« 黄色いスミレ | トップページ | 八ヶ岳のツクモグサ »

2009年6月25日 (木)

鉄人

登山でご一緒した、私たちが鉄人と呼んでいる人がいます。
今年80歳の女性で、凄く元気でストックなしでひょいひょいと登ったり下ったり、そのスピードの速いこと、一回り下の私も敵いません。若い頃からずっと登っていたようです。お食事もバイキングのとき、私の1.5倍くらい召し上がります。
おまけに私たちのためにおやつや果物の入った重い荷物を背負って。私は重いのは体力を消耗するので、人様の分のおやつはほんのちょっぴりしか持って行きません。頂く果物の美味しいこと。
鉄人さんはまだ現役で目いっぱい勤めています。出張も多く、昨日帰ってきたばかりで山へ出かけてきます。あるときは夜、山から帰ってくると、着替えて夜中のライブに出かけ、始発電車で帰宅し、そのまままた勤めに出かけるとか。
北海道のときも羽田からまたどこかへ出かけていきました。何の勤めかは絶対秘密だそうですが、月収200万円とか。英語も堪能のようです。
驚いてしまったのがビルの40階あたりにあるオフイスまで階段を上ってしまうそうです。私が日頃上っているのが9階までで、結構ふうふう言ってますから、40階なんて考えられません。年齢よりかなり若く見えます。羨ましいのが80歳になってもまだお勤めが出来ることです。

↓所沢の早稲田キャンパスの近くを歩いていたらトトロの森も近くですから、こんな杉の枯葉で出来たトトロを見かけました。
↓左ト全の墓の案内板 異母姉が歌人の三ヶ島葭子(6000首も発表し40歳で昭和二年に没した)

Photo Photo_2

↓切り株にフクロウの彫刻が

Photo_3 Photo_4

↓ヘラオオバコ(オオバコ科) 

Photo_7 

↓ネジバナ(ラン科)の群生があった。花が小さいので撮るのが難しい花。
Photo_6

wakasamaさんに教えていただいたチョウが2種類飛んでいました。
↓ホソオチョウ(アゲハチョウ科:細尾蝶)  ↓ミスジチョウ(タテハチョウ科:三筋蝶)

Photo_8 Photo_9

|

« 黄色いスミレ | トップページ | 八ヶ岳のツクモグサ »

コメント

鉄人さんのお話を拝見しながら、目はぱちくり口はポカン。
すごい人がいたものですね!
80歳でまだまだかくしゃく、という方はけっこうおられますが、
この方はまさに鉄人。まだお勤めを続けていられる職場というのにも
興味津々です(^^) その職場が40階!?高層ビル内なんですねぇ。
それを階段で上ってしまう…真似できません。
山から帰ってライブに行って徹夜して仕事に行く!?
真似できません。徹夜は親の通夜のときですらできなかった私です。
驚くことばかりのそんな方もいるのですね。
健康と元気とパワーの秘訣を教わりたいものです。

杉の葉トトロに切り株ふくろう、素朴なアートですね。
近くにこういうことが好きな方が住んでいるのかな。
自然が豊かそうで、その自然をいかしたアートを創り出して
見たくなるのも、自然な成り行きなのかもしれませんね(^.^)

投稿: ポージィ | 2009年6月25日 (木) 11:06

80歳現役の鉄人さんのお話にもう驚きです。
そんな方とご縁がおありだから、tonaさんも、パワーを頂いてお元気なのだと、今更のように、納得しています。

最近デジブックのご縁で、とてもお元気なご夫婦を知りました。
75歳まで現役でその後お二人で、凄い岩場や鎖場の登山をされています。
夏本番に向けての、登山だとのことですが、
やはりお元気な方は、年齢を重ねても、ますますお元気なのだと、つい弱音を吐きそうになる自分が恥ずかしく思えます。

ねじ花がもう咲いているのですね。
こちらではまだ見かけません。
運動公園を歩く時、気をつけて見るようにします。

投稿: anikobe | 2009年6月25日 (木) 13:48

★ポージィさま

目ぱちくり口ポカンのポージィさんを想像してしまいました。
かなり驚かれたでしょうね。
普通にかくしゃくとしていたいとは思いますが、こんなに元気な80歳を迎えられるでしょうか。
お医者さんにもかかってないようです。
良く食べて、短時間でもぐっすり寝て、あと何の秘訣があるのでしょうか。
そうそう、若いころからでなく、途中からビートルズファンになって追っかけでリバプールまで2度も行ったそうです。1回は出張の帰りに寄ったとか。

1つも買ったものがなく、その辺の自然のものを使ってのアートには目が惹かれますね。
アートも飽きるとゴミになるのもありますが、これはやがては自然の中に消えていくでしょうから、実に一石二鳥のアートでもあります。
これからはこういう人が増えていくでしょうか。殺伐とした事件が毎日のように起こる現在、夏休みだけでもこんな自然の中で育まれれば、ずいぶん違うのではないかと考えてしまいました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年6月25日 (木) 21:33

★anikobeさま

私も今年1番の驚きでした。
何でもすぐ投げ出して、しかもあきらめの早い私ですので、この方からパワーをいただくこの頃です。
anikobeさんのご友人ご夫妻が75歳まで現役というのも驚きですね。
そしてそれから1番きつい登山にも挑戦されているそうで、私は古希で終わりかなあと思ったのですが、負けてはなりませんね。
いいお話を聞かせていただいてありがとうございました。

ネジバナは駅に行く途中でも昨日見かけました。たった一輪です。近所ではここが初めてです。きっとそちらでもそろそろ咲き始めているでしょうね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年6月25日 (木) 21:41

老いてますます盛んなのですね。
御年80歳なのに、山登りをされて…ライブですかcoldsweats02
羨ましい余生の過ごし方ですね。
あら、余生なんて言ったら叱られちゃいそうです。
まさに鉄人です。
うちのばぁちゃんとは別世界の人なんですね。
私もこんな生き方をしたいです。
家族の世話になって生きていくのは
本人もさぞかし辛かろうと…そんなふうに思います。

ネジバナ、明るいピンク色に咲いてますね。
うちの庭に植えておいたのは、まだまだ咲きそうにありません。

投稿: pochiko | 2009年6月25日 (木) 23:08

★pochikoさま

本当に驚くべき80歳です。
ビートルズの故郷リヴァプールまで行ってしまう情熱もpochikoさんと同じです。
体のどこにも病気を病気を持っていなくて、仕事と趣味にめいっぱいの1日を過ごすなんていいですね。
私も、もう今は子供の世話にならないように、体力維持の方法を実践する日々です。

pochikoさんのお庭にはネジバナもあるのですか。いいですね。そちらはこちらより少し遅いのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年6月26日 (金) 07:48

まるで私のために書いていただいたような記事です。
負けるもんか、などと不遜なことはいいません。ゆっくり生きていけるかなあと思っています。
tonaさんも鉄人2号ですよ。

投稿: saheizi-inokori | 2009年6月26日 (金) 10:33

我輩も7/2で81歳になるが、40階までは果たして登れるかは疑問。
駅の階段は走ってでも上り下りは出来るけど。

重い荷物を背負っての山登り。夜通しの後、そのまま出勤とはまたすごい。80歳現役とはまた羨ましい。
月収200万、何のお仕事をされてるのでしょう?
いつも続けてやっているから出来ること。
続けることが如何に大切かが分かります。

所沢の三ヶ島あたりの狭山丘陵は、狭山湖も近く、まだまだ自然がいっぱいのところですね。
杉の枯れ葉で作ったトトロ、切株に彫った
フクロウの彫刻など、自然いっぱいといった感じです。
珍しい蝶もいるのですね。自然が残っているからでしょう。
昔、農家のぶどう園でブドウ狩をしたことがありました。

投稿: 夢閑人 | 2009年6月26日 (金) 10:41

「山頂の異様な<蓼科山>」、「青しケシ」、三窪高原のレンゲツツジ」、「ローマ亡き後の地中海世界」、「黄色いスミレ」等々読ませていただきました。それにしても、80歳の鉄人女性の話にはびっくりですね。広い世の中いろいろな方がおられます。体力的なことはさておき、頭脳の方はtonaさんも負けじおとらずすごいではないですか。これだけ読み応えのあるブログを続けるだけでもすごいことだと思って感心しています。私ももうすぐ80歳になりますが、この方の足元にも及びません。

さっきから、このコメント、書いたり消したりしています。どうもあまり的確なコメントが書けないのです。ご無沙汰ばかりなので、書き始めましたが、今日はこれで失礼します。

投稿: 茂彦 | 2009年6月26日 (金) 12:49

★saheizi-inokoriさま

saheiziさんは意気込みは負けていませんね。
そうですね。自分は自分で、ただ、年齢だからと老けこまないで、自分流に元気に活躍したいものですね。
鉄人2号!!ですって。まさか。
でもほんちょっぴりでも近付きたいです。
思いがけないお言葉をいただいてありがとうございます。

投稿: tona | 2009年6月26日 (金) 18:52

★夢閑人さま

7月2日、もうすぐお誕生日ですね。おめでとうございます。駅の階段を走って登り降りお出来になるとは、驚いてしまいました。
お元気ですね。それなりに秘訣があるのでしょう。
お勤めも定年を迎えてもやめないで続けてきたこの鉄人は、まだ数年続けるつもりのようです。会社で必要とされていることも元気の源かもしれませんね。
主婦ならご飯作りなどを人に頼るようなことはしないで、最期まで作り続けたいです。

三ヶ島は3度も歩きました。
植物も珍しいのまでいろいろありました。
林などが点在し、茶畑、水田もありました。
自然がこれからも壊されないようにトトロ基金などで守って行くようですね。
ぶどう園の横を通りましたよ。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年6月26日 (金) 19:11

★茂彦さま

お忙しい日が続いていらっしゃいますね。
腰痛も克服されてお元気ですね。
そんな中、読んでいただきありがとうございました。
鉄人さんは本当にまれに見る元気な方です。山登りでご一緒してこんな人もいるんだと、弱音を吐けませんでした。

いえいえ、もうマンネリでそろそろ終わりになんて言って、娘にも相談したりしたのですよ。そうしたら、娘がたまにでもいいから自分の記録としてでもボチボチやったらと言ってくれたので、力まず、読んでくださる方を退屈させてしまうかもしれませんが、あと少しは続けてみようと思いました。
そんなわけですから、これからも時々お付き合いください。

投稿: tona | 2009年6月26日 (金) 19:23

こんばんわ!今日もまた、tonaさんのところに来て、自分が野山を歩いたような気分になってしまいました。

私なんて、最近は特に運動不足・・家の中で右往左往しているだけなので・・全然駄目です。
自宅の階段でさえ、最近は・・キツイです。
でもいつか・・tonaさんみたいに山歩きしてみたいなぁ~。
それまでは、tonaさんのところで山草花を楽しませてもらいましょう。

黄色いスミレ!うぅ・・欲しい~~~って、おもわず思ってしまいました。

ネジバナ、我が家の箱庭・・今年何故か一厘だけ咲いています。
なんでか凄く不思議で・・つい数日前にみつけたんですよ。
そしたら、tonaさんのところに!
これもまた、不思議です。

では・・また来ます!(^^)!

投稿: 久美子。 | 2009年6月27日 (土) 22:21

★久美子さま、おはようございます。

花など見ていただき歩いた気分になられたそうでありがとうございます。
まだお若いから必死に歩かれなくても大丈夫。還暦を迎えられたら頑張ってください。
お手がすいたらの山歩きは健康とお花見と一挙両得ですよ。
キスミレはなかなか見かけませんね。

ネジバナが!久美子さんの庭に!
どこからか運ばれてきたのですね。凄い!
羨ましいです。大切に育てて、見せてくださいね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年6月28日 (日) 06:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/45447278

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄人:

« 黄色いスミレ | トップページ | 八ヶ岳のツクモグサ »