« 休耕田の鳥 | トップページ | 『死ぬときに後悔すること』大津秀一著 »

2010年1月18日 (月)

玉子かけご飯

玉子かけご飯とすき焼き、半熟卵で食べたこの卵、美味しかった!本当に久しぶりというか何十年ぶり。
サルモネラ食中毒の心配がされるようになってから、旅館の朝食で出されても敬遠していたから。
安全性、栄養面だけでなく、あの美味しかった昔の味の玉子が手に入りました。1個60円とのこと。
沢山の天然飼料配合と放し飼いで育てられた卵黄はオレンジに近い色(写真左)で、1ヶ月は生食でき、その後は加熱する。
ちなみに飼料は大麦、小麦、とうもろこし、米、胡麻、そば、ふすま、米糠の糟糠類に魚介、海草、牧草で味をつけ、最後に臭みをとる為にパプリカ、ターメリックなどの香辛料を加えていると書いてありました。
味をつけ、臭みまでとった餌を食べて運動までしている鶏は幸せだなあ。凄く美味しい卵だけれど、値段が高いのでいつもいつもと言うわけにはいかないのが残念。

     Photo_2

珍しいお菓子を頂きました。
↓パティシエ・シマの「ボルボロン」 口の中で崩れるココナッツ風味のお菓子

     Photo_3

↓高木屋の「紙ふうせん」 ピンポン玉のような最中皮の中に錦玉(ゼリー)が入っているお菓子

Photo_4 Photo_5

食べ物の話題と言えば、昨日テレビで知ったが、海苔って「アサクサノリ」と思っていたのが、今の養殖は環境に強い「スサビノリ(荒び海苔)」という種類だそうだ。
東京湾でその絶滅しかかったアサクサノリをまた養殖し始めたそうで、あぶると赤紫色から緑色に変色する。昔、2枚重ねてあぶるのを母親にやらされたがそんな記憶も甦ってきました。
今朝のニュースでは中国産ウナギもだんだん手に入りくくなってくるとのこと、中国産を食べない私には関係ないけれども、国産も年に1、2度食べられればいいとなっていくのでしょう。

|

« 休耕田の鳥 | トップページ | 『死ぬときに後悔すること』大津秀一著 »

コメント

左右の卵を比べてみると一目瞭然ですね。「新鮮とおいしさ」を目で見ました。

投稿: gaki | 2010年1月18日 (月) 09:30

玉子かけご飯は旅館では出さなくなりましたね、食中毒の心配があり玉子焼きなど火を入れたものを出し、生ものは出さなくなりました。もう20年くらい立つでしょうか。

この左側の玉子はその心配がないのですね、でもどうしてそれが可能でしょうか。

投稿: yoshi | 2010年1月18日 (月) 10:16

★gakiさま ありがとうございます。

別のを割ってみたらもっと色が濃かったのですよ。
この3条件から資料に偽りないとみました。

投稿: tona | 2010年1月18日 (月) 13:22

★yoshiさま ありがとうございます。

旅館で生卵を出さなくなってから20年も経つのですか!
食品でも騙されていることが多いこの頃ですが、味や値段や自分の勘、そして生産者を信じるほか手がないでしょうか。何でも安きに走ることは怖いことですね。

投稿: tona | 2010年1月18日 (月) 13:34

すごい卵なんですねぇ。人間が卵を美味しく食べるためとはいえ、
そのために美味しい餌をもらって自由に歩き回れている鶏さんたちは、
狭いケージで身動きとれずに卵を産み続けている鶏さんたちと比べたら
天と地ほども生活の質も幸せも違いますね。

海苔のお話で目から鱗の思いでした。そもそも私は普段食べている板海苔に
種類があることすら知らなかったというか無頓着だったのですが、
以前ひとつ疑問に思ったことがあったのです。
子供の頃お手伝いしてあぶった海苔は赤紫から鮮やかな緑色に
変わったのに、この頃の海苔は黒っぽくてアブっても色が変わらないヘンだなぁ…
と、そんなことを思ったことがあったのですよ。そのわけが、今日のtonaさんの記事でわかりました。あぁースッキリです(^^)

投稿: ポージィ | 2010年1月18日 (月) 14:32

★ポージィさま 

この卵を産んだ鶏をはるか生産地にまで、思いを馳せました。
ストレスがなくて、元気一杯に病気もせずに走り回っているのでしょうね。
私もケージの中から放たれて自由気儘にしているので、この鶏のようですが、何せ老いているのが大きな違いです。

海苔は私もスサビノリを食べているとの報道に驚いたのです。「荒び」とはいかにも丈夫そうですね。
ポージィさんもお手伝いされて色が変わったのにと思われていらっしゃったのですね。
もう2度とあのアサクサノリを食べることはないのでしょうね。今のより美味しいのでしょう。
こちらにもコメントありがとうございました。

投稿: tona | 2010年1月18日 (月) 15:54

生卵、未だに食べられません。
半熟は最近やっと・・・

価格の優等生といわれる卵、私はおかしいと思います。
物価上昇分の価格アップはあって当然だと思う。
どこかが歪んでいるから可能になっている価格体系は何かが
犠牲になっているのだと思います。

海苔にせよ卵にせよ、無理をしないで美味しいものを適正価格で
入手できればいいのですが・・・

投稿: もみじ | 2010年1月19日 (火) 11:44

★もみじさま ありがとうございます。

生卵が食べられませんか。
加熱すれば食べられるのなら栄養価が優等生ですから問題ないですよね。

資料や狭いケージで半殺しのような状態で飼われているから、安価で供給できるのでしょう。伝染性の病気が流行すると目も当てられません。
おっしゃるように、皆が安全で美味しいものを適正価格で購入するようになっていけば、中身があやしい、あるいは危険な食品を超安く、中国など海外から競って購入しなくてよいし、しかも国内産業の発展につながるのかと。しかし理想は実現困難、難しいですね。喉元過ぎればすぐ熱さを忘れますし。


投稿: tona | 2010年1月19日 (火) 18:44

囚人に食べたいものを聞くと必ず卵かけごはんがトップ、いまや料理屋でも市民権を得て「卵かけよう醤油」なるものも売り出されています(試食しましたがいけます)。
昨日の寄席でも円丈が「ご飯にかけたいものベスト10」のトップに卵をあげていました。ちなみに10位はサイダー^^。

投稿: 佐平次 | 2010年1月19日 (火) 20:06

★佐平次さま
 
全部初めて聞くことばかり!
私ももし囚人になったら卵かけご飯を夢にまで見るようになるのでしょうね。
その専用醤油を試食されたとか、美味しい醤油なのでしょうね。
うゎー、サイダーって三橋美智也の「餡子かけご飯」よりもっと凄い。
貴重な情報ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年1月19日 (火) 20:29

アサクサノリのテレビを見ていました。
昔、火鉢でさっとあぶって色の変わった海苔で巻いた母のお寿司の美味しかったことを思い出しながら観ていたのです。

食の安全安心に日ごろ気配りが必要ですね。

投稿: anikobe | 2010年1月19日 (火) 21:53

★anikobeさま ありがとうございます。

テレビご覧になっていらっしゃったのですね。
海苔に関して大変勉強になりました。
私もanikobeさん同様、母を思い出していました。本当にあのアサクサノリ美味しかったですよね。
あの頃はご飯も、卵も、トマトやキュウリなど野菜も本当に美味しかったです。
安くて素性のわからない食品は、もう先が長くないとはいえ、食べないに越したことはありません。私も気配りしたいと思いました。

投稿: tona | 2010年1月19日 (火) 22:07

●安売りタマゴ
当地のスーパーでは(最近はめったにありませんが)、千円以上お買い上げ限定で
1パック(10コ)58円!なんてことがありました。
どこで採れたか分からないようなタマゴは、さすがに加熱しましたがね(笑)

玉子かけごはんは、な~んにもおかずがないときの救世主!
ウチでは、醤油を少なめに、かつお節を入れて食べます。
余計なことかもしれませんが、「玉子」は調理済みのときですから、
あつあつのごはんに生でかけるのなら「卵かけごはん」かな?(笑)

すっかり忘れていましたが、46回目の「結婚記念日」おめでとうございます。
今年はご主人は…、やめときましょう(笑)

投稿: 讃岐の団塊オヤジ | 2010年1月19日 (火) 23:55

★讃岐の団塊オヤジさま 

こちらでも100円や128円などと安売りがあります。そう、1千円以上お買い上げ限定で98円などもあります。生産された日は書いてあるのでそれを信用しますが、加熱しないと食べられませんね。
卵かけご飯に醤油少なめに鰹節かけ、これは美味しそうですね。早速試してみます。
そうなのですね、調理済みが玉子ですね。
オヤジさんには教えていただくことばかりで、ありがたいことです。
1965年なので45回目でしょうか。覚えていてくださってありがとうございました。
あくる日に「よく長いこと続いた」と言っても最初分からなかったほどですよ。次は言わないでおこうかと。

投稿: tona | 2010年1月20日 (水) 13:50

わぁ 卵かけご飯、懐かしいです!
最近食べてないですね~ 明日の朝は卵かけご飯にしよう~っと♪
我が家の次女の小さい頃は、卵かけご飯が好きで
よくばぁちゃんがヨード卵光を買ってくれたものでした。
一個食べると光のマークを椅子に貼り付けて…懐かしい事を思い出しましたよ。
今は卵かけご飯用の醤油まで売られてるんですよね。
卵かけご飯用のふりかけとか。

投稿: pochiko | 2010年1月20日 (水) 23:07

★pochikoさま ありがとうございます。

お嬢さんが卵かけご飯がお好きだったとのこと、なかなか良い味を知っていらっしゃるお子さんだったのですね。
光のマークという思い出にまでつながって。
孫太郎ちゃんはどうでしょうか。
卵かけご飯用の醤油、ふりかけまで売っているのですね。
驚いちゃいました。今日スーパ-で見てきましょう。

投稿: tona | 2010年1月21日 (木) 08:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/47325570

この記事へのトラックバック一覧です: 玉子かけご飯:

« 休耕田の鳥 | トップページ | 『死ぬときに後悔すること』大津秀一著 »