« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月27日 (日)

ナマハゲの思い出

Photoカラスノゴマ(烏の胡麻:シナノキ科)が咲く季節です。今年も種子からです。
命名はこの種子をカラスの食べるゴマにたとえたものという。
本当に胡麻そっくりの形と大きさです。

花は葉腋に1個ずつ付いて、うつむき加減に咲きます。
オシベが面白い花です。
15個あるオシベは大中小と5個ずつありその間に長い仮オシベが5個飛び出ている。花粉を出さず、下のオシベの花粉を付けて昆虫に運んでもらうためらしい。実際には15もオシベは見当たらなかったです。

         Photo_2

         Photo_3

各地で祭りが盛んです。それぞれに意味があり、楽しみつつ、後世に伝えていこうとしています。これは万国共通のことです。
遠藤ケイ著の『海の道 山の道』に秋田男鹿半島の「ナマハゲ」のことが書いてあります。
鬼の面を付け、腰蓑風のものを巻き付け、包丁・鍬を持った鬼が各家に回って子どもを震え上がらせる、国の重要無形民族文化財です。
このルートらしきものはニューギニアの鬼面に草をまとった鬼、そして沖縄から南の島々(悪石島のホゼが有名)から青森まで伝わっている。
ナマハゲの語源は、冬囲炉裏に当たってばかりいる怠け者を懲らしめるのであるが、囲炉裏に当たって出来た低音火傷(ナモミという)を剥がして懲らしめることから「ナモミ剥ぎ」が転じて「ナマハゲ」となったとのこと。

こんなことも知らないで、高校の仮装行列大会で2年のとき、各々鬼面に藁をぶら下げて出場したら全校24クラスで最下位という苦い思い出の「ナマハゲ」です。
3年生では43人の男性がブラに蓑風のスカートを纏ってフラダンスをし、女性7人が男装でウクレレを弾いて伴奏したのが受けて1位に輝いた思い出があります。我がクラスは蓑風が好きだったのでした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年9月24日 (木)

空に棚田のような雲が

新聞の投稿川柳「シルバーは シルバーウィーク 出かけない」には笑ってしまいました。そうでない人も多かったでしょうが、そのウィークも終わりました。

連休の日々を過ごすことの有難さがいっぱいある中に、気ままにあちこち検索して、勉強できることです。
それに試験がないことです。未だに試験であせって何も書けない夢を見ますが、もう夢だけで結構です。

9/18朝、西の空に棚田のような雲が浮かんでいました。あばら骨のようでもあります。秋はいろいろな雲が出現して面白い。
『空の名前』で調べてみると、よく似ているのが[水まさ雲]で、巻層雲の細かい横筋が出来て虎の体の文様を思わせる雲とあります。
昔から雨の兆しとされているそうですが、この日雨にはなりませんでした。
Photo

クリスマスの装飾も早くなったが、犬の置物までもうハロウィン仕度です。

Photo_2

涼しくなって、蝶もクワガタムシも命を終えようとしているのでしょうか。地面でじっとしていました。
アカボシゴマダラ(タテハチョウ科)wakasamaさんに教えていただきました。奄美大島原産なのに、温暖化の影響で関東地方にもいます。このあたりのは中国産だそうです。目にすることが多くなるかもしれません。

Photo_3

クワガタムシを道で見るなんて何十年ぶりのこと。コクワガタ♂とwakasamaさんに教えていただきました。

         Photo_4

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年9月21日 (月)

金峰山と瑞牆山

深田久弥の「日本百名山」踏破をめざしている人は多い。
そして日本200名山、日本300名山や、関東圏では関東、山梨、長野、群馬、栃木などの百名山があって、これを目指して登り続ける高齢者も多いと聞く。
tona百山は小学校のときから数えて41座、意外と少ないものです。ちなみに百名山は11座。
それより田中澄江著の「花の百名山」「新・花の百名山」にはとても憧れます。春から夏にかけて花の山を少し歩きたい夢があります。

先日金峰山と瑞牆山に誘っていただきました。この2座は日本百名山で山梨県と長野県の県境にあります。
中級者向き(やや健脚向き)。頂上から見る景色の美しい山だから百名山に入るのでしょうか。
瑞牆山は中国泰山のように大きな石がそそり立って幽玄な姿でもあります。両山とも道は石ころだらけ。
山それぞれの登山道はそれぞれの味わいが違っていて、1つとして同じ感じがないのです。

金峰山(2595m)
↓林道から見た金峰山、とがった岩が五丈岩。

Photo

↓登山途中や頂上からの景色

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_5 Photo_6

↓ナナカマドの実              ↓紅葉している葉 ウラシマツツジ(ツツジ科) 高山では1番早く紅葉する落葉小低木。5cmしかならない茎(幹)で木とは思えない。Rさんありがとう。
Photo_7 Photo_8

Photo_10 

瑞牆山を望む山里の「五郎舎」は太い梁と柱、囲炉裏のある風情あるお宿で、食事も美味しく、部屋の広い快適な民宿でした。

1 Photo_11 Photo_12 Photo_13

瑞牆山(2230m)
↓林道から見える瑞牆山全景

Photo_14

同行のリーダーが「岩頭に立つと一望千里、光彩陸離」と唸った頂上からの風景です。
↓八ヶ岳
Photo_15

↓南アルプス(中央左の1番高いのが日本で2番目に高い北岳)

Photo_16

↓大やすり岩

Photo_17

↓こんな岩も

2009_0908

↓ダイモンジソウ(ユキノシタ科)      ↓ゴゼンタチナバ(ミズキ科)

Photo_18 Photo_19

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2009年9月17日 (木)

変わりミートローフ

中国四川省の民家に1本足の蛇が出たという。その映像を見て4つの指に爪まで生えているリアルさにびっくりです。
足を使うのか、使わないのか、どのように匍匐するのかなど、家主があわてて殺してしまったので定かでなくなってしまった。
色の突然変異のほかに指の数や、頭がいくつもあるなど動物界に奇異なのが生まれるのも、人間界の薬や化学物質のせいなのでしょうか。

健康診断の季節、今年は早めに来たので済ませた結果、どこも悪くないというお達しです。
ただ1つ白血球が基準値4000~8000なのに3000。これでも昨年より500も上がったので、山歩きのお陰と勝手に決めて、これからもひたすら坂道を登ることにします。

変わりミートローフを作ってみました。
電子レンジで簡単に出来て、しかも電子レンジだと不味いというイメージなのに、ペパーを利かすと美味しいです。
いつも簡単に出来て味がまあまあがモットー。手の込んだのはこの頃敬遠気味なのが反省点です。

[材料] 幅8.5cm×長さ19cm×深さ5.5cmのローフ型1本分
 合びき肉 200g
  Aーパン粉 50cc
    牛乳 大さじ2
    卵 1個
    塩 小さじ2分の1強
    こしょう 少々
 ベーコン薄切り 100g(6枚位)
 ウインナソーセージ 4~8本(型による)

[作り方]
 ①ボウルにひき肉とAの材料を入れて、軽く混ぜ合わせる。
 ②サラダ油を薄く塗った耐熱のローフ型にベーコンを敷き詰め、余分はふちにはみださせる。
 ③その上に①の生地の半量を入れて平らにならし、ウインナソーセージを埋め込むように置き、残りの生地を入れる。はみ出ているベーコンをかぶせる。私は大きい型なのでさらに上からかぶせた。
  クッキングシートをかぶせ、小皿を2枚のせて、端あけラップをする。ターンテーブルに割り箸ゲタをしてのせ、電子レンジで10~15分加熱する。
 ④取り出して食べやすく切り分けて器に盛る。クレソンなどを添える。

      Photo_2

      Photo_3

      Photo_4

      Photo_5

      Photo_7

      

        

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

国土地理院:地図と測量の科学館と筑波山

Photo Photo_2

筑波山の標高を1000m高く書きまして失礼しました。この頃ボケてしまって、穴があったら入りたい気分です。

科学館は茨城県・筑波大学のそばにあります。
パンフレットの1部を参照していただければわかりますが、とても面白い科学館です。
ロビーの足元の地図を赤と青のめがねを掛けて見ると、列島の山がちゃんと立体的に盛り上がって見え、北海道からなぞっていくとトムラウシなども恐ろしく長い縦走を覚悟しなければならないのがわかります。ここで大分時間をつぶしてしまいました。

庭の地球広場です。
地球儀の白い線で囲まれた円の部分が日本列島です。

Photo_3

この部分が直径22mの日本列島球体模型になっています。
私の目から下を見れば、高度300kmの上空から日本列島の周辺をを眺めていることになるそうで、宇宙ステーションが400kmなので、かなり地球が、日本が見えそうです。

Photo_4

↓東北の一部

Photo_9

画面をタッチすると地図や航空写真を自由自在に動かすことが出来るシステムや地図記号161種類の紹介や3Dバーチャルマップ、地震の成り立ちなどなど、半日でも足りないくらいです。
日本でさえ、広い!ましてや地球の大きさを実感です。
外に長いこと居て、展示室などほんの一部で見ただけの見学になってしまいました。

日本百名山で1番低い筑波山(877m)

Photo_5

筑波山は男体山(871m)と女体山(877m)からなっています。
ロープウェイやケーブルカーで山頂付近までも行けて、これこそ誰でも登れる百名山です。

↓雲海がきれいです

Photo_6

Photo_7

↓頂上から関東平野が一望できます。遠くに富士山も見えました。写真に写っていますが薄くて見えません。

Photo_18

↓ケーブルカーで降りていたら新宿の高層ビルなど都内の高層ビルが見えました。

Photo_10

↓麓の筑波山神社   ↓保存会の人がガマの口上をやっていました

Photo_11 Photo_12

初めて目にする花が咲いていました。
↓キバナアキギリ(シソ科) 桐の花に似ていて、秋に咲き、黄色いので付いた

Photo_13

↓ジャコウソウ(シソ科) 茎を左右に揺すると、香料の麝香に似た匂いがするそうです。後でわかったので匂いをかげませんでした。

Photo_14

↓ノブキ(キク科) 葉がフキに似ているのでフキと区別して野を付けた

Photo_15

↓ユキザサ(ユリ科)の実

Photo_16

↓サルナシの実を割るとキウイそっくりだった
Photo_17

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2009年9月10日 (木)

越中八尾・おわら風の盆

富山県の中央に位置する八尾(ヤツオ)は8つの山の尾根に開かれて付けられた地名で、土蔵造り、町屋造りの家が並んだ美しい坂の町です。
8月20日から30日までが前夜祭、9月1日~3日までが「風の盆」です。雨だと中止。
「おわら」は「大笑い」、「風」は二百十日の風の吹く頃、「盆」は旧暦のお盆にあたる9月初旬に行われるというのが語源と知りました。300年の歴史のある踊りです。
Photo

「豊年踊り」の講習会が行われて練習している人で溢れていました。
踊りにはこのほかに「男踊り」「女踊り」があります。

踊り手も25,6歳くらいでやめてしまうのだそうです。編み笠をかぶって殆ど顔が見えないところが奥ゆかしく感ぜられます。

Photo_2 Photo_3

↓子どもは編み笠をかぶらないで背中です

Photo_4

↓こちらは輪踊りの子どもたち

Photo_5 Photo_6

↓地方(ジカタ) 踊り手をやめると地方へ。唄い手、囃し方、三味線、胡弓、太鼓からなる。
女性の腰から足先までの見事な「くの字」が美しい。
Photo_7 Photo_8

夜は1万人が入る舞台を鑑賞。11の町のうち9月2日は5つの町が出演。町ごとに浴衣の色や模様が異なる。
Photo_9

Photo_10

Photo_11

↓日本の道100選に選ばれた道。石畳で電線がない。

Photo_12

↓格子戸など美しい家が並んでいる。

Photo_13 Photo_14

↓夜になるとぼんぼりに淡い灯が点って幻想的な町に変身する。

Photo_15 Photo_16

↓覗かせて頂いた民家の中。ここのご主人は数年前にこの家を買って、修復し、祭りのこの時期だけここに寝泊りして町を盛り上げているとのこと。
太い梁、囲炉裏、天井も高く飛騨の匠の技があちこちいかされている。
↓踊りに出ない女の子も浴衣姿で、艶やかである。

Photo_17 Photo_18

八尾といえば、夏は蚕、冬の副業が和紙作りで楮も多く気候風土が和紙作りに適していました。
富山藩の薬売りの薬袋にこの和紙が使われたとか。今は1軒だけになってしまって、おわら人形などが作られています。

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2009年9月 6日 (日)

オットセイ

Photo_2マイクロバスの中で美味しそうな「タタキゴボウ」が回ってきました。
皆がオットセイと言っています。
「どこにもオットセイなんかいないじゃない」
「違うのよ、夫製よ。Mさんの夫が作ったのよ」 タタキゴボウはなかなかに美味しく出来ています。
退職されてからグングン腕を磨いて、調理師になればよかったとまで言っているとか。台所はお任せして、こうして外に出られるのですね。
こうした夫たちが今はたくさん居るようです。男性も定年退職されたら、自分一人のときの食事は自分で調達できるようなってきたのは喜ばしいことです。
今朝の新聞の「声・若い世代」の欄に[料理にはまってしまった僕]と題して14才の中学生が書いています。
料理は女がやるものと思っていたのが、家庭科の課題で作ってから、はまってしまって、これからもいろいろ作れるように頑張るという内容です。
思わずこの男子に「頑張れ!君の人生で凄いプラスになると思うよ」と心の中でエールを送ってしまいました。

群馬県沼田市の迦葉山・弥勒寺の天狗面

Photo

ここには高尾山、鞍馬寺と並んで日本三大天狗の1つ、日本一大きい天狗(顔の丈5.5m、鼻の高さ2.7m)がある。
沼田まつりでは、交通安全身代わり大天狗(顔の丈4m、鼻の高さ2.5m)が女性だけで担がれるという。 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »