« 古いオルガン | トップページ | お坊さんの気絶・トルコ料理 »

2010年2月26日 (金)

コッホ・北里神社

新聞に紹介されたので、港区白金の北里研究所、守衛室の裏にあるコッホ・北里神社を見てきました。
新聞に寄れば、細菌学の父ロベルト・コッホのもとに集まった弟子の中で北里柴三郎が1番優秀で忠実な弟子であった。
コッホ夫妻が来日時には付きっきりでもてなすなど生涯にわたって礼を尽くし、師亡き後も自らが所長を務める伝染病研究所に師の遺髪をまつる祠を建てて恩を偲んだ。又、北里の死後門下生が隣に北里祠を建てた。1945年の東京大空襲で北里祠は焼失するがコッホ祠は無事で、これを機に師弟が合祀され、コッホ・北里神社になって現在の地に祀られた。
コッホが来日時に植えた杉と月桂樹が移植されたものが焼けたが、根から新しい幹が芽生えて育っていました。

Photo

↓コッホ先生手植月桂樹記念碑
Photo_2 Photo_3

伝染病研究所が東大の下部組織に組み込まれたりして、辞職し、私立・北里研究所を設立した際には、コッホ祠も一緒に遷座したり、森鷗外との理不尽な確執など北里柴三郎も大変だったが、今こうして、立派な研究所や病院の片隅に合祀されて子弟たちに見守られてきたのです。

            神社内に大きな芭蕉(バショウ科)もありました

Photo_4

芭蕉の幹にあたる部分を仮茎といい、その先端から本当の茎が伸びてきてそこに花をつける。これは開いてないようで、花は夏に咲くらしい。茎の形が面白い!
茎の根元の方を見ると何やらバナナの小さいのみたいのが見えます。

Photo_5

バナナは「実芭蕉」という名で芭蕉とよく似るが、バナナの苞は紫色に対して、芭蕉の苞は緑色から黄色、芭蕉の実は大きくならず黒い種ばかりで食べられない。
松尾芭蕉は深川の自宅にあった芭蕉から自分の名前を付けたそうだ。芭蕉布の原料、また漢方薬として使われた。

                  近くの有栖川宮記念公園

Photo_7

Photo_8 Photo_9

    ↓有栖川宮騎馬像          ↓新聞配達の少年像  

Photo_10 Photo_11

|

« 古いオルガン | トップページ | お坊さんの気絶・トルコ料理 »

コメント

北里研究所の前の道もいいですね。
あそこの銭湯にも何回か行きました。
バーがあったりしてなかなかしゃれてますよ。

投稿: 佐平次 | 2010年2月27日 (土) 08:35

★佐平次さま おはようございます。

銭湯って、もしかして「三越湯」でしょうか?
円形の建物が出っ張っていて、面白いなあとカメラに収めましたよ。
中にバーまであるのですか。
近くに住む友人に知らせなくては。

投稿: tona | 2010年2月27日 (土) 08:45

いつも、とても素敵な散歩をされていますね。

お蔭様で東京近郊のスポットを覘き見ることが出来て幸せです。

コッホ・北里神社なるものがあるのですね!!
日本の細菌学の礎を築いた偉い先生というほどの知識しかありませんが・・・

でも、細菌にお世話になる仕事を長く続けておりました(汗)

投稿: もみじ | 2010年2月27日 (土) 10:06

北里氏はそんなにもコッホを敬い礼を尽くしたのですね。
コッホ・北里神社… 外国の方を祀った神社もあるのだと、
妙なところで感心しました。
いまも連綿と敬われ守られ続けているのですね。
コッホ氏や北里氏のおかげで、現在の私たちもどれほど
病から救われていることか。ありがたいです。

投稿: ポージィ | 2010年2月27日 (土) 17:00

★もみじさま

私もお陰様で、もみじさんのご案内で大阪の地図を時々出して、少しずつ地理的知識を深めています。
コッホは近代細菌学の父と言われていますね。来日されたとは知りませんでした。
そして北里柴三郎とのつながりさえも忘却の彼方でした。
もみじさんが細菌に関係あるお仕事だったそうですが、上京されたときはここに寄って欲しいほどの名所ではありませんでした。

投稿: tona | 2010年2月27日 (土) 19:08

★ポージィさま

他に外国の方を祀った神社が思い当たりません。珍しいですね。
今回ここを訪ねて子弟の関係の深さを知りました。
ここに落ち着く前は屋上に祀られていたそうです。
野口英世やこの方たちの細菌の研究のお陰で小さい頃命を失わなかった私たちです。しかし新しい、強い菌が次から次へと生まれて、ここ北里研究所も忙しいことでしょう。片隅で見守っているのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年2月27日 (土) 19:19

そうです。三越湯です。
いろんな浴槽があってきれいな銭湯です。

投稿: 佐平次 | 2010年2月28日 (日) 14:08

★佐平次さま

やっぱりそうでしたか。
バーの他にいろいろな浴槽まであるなんて、間口からは想像できません。奥行きがあるのですね。表から見て清潔感があります。

投稿: tona | 2010年2月28日 (日) 16:12

tonaさんの近くには、こんな良い散歩コースがあるんですね。
緑も多く、謂れのあるものもあり
有栖川宮記念公園も自然味がたくさんで
こういうところをのんびりと歩いてみたいです。
バナナは「実芭蕉」という別名もあるのですか。
花は以前新潟へ行った時に見ましたが、ちょっと想像とは違ってましたね^^;

投稿: pochiko | 2010年3月 1日 (月) 00:13

★pochikoさま

何れも山手線の内側ですから、振り返ったりするとビルが見えます。
有栖川宮庭園の周りには各国大使館が10以上も並んでいますよ。

芭蕉と実芭蕉はそっくりですね。
バナナが実芭蕉と知ったのは初めてで納得です。
違いが色や実の大きさです。
大きいので花もかなり大きいのですね。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年3月 1日 (月) 08:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/47670120

この記事へのトラックバック一覧です: コッホ・北里神社:

« 古いオルガン | トップページ | お坊さんの気絶・トルコ料理 »