« 『死ぬときに後悔すること』大津秀一著 | トップページ | 東京タワー »

2010年1月24日 (日)

都心の渓谷(等々力渓谷)と九品仏

東京の都心に、自然のせせらぎが響く渓谷があるという。その名も轟くから付いた等々力渓谷。23区(世田谷区)内とは!ずっと気になっていました。
東京では唯一という渓谷は、多摩川に注ぐ矢沢川の渓谷で、長さは1km、大地面との標高差は10mもある。都会のオアシスです。
渓谷の両崖の樹木が勢いよく伸び、樹木のトンネルを形成している。宅地より気温が3~4℃も低いそうで、本当は夏に行きたかったのですが・・・冬に行ったのでは渓谷の涼しさも伝わってはきません。

     Photo

↓そこには平安時代から知られる不動の滝がある。可愛い滝。

1 Photo_2

↓この滝のそばに不動明王像がある。
  滝の上の不動明王          不動堂の不動明王

Photo_3 Photo_4

↓稚児大師御影堂(弘法大師)      ↓役の行者神変窟

Photo_5 Photo_6

↓役小角が祀った不動明王がある等々力不動尊不動堂
Photo_7

等々力駅から二駅歩くと九品仏浄真寺がある。
 ↓総門を入って閻魔堂をすぎると    ↓六地蔵がある

Photo_8 Photo_9

↓立派な楼門を入ると         ↓都天然記念物の銀杏が聳える

Photo_10 Photo_11

本堂の向かいの3つのお堂が並んでいて、この三仏堂(上・中・下)に思ったより巨大な阿弥陀如来像が三体ずつ安置されていて、びっくりです。浄土宗の阿弥陀如来信仰です。
合わせて九体あるので九品仏と呼ばれている。
本堂は西向きで現世の此岸(しがん)を、三仏堂は東向きで浄土の彼岸を現しているという。
↓本堂                     ↓三仏堂中品堂  

Photo_12 Photo_13

このお寺では鷺草が見られる。また3年に1度の「お面かぶり」は菩薩の面を被った僧侶のお渡りが見られる。

|

« 『死ぬときに後悔すること』大津秀一著 | トップページ | 東京タワー »

コメント

わがテリトリーを荒らしましたね^^。
どちらも春になるとまた好いですよ。

投稿: 佐平次 | 2010年1月25日 (月) 09:24

一時東京に居た時に東急の駅に等々力と九品仏という名があり、なんて読むのかなと思いました。こんな立派な所だったのですね、行ったことがないので一度でも行っていればと今おもいます。

等々力の地名はいまは遥か前、「ローキード事件」での児玉誉士夫氏の私邸を思い出します。あの事件の当事者の田中角栄氏の政治的後継者の小沢一郎氏が検察の追及を受けていますがどうなるやら。
ちょっと関係ないコメントですいません。

投稿: yoshi | 2010年1月25日 (月) 11:26

等々力、等々力渓谷、九品仏。どれもその名を聞いたことはあっても
どんなところかどんなものか、何も知らなかったのが、tonaさんの記事を
拝見してなるほどーと初めて色々わかりました。
等々力渓谷は気持ちよさそうなところですね。
夏は本当に涼しそう。行ってみたくなりました。

投稿: ポージィ | 2010年1月25日 (月) 14:53

世田谷区内にこんな山深そうな場所があるなんて驚きです。
東京侮るなかれですね。

tonaさんの紀行文はとても気持ちよく読めます。
一緒に歩いている気分で読んでしまいます。

また、私の知らない世界へ誘ってくださることを期待します。

投稿: もみじ | 2010年1月25日 (月) 15:23

★佐平次さま

そうなんです。荒らしてしまいました。
御近所に公園やこのような場所があって、良いところにお住まいですね。
また機会があったらそちら方面に行きます。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年1月25日 (月) 20:06

★yoshiさま

一時東京にお住まいでしたか。
お寄りになれなくて残念でしたね。
あのあたりは環境の良い住宅地です。
「ロッキード事件」の児玉誉士夫氏のことは良く覚えています。私邸があそこにあったのですね。良くご存じで、私は知りませんでした。
小沢一郎氏の私邸も世田谷区ですね。
目白の角栄邸と並んで、皆塀の高い立派な家です。皆さん、お金持ちです。と、私も話がずれて失礼しました。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年1月25日 (月) 20:14

★ポージィさま

ポージィさんもかなりいろいろな所を御存じでいらっしゃいます。
水と木がこんなにも気温を低くしてくれるとは驚きです。
夏はさぞやと思います。蚊の心配をクリアできれば、近くなら毎日涼みたいですね。
何かのついでがありましたときに覗いてみてください。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年1月25日 (月) 20:19

★もみじさま

東京も西半分のその奥はそれこそ山深く、川の流れの中をカヌー遊びできるほど自然豊かですが、23区内にこんな場所があるのは、とても心和みます。
私も知らなかったそちらを少しずつ勉強できて、楽しみが増えました。またよろしくご案内くださいね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年1月25日 (月) 20:24

こんにちは(^-^)…すっかりご無沙汰してしまいましたm(_ _)m
まとめて拝見するのは大変ですね(^^;

等々力には時々行っていたのですが…渓谷には足を向けたことはありませんでした…
いつも背を向けた方向の親戚に行っていましたから…惜しかったなぁ(^^;
昨年から、江戸の文化・地理に興味を持っていて…楽しく学んでいます~♪(*^m^*)
信仰の与える影響は大きいですね…当時の面影を残しているのでしょうね~♪

鳥さんもお上手に撮られていて~♪ …「アップル・ゼラニウム」もお見事です~♪
中野哲学堂も懐かしかったですヽ('-'*)~♪

投稿: orangepeko | 2010年1月27日 (水) 13:03

★orangepekoさま こんにちは

ご覧くださったのですね。
ありがとうございます。

哲学堂も等々力も御存じでしたか。
私は都下に住んでいても知らないところだらけです。こうして尋ねると面白いものですね。
アップルゼラニウムは今花数が増えています。小さいなお花だけれどもとても愛してやまない風情です。毎日眺めていますから、毎日orangepekoさんを思いますね。

等々力渓谷内の信仰は不動に加えて、弘法大師、役小角まで及びます。人々の信仰も深いように思いました。
もう今年も1ヶ月が過ぎようとしています。orangepekoさんもお元気でお過ごしくださいね。

投稿: tona | 2010年1月27日 (水) 15:08

こんばんは。
次の東京タワーの記事が、コメントを受けない設定になって
いらっしゃるんですが…?
tonaさんのご意思でされたことならおせっかいもいいところですが、
ちょっと気になってお尋ねしてみたくなりました(^^;)

投稿: ポージィ | 2010年1月28日 (木) 20:36

★ポージィさま こんばんは。

管理ページではコメントを受け付ける設定になっているのですが、だめなのです。
さっき、まだ仕事をしている娘の所に電話をして聞いてみたら、手があいたら調べてみると言ってくれたので、今夜中にはわかるかもしれません。
PCに弱くてこんな時本当に困ってしまいます。
昨日から写真の入れ方も変わって戸惑いました。
解決できるといいのですが。
ポージィさん、そんなわけです。どうもありがとうございました。
また何かあった時は助けてください。

投稿: tona | 2010年1月28日 (木) 21:12

★ポージィさま

追伸です。
たった今、娘から電話があってなおしてくれたそうです。
御心配おかけしました。ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年1月28日 (木) 21:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/47379888

この記事へのトラックバック一覧です: 都心の渓谷(等々力渓谷)と九品仏:

« 『死ぬときに後悔すること』大津秀一著 | トップページ | 東京タワー »