« 八ヶ岳のツクモグサ | トップページ | フランスへ(2)プロヴァンス »

2009年7月18日 (土)

フランスへ(1)コートダジュール

Photo 国土が日本の1.5倍で、人口が6千万人のフランスへ出かけました。
7月14日は革命記念日で15日朝日新聞にエッフェル塔に花火が打ち上げられた様子が載っていました。
今年はインドから軍隊を呼んでパレードが行われたそうで、サンジェリゼ通りに貴賓席が設けられていました。
現地で聞いた話ではサルコジ大統領は敵はどんどん粛清し、重要な敵は巧みにメンバーに引き込むという、なかなかのやり手なのだそうだ。女性問題もにぎやかとのこと。

↓乗り継ぎのウィーンには世界151都市の時計があって、東京と大阪を見つけました。

Photo_13

モナコ公国やニースやカンヌのある海岸をコートダジュールというのは、アジュール色(紺碧色)の海岸の意味を持つ。
↓その海の色

Photo_3

Photo_4

グレース・ケリーやカジノやF1そして高級ホテルで知られるモナコ公国はバチカン市国に次ぎ、世界で2番目に小さい国で人口3万のうちモナコ国籍は6千人とのこと。
狭い曲がりくねった道でのF1は想像しただけでも恐ろしい。

Photo_6 

↓カジノ               ↓大聖堂の中のグレース・ケリー王妃の墓   

Photo_7 Photo_8

コートダジュールの中心地ニースカンヌは陽射しが強く暑かった
↓ニースのシャガール美術館    ↓カンヌの映画祭会場の黒澤明の手形

Photo_9 Photo_10

またこの海岸辺りには、中世の混乱の中で安全を守るために山頂に建てられた「鷲の巣村」が点在する。
↓マチスやシャガールなど多くの芸術家に愛された鷲の巣村「サン・ポール・ド・ヴァンス」にはシャガールの墓があった。

Photo_11
↓同じく鷲の巣村「エズ」は標高427mの険しい岩山の頂上にある。

Photo_12

 

|

« 八ヶ岳のツクモグサ | トップページ | フランスへ(2)プロヴァンス »

コメント

フランス旅行お疲れさまでした。
お待ちしておりましたフランス旅行記!
楽しみにしておりました。
サルコジ大統領はやりてだが洞爺湖
サミットの時も態度が悪く老春の印象は
良くありませんでした。
旅行写真も沢山披露され、丁寧に見させて
いただきました。大聖堂の中のグレース
ケリー王妃のお墓、見せていただきありが
とうございました。
乗り継ぎのウイーンには世界各地の時計が
あるそうで、東京と大阪の時計をみつけた
そうですね。
お写真カジノ・モナコ公園やニースやカン
ヌのある海の色が抜群の綺麗な彩りでした。
コートダジュールというのは、アジュール
色の海岸の意味をもつそうで、フランスに
は行ったことがないだけに、総てが新鮮に
心に映りました。
ありがとうございました。

投稿: 老春 | 2009年7月19日 (日) 16:40

★老春さま

早速に読んでいただき、コメントありがとうございました。
楽しみにしてくださったのですね。嬉しいです。
昨年のサミットで確かにサルコジ大統領は好印象ではありませんでした。フランス国内でも国政より女性に忙しいなどと言われています。
グレース・ケリーのお墓は大聖堂の祭壇近くの床にあって、このようにお花が飾ってありました。まだ若かったのに残念なことです。
世界時計では夕方!7時半(まだまだ日は沈んでいません)で日本はもう朝の2時半でした。
写真で改めて見て、海の色が美しいと感じました。エーゲ海やアドリア海とまた微妙に色が違います。日本も沖縄に行きますと海の色がきれいですね。
こちらこそありがとうございました。

投稿: tona | 2009年7月19日 (日) 18:35

tonaさん、おはようございます(^-^)久々に朝からパソが開けられます(^^;
今日も雷雨の予報で(>_<)梅雨の終盤は穏やかではありませんね(;-_-) =3

「コートダジュール」の海は地中海独特の色で~♪流石にきれいですねヽ('-'*)~♪

「エズ」は中世の町並みが残っているのですね…時間をかけて歩き回っても楽しめそう~♪
地中海沿岸には似たような町並みが多いようですね…村全体が要塞だとか…
でも、どこを撮っても絵になりそうで…見ているだけでも愉しいですね~♪
暫しタイムスリップで遊んできました~♪(*^m^*)…有り難うございます…

投稿: orangepeko | 2009年7月26日 (日) 06:35

★orangepekoさま、こんばんは。

そちらの豪雨は凄かったですね。亡くなられた方はお気の毒でした。
雷は怖いし、パソコンが開けられませんね。
そんな中、コメントをありがとうございました。
コートダジュールの海の色が忘れられません。茅ヶ崎(実家があります)の海の色と比較になりません。
古来、ガリアからイタリアに入るのに海岸沿いではなく、アルプス越えでしたが、なるほどこんなに絶壁が続いていては入れなかったわけですね。
今は海岸沿いにリヴィエラ海岸としてずっと道路が通っていますが。
そんな地形にエズのような町が点在するわけです。
ちょっとしたキーワードでちゃんと勉強されるorangepekoさんは凄い方、偉いです!

投稿: tona | 2009年7月26日 (日) 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/45669814

この記事へのトラックバック一覧です: フランスへ(1)コートダジュール:

« 八ヶ岳のツクモグサ | トップページ | フランスへ(2)プロヴァンス »