« 世界遺産「姫路城」と飛鳥・白鳳時代の奈良の旅(2)當麻寺 | トップページ | 世界遺産「姫路城」と飛鳥・白鳳時代の奈良の旅(4)明日香村 »

2009年11月25日 (水)

世界遺産「姫路城」と飛鳥・白鳳時代の奈良の旅(3)法隆寺

姫路城と同時に世界遺産に登録された法隆寺(斑鳩寺)は、飛鳥時代607年に推古天皇、聖徳太子によって造られた、世界最古の木造建築として知られる。
しかし670年に全焼してしまったのに、「釈迦三尊像(現在金堂)」と「救世観音像(現在夢殿)」と「玉虫厨子(現在大宝蔵院)」は、2年前の668年にすぐ近くに聖徳太子を慕って建てられた、金堂に移されてたために焼失を免れたそうで、現在も見られるわけです。

法隆寺には国宝が38、そのうち仏像が17体、建物18、玉虫厨子など3あって、殆ど見られる寺です。
配置は金堂や五重塔を中心とする「西院伽藍」と夢殿を中心とする「東院伽藍」とその中間に宝物庫の「大宝蔵院」に分かれています。

↓国宝南大門を潜ると「国宝・中門」と仁王様が見えてきます。

Photo

Photo_2 Photo_3

↓敷地の西北の小高い丘の隅にある八角円堂の「国宝・西円堂」↓ここからの五重塔の眺めがいい

Photo_4 Photo_5

↓この横にある梵鐘は、正岡子規が「柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺」と読んだ梵鐘で、折りしも誰かが鳴らした鐘の音はゴーンと重々しく境内に響き渡りました。
Photo_6

[西院伽藍]
↓国宝・五重塔 飛鳥時代、日本最古の五重塔といわれる。東西南北の塔本塑像も国宝で素晴らしい。32.5m

Photo_7

↓国宝・金堂 中にいずれも国宝の釈迦三尊坐像、四天王像、薬師如来坐像が安置されている。

Photo_8

↓国宝・廻廊 エンタシスの柱が美しい。
Photo_10

↓[大宝蔵院] この中に宝がいっぱい。

Photo_11

[東院伽藍]
↓国宝・夢殿 この中に聖徳太子等身の秘仏、救世観音像が安置されてる。

Photo_12

↓国宝・東院鐘楼 袴腰形式の建物
Photo_13

創建以後の法隆寺の仏像には聖徳太子に似せて造った仏像が多い。聖徳太子の威徳が後の人々に深く刻まれたからでしょう。
太子憲法17条
 人が自分と違ったことをしても怒らないようにせよ
 人は皆凡夫である
 和をもって尊しとなし
 人といさかいをせぬようにせよ
今も私たちを見守っています。

|

« 世界遺産「姫路城」と飛鳥・白鳳時代の奈良の旅(2)當麻寺 | トップページ | 世界遺産「姫路城」と飛鳥・白鳳時代の奈良の旅(4)明日香村 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/46855598

この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産「姫路城」と飛鳥・白鳳時代の奈良の旅(3)法隆寺:

« 世界遺産「姫路城」と飛鳥・白鳳時代の奈良の旅(2)當麻寺 | トップページ | 世界遺産「姫路城」と飛鳥・白鳳時代の奈良の旅(4)明日香村 »