« フランスへ(4)ロワール流域古城からノルマンディー地方へ | トップページ | 映画「西の魔女が死んだ」 »

2009年8月10日 (月)

フランスへ(5)ヴエルサイユ宮殿とパリ

Photo ヴェルサイユ宮殿 73mの「鏡の間」を始めとして、聞きしに勝る豪華絢爛。マリー・アントワネットが大勢の人が見守る中でお産したベッドを見て、私生活のない王家の悲哀が伝わってきます。
広大な庭園も40年かけて完成したというフランス式庭園の最高傑作で、全部回るには一体どのくらいの時間がかかるのであろうか。
真似て造ったウィーンのシェーンブルン宮殿など絶大なる王の権力を見せ付けられるものです。搾取された人民のの呻き声が聞こえてきそうです。

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_6

↓パリ郊外の水の上の家 今は人が住んでいないらしく鳩の宿のようである
Photo_7

「芸術の都」「花の都」パリ、 3度目なのでお馴染みのところ。1日の自由時間は、今回はルーヴル美術館に4時間も居たので、午後は駆け足となってしまいました。地下鉄に乗れるようになったのが今回の収穫です。どこもテレビなどで馴染みの写真ばかりです。

[パリ点描]
↓昼間のエッフェル塔  ↓夜のセーヌ川クルーズでライトアップされたエッフェル塔

Photo_8 Photo_9

↓ルーヴル美術館のガラスのピラミッドと噴水 

Photo_10

↓セーヌ河畔には古本屋や絵画商が多い

Photo_25

↓ノートルダムの聖歌隊には日本の女性らしき人が2人見えた
↓オランジュリー美術館はやっと改修が終わって8枚の巨大な睡蓮の絵やルノアール、ユトリロなどの絵をたっぷり味わった

Photo_14 Photo_15

↓サント・シャペルのフランス最古のステンドグラスは見ごたえがある

Photo_16

↓マドレーヌ教会             ↓ミロのヴィーナス(ルーヴル美術館)   

Photo_19 Photo_20

↓マドレーヌ教会内のペットボトルで出来たマドレーヌ教会  

Photo_21

↓モネが到着する列車を描いたサン・ラザール駅

Photo_22

モネには駅ホーム北側よりウーロップ橋とその下を通る線路を眺めた場面の絵がある
↓ウーロップ橋から駅を眺めた

Photo_24

今回正味12日間に撮った写真は1200枚で、あとで整理するのに嫌気がさしたほどです。
その中から選ぶのは至難の業でしたが、あまり上手くはないのを見ていただいてありがとうございます。
パリに到着する数日前、ブヨに刺されたらしく25箇所も腫れ上がって、痒いだけでなく熱を帯びていました。
帰国するや否や医者に直行し、飲み薬と塗り薬を処方してもらって2,3日で楽になったのでした。海外での虫刺されは初体験です。この後で山に行ったらブヨに刺されたがちょっと症状が異なって、友人たちによるとフランスで刺されたのは南京虫ではないかとこと。ホテルにいたのですね。あの痒さやだるさを思うと、薬の乏しかった戦時中の兵隊さんなどの苦しさが思われます。
    

|

« フランスへ(4)ロワール流域古城からノルマンディー地方へ | トップページ | 映画「西の魔女が死んだ」 »

コメント

本当にエネルギッシュな旅行、見ているだけで圧倒されます。
私は山梨八ヶ岳のふもとでのんびりじいさんです。

投稿: saheizi-inokori | 2009年8月11日 (火) 07:33

★saheizi-inokoriさま

いつもありがとうございます。
八ヶ岳の麓ののんびりじいさんですか!
いいですね。
1昨日、登山の帰りに川上村から野辺山駅や清里のあたりを通って須玉インターから中央高速に出て帰りました。

投稿: tona | 2009年8月11日 (火) 09:36

北フランスの観光と言えば、モンサン・ミッシェル、にヴェルサイユ宮殿。パリのルーヴル美術館にノートルダム寺院。エッフェル塔はなどは必ず行くでしょう。
6年前の3月末から4月はじめにかけて行きました。

パリはたっぷり2日間あったので、ルーヴル美術館はゆっくり見ようと思いましたが、ものすごい人でした。各国の観光客が1度に押しかけたのでしょう。日本人もいっぱいいました。何かうんざりして2時間くらいで引き上げました。

ヴェルサイユ宮殿はさほど人は多くなかったのでゆっくり見られました。
広大な庭園を少し歩きましたが、とにかく広い。歩き疲れました。
花の都パリ。ここの庭園も相変わらず花がきれいですね。
全部見るとしたら、2~3日はかかるでしょう。
膨大なお金と時間をつぎ込んで造った庭園。
王室の贅沢三昧に苦しめられた国民が怒り、革命が起こるのは当然と頷けます。

最後の一日は朝から自由行動。
娘に頼まれたバッグとチョコレートを先ずゲットすべく、パリ在住のガイドさんに扱っている店を聞いて出かけました。
バッグは三越で、チョコレートは日本のスーパーみたいなところで買いました。
軽食カフェで昼食。サンドウィチを頼んだのですがその量の多いこと。一人分で充分でした。殆ど残りのユーロなし。

両替するところを聞いても、殆ど英語は通じない。仕方がないので、ルーヴル美術館の近くから、シャンゼリゼ通りをテクテク2時間くらい歩いてホテルに帰りました。マロニエの並木の緑がきれいでした。
おかげでゆっくり見物できました。
後から考えてタクシーなら、ホテルに着いて
マネーチェンジして払えばよかったなあと思いました。パリの思い出の一つです。

一日目の夕食は、60階のタワーレストランでとりました。
シンボルのエッフェル塔がひときわ高く、宝石をちりばめたような街の灯りの夜景はすばらしかったです。


投稿: 夢閑人 | 2009年8月12日 (水) 11:01

★夢閑人さま

同じ所へ行っても違った視点での感想が新鮮です。
ありがとうございました。
6年前にいらっしゃったのですね。春なのでまだ暑くなく、気持よく観光されたでしょうね。7月は暑くて後でどっと疲れました。
フラン革命の原点をを見るようなヴェルサイユ宮殿ですね。日本にはこんな広大な建造物はないですね。庭園だけでも2,3日ですか。ルイ14世のごり押し、無理じいの結果ですね。
ルーヴル美術館も元宮殿だけあって広いですね。モナリザの前は激混みでしたよ。フランスは結構写真禁止の所がなくて、その点大らかだと思いました。
昼食ですが、初めて外の席で人々などを眺めながらとりました。席には日が当たらなくてよかったのですが、日本人故、あまり様になっていなかったです。
お土産を買う時間がなくなり、美術館であわてて買いました。行った先々で、えいと決めてどんどん買うべきですね。
60階のタワーレストランとは素晴らしかったことでしょう。
あんなにたくさんの歴史的建造物があるパリ、そしてたくさんの美術館があるしで、何回行っても極め尽くせませんね。
春のマロニエの美しさを想像しています。

投稿: tona | 2009年8月12日 (水) 13:58

こんばんは。
颱風に地震で…心配しましたが…そちらは影響はなかったでしょうか…
今年は子どもたちが帰省しませんので…ゆっくり出来るはずなのですが…(・・?)
何故かゆとりがありません(^^;

纏めて拝見させていただきました…
建物は華やかで…どこも庭園は美しいですね~♪
歴史も踏まえて見て回られたのですね…頭が下がります…
知っているようで…知らない事もたくさんありました…(>_<)

「水の上の家」は韓国映画の中に出てきたような…(・・?)フランスだったのですね…
タイトルを忘れてしまいました(^^;

たくさんの画像を有り難うございます…今回は遊ぶことができなくて残念ですが…
また落ち着いたらゆっくりと…知らない処をネットで旅してみたいと思います(*^m^*)

投稿: orangepeko | 2009年8月12日 (水) 22:13

★orangepekoさま おはようございます。

台風はそちらの方が大変でしたね。
地震は東海地震とは違ったそうですが、つながっている大手町は震度4だったそうで、もしこれが東海地震だったらと思うとぞっとします。家具は倒れないようにしてありますが、テレビが落ちて来て打撲した人も居て、地震に対して構えなければと思います。
お子様たち帰省されないそうですが、メールなどでいつもそばにいられるようでしょう。

おお!「水の上の家」が韓国映画に出てきたのですか!どなたも知らないようでした。

セザンヌのアトリエの猫ですが、娘たちが数年前に行った時もテーブルの上で寝ていたそうです。有名になりそうです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年8月13日 (木) 08:32

たくさんの素敵な写真をありがとうございました。
世界地図を広げて,私まで旅行した気分になりました。

投稿: gaki | 2009年8月13日 (木) 16:37

★gakiさま こんばんは。

長々と読んでいただきありがとうございました。
ブログにまとめることで、見っ放しで何が何だか分からなくなっているのを、整理できますので、おかげさまです。
広いフランスの地図を眺めますと殆ど見てないことになりますが、ほんの一部分でも一生の思い出に頭に入れることができました。

投稿: tona | 2009年8月13日 (木) 19:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/45885580

この記事へのトラックバック一覧です: フランスへ(5)ヴエルサイユ宮殿とパリ:

« フランスへ(4)ロワール流域古城からノルマンディー地方へ | トップページ | 映画「西の魔女が死んだ」 »