寺にはアジサイで有名なところが多いのですね。以前は私の中では鎌倉の明月院だけでしたが。
この辺でも咲きごろになり、梅雨空に似合っています。

バイカウツギありがとうございました。
葉もちゃんと写真に撮っておいたので、バイカウツギでした。
あちこち出かけての画像をご覧いただきありがとうございます。


投稿: tona | 2009年6月15日 (月) 15:30

★ポージィさま、ありがとうございます。

まだポツンポツンと残っていますので、山のツツジたちが全部なくならないようにと祈りました。

ポージィさんのご近所でもやはり雀や蜜蜂が少なくなったのをお感じですね。
私も冬場は雀を見かけませんでした。
近くの雀のお宿もひっそりしています。
蜜蜂も以前はメダカの箱に怖いほどたくさん来ていて、近寄れなかったくらいでした。
今年は全然来ません。
いやな蚊やナメクジは全然減る気配はないのですが。
本当に何事も破壊は早く、失ったものは植物も、朱鷺や(パンダのような)動物も人間の手を借りても、なかなか元のようにならないことはすべてに通じ、怖いです。

バイカウツギありがとうございました。聞いてはいたのですが、見ても全然わかりませんでした。

投稿: tona | 2009年6月15日 (月) 15:48

レンゲツツジ、蕾が集まったような…一番最初の写真を見て
蓮華の花に似ているように思えました。
だからなのかなぁ~名前の由来ってのは…なんて勝手に決め付けちゃいましたが。
オレンジのレンゲツツジもきれいですが
クリーム色のレンゲツツジもステキ、優しい色合いですね。
見た事のない木の花…tonaさんにもあったんもですね。
ちょっと ホッとしちゃいました(笑)

投稿: pochiko | 2009年6月16日 (火) 00:05

★pochikoさま、おはようございます。

そう言われてみますとレンゲに似ているような。
花や木の名前の謂れには面白いのがありますね。
黄レンゲは初めてです。本数も多くなかったです。pochikoさんの方にもレンゲツツジはやはり少し登らないとないのでしょうね。
山で迎えてくれる優しい色合いのツツジですね。

いえいえ、全然知らない花木の方が多いです。おまけに次見たときは忘れていますしね。もっとじっくり勉強したいのですが、どうも時間がとれません。言いわけですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年6月16日 (火) 08:04

 ツツジもそうですが、パノラマが見られず、残念でしたね。わたしも写真を見ることができずがっかりです。(笑)
(新しい記事の赤木山では、群落が見られてよかったです)
 それにしても、百〇〇や、十〇〇、など、ほんとうに多いですね。江戸時代以前から続く日本人の特性みたいです。
 誰が決めたのか知りませんが富士見ポイントが百もあるとは驚きです。
 このようなものは、選ばれた意外にも、すぐれたものが多いでしょうから、あまりこだわるのもどうかとは思いますが、まあ、目安になっておもしろいですね。
 

投稿: Nora | 2009年6月18日 (木) 13:11

★Noraさま

この頃雨女に戻ってずっと雨にたたられています。梅雨だからしょうがないですが。
ここからは富士山やら秩父やら絶景だったのに。
赤城山の間違いでした。文中早速訂正しました。こんな間違いをしてはいけないですね。ブロガー失格です。すみませんでした。

○○百選など江戸時代からの日本人の特性、本当にそうですね。滝や夕日や渚や橋などいろいろあります。外国にはないようですね。
選ばれたのは参考になりますが、1番いいのは自分で選べたら。でも資力と暇がなくては。後者はあるのですが。
こちらにもコメントありがとうございました。

投稿: tona | 2009年6月18日 (木) 20:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/45326315

この記事へのトラックバック一覧です: 三窪高原のレンゲツツジも:

« 青いケシ | トップページ | 塩野七生著 『ローマ亡き後の地中海世界』 »