« バードウォッチング体験 | トップページ | 「Blue Ocean  ”海”のプレミアム イルミネーション」於カレッタ汐留 »

2009年12月20日 (日)

Photo Photo_2

近くの、広大な敷地にたくさんの樹木がある日立中央研究所の、線路に面した松が数本枯れて痛ましいです。マツノザイセンチュウにやられてしまったのでしょうか?
ここは野川の源流で湧水量は400~5000リットル/分。春と秋には庭園の一般開放があります。
中央線と西武線がホームへと走ってきました。

Photo_3

松といえば、おめでたい松竹梅のトップ、正月の門松、高砂の松、盆栽(何故か纏足を思い出してしまう)、ローマの松、マツタケなどが浮かんできます。

日本三景:[松島][天の橋立][厳島]には美しい松があります。日本三景の紹介者は江戸時代初期の儒学者・林羅山の息子の林鵞峰だそうだ。

日本三大松原:[三保の松原(静岡県)][気比の松原(福井県)][虹ノ松原(佐賀県)]は、白砂青松(幸田露伴の言葉)にぴったりの名勝地です。
私はなんと[厳島]しか行っていません。しかも神社と鳥居だけに気をとられ、背後の松の美しさには気がつきませんでした。

松はわが国には7種の自生種があって、葉には二葉と五葉があるそうだ。
二葉は「赤松」「黒松」「琉球松」
五葉は「五葉松」「朝鮮五葉」「奄美五葉」「這い松」
赤松と黒松の区別は枝先につく芽が赤松は赤いので区別する。幹ではなかなか区別しにくいらしい。
カラマツは落葉樹、エゾマツ、トドマツも異なる属に分類される。

和歌にも、謡曲にも、長谷川等伯などの絵にも登場する松ですが、暮らしには、薬、ロジン(樹脂酸)、建築基礎材、備前焼の薪、製鉄・鍛冶の松炭、松の実と多くの用途に使われているそうだ。
広隆寺の弥勒菩薩半跏像は赤松で作られているそうで、飛鳥仏の殆どが楠材なので、日本で作られたか、渡来したものか謎だそうだ。

今朝は今年1番の冷え込みで、昨日に続き、霜が降り、霜柱が出来、氷まで張りました。

Photo_4 Photo_5

Photo_7 Photo_8

3時ごろ氷が半分融けたバードバスに8羽のシジュウカラの家族が寒いのに水浴びしてました。
その後すぐ猫がメダカ用の凍り混じりの水を1分間も飲んでいました。猫の横の万両の実の色は茶色です。

Photo_6

|

« バードウォッチング体験 | トップページ | 「Blue Ocean  ”海”のプレミアム イルミネーション」於カレッタ汐留 »

コメント

松のいろいろ、ありがとう。知らないことばかりでした。
虹の松原、三保の松原には行ったことがあります。

投稿: 佐平次 | 2009年12月21日 (月) 09:42

松の市も終わり、お花屋さんの店頭にも松が並び始めます(ました)ね。
お正月と縁の深い常緑で生命力溢れるイメージの松。
その松が虫にやられて真っ赤に枯れている様子は痛ましいです。

それにしても、子供の頃から何かと身近で目にしている松のことを
実は何も知らないのだと、今日はよーくわかりました。
幹が赤っぽい松を赤松というのだとばかり。赤松・黒松は芽で区別するのですね。
材としての松は、私の場合はお盆のときの松明(迎え火・送り火)です。
他にも色々目にしているのかもしれませんが、これまた
知らずに通り過ぎていることが多そうです。

霜に霜柱に氷。見るからに冷たそうですね!
その冷たい水を、長いこと飲んでいったネコちゃん。
そんなに喉が渇いていたのでしょうか。肩の辺りが盛り上がって
体の大きそうな子ですね。雄のような気がします。

投稿: ポージィ | 2009年12月21日 (月) 15:41

★佐平次さま

3大松原はまだで、茅ヶ崎の海岸松原だけです。海岸のそばにある中学校の防風林にもなっていました。
こんなに日本人にとって大切な松は枯れないでほしいです。いつもありがとうございます。

投稿: tona | 2009年12月21日 (月) 17:52

★ポージィさま

昔はどこの家でも角松立てて、需要が大変なものだったでしょうね。成長が割合良いそうでまかなえたのですね。

お盆の時の迎え火、送り火が松明なのですか!ところ変わればですね。
赤松といえば、松茸ができるのですね。でもまれに黒松や這い松にも生えるらしいです。
それも他の植物が生えていないのを健康な松林と言うそうですが、そんな所に生えるのですね。松茸は2年以上食べていません。

はい、この猫ちゃんはとても大きな太った猫でした。ポージィさんは雄・雌区別できるのですね。とても怖い顔してました。
この寒さで手に霜やけがたくさん出来てしまいました。いつもありがとうございます。

投稿: tona | 2009年12月21日 (月) 18:06

立派な松が枯れているのを見ると痛ましいです。害虫や酸性雨が原因といろいろな説がありますが、若狭湾岸を車で走ったところ、山の樹木が広範囲に枯れているのを目撃し、中国大陸が原因の酸性雨かなと強く感じたことがありました。

投稿: yoshi | 2009年12月21日 (月) 23:09

★yoshiさま

若狭海岸もですか!
ヨーロッパの森の木も酸性雨でやられ、銅像が腐食しているとかなり以前に聞きましたが、今話題の中国からの酸性雨も考えられるのですね。
御地の三大松原の気比の松原美しいでしょうね。いつもありがとうございます。

投稿: tona | 2009年12月22日 (火) 08:37

日立中央研のお近くにお住まいですか
閑静な住宅街の様で、交通も便利でしょう
この辺りは昔と随分様変わりしたでしょうね

投稿: OB神戸家 | 2009年12月23日 (水) 11:53

★OB神戸家さま

中央線をはさんで反対側に住んでおります。
まだ住んで13年半ですが、その間にも畑が宅地にどんどん変わっています。それでも畑に囲まれていますので空が広がっています。
事故が多くてよく遅れる電車には困っております。いつもありがとうございます。

投稿: tona | 2009年12月23日 (水) 20:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/47068373

この記事へのトラックバック一覧です: :

« バードウォッチング体験 | トップページ | 「Blue Ocean  ”海”のプレミアム イルミネーション」於カレッタ汐留 »