« 松 | トップページ | 刺し子の刺繍見本帖 »

2009年12月23日 (水)

「Blue Ocean  ”海”のプレミアム イルミネーション」於カレッタ汐留

今年のイルミネーション鑑賞は汐留へ。
ヴァイオリニスト葉加瀬太郎氏が総合プロデュースし、約30万個のLEDを使ったイルミネーション、狭い場所ながら、繰り広げられる光のショーを楽しむ趣向です。
中央のハートフルパールで写真撮影してもらえるのですが、35分間並んで写してもらいました。
17:30から11時まで15分間のスペシャルプログラムショーが12回あります。

パンフレットによれば、その光と音楽が演出するのは[魚が跳ね、人魚が舞い、珊瑚たちがハミングするイメージ。流れるメロディに立体的なイルミネーションが重なりシャボン玉や淡雪が興を添え、海中の世界へいざないます]ということで、「トリッチ・トラッチ・ポルカ」や「星に願いを」などのヴァイオリン曲に合わせて、幻想的なイルミネーションの世界が楽しめます。
というわけで不況とはいいながら、贅沢な時間を過ごしてきました。 

「ゆりかもめ」の潮留駅のそばにこんな時計がありました

Photo_3

ビルにビルが写っていました

Photo_2

1

2

3 4

上からの眺め

5

ショーが始まりました

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

|

« 松 | トップページ | 刺し子の刺繍見本帖 »

コメント

12月23日は日本では天皇誕生日ですが、クリスマス前ということで、この手のショーが盛んですね。場所は汐留のビル内でしたのかな、30万個のLEDした素晴らしいショーでしたね、このてのショーもやはり東京でないと田舎ではなかなか見る事ができません。
ところで、LEDの発明により、この時期は家庭でクリスマス用のイルミネーションが盛んに行われていて、華やかなところでは個人の家を見物にくることもあるそうです。

投稿: yoshi | 2009年12月24日 (木) 10:21

見るだけなら並ばなくてもいいのですか?
何かのついでに寄ってみようかな。

投稿: 佐平次 | 2009年12月24日 (木) 11:32

★yoshiさま、ありがとうございます。

新橋汐留の汐留シオサイトのビルの1つ「カレッタ汐留」に「亀の噴水」があってこの前にしつらえられたものです。
LEDの発明は光の世界を変えましたね。
こちらでも、クリスマスイルミネーションをしているお宅が集まっているところがあって、遠くから見に集まるようです。
今日はイブで盛り場は人がいっぱいですね。
不況が感じられません。

投稿: tona | 2009年12月24日 (木) 19:14

★佐平次さま、ありがとうございます。

並ぶのは中央のハートフルパールで写真を撮る人だけです。
亀の噴水の上に乗って見るのが1番素晴らしいそうですが、すぐ満杯になってしまいます。
でも23時まで30分ごとに15分ずつショーがありますのでどんどん入れ替わりますから亀の上に行かれてください。私は5時点灯をめがけたので混みあいましたので、上部の通りから見ました。スターバックスのようなお店からゆっくり見ている人は坐っているし見やすかったでしょうね。

投稿: tona | 2009年12月24日 (木) 19:20

お伽の国のようなイルミネーションですね。

イルミネーションが一挙に進化してきました。

葉加瀬さんのヴァイオリン音楽と光のコラボとは本当にお洒落。

雰囲気を楽しませていただきました。

投稿: もみじ | 2009年12月25日 (金) 13:20

★もみじさま

人魚や魚、シャボン玉、満点の星などのイメージが確かにお伽の国を思わせます。
そうです。葉加瀬さんのヴァイオリンと光のコラボ、本当におっしゃる通り、贅沢でお洒落ですね。
もみじさんのコメントで私も再び素敵な光の世界を堪能しています。ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年12月25日 (金) 18:44

うわぁ…まばゆいイルミネーション!LEDの光が無数に集まった光の海ですね。
葉加瀬太郎氏が総合プロデュースですか。そういうこともなさるのですね。
音楽にはもちろんバイオリン演奏が(^^)
おしゃれな空間をたっぷり楽しまれ、35分お待ちになってのお写真とともに
素晴らしい思い出がまた一つ増えましたね。

ビルに映りこんだビルの光景もとても綺麗ですね。巨大な時計には駅が押しつぶされそう(笑)

投稿: ポージィ | 2009年12月25日 (金) 21:27

tonaさん、こんばんは*^・^*
すばらしいイルミネーションですね。
なんて素適なイルミネーションでしょう!
あまりの素晴らしさに・・うっとり♪です。
お写真でも、こんなに素晴らしいのですから、実物は・・♥
私の大好きな色彩です。
素適なクリスマス プレゼントになりました。
ありがとうございます。

投稿: むーさん | 2009年12月25日 (金) 22:29

★ポージィさま

6回変わっていくイルミネーションに合わせて、バイオリンの音色が6曲響き渡ります。
葉加瀬太郎氏はバイオリンだけでなく、プロデューサーとしても活躍されているのですね。
ハウステンボスのイベントプロデュース、大阪ミナミに誕生した「なんばパークス」の総合プロデュースもされたそうです。
撮っていただいた写真は、顔が薄ぼんやりとしているのが最高です。いい記念です。

周りはこのような高いビルばかりで、46階から見た夜景も光の洪水でした。
童話の国のような時計の前に4時半に着いたことを今発見です。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年12月26日 (土) 09:06

★むーさんさま、おはようございます。

むーさんさんのお好きな色というこのイルミネーションを、うっとりを見ていただいてとても光栄です。
LEDって青というイメージでしたが、実際にはいろいろバラエティーに富んだ色合いの光が素敵なハーモニーで繰り広げられるのですね。
電球1つ1つの間の空間も放たれる光で埋め尽くされることもよくわかったのも写真で眺めてからです。
サンゴはわかりましたが、人魚や魚などを表しているようですが、一瞬に変わっていく光の造形はつかみ切れません。
見ていただいてありがとうございました。

投稿: tona | 2009年12月26日 (土) 09:16

tonaさん こんばんは。

すっごいですね~!!
イルミネーションの波じゃないですか。
こんな眩いばかりのイルミネーションを見たのは初めてです。
さすが都会…こちらじゃ、こういうのは見られないですよ。
市内のメインストリートにショボショボっとあるだけです。
大規模ですね~ とっても幻想的で光の渦に巻き込まれそうです。

投稿: pochiko | 2009年12月26日 (土) 22:39

★pochikoさま おはようございます。

私もこの手のイルミネーションは初めてす。
狭い場所に30万個もLEDですから、こんな眩いばかりの幻想的なイルミネーションが演出できるのですね。
ネオンサインのように次々と変わっていく中で、表しているものはさっぱりわかりませんでしたが、最後の方の、葛飾北斎の絵にあるような砕ける大波が印象的です。
あの電球で良くこんないろいろな場面が表わせるものですね。目と心の保養になりました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2009年12月27日 (日) 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/47096035

この記事へのトラックバック一覧です: 「Blue Ocean  ”海”のプレミアム イルミネーション」於カレッタ汐留:

« 松 | トップページ | 刺し子の刺繍見本帖 »