« 千畳敷カール・栂池自然園・八方尾根の花々(2) | トップページ | オットセイ »

2009年8月31日 (月)

高瀬ダム(ロックフィルダム)

槍ヶ岳が源流になる高瀬川にできたダムで、黒部のようなコンクリートで出来た普通のダムと違います。大町市の方で黒部とも近い。
自然の、大きさも様々な石を積んだ、ロックフィルダムです。

Photo_43

エジプトのギザのピラミッドは1辺が230m、高さ147mで2.5トンの石灰岩が300万個も使われているそうです。
この高瀬ダムはその3倍の石が使われ、マグニチュード8(つまり関東大震災)の1.5倍の振動に耐えられるように、こんな丸い石をうまく積んでいるとのこと。
この間ピラミッドをどのようにして造ったかをテレビで観ましたが、こんな丸っこい石を地震にも耐えるようにどのように積んだのか興味が湧きました。
高さ176m、堤の体積が1159万m3だそうで、斜めになっているので下からは堤の上が見えません。堤にはジグザグに堰堤に登る道路があります。
発電所は山を掘って中にあるのでこれも見えません。黒部ダムの4倍もの出力(128万kw)が供給される。
Photo_44

Photo_45

Photo_46

|

« 千畳敷カール・栂池自然園・八方尾根の花々(2) | トップページ | オットセイ »

コメント

楽ちんといえども結構あっち行ったりこっちに来たりほとほと、、。
栂池とか八方池とか昔歩いたような記憶はあるのですが。

投稿: saheizi-inokori | 2009年9月 1日 (火) 15:02

★saheizi-inokoriさま、ありがとうございます。

その頃と同じように花は危機に遭わないで咲いているのでしょうね。
長野県は半日で到着できる山、高原、花に恵まれている素晴らしい県です。何度でも行きたいです。

投稿: tona | 2009年9月 1日 (火) 16:28

私が見たダムは全てコンクリートで固められて…息苦しい感じがしましたが…
このダムは良いですね~♪昔ながらの石垣で…自然に対する配慮がありますね~♪

でも良く考えたら…この石は何処から運ばれたのでしょうね(・・?)
切り出した石でもなさそうですが??…運ぶのも積み上げるのも大変だったでしょうね…

このダムの下にはどんな景観・生活があったのでしょう…想像さえもできません…

投稿: orangepeko | 2009年9月 2日 (水) 05:37

★orangepekoさん、ありがとうございます。

このように感じられるとはさすがです。
私がほんの一部的にしか見てないことに気付きました。
ダムに沈められた悲劇、そんなことがあったのですね。
今またダム問題に揺れています。
こんなことで問題を意識するのは私には良いことでした。

投稿: tona | 2009年9月 2日 (水) 05:46

8月の山はいいですね。
八方尾根に千畳敷カール。なんと言っても高山植物の花がすばらしい。
昔、登ってたころを思い出します。

ロックフィルダム。日本の石積みの技術は大したものです。城壁の美しさにも感心させられます。

粘土質の土の壁で遮水し、その上をあの丸い石で堤防を築く。地震にも強い、すばらしです。
ロックフィルダムといえば、白川郷に行く途中の御母衣ダム(庄川上流)を見ました。
2月の雪の中の景色はまたすばらしかったです。
関東では沼田の奥にある玉原ダムがそうですね。
夏、玉原高原のペンション村に泊まって(ギターの演奏発表会で行きました)玉原湖を散策しました。
コンクリートダムと違って、趣があります。

投稿: 夢閑人 | 2009年9月 3日 (木) 16:23

★夢閑人さま

この頃山に咲く花、高山に咲く花がとても好きになりました。登らなければ見られないのですから、めったに見られないわけです。
夢閑人さんはもうとっくに行かれているのですね。
こんな美しいところにやっと行かれて感激でした。

ロックフィルダムって初めてです。あの丸い石の下に粘土質の土の壁があるのですか!
地震に強いということに驚きました。
御母衣ダムや玉原ダムもそうなのですか。先日玉原高原を通って尼ヶ禿山にのぼったばかりです。玉原湖の所を歩いたのですが、気が付きませんでした。
日本の城の城壁も見事で、剃刀の刃さえ通らないほどに出来ているそうで、技術の素晴らしさに驚きます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年9月 3日 (木) 21:48

ダム湖はこちらでも見られますが、この高瀬ダムの規模には敵わないです。
しかもコンクリートで固められたダムとは違い
ロックフィルダム…古の知恵でしょうか。
景観も素晴らしいです。
しかし、どっかで見たことがあると…考えて。
以前行った大内宿手前に、高瀬ダムのような規模はありませんが
やっぱりダムがあるんです。 そこがロックフィルダムだったような気がします。
大小の石を隙間なく積み上げる技術はすごいものですね。

投稿: pochiko | 2009年9月 3日 (木) 23:59

●懐かしい山が…
ロックフィルダムは、この高瀬ダムなど揚水式発電所の上部調整池として
建設されることが多いそうです。
(コンクリートダムの建設が困難な立地条件のところなど)
難点は洪水に弱いことで、その意味でも揚水式はうってつけかもしれません。
四国にも有名な「魚梁瀬(やなせ)ダム※」があり、高知時代(30年ほど前)に
行ったことがあります。
道路が山の中腹を通っていて、見下ろした記憶がありますけど(笑)
 ※堰堤高さ115メートルで、ロックフィルダムでは西日本一

そして、「千畳敷カール…(1)」の一枚目の写真左端の「宝剣岳」。
昭和47年(だったはず)に駒ケ岳ロープウェイで千畳敷まで登りました。
軽装だったので尾根筋までしか登りませんでしたが、記憶に残っています。
そのあと見ることはなかったのですが、平成9年に家族でドライブした際、
中央高速道の駒ヶ根あたりから見えました。
路肩に車を停めて眺めてたら、道路公団のパトロールに叱られました(笑)

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2009年9月 4日 (金) 02:24

★pochikoさま

おはようございます。
コンクリートとダムとはなんて景観が違うのだろうと、巨大な石の山に驚いてしまいました。
初めて知っただけに、まだあちこちにあることを皆さんから教えていただいてこれまたびっくりです。
pochikoさんの方にもあったのですね。
この作り方の詳細はわかりませんが、なかなかの技術ですね。
しかし原子力だけでなくこうしたダムによって電気を得ている日本は、電気の無駄遣いを平気でしていますので、改めていきたい気持ちも湧きました。有難うございました。

投稿: tona | 2009年9月 4日 (金) 08:20

★讃岐の団塊オヤジさま

おはようございます。
オヤジさんは随分遅くまで起きていらっしゃって、いつもびっくりです。
本当に頑健でいらっしゃいます。
そうでした。揚水式発電なのですね。堰堤に掲示されている説明でぼんやり理解しました。
なるほどコンクリートの困難な立地条件で納得できました。教えていただきありがとうございました。
四国の魚梁瀬ダムも有名ですね。これがこの方式とは知りませんでした。30年も前なのですね!

宝剣山が目の前にありました。
登っている人が小さく上方に見えました。
この山が駒ヶ根から見えるのですか。全然気がつきませんでした。
オヤジさんはそんなに昔に行かれたのですね。ロープウェイの規模もなかなかなのですね。
先週の趣味悠々「田部井淳子の登山教室」で木曾駒ケ岳への登山でこの千畳敷カールが出て来て、もう懐かしく見たことでした。

投稿: tona | 2009年9月 4日 (金) 08:32

このサイト、初めましてです。
よろしくお願いします。

写真が素敵ですね~~

お花の名前をきちんと掲載してくださっているのも嬉しい。

また、お邪魔したいと思います。

投稿: もみじ | 2009年9月 5日 (土) 08:46

★もみじさま

ご訪問いただきありがとうございました。
写真がデジカメなので花の細部が撮れなくて残念な思いなのです。
今回、花の種類が多くて、科や謂われなどを省略してしまいました。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

投稿: tona | 2009年9月 5日 (土) 13:14

 わたしも、ロックフィルダムは初めて見ましたが、すごいですね!
 こういうのがいくつかあるんですか。
 自然の中に溶け込んだ大建築だと思います。
 これは、いつごろ造られたものなんでしょう。
 すごく接写してらっしゃいますが、この岩に登ったりできるのでしょうか。

 山の写真や、大好きなマツムシソウをはじめとする高山植物の写真も、たっぷり楽しませていただきました。
 tonaさんのおかげで、いろいろなところに行ったような気分になれます。

投稿: Nora | 2009年9月 7日 (月) 00:51

★Noraさま

こちらにもコメントありがとうございました。
現代のピラミッドですね。
こういうダム初めてで、ここだけかと思ったら、あちこちに、しかも随分昔から造られているらしいです。いつ造られたかはわかりませんでした。
この岩には登らないと思うのですが、この写真にかすかに線のようなものが見えるのが、道路です。道路がジグザグに走っていて、堰堤まで登っていきます。

高山植物、まだまだこの時期でも他にたくさん咲いていましたよ。とても覚えきれないほどです。

投稿: tona | 2009年9月 7日 (月) 05:36

こんばんは、久し振りに訪問したら千畳敷から風の盆まで、またまたバイタリティに富んだ行動記事が並んでいて驚きました。
悠々自適に暮らしていらっしゃるtonaさんが羨ましいです。

ロックフィルダムには、我が社の丹沢湖上流にある三保ダムも入っています。
tonaさんは丹沢湖(三保ダム)へは行ったことがありますか?
コンクリート製のダムにも、重力式ダムとアーチ式ダムがあって、立地条件により作り分けられています。
日本のダム技術は世界一ですよ!

投稿: wakasama | 2009年9月12日 (土) 22:27

★wakasamaさま

おはようございます。
毎日本当に活動できます。
昔の仕事人間のときの忙しかった時間を取り戻しています。
丹沢湖の三保ダムもロックフィルダムなのですか。行ったことがありません。
コンクリートのも2種類あるとは知りませんでした。また勉強になりまして、ありがとうございました。
世界一の日本に誇りがわきます。

投稿: tona | 2009年9月13日 (日) 05:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/46083453

この記事へのトラックバック一覧です: 高瀬ダム(ロックフィルダム):

« 千畳敷カール・栂池自然園・八方尾根の花々(2) | トップページ | オットセイ »