« 音羽御殿・鳩山会館 | トップページ | やる気 »

2010年2月17日 (水)

文旦と米粉ケーキ

結婚してからいつの日か、果物の生る樹を植えられるほどのちょっとした庭を持つのが夢でした。
現実は小さな小さな庭で、植栽が数本あったので、柿、柚子、文旦をかろうじて植えられるほどのものでした。
ところが、柿は4本とも失敗、柚子は実が生らなくて伐採、文旦も同様にして切ってしまい、果物の収穫はあえなく夢と消えてしまいました。
湘南の暖かい茅ヶ崎の実家では、今回も70個以上の文旦が生って、柚子と一緒に送られてきました。葡萄も柿もよくできてました。
暖かいだけでなく世話もいいようです。写真撮り忘れのマーマレードも美味しく出来ました。                     文旦と柚子

Photo_5

↓米粉ケーキの素で作ったフルーツケーキ ↓左が米粉で右が小麦粉 白い米粉の色を比較するつもりの写真が同じ色に

Photo_3 Photo_4

お団子やかるかん饅頭の口ざわりを想像して、小麦粉と違った感触のケーキの味わいかと思いきや、小麦粉のと変わらない美味しさです。これは意外。
減反政策のころから紆余曲折があって、お米をもっと食べようという運動も起こった。
米粉のうどんも開発されたと聞いたけれど、まだ食べていない。ヴェトナムのフォーみたいなのかと想像しただけ。
しかしケーキがこんなに美味しいのなら、きっとコストの問題もあるでしょうが、小麦粉の高騰問題が生じたときにいいのではないか。

|

« 音羽御殿・鳩山会館 | トップページ | やる気 »

コメント

私も実の生る木が好きです。
ブルーベリーやラズベリー、そうそうサルナシもありましたね~
柿やナシ…果樹は良いです^^

コメ粉のケーキ美味しそうです。
蒸しパンとかお饅頭とかモチモチ感がありますよね。
ケーキは普通のと同じ食感でしたか。

本当に年々コメの消費が減って来て、農家泣かせです。
でも農家である我が家もコメの消費量は減ってるんです^^;
もっとコメを食べなくちゃいけませんね。

投稿: pochiko | 2010年2月17日 (水) 23:11

★pochikoさま、ありがとうございます。

pochiko家は広い庭に、お世話上手だから美味しいのができますね。それをまたいろいろにして召し上がって、大変ながら夢のような風景と食生活ですね。

米粉ケーキですが、信じられないでしょうが殆ど小麦粉と変わりなかったのです。拍手喝采ものでした。

pochiko家さえも消費が減っているのですね。お弁当はご飯ものでしたが、ご飯大好きなので、家にいる今も1日2回お米が多くなりました。
パンを自分で作るとなると大変ですが、お米は水を入れて(無洗米なのでとぎません)、スィッチを押すだけ。ちょっと手間かけて炊き込み飯にしたり、丼にしたりでレパートリーが増えて美味しいです。
お煎餅も大好きです。お米たくさん食べましょう。

投稿: tona | 2010年2月18日 (木) 08:19

実の生るものは楽しいですね。ご実家の果樹は、お庭に植えられているのですか?
文旦のことは以前お聞きしたのを覚えていますが、70個も生ったとなると
1本ではなさそう。柿になんと葡萄までもとは!お庭なら相当広さもないと。
でも楽しいお庭でしょうね。

米をご飯としてだけでなく、もっと色々な形で利用できないかという
取り組みをしている方のこと、私もTVで見たことがあります。
その方は米粉を何割か混ぜたパスタを作っていただったかしら??
うどんもあるのですね。
tonaさんは米粉ケーキを作られたのですね。小麦粉のケーキと
変わりませんでしたか。へぇ~それなら日本でわずかしかとれず、
輸入に頼りきりの小麦から米粉に変えたら、食料自給率は上がり
米農家の方たちにのためにもなり一石何鳥にもなりそうですね。

投稿: ポージィ | 2010年2月18日 (木) 10:12

信濃町の友人が昔から米粉でパンをつくって故郷振興に一生懸命でした。
一茶の句を題材にした版画でちょっとした有名人です。

投稿: 佐平次 | 2010年2月18日 (木) 10:53

★ポージィさま、ありがとうございます。

はい、実家の果物は全部地植えです。1本に文旦がたくさん出来ます。
リンゴも1本に1000個生るそうですが、それでも果物の木は重くても倒れないのですね。
庭は世話している人の人柄も出ます。我がひどい庭は比較にもなりません。植えてある樹木がまず違いますね。花もきれいに咲きます。

米粉の入ったパスタですか。どんなお味でしょうね。おつゆの味中心に味わううどんに比較すると、パスタは様々な具材に味がつくので深く麺の味を追求されることを免れるような気もします。
日本の農政は難しいですね。コストの問題と農業保護の問題に、お米を中心に揺れてきましたので、まだまだ行方が気になります。
小麦の代わりに米で様々に代用できる夢の実現が待たれます。

投稿: tona | 2010年2月18日 (木) 15:52

★佐平次さま、ありがとうございます。

斑尾高原や黒姫高原の広がっている信濃町ですね。
ご友人は二足のわらじ、しかも普通の人がなしえないことをされて凄い方です。
御ブログで紹介されていたと記憶しています。

投稿: tona | 2010年2月18日 (木) 15:56

tonaさん、こんばんは(^-^)
tonaさんもパウンドを焼かれたのですね~♪私も焼いたばかりです~♪
私は相変わらず小麦粉ですが(^^;
米粉を使ったおうどんはいただいたことがありますが…美味しかったですよ~♪
折角米作に適した風土でありながら…減反で補助金なんて!…勿体ないことですね…
わが家はパパが絶対お米!なので…消費量は減りませんね…

音羽御殿…聞きしに勝る邸宅ですね…こんな環境で育った少年は…とは言いたくないです!
最近の国会は聞いてて腹立たしいばかり (`O´)ブゥ!
政治と金はきれいに超したことはありませんが…
人の財布の中身を云々しても仕方がないこと…同じ国民として恥ずかしい限りです…
もっと真摯に検討しなければいけないことがあるのではないでしょうかねぇ(;-_-) =3

投稿: orangepeko | 2010年2月18日 (木) 19:45

★orangepekoさま、こんばんは。

めったに焼かなくなった私とは大違い、orengepekoさんはまめですね。
米粉のうどんを召し上がったそうですが、ケーキがこれだけ美味しいのですから、うどんも美味しいのではと想像していました。
お米の減反政策から、次第に狂ってしまいました。
私も御主人さまと同じ、ご飯大好きです。

音羽御殿も首相になってから急に混みだしたそうです。
設計者岡田信一郎氏は鳩山一郎氏の友人だそうですが、斬新な美しい建物ですね。

おっしゃるように、ほんとに恥ずかしいし、政治が空回りしています。
財政状態は火の車化しているのに、建てなおそうとする姿勢がどなたからも感じられません。
私たちの子、孫の時代のことを考えると居ても立ってもいられないです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年2月18日 (木) 20:25

こんばんは
美味しいお米を頂けるので、できるだけ米中心の食生活の我が家です。

朝食はパンなのですが、これも国産米使用の玄米パンなのです。
慈光会と言う、無農薬の食料販売の会員なので、そこで購入する玄米パンは、美味しくて常用しています。
米派の暮らしなので、tonaさんの記事を拝見してほっとしています。

投稿: anikobe | 2010年2月19日 (金) 22:26

★anikobeさま、おはようございます。

久しぶりの快晴です。
ご飯は醤油や味噌を中心としたおかずや漬け物やイクラなどの海鮮などで世界のどの料理よりも美味しくいただけます。
すし飯も私の中では絶品に入ります。
毎日食べて飽きないのはお米だけですね。
anikobeさんはパンも玄米パン、お米ですし、体に良いし二重の意味で素晴らしい食生活を送っていらっしゃいますね。
もっとお米を食べて、美しい稲田がもう決して減って欲しくないです。
無農薬食料の会員でいらっしゃるのも見習いたいところです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年2月20日 (土) 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/47591493

この記事へのトラックバック一覧です: 文旦と米粉ケーキ:

« 音羽御殿・鳩山会館 | トップページ | やる気 »