« コッホ・北里神社 | トップページ | ニコライ堂と山本琢磨 »

2010年3月 1日 (月)

お坊さんの気絶・トルコ料理

Photo_2  この本は2000年春にトルコを旅行したとき買った料理本で、日本語訳です。

1度も作ってみないまま、ずっと忘れていました。夫がトルコに行くのでトルコ料理が食べたいというので、娘夫婦がトルコ料理屋でご馳走してくれたので、思い出しました。
旅行で友人になった一人(現在のコーラスと麻雀の師)が、私が作ってお持ちするのを待っていたようですが、材料が揃わないとか日本で食べると口に合いそうもないとか言ってご馳走もせず、そのまま本箱に入れたまま10年が経ちました。何のために買ったんだか?

世界三大料理の1つにも入るというトルコ料理ですが、イスラムの国ゆえ原則、肉が羊か牛、オリーブを多用し、チーズ、ヨーグルトも材料となる。
肉料理のケバブ、肉団子料理キョフテを中心に種類の多い前菜、トマトやピーマンの中に詰め物をして煮込んだドルマも有名で、広大な領土に君臨したオスマントルコの伝統を引き継いでいる。
改めて内容を見てみると、面白い名前の料理があります。
[お坊さんの気絶]ナスの中にトマトとタマネギを炒めたのを詰めてオリーブ油と水で煮たもの。
・・・名前の由来はお坊さんも気を失うほど美味しいからとか、お坊さんが気絶するほどオリーブ油をたくさん使うからとか・・・
他に[庭師のケバブ]
    [レディのおへそ] [大臣さまの指] [美女のくちびる]なんていうデザートまであります。

              行ったお店はその名も「スルタン」です。

Photo_4

                       水パイプがありました

Photo_5 Photo_6

お坊さんの気絶らしきものはありませんでしたが、トルコのビールにワインと一緒に、いただいたトルコ料理は大変美味でした。

          ↓ナスのサラダ・ヒヨコマメのトマト煮込み・鶏肉フライ

Photo_7

                   ↓レンズマメのコロッケ

Photo_8

                      ↓シシケバブー

Photo_9

                      ↓野菜マントゥ

Photo_10

                ↓魚介と野菜のチーズグラタン

Photo_11

↓トルコアイス(マンゴ&ミルク)かき回して食べるのは中に水あめが入っているから。

Photo_12

トルコ風の飾りの中に何故か鎧兜が飾ってありました

Photo_14 Photo_15

|

« コッホ・北里神社 | トップページ | ニコライ堂と山本琢磨 »

コメント

トルコ料理といったらケバブくらいしか知りませんでした。
それも名前だけで食べたことなしですから、知っているうちにも入りませんね。
私は羊肉は苦手かもしれませんが、牛や鶏・魚介類(魚卵は除く ^^;)の
お料理なら大丈夫かも。tonaさんがお持ちの本には、楽しく興味を
そそる名前の料理がたくさん載っているのですね。
トルコ料理のお店も遠くない場所にあるのですか。
何やら美味しそうなものばかりです。機会があったら食べてみたいです。
鎧兜にはびっくり。トルコの方は親日派の方も多いとは聞きますが…

今度のトルコ旅行はご主人様だけでいらっしゃるのですか?

投稿: ポージィ | 2010年3月 2日 (火) 10:46

三大料理という割にどうもいまいち人気がない(日本では)トルコ料理、実は私も未体験です。
なんどか誘ったのですがはかばかしい返事がなくて、、。
やはり行ってみなくては!

投稿: 佐平次 | 2010年3月 2日 (火) 11:35

★ポージィさま

私もトルコに行ってから後もシシケバブしか頭にありませんでした。
本は買ってみたもののこの始末ではね。
せっかくなので今年は作ってみようと思っています。
このお店にしても羊の肉の味はしませんでした。羊は臭いですので、私も苦手です。ニュージーランドでも美味しくは食べられませんでした。
トルコ料理は吉祥寺と立川という町にありまして、これは立川でした。
トルコ旅行していると親日を感じます。ですからあのヨーロッパを悩ましたオスマントルコの子孫とは信じられません。

夫は一人参加でツアーで参ります。今までドイツやイタリアやスペインなど一人参加で行っております。昔私が行ったコースよりずっといいのですが、この国を私はすでに娘や友人と行ったので、遠慮して行きません。
いつもありがとうございます。

投稿: tona | 2010年3月 2日 (火) 19:37

★佐平次さま

多分現地よりも日本人にあうように作っていると思います。香辛料を控えているのだと解釈しています。
ワインにもあっていました。トルコのワインなんて知りませんでしたが、なかなかいけます。
まあ1度いらした時には感想をお聞かせくださいね。
いつもありがとうございます。

投稿: tona | 2010年3月 2日 (火) 19:44

トルコ料理のお店って、そんなに多くないですよね?
近所で探してみよう。

2年前、姉妹3婆旅で地中海クルーズに参加したとき、イスタンブールに寄港しました。

そのとき、トルコ料理って日本人の口にあうと感じました。
日本人旅行者向けであったかもしれませんが。

トルコの人は何故か日本びいきとも聞きました。

カッパドキアとかもう少し奥地へも行きたいと思っていますが、さて・・・

投稿: もみじ | 2010年3月 3日 (水) 10:17

★もみじさま

そちらにもあるでしょうね。
食い倒れの大阪ですから、美味しかった思い出があります。トルコ料理も美味しいのでは!
イスタンブールでも美味しかったそうですが、ギリシャなどと似ているでしょう。
カッパドキアがトルコの中で1番素晴らしいです。いつかお出かけになられたらいいですね。
何故トルコの人々は親日なのかは、トルコ船の海難事故を助けたというのがあります。
http://maplesyrup.tea-nifty.com/365/2008/01/post_2607.html
↑前記事です。コピーして検索して見てくださいませ。

投稿: tona | 2010年3月 3日 (水) 19:33

面白い名前のお料理があるのですね。
tonaさんがご馳走になったトルコのお料理、すごく美味しそうです。
どの器の色もいいですね。

トルコと言えば、和歌山県串本町の樫野崎灯台そばの、トルコ記念館に行った時、その近くのお店で、トルコのお兄さんがアイスクリームを手作りで作っていて、それの美味しかったことが忘れられません。
あのとろりとしたアイスは日本では、ここだけしか食べられないのじゃないかと思うほどでした。

投稿: anikobe | 2010年3月 3日 (水) 21:44

★anikobeさま、おはようございます。

日本人向けに羊なんかは使わないで鶏肉や牛肉でとても美味しいです。
器の色もなかなかです。

和歌山県串本はエルトゥールル号の遭難で地元の皆さんが助けて、それが機縁で友好を築けた経緯があったのですね。
トルコ記念館があるのですか。
アイスをトルコのお兄さんが作っていて、それが美味しかったなんて、日本中に広めたいですね。
いつか行ったときにアイスクリームのことを覚えておきたいです。
ありがとうございました。

投稿: tona | 2010年3月 4日 (木) 08:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146506/47697472

この記事へのトラックバック一覧です: お坊さんの気絶・トルコ料理:

« コッホ・北里神社 | トップページ | ニコライ堂と山本琢磨 »