« 「コウヤボウキ」と「~ハグマ」 | トップページ | 「文化」の日 »

2009年10月28日 (水)

ツリフネソウの種で遊ぶ

Photo_7 METARU LOUPE 10Xで見る植物は万華鏡で楽しむのに似ています。観察会では花弁や蕊、茎の毛、葉脈などいろいろ見て楽しみました。
神様は植物にも肉眼で見えないようなところまで、こんなに美しく神秘的に創られたのかと、いつも感動の連続です。
心が晴れないときなど、その辺りの花をルーペで覗けば、いっぺんに上機嫌になれるでしょう。

今月の観察会ではまずツリフネソウの膨らんだ種に触って種を飛ばすこと。ちょっと触れただけで種の袋がくるっと捩れて丸まって落ちたりして、中の種が遠くの方へ飛んでいくのです。こんなことなのに何て面白いのでしょう。童心に帰ったひと時でした。
前回ではカヤツリグサで蚊帳を作りました。懐かしい遊びです。
↓ツリフネソウ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)の種は緑。花がぶら下がっている姿が、花器の釣舟に似ているので付いた名前。

Photo_8

イヌホオズキのイヌは「犬」でなく否(いな)。ホオズキに草姿が似ていながら実の形状がまったく異なることからである。
↓イヌホオズキ(ナス科)          ↓アメリカイヌホオズキ(ナス科)
 花色は白                    花色は淡紫色
 花柄が出る場所が少しずつずれる      花柄が同じところからいくつも出る

↓ヤクシソウ(キク科オニタビラコ属)苦いので薬になると思われて、薬師草の名前になったのに、薬効が殆どないということだ。

Photo_11 Photo_12

↓シンミズヒキ(新水引・タデ科ミズヒキ属)ミズヒキと同じく上から見ると紅く、下から覗くと白く見える。
 葉の表面にミズヒキのような黒班がなく緑色。ミズヒキに比べて花が少し大きく間隔を密につける。

Photo_13

↓ヤブタバコ(キク科ガンクビソウ属)藪に生え、茎につく花は煙管の雁首に似る。しわのある葉は「タバコ」の葉に似るから

Photo_14

秋はいろいろな色の実が多い。
↓スズメウリ(ウリ科スズメウリ属)    ↓ヒヨドリジョウゴ(ナス科ナス属)

Photo_15 Photo_16

↓ウメモドキ(モチノキ科)
Photo_17

↓バッタ

Photo_18

|

« 「コウヤボウキ」と「~ハグマ」 | トップページ | 「文化」の日 »

コメント

>煙管の雁首に似る
今の子に言うときは逆かもしれませんね。
花の名からキセルとか雁首の形を教える?^^。
たくさんの花をありがとう。

投稿: 佐平次 | 2009年10月28日 (水) 10:06

私、ブログを始めなかったら、ただの花好きで表面だけを見てきれい、可愛いと言ってただけだと思います。
草花たちにしたら「失礼ね!」って名前をつけられた可哀想なものもあるけど、どの草花も個性豊かで子孫をつなぐための工夫やワザを持ってますよね。
知れば知るほど、自然界の不思議、素晴らしさに感動します。
お散歩が出来なくなって久しく、もっぱら出先の風景写真ばかり撮ってますが、tonaさんの記事を拝見したら草花たちに会いに行きたくなりましたよ。

投稿: ちょびママ | 2009年10月28日 (水) 11:20

植物たちの造形って面白くて奥が深いですね。
仰るように、私たちの肉眼では見えないものもいっぱいあって、
しかもそれがとても美しいことも!なかなか細かいところまで気づかずに
目立つ花ばかりに目がいって終わりになってしまいますが。

ツリフネソウも花には会ったことがありますが、実はみたことありません。
ちょっと触れただけでそんな風に弾けて飛ぶんですね。同じ科のホウセンカの実は
弾けさせて遊びましたが、ツリフネソウでも楽しそう~

イヌホオズキとアメリカイヌホオズキは、いつも見分け方が
どっちがどっちだったか分からなくなってしまいます。どうやったらちゃんと
覚えられるでしょう(^^;)

ミズヒキの葉に、黒い模様があるのとないのがあることには
気づいていたのですが、模様がないのは「新」ミズヒキなんですか。
花も少し大きめとのこと… そうか、そうだったのですね!

スズメウリ、去年見たところで今年も生っているのかどうか、
確かめに行きたくなりました。
 

投稿: ポージィ | 2009年10月28日 (水) 12:12

★saheiziさま

本当にそうですね。
煙管のようにもうどこの家庭からも消えてしまったものを、博物館だけでなく、花から教える、、なるほどそうなるかもしれませんね。
花にはこうした命名がたくさんありますね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年10月28日 (水) 19:49

★ちょびママさま

ブログは自分の勉強になりますね。
動物だけでなく、植物も涙ぐましいといえる方法で子孫を残すということが、蕊のあたりを覗いても良くわかります。
いろいろありますが、カラスノゴマのシベには驚いたものでした。
1つ1つ丹念に見ていきますと楽しいですね。
ちょびママさんは珍しい山野草も上手に育てられていらっしゃいます。山で出会うとき、どこかで聞いたことがあるというと。ちょびママさんのブログだったということもあります。
お時間ができたら花探訪をされて、いろいろ見せていただけるのを楽しみにしていますね。ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年10月28日 (水) 19:59

★ポージィさま

本当に植物の造形、色といい、形など素晴らしいのがいっぱいです。ネットのおかげで、私が一心にルーペで見る世界を、写真に撮られて見せていただけるのがありがたいです。
どうやってルーペの中の細かい部分を写真に撮れるのでしょう。世の中凄い方ばかりです。

そう言われてみますとホウセンカの種も良く飛びますね。花の下に黒い種がたくさん落ちています。
イヌホオズキとアメリカイヌホオズキの区別、とりあえず、色の違いにしました。ただ、アメリカイヌホオズキに白もあるそう
ですが。
今回実になっているのも多かったので、実がぶら下がっている元(果柄の付け根)が良く見えて、同じ所から5つも6つも実が出ているのをイヌホオズキと覚えました。わかりやすかったです。←同じ所からはイヌホオズキでなくアメリカイヌホオズキでした。反対に覚えてしまっていてすみません。今度はしっかり覚えます。

新ミズヒキは私も初めて見て、教えていただきました。これから葉に注目しようと思いました。
スズメウリがまだ残っているといいですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年10月28日 (水) 20:14

おはようございます。
観察がどんどん深くなりますね~♪
私は相変わらず(^^;…きれい!・可愛~い!で終わっています(*^m^*)
見ているだけで癒されることに満足しています~♪(^O^)

>イヌホオズキ…花柄が同じところからいくつも出る
>アメリカイヌホオズキ…花柄が出る場所が少しずつずれる
これは多分解釈が逆なのではないでしょうか…(・・?)
花軸の先に付く花柄が…
一ヶ所に集中しているのは「アメリカイヌホオズキ」の方ではないかと認識しています…
「イヌホオズキ」は僅かですがズレていると思いますので調べてみてくださいね(^^;

投稿: orangepeko | 2009年10月29日 (木) 08:53

★orangepekoさま こんにちは

イヌホオズキとアメリカイヌホオズキの花柄の出方についてご指摘ありがとうございました。全く反対に書いていました。
言い訳も何もありません。本とノートで確認していたのですが、いつの間にか反対に頭にインプットしてしまったのです。本当にわが頭には困りました。訂正させていただきます。こんなことがあるとしっかり頭に入りました。本当にご親切にありがとうございました。
これからも宜しくお願いいたしますね。

投稿: tona | 2009年10月29日 (木) 16:28

相変わらず精力的に自然探訪をされておられるようですね。

一寸足を伸ばせば、何気なく見過ごしていたところにも、野草たちの自然の営みが繰り返されています。
それぞれに、子孫を残すための工夫を持ち合わせているのですね。
探訪。新しい発見もあります。

ツリフネソウの種がめくれて飛ぶのは、ホウセンカも同じ。熟れた種を面白がってつまんだものでした。
調べたらホウセンかも同じツリフネソウ科の一年草でした。

林の中のウメモドキの赤い実、きれいですね。
自然の中のもの、初めて見ました。

前の雑木林にもいろんな草木があります。
今整備されたので、すべて切り取られてしまいましたが、春になればまた出てくることでしょう。

投稿: 夢閑人 | 2009年10月30日 (金) 10:39

★夢閑人さま

ホウセンカも確かにはじけて面白いですね。
ツリフネソウについては初めてでしたので、何回も遊んでしまいました。
ホウセンカがツリフネソウ科なのですか。
ツリフネソウ科は皆見事に種を飛ばすのでしょうか。

そちらの雑木林にもさまざまな山野草があるでしょうね。
みんな工夫して子孫を残そうとしている野草たちのたくましさに触れることができます。
よけい愛しくなってきます。

ウメモドキは2本が数m離れたところにあったのですが、片方がオレンジ色っぽく、もう1本(ここに載せた方です)は真っ赤でした。微妙に色が違うのです。
春夏秋と次々と雑木林にも花が咲くので、夢閑人さんも楽しみでしょう。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年10月30日 (金) 15:56

tonaさん こんばんは

いろいろな花の名前の由来、思わず…へえ~~と思う事ばっかりです。
うんうん、なるほど~独り言を言いながら読ませていただいています。
秋の実、スズメウリを見るとウズラの卵みたいですね。
でもやっぱり秋は赤い実が似合うようです^^

投稿: pochiko | 2009年10月30日 (金) 23:12

★pochikoさま おはようございます。

花の由来を知ると覚えやすいですね。
気の毒な名前を付けられているのは、花と似合わないのがあってかわいそになります。
pochikoさんの近所の山にもいろいろありそうですね。でもこちらより春が遅く、秋は早く過ぎてしまいそうですね。
秋のいろいろな中に、赤いのが多いですが、名前たるや殆どわかりません。
小さい頃を思い出す木の実なのですが。
ありがといございました。

投稿: tona | 2009年10月31日 (土) 05:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/46600626

この記事へのトラックバック一覧です: ツリフネソウの種で遊ぶ:

« 「コウヤボウキ」と「~ハグマ」 | トップページ | 「文化」の日 »